微生物関係の質問です。
通性嫌気性菌がグルコースからエネルギーを産生するとき、酸素がある場合とない場合では、得られるエネルギーの多さに変化はあるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

通性嫌気性とは酸素が有る場合それを利用し、無い場合乳酸発酵からエネルギーを得ます。

ですから酸素がある方が得られるエネルギーは圧倒的に大きくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2018/01/13 23:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング