NTT-X Store d払いご利用でdポイントが貯まる使える!

『広辞苑 第七版』にて台湾を中華人民共和国の一部と記載し話題となっている問題で、少し疑問に思うところがあるのですが、この表記間違いなのですか。確かに台湾から見たら間違いでしょうが、日本政府の立場上台湾は中国の一部と認めていると聞いたことがあります。(真偽は分かりません。)また、恐らく台湾を一つの国とした表記としても中国が黙っていないでしょ。この問題に対する正しい表記の仕方って何でしょうか。

A 回答 (2件)

この表記間違いなのですか


  ↑
日本国政府の立場通りですから
間違いとは言えません。



日本政府の立場上台湾は中国の一部と認めていると聞いたことがあります。
(真偽は分かりません。)
  ↑
その通りです。
だから、日本と台湾の間には、正式な国交は
ありません。
民間の交流があるだけです。
北朝鮮と同じく、台湾大使館、というのは存在しません。




この問題に対する正しい表記の仕方って何でしょうか
  ↑
一番良いのは、歴史を紹介しておくことです。

中国は国連に加盟していませんでした。
その代わりに台湾が、常任理事国として加盟して
おり、日本は台湾だけを正式な国家として認めて
いました。

その後、ベトナム戦争に手を焼いた米国が、中国のベトナム
援助を止めさせる条件として、台湾を追い出し、中国を
常任理事国として、国連に入れることにして
国交回復をしました。

日本も、米国に追随して、中国を国家として認め、台湾とは
国交断絶し、現在に至っています。

こうした歴史を、簡単に紹介するのが最も正しい認識方法
だと思います。
    • good
    • 1

「中国の圧力のもと、米国の裏切りで、中国領の一部と国連でされ、


日本も認めてしまったが、当事者の台湾は、それを認めていない。」

とでも、するべき。

中国大好きの編集者が、作為的に織り込んだだけ。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング