【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

VHF(144)/UHF(433)アンテナカップラーの自作はネット上でも紹介がないのですが、かなり難しい
でしょうか? 50Mhzはネット上参考に製作しました。
市販品でコメットから出ているのですが高価で手が出ません。

A 回答 (2件)

簡単です。


LとCを組み合わせて濾波器を作って結合すればよいです。
当然ながら、インピーダン種を考慮して、素子数や素子値の設計が必要です。
50MHzでの製作経験があるならば、それを応用すればよいでしょう。

良く、アンテナチューナーの記事が有りますが、結局は濾波器と言えます。
これを単に結合すればよいのですが、注意点は、結合点において、
一方の周波数に対して他方の回路が負荷とならない回路構成にすればよいです。
例えば、
低周波側は、L-C-LのT型 LPF、高周波側はC-L-CのHPFなど、です。
ご参考まで。
    • good
    • 0

…まー、実装のコツはあるかもだけど。



 そもそもアンテナのマッチングをきっちり取ればカプラーは不要な訳で、144/430MHzともなればアンテナ自体の調整を追い込む方が得って話でしょうね。

 アンテナ調整の難易度とカプラーの挿入損失とを考えると、大きくて周囲の影響を受けやすくバンド幅を取りにくい短縮型を使う機会の多いHFならカプラーを入れるのが現実解となる場面が多いけれど、144/430MHzならカプラーの挿入損失がバカにならないから…。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVSWRとリターンロスの計算式

電波に関して上の両項目の意味や計算方法、因果関係を教えてください。両者が表裏の関係であることはわかりますが具体的にどのようなものかイメージがわきません。たとえばVSWRが1.5のときにリターンロスが15dBということ(対比表でみて)ですが具体的にはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

式の関係は回答が既にありますので、感覚的な話をします。

VSWRもリターンロスも原点は反射係数Γです。アンテナ端子から入力した電力の何割が反射されて戻って来るかを示すものです。反射係数が大きい程、電力をきちんと伝達出来てないので、無線機器としては性能が悪いと言えます。VSWRもリターンロスも表示方法の一種に過ぎません。

リターンロス10dBというのは、入射した電力のうち、0.1倍(10%)が反射されて戻ってくるという事です。20dBなら0.01倍(1%)です。電気の世界では「何倍」で表示すると計算が感覚で分からないため、デシベル表示にします。どの程度判りやすいかはここでは説明を省きますが、この表示方法には欠点があります。

リターンロス20dBと30dB、この数字を見てどう思いますか?うわっ10dBも違うじゃないか、10倍違うじゃんか!!と思いますよね。ところが、「何倍」で計算すると、20dB→0.01倍(1%)、30dB→0.001倍(0.1%)、そりゃ確かに10倍違うけど、、、実際の無線機器で入射電力の99%がきちんと伝達されて残りの1%が反射されて戻って来たとしても、全然OKですよ。1%(20dB)の反射が0.1%(30dB)の反射になったからといって大した違いはありません。どちらにしても入射電力の大部分はきちんと伝達されてますので、20dBが30dBになっても無意味です。もちろん0dBが10dBになったらエライ違いです。0dBと言ったら入力電力の全部が反射されて戻って来ることを示しますから。

つまり反射係数のデシベル表示においては始めの0~20dBあたりまでは重要でも、それ以上数字が大きくなってもどうでもいい数値なのです。ボク、頑張って改良しました、リターンロス20dBを改善して30dBにしました、などと言ったらシバキ倒されます(笑)。

これがVSWRになると話が変わって来ます。
物理的には電力が反射される時に生じる定在波の比で反射の大きさを表現したものです。反射ゼロつまり入力電力の全部が効率良く伝達される時、リターンロス∞、VSWR=1です。VSWRは常に1より大きな数値で、1に近い程反射が少ないです。20dBとか40dBなどの場合、1.02と1.0002なるので「ふんふん、性能いいのね、どっちでも大差ないけど」と言えます。

リターンロスで20、30dBが必要な分野ってあるだろうか?私は知りませんが、もしあったら当然デシベル表示です。VSWR=1.02が1.002になったとか言っても、実用的な表示とは言い難いです。

以上、感覚的なというか概念的な説明です。
なお、反射係数と言っても電圧反射係数、電力反射係数の2種類あります。通常は電圧反射係数ですが、上記の説明では概念的説明のため混在しており数値は少し違ってます。

式の関係は回答が既にありますので、感覚的な話をします。

VSWRもリターンロスも原点は反射係数Γです。アンテナ端子から入力した電力の何割が反射されて戻って来るかを示すものです。反射係数が大きい程、電力をきちんと伝達出来てないので、無線機器としては性能が悪いと言えます。VSWRもリターンロスも表示方法の一種に過ぎません。

リターンロス10dBというのは、入射した電力のうち、0.1倍(10%)が反射されて戻ってくるという事です。20dBなら0.01倍(1%)です。電気の世界では「何倍」で...続きを読む

Qアマチュア無線のアンテナカップラー

3.5MHzのアンテナカップラー2種類(図1,2)を作ったのですが、outおよびantに50オームダミーを繋ぎディップメーターでは3.5MHzでデイップ致します。 ダミーのまま100wトランシーバーts680sに繋いでみたら、CWモードでパワーを最大にしても10Wまでしかメーターがふりません。
SWRメーターのWATTS計はVRは最高位置(右いっぱい)でset位置まで来ず、40%位振っていますが、SWRメーターは1.5を指しています。 図1でも図2でも同じ結果です。  これではアンテナは繋げないのではと、、、、、  

Aベストアンサー

短縮ツェップアンテナならば平行線にて持ってきますので・・・・

インピーダンス変換機が必要です
(別名アンテナカップラー)
通常のアンテナであれば
50Ω又は75Ωですが、短縮ツェップアンテナて600Ωですので
普通のアンテナカップラーでは無理です


600Ω:75Ω に変換するインピーダンス変換機
(やり方により600Ω以外もある)
じゃ無いと駄目です


調整するだったらアウトには600Ωのダミー繋ぐんですよ
但し、正しい600Ω:75Ω に変換するインピーダンス変換機の時


人気Q&Aランキング