色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

F1タイヤ供給はチャイナケミカルピレリですが、ミシュランとブリジストンそして住友ダンロップは供給し無いの?

質問者からの補足コメント

  • へこむわー

    グッドイヤー忘れてた!

      補足日時:2018/01/08 20:15

A 回答 (2件)

ピレリ、F1での“タイヤ戦争”再開を歓迎。

2020年シーズン以降の供給継続も示唆
http://www.as-web.jp/f1/129001

2019年シーズン末までの契約があるので
なにかとんでもないことが起こらない限り無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タイヤ1社独占おかしい?
それよりチームがどのタイヤを選ぶのか、それも気になります。

お礼日時:2018/01/08 20:55

なんか暢気に考えているようだけど・・・



F1にタイヤを供給するコトは、「開発、生産、世界中のサーキットに配送、ピットサービスその他諸々」で年間100億円以上の金が掛かる(BSがF1から撤退したのも、経費負担の正当性を株主に説明できなくなったからという説もある)。
BSが撤退発表後、ドコのタイヤメーカーは参入を表明せず、レースが出来なくなる可能性も出てきた・・・「F1存続のため」ピレリがお情けで・・・と言うのが今に至っているワケなんだけど(「他社の参入を歓迎」というのもピレリの負担減になるのが大きいからねぇ)。

ココは1つ、質問者サマがどこかのタイヤメーカーのスポンサーになって頂ければ・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング