メガネをかけると
目が2分の1くらいの大きさに
なってしまうのですが、何故ですか?
また、これは直せませんか?

A 回答 (1件)

レンズで光が曲げれているからです。



近視で使用される凹(おう)レンズは、入って来た光を外に曲げる性質があります。
その性質のため、凹レンズを通して見える世界の大きさは小さくなってしまいます。

逆に入って光を内側に曲げる凸(とつ)レンズは、物が大きく見えます。
虫メガネは、この性質でモノが大きく見えています。

このように、レンズ自体の性質であるため、
メガネを掛けている人の見た目の目の大きさを
メガネをかけていない時の大きさと同じにすることは出来ません。

見かけの変化量は、レンズの度数に比例して大きくなります。
度数が高いほど、小さくなるか大きくなってしまいます。

そのため、度数の高いメガネを使われる方の中では、レンズを小さくしたり
フレームが目立つメガネを選んだりして、目のサイズ変化が気にならないような
工夫をされることもあります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング