ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

 漢民族に「人が人を食べる」という習慣がいつまであったのですか?
「三国志」に記載があり「三国志」の中でも最大の美談であると中国では評価されていますし、あの孔子も食べています。
だけどそれは日本で云うと卑弥呼以前の時代です。
中国ではいつ頃までそのような野蛮な習慣があったのか疑問に思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんわ、疑問はつきませんね。



さてご質問の件ですが、下記のサイト、書籍に詳しいようです。人肉嗜好は中国のみならず他の国でもあったことで、横文字では「カニバリズム」と呼ばれています。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/awaya/hp/ronbun/r004. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
上記のHPを見ました。
なかなか興味深いです。

お礼日時:2004/10/03 17:57

参考になるかどうか・・。



中国の宦官は、失った生殖器を取り戻すために幼い男の子の性器を食べたと言いますし、西太后がライバルの東太后の病気に効く妙薬として、自分の肘の肉を削いで食べさせたと言います。(もちろん謀略のためですが)
そうすると、清朝が終わる頃まであった習慣と思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
清朝末と云えば20世紀初めまであったのですね。

お礼日時:2004/10/01 22:52

「呪われた中国人 中国食人史の重大な意味」


著者:黄文雄
出版社:光文社

上記の本を読んで下さい。
(絶版になっているかもしれません。

つい最近まで、その習慣があったようです。

この本を読んで、私は「魯迅」を全く理解して
いなかった事を悟りました。

ちなみに:
「ミイラ取りがミイラになる」
という言葉がありますが、
死んだ人間のミイラを「貴重な漢方薬」として
服用していた中国の風習が日本にも伝わり、
諺になったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有り難うございます。
つい最近まであったのですね。
その本を探してみます。

お礼日時:2004/09/28 22:07

こんばんは。

人から伺った話なので、参考をお出し出来ないのですが…。

以前中国文学の先生に、清の時代辺りまで風俗自体は残っていたと伺った事があります。
文書では、少々時代が遡りますが、晋の時代の「司治通鑑」に食人の風習(調理法?)について記載されているとの事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
レシピまであったのですね。

お礼日時:2004/09/28 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチャイナやコリアンの食人文化は世界周知ですか。

(1)チャイニーズは人肉を食い、コリアンは人肉並びに人糞を食うという比較文化をなぜ日本では教えないのですか。欧米やベトナムフィリピンなど東南アジアでは報道や認識されていますか。
古くは日本から留学生が学びに行き鎖国後も文献などは手に入ったでしょうが昔から日本人はシナの食人文化を認識していたのですか。

(2)私は司馬遼太郎のシナを題材にした小説を読んでいませんが彼は食人文化を肯定的に認めていたのですか。中韓を尊敬親愛する人は食人民族を文化を肯定しなければおかしいと思います。

(3)ベトナムは食いませんよね。シナがベトナム侵攻された時は犠牲になったのでしょうか。嫌なテーマでも死者の怒りを無視しないためにも目をそらすべきではないと思いますが日中戦争中の日本人はどうでしょうか。日韓併合時代は食われましたか。

(4)なぜ中国人と韓国人は数千年の歴史に学びながらなおも人を食ってしまう事を自戒できないのですか。宗教や漢方の問題ではないと思います。キリスト教がなくても欧米人は食わなかったでしょう(文盲無学でも当たり前だからです)

(5)関連した一般人向けの出版物はカッパブックスの一冊しかないのですか。書籍など読まれた方は引用などご紹介ください。

本が少ないのも非常に謎です。

この凄まじい東亜の比較文化の事実を検討せずに友好を進めたり外交官や安倍晋三総理大臣が韓国と日本は同じ価値観と断言したりするのも奇怪です。

お分かりの設問がございましたらご教授のほど宜しくお願いします。

(1)チャイニーズは人肉を食い、コリアンは人肉並びに人糞を食うという比較文化をなぜ日本では教えないのですか。欧米やベトナムフィリピンなど東南アジアでは報道や認識されていますか。
古くは日本から留学生が学びに行き鎖国後も文献などは手に入ったでしょうが昔から日本人はシナの食人文化を認識していたのですか。

(2)私は司馬遼太郎のシナを題材にした小説を読んでいませんが彼は食人文化を肯定的に認めていたのですか。中韓を尊敬親愛する人は食人民族を文化を肯定しなければおかしいと思います...続きを読む

Aベストアンサー

ネット右翼というレッテルを出されていますが、一応まともい質問を受け取ることもありうると存じます。
孔子の高弟の子路はたいへん武術などにたけた武人ですし、豪放磊落ですがその敵に殺され、肉を塩付けにされて、師の孔子に送られてきました。
爾来、孔子は肉の塩漬けを絶対食さなかった。
古代依頼、自分の子どもやアカンボを焼いて君主に送る事が多々伝わっています。
(古来、中国やコリアンという半島では、親と机は食べない。というくらい何でも食材にしております。)
義兄が中国人ですが、料理はまことに美味しいですね。上手なんです。
義兄は数十年前幼い私達を、親代わりにみてくれ、しかも数年前、80数歳でなくなるときは私達の一家5人と
妹の一家4人に一人百万円ずつ現金で生前贈与しました。
17歳で戦前中国から渡ってきて、自分で大学も出、しかも事業を起したのです。
中国の郷里とこの東京のお寺に莫大な寄付もしております。
死を明確に知った息を引き取る数日前の、病床での処理でした。
無論、義兄は人肉も人糞も食材にはしませんでしたが。
エイという海水魚を人糞で漬け込んで食する風習はあります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11103606316の上から二番目のご回答は中国人とその他の国民性との特徴を述べています。
こういうところでの質問も言いと存じます。

ネット右翼というレッテルを出されていますが、一応まともい質問を受け取ることもありうると存じます。
孔子の高弟の子路はたいへん武術などにたけた武人ですし、豪放磊落ですがその敵に殺され、肉を塩付けにされて、師の孔子に送られてきました。
爾来、孔子は肉の塩漬けを絶対食さなかった。
古代依頼、自分の子どもやアカンボを焼いて君主に送る事が多々伝わっています。
(古来、中国やコリアンという半島では、親と机は食べない。というくらい何でも食材にしております。)
義兄が中国人ですが、料理はまこと...続きを読む


人気Q&Aランキング