寝る前に聞くと最高な洋楽♪安眠ソング5選

私の父は32年前に他界しました。それで父の財産を「母が半分残りを子供4名で別ける)別ける。
遺産は土地でもらう。その後(数年後)その土地を売り現金に替える。私はそのお金で「母と私」で一軒の家を建てる。母は高齢(95歳)でもう先が無い為に遺言状を私宛に公証役場で書く。母の他界後2人で建てた家はお前に相続させると。私の妻はその事を知っている。しかし現在私と妻はうまく行っていない。何か話せば口論になる。正直言うと妻と離婚したい心境。だから私は何が何でも親から引き継いだ遺産は自分が死んでも妻には渡しくない。だから自分も遺言状を書いて私の財産は娘に相続と。

私が皆様に聞きたい事は私の財産(親から引き継いだ遺産)は妻も半分相続する権利が有るか?
仮に妻と離婚した場合も妻は半分の財産を収得する権利があるか?

質問者からの補足コメント

  • つらい・・・

    私が受ける親の財産とは「家と土地」ですが2人で建てた家なので名義も「母と私」ですが母が亡くなれば母の名義分も私の物になりその文の半分を妻が相続できる権利があると言う事ですか?なら私は生きている間にこの家と土地を担保に入れてお金を銀行から引き出し全部使った方がいいと思うが?私が他界した後は妻は何にも相続出来ないと思うが?このような事をする旦那は最低人間として後で笑われますか?

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/01/13 15:16
  • ムッ

    又は娘に全財産を「生前譲与」という形でした場合、娘は莫大な税金を払う事になりますか?
    最近いろいろな夫婦を見ていますが妻という人間は旦那が退職するのを待つている状態また旦那が亡くなるをを待つている状態。これが最近の妻の現実の姿ですね。
    夫婦でも次の様な言葉を聞きましたが「女は3回離婚すると億万長者になると、
    男は離婚する度に破綻し最後は浮浪者になると」

      補足日時:2018/01/13 15:30

A 回答 (11件中11~11件)

>私の財産(親から引き継いだ遺産)は妻も半分相続する権利…



不謹慎ながら、あなたが旅立ったときという意味ですね。
それはその時点であなたが保有していたすべての資産が相続対象になります。
あなたが保有する前が誰の資産であったかは関係ありませんので、あなたが妻より先に旅立てば半分は妻のものとなります。

>仮に妻と離婚した場合も妻は半分…

離婚すれば夫婦は赤の他人に戻りますから、元妻には一切の権利がありません。

>遺言状を書いて私の財産は娘に相続と…

離婚はしないし妻があなたより長生きするとして、妻が異を挟まなければそのようにできます。

妻が家裁へ遺留分減殺請求を申し立てれば、少なくとも法定分の 1/2、すなわち全体の 1/4 は渡さないといけなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。しかし貴方の答えは離婚してもしなくても半分の財産は妻が収得出来る
権利があるという事ですか?先日「兄貴」が言っていましたがお前が「おふくろ」と共同で建てた家は遺言状でお前に相続となっているがその様な夫婦仲なら遺言状を諦めて「おふくろ」の持ち分は兄弟4名で別ければと。現在どちらにするか悩んでいます。しかし妻という人間は旦那の財産泥棒ですね。世の中「男の人」が可愛そうです。

お礼日時:2018/01/13 14:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報