就職活動を続けています。今日、最終面接の結果がきて、「不採用」でした。最終面接まで進み、面接の前に特別に私だけ面談をして頂いたのにこの結果…もう目の前が真っ暗。お先真っ暗です。
何ヶ月にも渡る就職活動で心身共に疲れきっています。
このまま続けるべきか、一旦休憩をしたほうがいいのか悩んでいます。
就職以外の道は考えていません。とにかく早く自分で稼いで一人前になりたくて…
親を安心させたいし…
ジッサイ、自分が本当にやりたい業界は大変競争率が高く、妥協していたフシもありそれが甘かったのですが…

本当にやりたい事を貫きアルバイトででも働くべきか、新卒で入社するのが得策か、わかりません。
社会にでると、やはり実績があったほうが待遇はいいですよね?

アドバイス下さい!!大袈裟ですがカナリ悶々としてます。

A 回答 (11件中1~10件)

sakanaさんこんにちは。

私も3年程前、同じ様に就職活動をしていました。暑さの中、リクルートスーツを着て歩き回るのは肉体的にも精神的にもハードですよね。私も沢山の会社を受けて、落ちまくった経験アリです。でもそんな中、一社だけ合格できて、そこは第一希望で、念願のグランドホステスになることができました。私の場合、何社も受けるうちに面接にも慣れることができ、自己PRなどは、他の人の答えで”良い言葉だな”と思ったものは別の会社の面接で使ってみたり(決してそのまま使うのではなく、あくまでも自分流にアレンジ)して、その結果が第一希望の会社からの合格通知でした。sakanaさんも、今は”自分にとって一番良い会社”に合格する為の準備期間だと思ってみては?不合格だったとはいえ、最終面接にまで残った自分に、自信を持っていいと思いますよ。きっと良い方向に進んでいくと信じて頑張ってくださいね!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

bee-kさん、お返事ありがとうございました。お礼が遅くなってごめんなさい。

このページで随分考え方がかわってきました。
皆様に本当に感謝です。

お礼日時:2001/07/31 23:39

やりたい事を仕事にして、給料もらおう!と言うことですよね。

そんなに日本って豊かだったけ。しかもマスコミの音楽系?それがどういう理由で人のためになり、役に立ち、報酬が支払われているのか、わかっておられるのでしょうか?やりたい事ならボランティアでするべきです。仕事ならプロ意識を持ちやることです。就職活動なんてするから、就職できないんです。ただ働きにチャレンジしてみたらいかがですか?その就職したい業界に。キャリアが身に付き、人脈ができ、即戦力となりうる可能性が生まれます。その方がよっぽど有意義な時間を過ごせませんか?本気なら、ただ働きを探しましょう。これから成長する会社は、決して役に立たない人を採用する事はないです。特に日本は、異様に高い人件費の為に衰退していってるんですから。以上、参考になれば嬉しいです。小さな広告代理店の経営者より。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

p-cerateさん、初めまして、そして、ご、ご、ごめんなさい(汗)。
即戦力になり得ない、役に立たない学生です。
他の方へのお礼にも書きましたが、私は本当にワガママでした。社会のこと、お金を貰って働く事の大変さをなーんにも解っていない馬鹿な子です。
まるで「やりたいこと、やらせろ!」と就職活動しているような印象を持たれてしまったみたいですね。
事実、そのとうりです。ただ音楽が好きだから、ただ華やかなイメージがあるから。それじゃ、どこの会社にも通用しないです。

お前ごときにプロ意識を持てるのか?いいえ、持てません。でも、給料下さい。

甘い。ですね。

喝を入れてくださって有難うございました。
以前から何度かラブコールし、やっと「アルバイトの空きがあったら来てみる?」というお知らせを頂きました。

お金の代わりに、即戦力とキャリアを身につけてきます。
交通費の代わりに、人脈を築いてきます。

p-cerateさん始め、皆様こんなアマちゃんの泣き言に対してわざわざお返事下さって本当に嬉しいです。
きっとすんなりどこかの会社に決まっていたらこんな思いも経験できなかったし皆さんの貴重なお話を聞くこともできなかったと思っています。←負け惜しみじゃないですよ

繰り返しになりますが、有難うございました。

お礼日時:2001/07/12 00:44

私も3年前のこの時期、ここだ!と思った会社に最終試験(4次試験)で落とされました。

同じ時期に他からもらっていた内定を蹴っていただけにショックは大きく、それから秋口までは何もする気が起こらず、よく家に籠もっていましたよ。
それでも10月頃になるとゼロからでももう一度がんばってみようという気持ちになって11月末には2社から内定をいただきました。夏の間、悩んで悩んで他人から見たらなんて無駄な時間って思われてたかもしれないけど、私にとってはこれからのことじっくり考えるいい機会になったと思います。
焦る気持ちもよく分かります。でもきっと行動するのと同じくらい考えることにも意味があると思います。saka_naさんが今休憩したい気持ちであれば十分な休憩をとって力を蓄えてはどうでしょう?そうすればまたやる気が戻ってくると思いますよ。
私の友人で、就職活動は恋人探しに似ていると言った人がいます。会社とsaka_naさんお互いがお互いを必要だとを感じればそこに縁があり、就職が決まると思います。縁のある会社に就職が決まることをお祈りしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kaoru_skyさん、こんばんは。

>焦る気持ちもよく分かります。でもきっと行動するのと同じくらい考えること
>にも意味があると思います。
そうですね。時間が必要のようです。考えるという事が苦手な人間なのですが、将来のこと、自分の事、もっとじっくり考える必要があると感じました。
今、少しづつですが勉強しています。自分の一般常識の無さに驚いたもので・・・

こうやって少しづつ知識を増やしていって、人間的にも成長して、いつかウマの合う会社見つけてみせます。
すごく親身になってくださって、嬉しいです。
有難うございました。

お礼日時:2001/07/12 00:14

こればっかりは自分自身で切り開いて行くしかないと思うので、周囲の人間は自分の経験談を語って癒してあげるしかないのですよ。


私の経験は、新聞社でしたが、当時マスコミは就職協定(死語ですかこれ?)を守っておりかなり遅れて採用がはじまりました。したがって他の友人はぞくぞくと結果がでるなか私だけ試験も受けていないというかなりのプレッシャーがありました。
試験も結構な倍率で、筆記で受かると集団面接及び集団討論がありました。そこでもなんとか受かると最終面接なんですが、ここまでにようした期間は3週間。その間は非常に悶々として傍目からみても怖いくらいだったとのこと。そして最終面接。けっこう感触がよかったのですが、受かれば健康診断のしらせがありますよという、その知らせがいっこうにこなかった。いっしょに試験をうけたやつに電話で聞いてみると「えっ?もうとっくに電話がきたよ・・・」とのこと。落ちました。
もう、真っ暗でしたね。そのときばかりは世をはかなみました。
実はこの受験、コネをつかってなんとかもぐりこんだのです。「コネといっても紹介だけだから、1次の筆記は実力でうからないとダメ。」といわれて必死に勉強したのです。で、通ったもんで、あとは如才なくとおもって臨みましたが、だめでした。
あとで、紹介してくれた方にそれとなく両親がきいたらしいのですが(5年くらいたって聴かされました)、

1.素行調査があったとのこと。
  これには近所の方々のご好意により問題なかったとのこと。
2.イデオロギーについて
  過去の政治活動。宗教関係がいろいろとしらべられました(どのような方法で  かわかりませんが)。
  そこで、過去にある政党の機関誌を購読していたという実績(?)がみとめら  れ、こいつがネックになったらしいとの見解でした。
3.面接にかんしてはなんら問題なかったらしい。

非常にくやしく、憤りをかんじましたがもし入社していたとしても、そんな姑息な調査をしていた会社ですから、きっといつか見切りをつけていたとおもいます。

いまは、就職という概念自体が以前とはずいぶん変化しているとおもいます。
なにがなんでも正社員という固定観念を一度見直してみるのもいいかもしれません。私新聞社からけられてしばらくはくすぶりましたが、なんとなく肩の力をぬいてやったらうまくいきました。
まだまだ時間はあります。企業はほしい人材なら枠を越えても採用します(私、元人事担当者でございます)。
あきらめず、逆転ねらいましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

londonさん、貴重なお話ありがとうございます。
大変な苦労をなさったのですね。
しかし、すごいなあ…素行調査?一体どんな風に?ご近所に聞いて回るんでしょうか?ばれないのかしら?電話かしら?
友人にインタビュー?口止め料?
めくるめく想像が…
信じられません。でも充分あり得る話ですよね。特に新聞社だったら。

私は「教えて!goo」でたくさんの方々の意見を拝見し、「やっぱりガス抜きしないとダメだ」と思えるようになってきました。
「内定を獲る為」の就職活動ではなく、「自分を成長させる」就職活動します。

あきらめません!勝つまでは。

お礼日時:2001/07/11 23:48

不採用、大変残念だったと思います。


私もかれこれ○年前の就職氷河期に就職活動して結局むちゃくちゃ妥協しまくって就職した会社が超ひどい会社で1ヶ月で辞めてしまいました。
(就業規則みせろ、といったら、営業職には適用しないとかアホなことをぬかされた)
おそらくですが、あなたの受けた会社も、実際は採用予定がなかったかもしれません。実際多いですよ、人気業界の会社であればあるほど採用予定はないけどとりあえず採用活動して、万が一とてもよい人材がいたら採る、というトコロが多いですよ、だからあまり気にしない方がいいと思います。
あと、就職活動する上でアピールすべきことは「何がしたいか」ではなく「何ができるか」というトコロだとおもいます。
新卒だと、その点がちょっとキャリアもないことですしなかなかないとは思いますが、自分でなければできない、という武器を身につけるほかの方法(回り道)も考えてみてはいかがでしょうか?
私はPC全く教えてもらえない教育課程で育ちましたので、まったくPC使えないということで多くの会社に断られつづけましたが、こなくそ!と思い、PC購入し、独学でワードもエクセルも使いこなせるようになって現在の仕事(ここもまた私にとって通過点でしかありません、この会社で一生終える気はありません)についています。
じっくり考えてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

whitejunjunさん、お返事有難うございます。
ハードなお話ありがとうございました。

私、やっぱりアマちゃんでした。お金を貰って働く事が就職なのに、「これがしたい、あれがしたい」なんてワガママばっかり、理想ばっかり掲げて…
馬鹿丸だし。

ちゃんと勉強して、「私にしかできないこと」を見つけます(というか、磨きます)!!
whitejunjunさんが1ヶ月で会社を退職したその後が知りたい私です。

お礼日時:2001/07/11 23:36

補足です。


申し訳ありません。下記回答でお名前を間違えてしまいました。。。
ayaeさん、申し訳ありませんでしたm(_ _)m
    • good
    • 0

私も「超氷河期世代」といわれた最初の年に就職活動していましたので、お気持ちはよーくわかります。


周りが順調に決まっていったり、張り切って受けた会社に落ちたりすると、絶望したり無気力になったり焦ったりするんですよね。分かります。
でも、ここですこーし休息を取られてはどうでしょう?
今のままだと「早く決めなきゃ!」って思いがあって、焦りが先に立って出せる力も出せなくなったりしたらすっごい勿体無いですよ!
私も遊んで暮らせるほど裕福ではなかったし、「早く就職して親を助けたい」「でも、どうして決まらないの!」って、かなり焦ってました。
当時の友人に言わせると、「今にも線路に飛び込むんじゃないかって、ハラハラしてた」そうです(^ ^;ゞ
今思えば、「あんなに思いつめることなかったよなー」って思います。もっと力を抜けばよかったって。
ayaeさんも、ちょっと気分転換して、リラックスしてみてください。アルバイトをするか、就職するかはそれから考えても遅くないと思います。
まだ7月です。考える時間は充分にありますよ。
実際私が就職決めたのは年末だったし、決まらずに就職浪人したり、派遣やアルバイトをした人もたくさんいました。
まだ若いんですから、「いつかはやりたいことができるようになるさ」ぐらいの気持ちでも大丈夫ですよ。
あまり「頑張りすぎないで」、気楽に構えてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

michelさん、こんばんは。
私はsaka_naです。ayaeさんじゃあ、無いですよ~(笑)。

「線路に」…重いですね。でも「頑張っているのに、なんで?」と思ってしまいます。情けないですが。
まだ日にちはそんなに経っていませんが、随分気持ちが楽になりました。
これもひとえに皆さんの励ましのおかげです。

じっくり、考えてみたいと思っています。
なんだかこんなに短期間で来年からの仕事を焦って決めるのはもったいない気がしてきました。

有難うございました。

お礼日時:2001/07/11 23:25

まずは、少し肩の力を抜いてリラックスしてください。


「そんなこと無理!」と言わずに、深呼吸するだけでもOKです。

私も「超氷河期」という時代に就職活動をし、何10社も断られ続けた経験があります。
ハガキも200枚近く出しましたが、戻ってくるのは1~2割。(^_^;)
最終面接で落ちたこともあります。
過労で40度近い熱を出し、解熱剤を打ちながら面接にも行きました。
始めの頃は「下手」と言われた面接も、最後の方では「達人」になってましたね~。

就職活動ってホント、自信喪失とストレスが山盛りになっているイベントです(涙)。
ですから、知らず知らずのうちにどんどんと暗い気持ちになってしまっており、悲壮感が漂ってしまいます。
そんな状態で面接を受けても、相手に疲れた印象を与えてしまうばかりです。
難しいとは思いますが、ちょっとだけ肩の力を抜く時間を作ってくださいね。

「妥協」が甘かった・・・と仰っておられますが、「どうしても働きたい」なら妥協すべきでしょうね。
イキナリ最初から希望どおりの道を歩けるなんて、そうそうラッキーな人じゃない限りありませんよ。(^_^)
最近ではアルバイトをしながら目指す人もいますが、「自立したい」のであれば、絶対に就職した方が得策です。
今は、以前ほど転職に対して厳しくはありません。
他の仕事に就きながら力を蓄えている人はたくさんいますよ~!!
私の同期も、入社して数年で男女合わせて10人近くが「転職」していきました。
宝石デザイナーを目指した人、外資のアパレルにいった人、ロンドンに留学しちゃった人、消防士になった人、大学に戻って博士を目指した人etc.・・・たくさんいます。

日本ではまだまだ「新卒入社」が圧倒的に多いので、やはり新卒のうちに就職される方が今後のためにも良いかと思います。
「アルバイト」で「一人前」の生活はなかなか難しいものです。
夢を追う希望もありますが、先が見えない不安も大きいですよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ayaeさん、回答を有難うございます。
学生の中には、留年をするとかフリーターになるなんていう人が沢山います。
彼らに「ダメ出し」する気は毛頭ありませんが、私はできません。
もうこれ以上親に負担をかけさせたく無いのです。
お金の面ならなんとかなるかもしれませんが「気持ち」の問題なんです。

夢を追ってフリーターになるのも考えましたが、やっぱりできません。
でも、ゆっくりやろうと思っています。
まだ時間はあるし…

それにしても、解熱剤を打って面接というのはスゴイですね。
私も風邪を引いて野太い声で面接をしたことくらいならありますが。

就職活動って本当につらいですね。
こんなにつらいとは思わなかった。

大変だけれど、プラスになることが多いです。

前向きに頑張ります!

お礼日時:2001/07/10 15:12

去年秋まで、新卒採用担当もしてました。


「やりたいこと」が分かれば、もっと詳しく言えますが…。
私の経験では、「航空関係」の仕事をしたい女性の例があります。スチュワーデスを落ちて、仕方なく事務で私のいる会社の関連会社を受け、内定。「航空関係」の仕事をしたいということで、最終的には2月ごろに辞退。「頑張って」と声をかけました。私の方針は、「やる気のある人は支援する」こと。就職活動も、自分が納得するまで質問させ、「内定辞退は自由」。イヤなのに会社入っても、本人もやる気ないだろうし、会社も不幸。
やりたい仕事が今から正社員として募集しているなら、継続。
していないなら、資格取得や、その職につくためにできることをスタート。
一度、旅行行くなど、気分転換したら。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

maisonfloraさん、こんにちは。
私のやりたいことは、マスコミなんです。しかも、狭き門といわれる音楽業界…
春頃はやる気マンマンだったのですが、落とされまくり全然興味の無い職種ばかり受けていました。今思うと周りに流され、焦って目的を見失っていたのだと思います。行く気がないのに受けるのは失礼にあたると知りながら…

でも、何故落ちたのか考えると当たり前のような気がします。
どー考えても、合わないんですもの。
採用担当の方も、見抜いていたと思います。

今後は、今残っている会社に全力を注いで、それでも駄目なら一旦休憩します。
ずっと行きたかった国にでも行って、気分転換してきます。

有難うございました。

お礼日時:2001/07/10 15:03

私の就職活動は7~8年ほども前のことなので、今とはだいぶ変わって


しまったかもしれませんが、その時も、バブルがはじけた後で、厳しい状況でした。私が内定をもらったのは、12月末のことです。かなり遅い時期だったので、まわりの友人はほとんど内定をもらっていましたね。
私もやりたいことがあったので、1つの業種に絞って活動をしていました。
私の場合、数社を受けたというよりも、元々求人が出にくい職種だったので、受けるところが見つからず、かなり苦労をしました。
でも、その当時、目的が明確だったためか、あまりあせらず活動をしていた気がします。(それなりに悩んだりはしましたが。)ただ、ほかの仕事には関心がなかったからかもしれませんが。
で、結果的には遅い時期ではありましたが、希望の就職はできたと思っています。

私が思うには、もちろんアルバイトで働くといこうことと、新卒で社会人となること、この比較だと、新卒で社会人になったほうが良いと感じます。でも、単純に雇用形態を比較した場合だけです。社員として働くことは、世間的にも一人前と見られる場合が実際のところ多いですからね。
でも、それがやりたいことでないなら・・・、答えは変わってしまうかもしれません。やりたいことでなかったため、短期間で辞めてしまう人は、案外多いものです。そうしたら、結局意味がないでしょう。
アルバイトであろうと、本当にやりたいことができ、長期に渡って続けていける仕事にめぐりあえたなら、自分自身も、世間にも認められるのではないかなぁと思います。
どんな雇用形態だろうが、社会に出て、働くことは本当に大変なことですもの。

それから、私は前にも書きましたが、私の内定は12月です。
今は7月。そして、就職は4月ですよね。
4月にみんなと同じラインについて何かしらのスタートを切れば、何も変わりはないんです。
そう考えるとまだまだ時間はあるのです。私の場合、自分にそう言い聞かせていました。

私の頃とは、時代が変わっているでしょうから、参考にならないことばかりで、ごめんなさい!!
就職活動ってエネルギーを本当に使いますよね。
大変な時だと思いますが、がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

otankoさん、初めまして。
時代は変わっても、気持ちは同じです。大変参考になりました。

私が行きたい業種は、いわゆるマスコミです。
それも音楽業界なのでかなり大変です。
2、3社いいとこまで行ったのですが、やはり人生甘くありません。

就職活動をしていると、「あの会社は3ヶ月で離職率50%だ」とか「毎週一人は辞めている」という嫌な噂が耳に入ってきます。私が受けた会社もそうでした。
希望職種じゃないし、離職率高いし…大丈夫?!なんて気持ちで受けたのがそもそも失礼ですよね。
本当にやりたい仕事を見つけ、選ばれたいです。
来年の4月に決まれば同じですよね。
随分楽になりました。

夏はすこし休憩します。
今のままじゃモチベーション下がっているし…

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/07/10 14:53

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ