相手から送られてきた発注書は内容をすべて確認しなければならないでしょうか。

すべて誤りがないか確認できればそれに越したことはないのですが、
現状手が回らなく、発注書に記載された内容をそのまま手配しています。

ここのところ起きたトラブルで、『発注書を送っていないが、必要なことがわかる資料を送っている。』と言われることがありました。
たしかに発注書を複数頂き、そのなかにはその件の発注書はありませんでしたが、
発注書を頂いてから3か月後に頂いたメールに添付された資料には
必要な旨(図面の中に自社商品名が載ってました)がありました。

また同じ方から『頼んだものと違うものが入った』と言われたので、
調べたところ、発注書が間違っており、違ったものがはいってしまったようです。

相手曰く、『資料を送っているのだからか、確認できるだろう』とのことで、
こちらの確認漏れとされてしまっています。


こちらにまったく非がないわけではありませんが、
一日にかなりの件数が入る発注書をすべてを図面と照らし合わせ確認するのは難しいです。
発注書の内容の確認義務は発行側にあると思います。

最善はどちらもするだと思いますが、実際のところ、発注書に誤りがないか確認するのは発行側、請け負う側、どちらがするべきなのでしょうか。

ご意見をお聞かせください。

A 回答 (1件)

他人に聞くまでもないでしょう。


受注側は発注書に書いてある内容が全てです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング