癌ができると、なぜヤバいのでしょう?
毒素でも出すのですか?
それとも、癌ができた臓器が働かなくなるからでしょうか。
だとすると、仮に他の臓器への転移がないとした場合、胃癌や皮膚癌などだけで死ぬことはないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

癌がなぜ致死的に経過するか という問題ですが、



人間の体を構成している細胞は、その分裂が器官や臓器として機能するように制御されていますが、癌を含め、悪性腫瘍は、そのようなコントロールから全く自由に際限なく分裂、増殖を繰り返します。
発生した近辺では浸潤性にひろがり、ある程度進行すると、次に血行性やリンパ行性に転移するというのが、その特徴です。そして、転移した先でも周囲の組織に浸潤します。

癌による死因は様々ですが、大きく分けると一つは癌の浸潤による臓器の機能不全、もう一つは、癌細胞が作り出す様々な物質により悪疫質とよばれる状態となり、体が消耗し免疫能をはじめいろいろな機能が低下し、感染症や出血傾向などの合併症を引き起こすことがあげられるとおもいます。いったん、悪疫質と呼ばれる状態になると、合併症に対する治療も効果がないことが多いのです。

癌の転移がなくなれば、全てが治癒するわけではありませんが、癌の治療が現在よりはるかに容易になることは間違いありません。
もちろん、良性腫瘍でも発生部位によっては、命に関わることもありますが、一般的に悪性腫瘍と異なり、周囲への浸潤がなく進展のスピードも遅いことから治療が比較的容易に行えるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。癌による死因は様々なのですね。
長年の疑問がとけました。

お礼日時:2001/07/11 23:23

(簡単に説明します)


日本人の3大死因に数えられる病気です。ずいぶん命が助かるようになりましたが治療が大変ですし、時間もかかるし、治らないこともあるので不気味です。
まだまだ怖い病気だというのは変わっていませんね。
細かいことは専門科の方が回答されていますのでそちらをお読みいただければと思いますが、とにかく信頼できる医師と相談してきちんと治療に専念するのが一番だと思います。必ずしも死ぬとは限らないし、死なないとは限らないし、同じ癌でも程度がありますから・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が癌に罹っているというわけではないのですが。。。
まあ、とにかくありがとうございました。

お礼日時:2001/07/11 23:26

癌細胞の増殖能力は他の通常の細胞に比べて数段早く増えつづけます それにより正常細胞は蝕まれていきます


当然癌細胞で蝕まれていけば、その臓器は正常に機能しません
転移が本当になければ、胃癌は手術で完治(術後生存年数5年で完治したととらえます 胃癌には抗癌剤は殆ど効果がありません) 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時間が悪いのか、プロバイダが悪いのか、gooが悪いのか、お礼を投稿するのがすっごく重いので、失礼ながらNo.1~No.3のみなさんにまとめてお礼を申し上げたいと思います。
どうもありがとうございました。いろいろ勉強になりました。

お礼日時:2001/07/11 23:29

癌とは腫瘍の一種で、悪性腫瘍、癌腫のことですネ。


癌は無秩序な際限のない増殖を繰り返します。通常の細胞では一定の分裂(増殖)をすると遺伝子の命令によって増殖を停止するのですが、癌細胞はその停止命令を聞かずに増え続けていくのです。
浸潤性の癌では健康な組織にどんどんと食い込んでいきます。そうすると、食い込まれた臓器や器官は機能を停止することとなります。癌が大きくなり消化管を詰まらせてしまうこともあります。消化管に穴をあけてしまうこともあります。
また、大きくなりすぎた癌は体の栄養分をどんどんと消費していきますので、どうなるかお分かりですネ。
勿論、癌が自然治癒する例もありますし、抗癌剤や理化学的な療法によって消滅したり、外科的に切除してしまうことで助かる方は沢山おられます。
癌イコール致死的とは考えないでください。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

癌細胞は正常な組織に「食い込んで」いく


からです。また、際限なく増殖していく
ので、食い込まれた組織は破壊され、機能を
失います。
前にどっかのTV(ためしてガッテン?)で、
癌細胞が正常な組織の細胞と細胞の間を押し
広げてもぐりこんでいく様子を放映してい
ました。
胃癌も放っておけば、胃の外にも広がり、胃
にも穴が開くことになるんじゃないかな。

転移すれば、それが体のあちこちで起こる
のですから...
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前立腺癌の転移

前立腺癌は骨に転移すると聞きました。
骨に転移した癌細胞は内臓にも転移するのでしょうか?

Aベストアンサー

>もし骨に転移後→臓器転移という進行も考えられるということでしょうか?
あり得ます。
前立腺癌の手術後、骨転移で再発し、その後に肺転移が出現した場合。
骨転移から肺に転移した可能性が考えられますし、検査で検出できない微小な転移が以前からあったという可能性も考えられます。
これらはどちらとも言えないので、両方ありうると考えるのが妥当だと思います。

>骨転移とリンパ転移は違うというのも聞いたことがあります。リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?
最初にがんができた部位から他部位へ転移する場合、血管を経由して転移する血行性転移とリンパ管を経由して転移するリンパ行性転移があります。骨転移は血行性転移と言われており、リンパ節への転移はリンパ行性転移と言われています。しかしながら、リンパ管は最終的に血管と合流するために、リンパ行性転移がリンパ節以外に転移しないかと言われれれば、Noとなりますが、臓器転移の主たるものではないと思います。やはり臓器転移は血行性転移が主だと言えます。
それゆえに、厳密に言えば間違いかもしれませんが、「リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?」の問いにはNoとなるでしょう。リンパ(行性)転移はリンパ節転移で、臓器転移は血行性転移と考えるのが主だと思います。
分かりにくい文章ですみません。

>もし骨に転移後→臓器転移という進行も考えられるということでしょうか?
あり得ます。
前立腺癌の手術後、骨転移で再発し、その後に肺転移が出現した場合。
骨転移から肺に転移した可能性が考えられますし、検査で検出できない微小な転移が以前からあったという可能性も考えられます。
これらはどちらとも言えないので、両方ありうると考えるのが妥当だと思います。

>骨転移とリンパ転移は違うというのも聞いたことがあります。リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?
最初にがんができた部位から...続きを読む

Q癌の転移の有無について

昨日のDr.コトー診療所の話です。
一度開腹したものの、転移が酷く、抗がん剤治療を始めた患者がいました。
その抗がん剤の効果か、癌マーカーは驚くほど下がり、
もう一度開腹したところ、転移も消えていたとのことで
原発部位を取り除く手術をしました。

そこで疑問です。
転移というのは細胞レベルの話で、
見た目でなくなったとは一概には言えないと思うのですが、
そういう時でも、明らかに減ったとすれば、
原発部位を取り除くことは実際の医療でもするのでしょうか?

もちろんドラマでも、決して完治したとは表現しておらず、
手術をするリスク等も述べていました。

何かご意見いただければ幸いです。

Aベストアンサー

現実問題としては、超音波診断装置等での確定診断をすると思います。
その結果として、原発部位を取り除くことはあるでしょう。
が、先の放送は、少し、出来すぎの感があります。
確かに、癌が消えたという症例は多数報告されています。
が、その場合の共通項は、高熱だったかと思います。
そして、その確率も全体の20万分の1程度だったように記憶しています。

抗がん剤+雨に打たれての高熱=転移癌の消失

という設定ならば、もう少し、説得力あるなー。
そう思って観ていました。

Q癌の転移・再発について

よく癌の転移と言いますが、一般的にどのような状態になったことを転移と言うのでしょうか?
例えば大腸癌の場合術後の再発とは一般的ににどのような状態なのでしょうか?

Aベストアンサー

癌の転移とは一般的に、原発腫瘍の位置から離れた体の部位に腫瘍が新生することを言います。
リンパ行性転移と血行性転移があります。リンパ節転移では、大腸癌であれば、まず癌の近くの大腸周囲のリンパ節に転移して、次第にリンパ管を通って大動脈周囲のリンパ節へ転移していきます。
血行性転移では血液の流れにのって、がん細胞が全身に運ばれますが、大腸の血流は大部分がまず肝臓へ運ばれるので、がん細胞は肝臓に引っかかり肝臓にしこりを作ります(肝転移)。大腸癌でも直腸癌では、肝臓を経由せずに肺へ直接流れる静脈があるので肺転移が比較的多くなります。それ以降の転移はがん細胞が動脈によって運ばれて全身どこにでも転移することが考えられますが、肝臓、肺以外では脳、骨などに多くみられます。
術後再発という場合、転移再発と局所再発に分けて考えます。
転移はこれまで述べたことですが、手術時点ですでに目では見えないがん細胞が遠隔転移(大腸およびその周囲の所属リンパ節以外の臓器への転移)していたが、CTなど画像で分かる大きさになっていなかった、ということが大部分と考えられます。その他の可能性としては、手術操作の影響でがん細胞が押し出されて血流で他臓器へ飛んでいった、ということが想像されます。
大腸癌の最も多い局所再発は大腸を切って縫い合わせた部分(吻合部再発)、大腸癌のあった周囲の再発です。
そのほか進行大腸癌では癌性腹膜炎という、お腹の中(腹腔)全体にがん細胞が再発する状態が多く見られます。
どのような形の再発であれ、抗癌剤、手術、放射線療法あるいはそれらを組み合わせた治療が行われます。

癌の転移とは一般的に、原発腫瘍の位置から離れた体の部位に腫瘍が新生することを言います。
リンパ行性転移と血行性転移があります。リンパ節転移では、大腸癌であれば、まず癌の近くの大腸周囲のリンパ節に転移して、次第にリンパ管を通って大動脈周囲のリンパ節へ転移していきます。
血行性転移では血液の流れにのって、がん細胞が全身に運ばれますが、大腸の血流は大部分がまず肝臓へ運ばれるので、がん細胞は肝臓に引っかかり肝臓にしこりを作ります(肝転移)。大腸癌でも直腸癌では、肝臓を経由せずに肺...続きを読む

Q坂井さんの肺への癌転移に関して。

全く医学とは無関係のものですが、
坂井さんの訃報を知り、とても心が病んでおります。
そこで、お聞きしたいのですが、
坂井さんは子宮頸がんが治り、一度退院した後、
肺への転移が分かり、再入院したという事でしたが、
この場合、助かる確率はどの程度でしょうか?
完治するのは難しいのでしょうか?

すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

肺のどの部分か?で ぜんぜん違います。
子宮頸がんも本当に初期で完全に取りきっていれば 転移することは少ないと聞きます。お仕事の都合や見た目の都合で抗がん剤などの治療を拒否されたのかもしれませんね… 年齢的に40歳未満だと出産を前提に治療法を薦めることもあるようですし、K大など大きい病院だと「最先端」という名前の「小さ目の手術」をすることもあります。

もし昨年の時点で40歳以上で、もうちょっと旧式の手術で(傷が大きく入院期間が長い・後遺症が大きめかも…)あったなら、昨年の治療で治っていたかも。

現在の病気の治療は 本人の意思が一番に考えられるようになっています。告知も本人にします。
肺に転移したことが悪いとかいう話ではなくて、いろいろな都合で本人が望んだ治療法が「弱かった」のかな… という印象があります。

ただ 本当に 人とガンの出来た場所で 治療法も「(治療で)出来ること」も違ってきますから、肺がんであっても切って治る人も居れば、小さいのに切れない人も出てきます。

↓とりあえず肺がんの解説
http://www.okayamasaiseikai.or.jp/gan/hai.htm

肺の原発ではなくて 子宮頸がんの転移性肺がんですね


私の乳がんは今どこに巣食っているのか…(血液検査の結果はどんどん悪くなるけど どこにも塊がないので 抗がん剤以外の治療ができない)

肺のどの部分か?で ぜんぜん違います。
子宮頸がんも本当に初期で完全に取りきっていれば 転移することは少ないと聞きます。お仕事の都合や見た目の都合で抗がん剤などの治療を拒否されたのかもしれませんね… 年齢的に40歳未満だと出産を前提に治療法を薦めることもあるようですし、K大など大きい病院だと「最先端」という名前の「小さ目の手術」をすることもあります。

もし昨年の時点で40歳以上で、もうちょっと旧式の手術で(傷が大きく入院期間が長い・後遺症が大きめかも…)あったなら、昨年の...続きを読む

Q胸腺癌の肺転移

 胸腺癌(扁平上皮癌)の外科切除後、化学療法は行わず、2年経過しました。その2年後の定期監視のCT検査で、肺の中に5ミリ程度の肺転移が確認され、それ以外にも複数ありそうです。

 肺転移ということは血行型と考えられ、全身に転移する可能性が高いことから、外科手術は見送り、腫瘍の増大を見ながら、抗癌剤を投与することになりました。

 肺に転移すると今後どのような症状がどれぐらいの期間で発生しますか。
 がん細胞の増殖速度は、原発部分で局所再発した後と別の部位に転移した後ではその速度は違うのでしょうか。肺転移すると、肺癌と同じような増殖速度になるのでしょうか。

 胸腺癌に確立された標準治療はありませんが、肺転移となると肺癌の治療法や薬の選択肢も増えるのでしょうか。(誤解かも?)

 このような状況でも、今から検討に値する治療法は何かあるのでしょうか。
 どうぞ、ご教授ください。

 
  

Aベストアンサー

#1です
>乳がんから肺・肝臓に転移されたようですが

ごめんなさい 言い回しが変で通じませんでしたね
(私のように「肺・肝臓あたりに転移してから」が普通らしいですが の部分)

乳がんからは『肝臓や肺に転移してから骨転移』が普通だと主治医が言っていました

が 私は肝臓や肺に転移がなくて 骨転移のみです
(腫瘍マーカーが怪しくなってきたので 検査中ですが)


ですので 
『肺に転移すると今後どのような症状がどれぐらいの期間で発生しますか。』には回答するのは無理 神様くらいしか判る人は居ないだろう_ と 書いたつもりでした。

私が今後骨以外に転移しても 「末期だから」ということになって
緩和ケアに入ると思います…
ただ現在は不便なことが多いだけで 痛くないので…
経口抗がん剤でしのいでいますけども。

Q移植用臓器の鮮度?それとも法律?

臓器移植がありますよね、
そのドナーの方は私が聞いた限りでは皆脳死判定を受けた方という印象があります。

たとえば交通事故で無くなった方がドナーカードを持っていたとします。
その方は非常に健康で、(仮に)頭部以外は損傷していない状態だったとします。
そのような方の臓器、もしくはそれ以外の組織を移植用として用いられないのでしょうか?

そんなハナシは聞いたことが無いもので、
出来ないとすれば、鮮度の問題か、もしくは法律の問題かどちらかと思うんですけど、どうなのでしょうか?
知っている方がいれば教えていただきたいのですが。

Aベストアンサー

頭部への受傷が原因での死亡がイコール脳死とはならないと思いますが、ドナーカードには以下に示す意思表示欄があります。
1.私は脳死判定に従い、脳死後、移植のために・・・
2.私は心臓が停止した死後、移植のために・・・
3.私は臓器提供はしません

1の場合と2の場合では提供できる臓器は異なりますが、本人のドナーカードに意思表示がされていて、署名年月日、本人署名、家族署名が明記されていれば、臓器提供は可能と思います。
iyukihiroさんの質問ですと、医療機関側の死亡判定が脳死であれば心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸など項目蘭に印が付いている臓器は提供可能で、心臓死であれば心臓は使えませんのでそれ以外の提供意志がある臓器が対象になるはずです。
専門家ではないので自信はありませんが、カードを所持している私が理解する範囲ではそう考えています。

Q大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事 2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部

大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事
2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部
に癌が多数あるとの事 手術不可能と医者から宣告があり、今の所 抗ガン剤 放射線の治療は受けていません。副作用が怖くて 一歩踏み出せません。
今の所、日常的に痛みも無く 生活をしています。
発症して 2年 経ちます。

Aベストアンサー

私も何時もメキシコの爺ちゃんのご意見を参考にさせて頂いて居ます。
今回メキシコの爺ちゃんの奥様の闘病生活が詳しく分かり、とても参考になりました。抗がん剤は拒否されたのですね。そうして最初45mmの癌が11mmに!
この3年間に何が奥様に起こったのでしょう?

ご質問者の欄に変な質問をして、とても申し訳ありません。しかしそれを聞くことがご質問に取っても良いことだと思います。

私は基本的に副作用や苦痛の生じる癌治療はしない方が良いとの考えです。その副作用や苦痛で寿命がちじまったり癌が大きくなる事があるからです。手術や抗がん剤は避けるべきです。

副作用のないサプリメントや遠赤外線等が良いと思っています。

Q大腸癌肝転移について教えてください

大切な友人が癌に罹り、S状結腸を切除。肝臓は手術不能で抗がん剤
治療を受けていますが、効果が見えなくなってきているところです。
原発性肝臓がんでは生体肝移植、ラジオ波熱凝固療法といった手段が
あるようですが、これらは転移性肝がんでは全く無効なのでしょうか。
そもそも、なぜ原発性と転移性で同じ肝がんなのに治療に違いがある
のかも、私は理解できていません。
友人を移植や熱凝固療法で快復させることはできないのでしょうか。

Aベストアンサー

大腸癌肝転移の治療に関しての唯一の根治的治療法は手術による切除のみです。残念ながら生体肝移植は転移性肝癌には適応にはなりません。ラジオを行っている施設もありますが、スタンダードな治療ではありません。近年著しい抗癌剤の進歩はありますが、残念ながら抗癌剤も根治治療ではありません。手術ができれば手術が望ましいところです。手術可能、不可能の判断も施設のレベルにより変わります。以前は4個以上の転移では肝切除は意味がないという考え方もありましたが、現在個数は切除不能の判断材料にはならず、10個以上の転移を切除して5年生存した例などもあります。一度肝臓外科専門の医師に画像を相談するのはいかがでしょうか? 

Q癌の転移について

胆管癌の場合、転移するとしたら場所などはある程度決まっているのでしょうか?
食道や胃に転移する可能性はありますか?

Aベストアンサー

可能性としては浸潤として転移する場合と、リンパ節転移があります。
浸潤は文字通り胆管癌の周辺臓器に浸み込むような転移です。
肝臓、膵臓、十二指腸、胃などが隣接しています。
リンパ節は体中にリンパが張り巡らされていてリンパを介して転移します。
好発部位は肝メタ、肺メタ、脳メタなどが代表的です。

Q不特定への臓器提供と身内への臓器提供

臓器提供の意思を保険証に記入しようとしています。
記入したあとに身内への臓器提供が有ればその身内が生き残れる事態が発生した場合はもし私が死んだ場合は身内への臓器提供はできなくなるのでしょうか?
それとも何か条件付けで意思カードに記入できるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご家族が病気にかかり、臓器移植が治療の際に必要となった。ですがあなたは意志表示欄に臓器を一切提供しないと記入しており、その後、あなたが死亡した場合にも遺族への臓器提供がなされないのではないか。
って感じのご質問だとおもっていいでしょうか?

答えはYESです。当人の意志を尊重するため残された人は勝手な判断で遺体を切る事はできません。一応備考を記入する欄があるため、「家族への移植は行う」とでも書いておけばいいかも知れませんが、法律の実施からまだ日が浅く、備考欄がどこまで尊重されるかは実例がありません。
多少ずるいやり方ですが、そういった事態になったら保険証をなくしたことにして再交付して貰い、記載内容を変えてしまうという方法もありだと思います。
日頃は目隠しシールをしてると思うのでこっそり書き換えても誰もわかりませんでしょうしね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報