植木鉢にて1メートルほどのコーヒーの樹を観賞用に育ててます
葉っぱや、枝の一部に真っ白い粉のようなものが発生(寄生?)してますが、何かの病気でしょうか?
手でこすると簡単に落ちてしまいます
また、葉っぱのところどころが、べとついた感じになり、室内に置くにはちょっと抵抗があります
治療?(予防?)方法等がわかりましたら教えてください

A 回答 (2件)

白い粉のようだけなら「うどん粉病」ではないでしょうか?


うどん粉病なら重曹を1000倍くらいに薄めたもので洗ってあげると
治ります。
重曹が無ければ演芸店に行って「カリグリーン」を買って来て散布する方法も
あります。
どちらにしても治療の方法なので予防効果はありません。
風通しが悪いと多く発生しますよ
    • good
    • 0

始め白い→褐色


で、「さび病」?ではないですか?

参考URL:http://www.takeda-engei.co.jp/navi/byoki10.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコーヒーの木の育て方

先日、ブラジル人に「ブラジルのコーヒー農園に植えてあった」というコーヒーの木の苗をもらいました。
以前にコーヒーの木について質問があったりしたものを拝見しましたが、それを読む限り室内で育てなければいけないような・・・。
でも、我が家では大きいプランターを置くような場所がなく、子供もまだ小さくていたずらしそうなので、とりあえず庭に植えてしまいました。
やはりそれではマズイでしょうか?
一応プランターに植え替えて外へ置いておこうと思っているのですが・・。

Aベストアンサー

こんばんは。
私は部屋にちょこっと置く観葉植物として買いました。
それから数年経ち、
大きく育ち、鉢も大きいものにして
冬は屋内、夏は外に出して育てていましたが、
なぜか冬の間に葉が全部枯れてしまいました…。
まだなんとかなるかと思い、今も育てています。

やはり暖かいところにある木なので、
冬に外というのはダメだと思いますが、
夏場は外に置いてもいいと思います。
しかし、夏の直射日光で葉やけを起こすらしいので、
直射日光の当たらない、
半日日陰になるようなところに置いた方がいいようです。
なので、お考えのように、
プランターに植え替えておくと冬は屋内に移動できるので
良いと思いますよ。
あと、水のやりすぎは良くないようですね。

寒くなり屋内に置くようになれば、
お子様のいたずらを心配されているようですが、
お子様がいたずらしなくなる頃までは、
手の届き難い高めのところに置いておくのはどうでしょうか。
大き過ぎたら無理かもしれないですよね…。

Q切ったゆずの枝から葉っぱが出てきました

伸びたので切り取ったゆずの枝(というより幹)
長さ10センチ、直径4センチ位のものを水につけておいたら、枝先ではなく幹から直接葉みたいなものが3箇所くらいから出てきました。
わずかですが毎日成長しています。(今2センチ位)
これは土に植えたほうがいいのでしょうか。
タイミングがわからないのでご経験のある方、今後の育て方を教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

今すぐ土に植えるのは早すぎます。
多分、家の中で暖かい状態で水に漬けて置いていたのではありませんか。
それは枝が蓄えている栄養分で葉を出している状態だと思います。
これから根が出てくるでしょう。
今の気温で根が無ければ土に植えても枯れる可能性がありますので根がしっかり出るまで待ちましょう。
あるいはハイドロカルチャーにして室内で育てるという方法も面白いですね。
ハイドロカルチャーについては私も以前回答していますし、検索すれば沢山出てきますよ。
大事に育ててあげてください。

Qコーヒーの木って育てやすいのでしょうか?

百円店のダイソーにいくといつも「コーヒーの木」の苗が売っています。育てやすいのですか?

Aベストアンサー

たまたま手に入ったタネから育ててもうじき1年になりますが、丈夫で育てやすいですよ。
タネを蒔く時期が悪く、双葉で冬を越したにもかかわらず、このところの辛い暑さと湿度にも負けずに育って、百円店で売っているミニ観葉植物サイズよりも少し大きな苗木になりました。
冬は、寒さと葉の乾燥に気を遣ってあげれば大丈夫です。
窓越しの直射日光に当てていたら、葉焼けしてしまいました。木が若いうちは耐陰性があるとのことで、光に関しては明るい日陰くらいでちょうどいいようです。

わが家のコーヒーの木は、1ヶ月に1組、新しい葉が出ます。
芽が出たのも、タネを蒔いてからなんと2ヶ月も先のことでした。
実が生る大人の樹になるには、3~5年はかかるとか。
草花や野菜のようにすぐに生長を楽しめるものではありませんが、ゆっくりとした変化を気長に楽しんでいます。


ダイソーのコーヒーの木は私もよく見かけますけれど、かわいそうなほど徒長しているものが多いですね。
近所のコーヒーショップでは一頃、大きめのコーヒーカップに3本ほど寄せ植えにしてテーブルに飾っていました。双葉と本葉が8枚(4組)ほどの大きさでした。
ダイソーにしてもコーヒーショップのものにしても、いい環境とはいえないのにすぐには枯れないのですから、そのくらい、タフだといえるのではないでしょうか。
ただ、生きている植物である以上、環境と管理が悪ければ、まっとうに育たなかったり死んでしまうのは当然です。コーヒーショップのコーヒーの木も、もともと育てるつもりはなく、ちょっとした飾り程度に考えていたのか、数ヶ月で枯れてしまいました。
手間ひまかけて手入れしても、害虫や病気にやられたり生育不良になったり・・・というほどまで脆くか弱い木ではないようなので、観葉植物を育てる要領で普通に世話をしていれば、すぐに大きくなりますよ。

たまたま手に入ったタネから育ててもうじき1年になりますが、丈夫で育てやすいですよ。
タネを蒔く時期が悪く、双葉で冬を越したにもかかわらず、このところの辛い暑さと湿度にも負けずに育って、百円店で売っているミニ観葉植物サイズよりも少し大きな苗木になりました。
冬は、寒さと葉の乾燥に気を遣ってあげれば大丈夫です。
窓越しの直射日光に当てていたら、葉焼けしてしまいました。木が若いうちは耐陰性があるとのことで、光に関しては明るい日陰くらいでちょうどいいようです。

わが家のコーヒーの木は...続きを読む

Qその樹なんの樹きになる樹

スクーターに乗って通勤しています。大都会のいわゆる産業道路を通っているため、大型車の排ガスがたまらない毎日です。そんな空気を吸いながらの通勤ですが、帰り道の道路でほんの一瞬だけ、距離にすれば数メートルの決まった間隔で、柑橘系のようなすごくいい香りがします。はじめは何かショップが近くにあるのではと思いましたが、どうやら街路樹のようなのです。街路樹は何十メートルに渡り、かなり大きな樹木が並んでいますが、香るのはその場所だけです。一年中です。不思議とその一瞬の香りに癒されます。場所柄わき見や停車が難しく、それでも一度確かめてみましたが香る樹木を見つけられませんでした。何の樹でしょうか?

Aベストアンサー

>香るのはその場所だけです。一年中です。
 一年中が難しい。

柑橘系とは言えませんが、樟脳の匂いはご存知でしょうか?
今は合成品の防虫剤がほとんどですが・・
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/fujisawa_shono/index.jsp
もしもこれに近ければ、原料となるクスノキは街路樹でも使われ、大木になり、葉などが匂います。
http://www.skr.mlit.go.jp/kagawa/gairojyu/syurui/jkoboku/j.html

他に アベリアは低木で花期が今頃からで、長く咲きます。
http://www.skr.mlit.go.jp/kagawa/gairojyu/syurui/teiboku/t.html

参考URL:http://www.skr.mlit.go.jp/kagawa/gairojyu/syurui/syuindex.html

Qコーヒーの木の育成方法

こんにちは(^_^)

先日、コーヒーの木を購入してきました。
現在のところ葉も艶々で元気ですが、初めて育てるので不安です。

ネットで検索してみたのですが詳しい育成方法を掲載しているサイトが見つかりませんでしたので、コーヒーの木の育成方法について詳しい方がいましたら是非今後の育成方法について教えて頂けたらと思います。

特にお伺いしたいのは
●植え替えの時期や鉢などに関する注意点
●土や肥料について
●冬の過ごし方
●病気や殺虫剤の散布について
●その他の注意点
です。

今は購入時のままのビニールの鉢で、土が少し乾いたらお水をあげています。

場所は日当たりの良いバルコニーですが、曇っていて少し涼しい日は部屋に入れてあげた方が良いでしょうか?

コーヒーの木の育成に関するサイトも含めて情報をお持ちの方是非ご指導を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

●植え替えの時期や鉢などに関する注意点
購入時のビニールポットのままでは根の成長に影響しますので直ぐ1回り大きめの鉢に植え替えましょう。
鉢はプラスチックでも素焼鉢でもテラコッタでもかまいませんが茶色の方が落ち着くでしょう。
ただプラスチックは水の蒸発が遅く素焼鉢は早いので水遣りの時期に注意しましょう。
根が鉢一杯に回ると根腐れの原因になりますので2年に1回は植え替えをします。
時期は5月から8月頃までに行います。
9月まで出来ますが冬までに根を張らせるために早めにやった方が良いです。
植え替えは鉢からそっと抜いて土一杯に根がまわっていたら植え替えのサインですので植わっている鉢より1回り大きな鉢に植え替えます。
大きくしたくないときは根鉢を3分の1程度落として茎や葉も少し剪定して同じ大きさの鉢に植えます。
●土や肥料について
土は普通の観葉植物やプランター用の土でかまいません。
肥料は春から秋まで液体肥料などを与えます。
肥料の与え過ぎは枯れる原因になるので注意します。液体肥料なら10日に1度、固形肥料なら1か月に1度与えます。
ただ植替えをした時は植替え後2~3週間してから与えます。
●冬の過ごし方
寒さに当たると葉が落ちてしまいますので最低温度は10度以上で管理しますがもし無理な場合はビニールを被せるなどして保温する事をお勧めします。
一般の観葉植物の冬の管理に準じます。
●病気や殺虫剤の散布について
病害虫は春から秋にかけてカイガラムシやハダニが発生しやすいので水やりの際に葉全体にシャワーを掛けるようにしてやると発生を抑える効果があります。
また風通しをよくして病害虫の発生しにくい環境づくりをすることも大切です。
病害虫が発生した場合は下記サイトから病気や害虫に応じて適宜処理します。
http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/index.html
●その他の注意点
コーヒーの木はその原産地から解かるように大変日光が好きな植物ですのでできるだけ日当たりの良い明るい場所で育てます。
室内では通風が悪く日光不足になりがちですので春と秋は戸外で十分な日光にあてると引き締まった丈夫な株に育ちます。
曇っていても前述のように病害虫予防にも風通しの良い場所が適していますので温度があり強風以外は今の時期は戸外が良いでしょう。
ただし日光不足の植物をいきなり強光にあてると葉焼けを起こしたり株を弱らせたりしますので徐々に慣らしましょう。
水やりは表面が白く乾いてから与えますが真夏はよく乾くので乾く前に与えます。
夜の最低気温が10℃近くになったらだんだん水やりを控えめにします。
花が咲いて種ができたらそれを植えて増やす事ができますし挿し木しても増やせます。
下記サイトもご参照下さい。

参考URL:http://www.caravanserai.co.jp/lounge/tree.html, http://www.caravanserai.co.jp/lounge/question_tree.html

●植え替えの時期や鉢などに関する注意点
購入時のビニールポットのままでは根の成長に影響しますので直ぐ1回り大きめの鉢に植え替えましょう。
鉢はプラスチックでも素焼鉢でもテラコッタでもかまいませんが茶色の方が落ち着くでしょう。
ただプラスチックは水の蒸発が遅く素焼鉢は早いので水遣りの時期に注意しましょう。
根が鉢一杯に回ると根腐れの原因になりますので2年に1回は植え替えをします。
時期は5月から8月頃までに行います。
9月まで出来ますが冬までに根を張らせるために早めにやった方...続きを読む

Qサクラの木(幹・枝)が真っ白に

桜の木の幹、枝・・・地面からすぐ上の太い幹、それに伸びる太い枝が真っ白になりました。最初、部分的なものだったため、放置していました。現在では、ほぼ全体に広がってしまいました。木の高さは、4m弱か?そばに、柿、もみじ、きんもくせいがあり、若干、風通しが悪いかもしれません。白い部分は、若干、手に粘っとした感じで、繊維状、綿状(菌糸か?)のものが、全面についています。「葉」には異常はありません。近くには洗濯干し場(お隣さまと我が家)もあり、伐採する方が良いでしょうか。木が大きすぎて、薬剤散布は無理と考えます。もし、伐採しか方法がなければ、どこに依頼をすれば良いでしょうか。厳しい年金生活。費用が心配です。

Aベストアンサー

膏薬病(こうやく病)です。
カビ菌の一種ですが、樹から直接栄養を摂っておらず、カイガラムシの排泄物を栄養分として寄生します。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm(吸汁性害虫で種類が多いです。)
手に粘っとした感じなのは、このカイガラムシの排泄物と思われます。
風通しが悪いのも、カイガラムシが好んで寄生する条件です。

伐採するのも樹そのものがやられている訳ではないので、もったいない様な気がしますが、カイガラムシそのものの駆除が先決でしょう。
成虫は足を落としてもう動けないので掻き落としてしまえば死んでしまいますが、幼虫は発生期においては次々と孵化し、樹をよじ登って来て場所を決めると足を落として成虫となります。大量にカイガラムシに寄生されると樹が弱り、終いに枯れ死に至ります。

発生期間が長いので厄介な害虫ですが、幼虫はスミチオン乳剤等、一般的な有機リン系殺虫剤の散布でも効果がありますが、定期的に散布する必要があります。
成虫は殻で覆われていますから、それらの殺虫剤では効果が期待できません。
落葉している冬期に、マシン油乳剤の20倍希釈液を噴霧器で散布します。(越冬します。)
http://www.engei.net/Browse.asp?ID=14037(ホームセンターあたりでも販売しています。11月あたりになれば大量に仕入れるでしょう。)
http://www.afftis.or.jp/kaigara/bouzyo.htm#4
油分が殻の中まで浸透し、カイガラムシの成虫を窒息死させます。
(ボルンというスプレー剤もありますが、期待薄でしょう。それに不経済です。)

膏薬病については被害部分を削り取り、殺菌剤を散布しておきます。
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/byouki/kabi_ka3.html

カイガラムシの駆除が重要ですね。今いる成虫を掻き落とし、定期的な薬剤散布(春~秋、9月いっぱいまで。)をし、冬期におけるマシン油乳剤の散布を行います。
来年は初夏までにカイガラムシの発生がなければ、定期的散布は不要かも知れません。
薬剤散布は噴霧器を使います。脚立も必要でしょう。ご自分で無理だと思えば植木屋あたりでもやるでしょう。あるいはシルバー人材センターあたりでも安くやってくれるかも知れません。

膏薬病(こうやく病)です。
カビ菌の一種ですが、樹から直接栄養を摂っておらず、カイガラムシの排泄物を栄養分として寄生します。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm(吸汁性害虫で種類が多いです。)
手に粘っとした感じなのは、このカイガラムシの排泄物と思われます。
風通しが悪いのも、カイガラムシが好んで寄生する条件です。

伐採するのも樹そのものがやられている訳ではないので、もったいない様な気がしますが、カイガラムシそのものの駆除が先決でしょう。
成虫は足を落としてもう...続きを読む

Qコーヒーの木

コーヒーの木に興味があるのですがなかなか売っていません。
そこで、種から発芽させたいのですが何か手に入れるよい方法を知りませんか?

Aベストアンサー

コーヒーの実生(みしょう)は私も興味があります。
タネは売っているようですが、発芽率が悪いようなので、私は挿し木してみるつもりです。
知り合いに、鉢植えを持っている人がいるので、枝を1本いただこうと思っています。
参考までに、↓を入れておきました。

参考URL:http://plaza.across.or.jp/~harikyu/herb/coffee.html

Qブラックベリーの新枝が3メートルも伸びてしまった

立派に育ってくれて嬉しいのですが、
この枝はいったいどうしたらよいのでしょうか。
バラのシュートのように切らないで育てるのでしょうか。
あまり伸びたので、樋に大きく絡ませていますが、
まだまだ伸びる感じです。
どうぞ、どなたかお教えください。

Aベストアンサー

新枝は来年に実をつけるので、実を楽しみにしている場合は切ってはいけません。逆に今年に実をつけた枝は、来年以降、実をつけませんので、切ってしまって構わないです。

枝が延びるのは9-10月には終わるかと思います。ただ、新枝は切れない、古い枝は根元近くから切り取ってしまう、ということで、うまく樹形を整えることができないんですよね。

拙宅のものは庭のあちことから(No1 さんの URL にあるように地面に延びた枝が根を張ってそこからさらに新芽が出る)枝が出て来て大変なことになってます。実を摘み取ってサマープディングにして楽しんでいるので、むやみに切る訳にもいかず....ということでちょっと持て余しています。

Qコーヒーの木が病気?

会社で鉢植えでコーヒーの木を育てています。
背丈は15cmぐらいでしょうか。
最近、葉の先端が徐々に枯れ始めています。
幹も乾燥しています。
鉢が小さくて窮屈なのかと大きな鉢に移し替えはしました。
このままおいておいて大丈夫でしょうか?
何か薬を買ってきた方がよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

おそらく水のあげ過ぎか、寒さにやられたのでしょう。
No1の方が言うようにもうダメかも知れません。

試しに明るい窓際に移し、鉢の上をビニール袋で覆って、
毎日霧吹きで全体を湿らせて「熱帯雨林」の様な環境を作ってみてください。
(鉢内の温度を上げないため、鉢を日陰に出来ればさらに良い)
霧吹きによって常に湿り気があるので、新芽が出るまで水はあげなくていいです。

良くありがちなのですが、弱ってる樹木に間違えても肥料はあげないで下さいね。
人間で例えるならば、重病時に「大食い選手権」に出場するようなモノです。

コーヒーの木は耐寒性があまりありません。出来れば10℃位は欲しいところです。
15cmの幼木だとなおさらです。
どのような会社か判りませんが、夜間無人になり、空調もOFFになるようだと、
ちょっと冬越しはキツイかも知れません。

コーヒーの木の水やりについてですが…
これは環境や木の大きさで一概に言えませんが、
一般的な冬場の水やりの間隔は2週間位でしょうか?
あげるときは、朝、ぬるめの水をタップリあげて下さい。
受け皿を使用している場合、皿に水を溜めないように、最後に捨てて下さい。

毎日観察していると、木のテッペンの勢いが無くなるのが判るようになります。
その時が水をあげるベストタイミングです。
いつも定期的に水をあげるより、欲しがってからあげる方が、木は丈夫に育ちます。
それから、これもありがちなのですが、天気が良いからといって、
いきなり外に出したりしないで下さいね。
室内で育てた植物は葉が室内用になっています。
それをいきなり外に出すと「葉焼け」を起こします。
観葉植物は熱帯産の木が多いので、寒風にも非常に弱いです。

ダラダラと書いてしまいましたが、元気になってくれると良いですね。

お大事に…。

おそらく水のあげ過ぎか、寒さにやられたのでしょう。
No1の方が言うようにもうダメかも知れません。

試しに明るい窓際に移し、鉢の上をビニール袋で覆って、
毎日霧吹きで全体を湿らせて「熱帯雨林」の様な環境を作ってみてください。
(鉢内の温度を上げないため、鉢を日陰に出来ればさらに良い)
霧吹きによって常に湿り気があるので、新芽が出るまで水はあげなくていいです。

良くありがちなのですが、弱ってる樹木に間違えても肥料はあげないで下さいね。
人間で例えるならば、重病時に「大食い選...続きを読む

Qばらの特定の枝の葉っぱが枯れていきます

ピエールドゥロンサールについて教えてください。
去年の冬に鉢植えから狭いながらも地植えに変えました。根元から3本枝が出ていますが、そのうちの1本の枝の様子がおかしいのです。(写真右側の赤丸の枝です。)

1.新芽が枯れる。
2.葉っぱが増えない。
3.今ある葉っぱも、どんどん黄色く変色して枯れていく。
4.ほかの枝の葉っぱは、今のところ元気で異常ありません。

なんで1本の枝だけ葉っぱが枯れていくのか悩んでます。現状と今後の対策についてアドバイスください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

葉をもっと細かく見たいのですが、「黄色く変色」という事から【黒星病】を疑います。
●葉に淡褐色から紫黒色の小さなしみ状の斑点ができます。
●斑点の縁はギザギザで病斑の周囲は黄色に変色しています。
●葉は触れただけで落ちますよ。
そんな特徴です。

【被害は・・・】
またバラにとってはもっとも恐ろしい病気です。
葉は落ち、枝には紫褐色のシミができます。葉が落ちた株は衰弱がひどく花は満足には咲きません。

【農薬は・・・】
この3つは水で希釈させて使用しまます。
●オーソサイド
●トップジンM
●ダコニール(3つの内のどれかを使ってください)
★効かない時は、耐性菌になっている可能性が高いので、そこの株の土ごと取り除いて焼却処分してください。
★今後同じような症状が出た時には、なるべく早くその薬剤を散布してください。
★この病気がいつも激しく起こり、その薬剤をよく散布する事があるような場合は、交互に散布してください。
 (薬剤に対する耐性菌をつくってしまいやすいですから、面倒でもお願いします)
★例えば、バラ専用薬剤の
 例えばハナガードAL等々は、水で希釈させないで、そのまま使用できるのもありますから、植物専門店に行けばよくありますよ(^_-)-☆

【予防と対策】
風通しがよくし、密植による日照不足にならないようにして下さい。
枝や葉の雨滴などが乾きやすい環境にするなど予防してください。
病害により落ちた葉は、伝染しないように小まめに拾って焼却してください。
枝の病斑も伝染減になるため、取り除くといいですよ。

葉をもっと細かく見たいのですが、「黄色く変色」という事から【黒星病】を疑います。
●葉に淡褐色から紫黒色の小さなしみ状の斑点ができます。
●斑点の縁はギザギザで病斑の周囲は黄色に変色しています。
●葉は触れただけで落ちますよ。
そんな特徴です。

【被害は・・・】
またバラにとってはもっとも恐ろしい病気です。
葉は落ち、枝には紫褐色のシミができます。葉が落ちた株は衰弱がひどく花は満足には咲きません。

【農薬は・・・】
この3つは水で希釈させて使用しまます。
●オーソサイド
●トップジンM
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報