ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

新型デミオにスノーボード一枚は積んで4人乗れますか?

助手席と運転席の間に刺す感じです。

A 回答 (4件)

運転し難いとか同乗者に無理を強いるかを無視すれば乗れますね。




後部席倒して背もたれ無しは整備不良状態なのでやってはいけません。
「後席シートベルト」も着用が義務付けられていて、一般道でも違反点数無しなだけで義務はあります。
そして「シートベルト」は背もたれがあること前提で作られていますので背もたれ無し自体がありえない行為です。
    • good
    • 0

#2です。



後部座席の一つを後ろに倒すのではなく、前に倒すのでした。
運転席と助手席の間にのせると、サイドブレーキは引きにくいですね。
運転中にサイドブレーキの必要はありませんけど。
    • good
    • 0

そんな乗り方でもよければ・・・。



後部座席を、1つだけ後ろに倒し、スノボードをトランクと後部座席の中心に置くように載せる。
1人は、後部座席を倒したまま、後ろに積んだ荷物をクッション代わりに寄りかかつて乗る。
・・・というのが、楽かと思います。
    • good
    • 0

乗れるでしょう。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽でスノボ行くのって駄目ですか!?

軽はスズキのアルトです。調子もそれほど快調というわけではありませんが、大きな故障もなく数年乗っています。その車でスノボに行きたいんですが、まずいでしょうか?
スタッドレスはもちろん履かせるつもりでいます。ただ、なんとなく心配です。

心配な点
 ↓
1,軽いから ツルッ と行ったりしないか
2,軽だからといって途中でエンストとかならないか
3,スノボをやりに軽で行くって見た感じさぶいでしょうか
4,結局軽でも大丈夫!?

ってことです。
どうかお願いします!

Aベストアンサー

全回答者のおっしゃる通りまったく問題ありません。
心配な点に関してはすべてOKです。
アルトは4駆かなそうでなければチェーンは携帯したほうがいいです。凍結路の登りでは停止後2駆では登れないこともあります。また、急な登りで凍結がゆるくなると、2駆ではチェーンを装着しても氷を削って登れないことがあります。(経験者は語る)
あとバッテリーの管理には気をつけてください。
寒冷地ではそれの能力が下がり始動不能になりうります。
相当雪が降ったり同時にあまりに寒いとワイパーが凍り付いて雪を掃わなくなります。スタンドでワンサイズ小さ目のものを買いましょう。またときどきワイパーの下の雪を掃いましょう。モーターに過負荷がかかって焦げ臭くなります。
雪国の交差点は、スタッドレスに踏み固められミラーバーン現象で凍結路のようになります。色が白くないクロっぽかったかな?停止時ラインをはずしましょう。そうしないと思いのほか停止距離が伸びてひやっとすることになります。
屋根の雪は専用の器具で落としてから出発しましょう。高速道路で飛ばしながら走っている車を見かけますけど、多くの後続車に迷惑を掛けます。
とりあえず以上です。

全回答者のおっしゃる通りまったく問題ありません。
心配な点に関してはすべてOKです。
アルトは4駆かなそうでなければチェーンは携帯したほうがいいです。凍結路の登りでは停止後2駆では登れないこともあります。また、急な登りで凍結がゆるくなると、2駆ではチェーンを装着しても氷を削って登れないことがあります。(経験者は語る)
あとバッテリーの管理には気をつけてください。
寒冷地ではそれの能力が下がり始動不能になりうります。
相当雪が降ったり同時にあまりに寒いとワイパーが凍り付いて雪...続きを読む

Q泣きそうです! ボードのワックス!

先日、奮発して良い板を買いました!
初級者~中級者用の板なのですが、買った時にお店の人に「ワックスとか塗らなくても、今すぐにこのまま滑っても大丈夫なんですか?」と聞いたら「今すぐにでも大丈夫ですよ。シーズン終ったらしまう前に塗る必要はありますけど、今すぐには特にいらないですよ」と言われたのでそのまま安心して帰って来ちゃいました。

しかし、ボードに詳しい友人に話したところ、店で最初から塗ってあるそんな程度のワックスじゃ全然ダメだと言われてしまいました。

そこで別の店で上記の話をしてみたところ、「保存用に塗ってるワックスをいったん取って、時間とお金がないならとりあえず万能ワックス(滑走ワックス)だけでも塗っておけば大丈夫」と言われて、その通りにしました。

しかしまたもや友人に、「そんなの2,3本滑ったら取れてしまう!その程度で滑ってしまったら、板が傷む!良い板を無駄にしている!」と言われました(;;)

もう明日出発して滑ってくるので、今からホットワックスやらなんやら難しいのはかけられないのですが、本当に私の板は旅行を取りやめたほうがいいくらいひどい状況なのでしょうか?
お店の人に、そこまでワックスしなくても大丈夫だというように説明されたのを鵜呑みにしてたもので。。。

そもそも、初めて買った人が、全員そこまで何時間もかけてキッチリワックスを塗れるものなのでしょうか?

友達に、最初のワックスがけがやっていなければもう手遅れで、後からワックス塗っても痛んでしまうと言われ落ち込んでしまいましたが、そういうものなのでしょうか?

先日、奮発して良い板を買いました!
初級者~中級者用の板なのですが、買った時にお店の人に「ワックスとか塗らなくても、今すぐにこのまま滑っても大丈夫なんですか?」と聞いたら「今すぐにでも大丈夫ですよ。シーズン終ったらしまう前に塗る必要はありますけど、今すぐには特にいらないですよ」と言われたのでそのまま安心して帰って来ちゃいました。

しかし、ボードに詳しい友人に話したところ、店で最初から塗ってあるそんな程度のワックスじゃ全然ダメだと言われてしまいました。

そこで別の店で上...続きを読む

Aベストアンサー

特にワックスにこだわる必要は無いと思いますよ。
私はボード暦12年程になりますが、携帯用のワックスしか塗ったことがありませんし^^;
友人もみんなそんな感じです。

本当にワックスにこだわるんでしたら、雪質や温度でワックスも換える必要があるので、そんなにこだわる必要は無いかと思われます。

石の上を滑ったりでもしない限り、板が傷むことは無いと思います。

Q高速道路でスキーキャリアが全部とれました!

先日、夜中、4:30頃、スノーボードの板を4枚、4枚積みのキャリア(車の屋根に取り付けるガルウィング状のもの)に取り付けて走行中、
80km/hも出していない状態で、キャリアごと、全部がふっ飛びました。
その日の前々日くらいに購入したもので、ちゃんと説明書どおりに取り付け、板を止めるところの鍵もしっかりとかけました。
4枚の乗せ方は2枚ずつ裏向きに合わせ、それを2点で挟み込むタイプ一般的なタイプです。
幸い、夜中の片側一車線の高速道路であったため、車も少なく、事故にはいたらなかったのですが、一台車がとおり、板が1枚ひかれました。(タイヤの跡がありました(T_T))
拾いに行くと、一番遠くに落ちていた(最初に外れたもの)のが、ボード1枚(ひかれた分です)と、鍵を閉めたのに片方の挟むところが開いた状態の前方のキャリア。手前には、3枚の板がついたまんまの後ろ側のキャリアがありました。
これから推測するには、走行中、前のキャリアの片方の挟むところが外れ、上に置かれたボードは先端が上向きに反っているので、もろに風の影響を受け、後ろ側に反り返って外れ、その反り返りで後ろ側のキャリアも外れたと思われます。
キャリアを止めていた車のボディーはえぐれていました。
もちろん板はボロボロ。。。
その後、7人乗りの車に6人で板5枚を無理矢理車に突っ込んで移動しました。
この場合、PL法とか消費者センターとかでなんとかできるものでしょうか?
板も車もキャリアーも、また、僕らの精神的なダメージは計り知れないものでした。
積載物の落下での事故は良く耳にしていましたので。。。
なにか、良い方法、アドバイス等をお願いします。
現在は、キャリアをメーカーに預け、不具合確認をしてもらってる状態です。

先日、夜中、4:30頃、スノーボードの板を4枚、4枚積みのキャリア(車の屋根に取り付けるガルウィング状のもの)に取り付けて走行中、
80km/hも出していない状態で、キャリアごと、全部がふっ飛びました。
その日の前々日くらいに購入したもので、ちゃんと説明書どおりに取り付け、板を止めるところの鍵もしっかりとかけました。
4枚の乗せ方は2枚ずつ裏向きに合わせ、それを2点で挟み込むタイプ一般的なタイプです。
幸い、夜中の片側一車線の高速道路であったため、車も少なく、事故にはいたらなかっ...続きを読む

Aベストアンサー

えーと、お気持ちは良くわかります。当時は私も憤りましたが、・・・。
一般の常識と法律家の判断(裁判所の判断)が、へだったっている事は意外に多いんだなぁ、としかお答えできません。
 当時のお話ではあくまで請求する側が請求の根拠となる証拠を提示しなければならないとの事で、(つまりメーカーはbaliusさんの取り付けが正しくなかったということを証明しなくてもいいということらしいです)。・・・。ちなみに説明書の件ですが、その説明書にしたがっての事故が多いという事(多分この場合は他の製品に比べて事故率が高いとか明らかにわかりづらい不適当な説明書であることが客観的に証明されることがやはり必要なきがします)がわからないとつらいと思います。
 私自身は法律に詳しくもなく当時の交渉や相談の結果をお話しているのですが、法律も裁判所の対応もメーカーの対応も当時と同じとは限りませんのであくまで当時の話として下の回答をさせていただきました。(当時はPL法なかったです)
 私自身はスキー保険にてお金を支払ってもらいました。(車はノーダメージでしたが)保険屋さんに年式とモデル名を伝えたところ、先方さんで計算した上でお金を支払ってもらいましたが、購入を安くしていたことから、キャリア分(どっからも補償は受けられなかった)+α位の入金がありました。
 また、事故後勉強した結果、スキーの運搬にはシステムキャリア+ルーフボックスの組み合わせにしました、やはり板にも良いし安全面もレベルが違いますから・・・。
 どのような物にも欠陥や事故はあると思うんですが、現実としてはお金で安全性を買うしかないんでしょうねぇ。まぁお金かけてもだめなときはだめなんでしょうが・・・。
 とにかく事故の証拠になるもの(事故現場の写真や回収したキャリアのパーツ)をあちこち持ち込んでみるしかないとは思います。
 ちなみに消費者センターのお世話になったこともありますが(他の製品で役に立ってもらったことがある)、多分今回のケースのような場合同じ商品による事故の発生率が高くない限り目立った成果を(消費者センター)得ることは難しいような気がします。
 

えーと、お気持ちは良くわかります。当時は私も憤りましたが、・・・。
一般の常識と法律家の判断(裁判所の判断)が、へだったっている事は意外に多いんだなぁ、としかお答えできません。
 当時のお話ではあくまで請求する側が請求の根拠となる証拠を提示しなければならないとの事で、(つまりメーカーはbaliusさんの取り付けが正しくなかったということを証明しなくてもいいということらしいです)。・・・。ちなみに説明書の件ですが、その説明書にしたがっての事故が多いという事(多分この場合は他の製品...続きを読む

Qリーシュコード付けないボーダー

何故スノボする人でリーシュコード付けない人がいるんでしょうか?

先週ボードに行きましたが滑っていたら裏から、大きな声で危ないからドケ!!の声が聞こえたので止まって裏を振り返ると板だけが早いスピードで流れてきました。余りにも大きな声だったので彼女はビックリして転んでしまいエッジがブーツに当たりブーツが切れてしまいました。幸いブーツだけ切れただけで、お互い怪我は無しで良かったのですが、相手は何で板止めてくれないんだ。ボケ!と言われたのですが、カチンときましたね。相手も彼女つきでした。
なんか、うちらが悪いような感じで怒鳴られたのですが、最終的にはブーツ代を彼女が相手に請求してもらいましたが、リーシュコードは付けて欲しいものです。

平日でしたのでゲレンデが空いていたのですが週末でしたら、被害が増えたと思います。
これって、うちらも多少は悪いんでしょうか?
板を止めようとするとエッジで怪我をする可能性があるのでできません。

尚、自分達はリーシュコードもちろん付けてます。

Aベストアンサー

怪我が無くて何よりでしたね、ブーツ代ももらえたようでよかったですね。
しかし、なんてヒドイ相手でしょう。読んでて頭にきますね。

リューシュをつけない理由はおそらく存在を知らないか
知っていても初級者のほとんどが「自分は大丈夫」と思っている事でしょう。


自分は年に何度か流れる板を見ます、流してしまうのはほぼ初級者です。
初級者は板の扱いに慣れてないので押さえてるつもりでも離れてしまったり・・・
リューシュコードを手に持って板を引っ張る「犬の散歩」なるダメ行為も
やってるのはだいたい初級者です。

上級者の方でしてない方も多いですけど、板の扱いや
流さない工夫、下に書くポイントなどを知っていて
上級者で板を流したという話は聞いた事がありません。

リフトから見つけた場合はどうしようもない(大声を出すくらい?)のですが、
自分の場合、滑っているときに見つけたら追いかけて止めます。

流れた板は運がよければコース脇などで跳ねて止まりますけど、
運が悪ければかなりの加速をしたあげくにゲレンデ下部、
一般的には休憩してる人や家族連れがいたりすることが多い場所に突っ込みます。

ブーツが切れたとのことなのでお分かりと思いますが、
エッジは刃物ですし板だけ流れた場合は思わぬところでバウンドしたりします。
人の直前でバウンドして顔に・・・なんてこともない話ではないです。

ただ、追いかけると書きましたけど人が乗ってない板はかなりスピードが出ますし
突然跳ね上がったりして危険なので近づかないほうが無難です。
ご自分の身の安全を最優先してください、
その上で声などで下にいる人に注意を呼びかけるといいと思います。

もし追いかける場合は同じスピードで横からそっと近づき拾い上げます。
間違っても下で待ち受けてはいけません(←これで一度怪我しました)
また、コース変化でいたがバウンドする事があるので十分気をつけて。


質問者さんはリューシュコードを必ずするとのことなので安心ですが、
この質問を他の見た方にも安全なリューシュコードの付け方を知っていただけたらと思います。

1.まずは体を谷側にし、山側を向いて板が滑らないように裏向きに置きます。

  なぜ山側を向くかというと万が一手を滑らして板を落としても
  体側に流れようとするので止める事ができます。
  谷側を向いているとその時点で手の届かないところに流れてしまいます。
  また、板を裏向きに置くのは同じく滑らないようにソールを上にして
  ビンディングを下に向けるのですが、その際にひっくり返りやすい向き
  (一般的にはトゥー側かな)を山側にするとさらに安心です。
  逆だと突風などで谷側にひっくり返り流れる事があります。

2.リューシュコードを軸足に装着します。

  リューシュコードは板を裏にしたまま付けれる長さがあったほうがいいです。
  よく短いリューシュコードもありますけど、
  あれではビンディングに足を入れてからじゃないと付けられないので
  それまでに流してしまう危険があります。

3.山側を向いたまま軸足を装着

  よく初心者の方は座り込んで両足を着けていますけど、
  軸足だけなら立ったままでも意外と簡単です。
  逆に両足を座って着けると必然的に谷側を向くことになると思うので
  板から手を離してしまった場合など危険です。

あとはスケーティングで移動するなり、谷側に向きなおして後ろ足をつけるなり
して滑り出せばOKです。

最近リフト降り場の先で横一列で座り込んでる人や、
両足着けて移動しようとしている人の前に座り込んでしまう人など、
周りへの配慮が足りない方をよく見かけるので
その辺にも気を使えるとかっこいいスノーボーダーだと思います。


スノーボードの世界においてこういったマナーをどう伝えていくか・・・
重要な課題だと思います。

怪我が無くて何よりでしたね、ブーツ代ももらえたようでよかったですね。
しかし、なんてヒドイ相手でしょう。読んでて頭にきますね。

リューシュをつけない理由はおそらく存在を知らないか
知っていても初級者のほとんどが「自分は大丈夫」と思っている事でしょう。


自分は年に何度か流れる板を見ます、流してしまうのはほぼ初級者です。
初級者は板の扱いに慣れてないので押さえてるつもりでも離れてしまったり・・・
リューシュコードを手に持って板を引っ張る「犬の散歩」なるダメ行為も
やって...続きを読む

Qホットワックスについて

生塗りワックスの性能に嫌気が差してこの度ホットワックスデビューすることになりました。
初めてのホットワックスですが、やり方はネットでチェックしました。
そこでいくつか質問がありますのでよろしければ教えてください。

1、ベースワックスは3~5回かけるとのことですが、ベースをかけたらシーズンオフまで持つものなのでしょうか?それとも滑走ワックスを何回かかけたらベースからやり直すのでしょうか?

2、滑走ワックスは一度かけたら何回(何日)くらいもつのでしょうか?1日滑ったら取れてしまうものなのでしょうか?

3、フッ素系の滑走ワックスはワクシングペーパーを挟んでアイロンをかけるとフッ素がワクシングペーパーに吸収されるから、直接アイロンを当てなければならないと聞いたのですが本当でしょうか?

ちなみにボードです。
滑りに行く頻度は月に3,4回で新潟のスキー場が多いです。
ワックスはGALLIUMの EXTRA BASE VIOLET と SSF49 です。
競技はしません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

石打IC付近のスキー場で年間25日前後滑っているスキーヤーです。あまりまともに質問に答えておらず、単なるアドバイスですけど、参考になれば幸いです。

まず最初に、メーカーのHPに書いてあることを鵜呑みにしないほうがいいですよ。メーカーのHPは競技とかでの一瞬の滑走性を得ることを前提にして記載しているので、一日ガッツリ滑り終日そこそこの滑走性を求めるフリーラン派の要求にマッチしたことが書いてあるわけじゃないです。これに加えて、彼らは商売でやっているので、高価なワックスを大量に消費して欲しいという考えがあることを忘れちゃいけません。

ハイシーズンなら、ベースワックス(フッ素非含有のパラフィンワックス)のみでも生塗りよりはるかに優れた十分な滑走性が得られます。私はハイシーズンは基本的に硬めのベース用のパラフィンワックスであるマツモトのANT-BBのみ(たまに余っている他のワックスも使いますが)です。全く不満は感じません。ちなみに、終日滑るフリーラン派には、メーカー推奨よりも少なくとも1ランク硬いワックスをおすすめします。持ちがいいです。

どうしてもハイシーズンにフッ素含有ワックスを使いたい場合は、ガリウムの場合なら、スキー用と称して売られているAXシリーズで十分だと思います。質問者の方が使ってらっしゃるSSF49(高フッ素含有ワックス)なんて春のベシャ雪以外では全く必要無いと思います。高いだけで、もったいないです。また、高フッ素含有ワックスは耐久性に欠けるので初期の滑走性は1日も持ちません(一応質問2に対する回答)。なお、春は朝一は大抵アイスバーンなので、高フッ素含有ワックスを使ったところで、雪(というか氷)に削り取られてあっというまに終わりです。なので、私は、春もANT-BB主体です(たまに気休めにフッ素含有ワックスをその上に塗りますが、それでも昼ごろにはだめですね)。春は、滑らなくなってきたなと思ったら、ペーストか液体の高フッ素ワックスを現地で塗るしかないんじゃないでしょうか。なお、春の雪はワキシングのベテランでも対処は難しいと聞いています。

一応残りの質問に答えます。
1.フリーラン派ならベースの入れなおしなんて不要(あまり神経質にならなくていいです)。
3.そういう説もありますが、正直言って私にはわかりません。ただ、高フッ素含有ワックスは高価なので、生塗り→ペーパー無しでアイロンで伸ばす、でやってます。ペーパー使うとワックス消費量が増えます。

好き勝手なことを書かせていただきましたが、自分でいろいろ試行錯誤するのも面白いのでいろいろ試してみてください。最後に、アイロンでソールを焼くことだけは無いように気をつけて下さい。 

石打IC付近のスキー場で年間25日前後滑っているスキーヤーです。あまりまともに質問に答えておらず、単なるアドバイスですけど、参考になれば幸いです。

まず最初に、メーカーのHPに書いてあることを鵜呑みにしないほうがいいですよ。メーカーのHPは競技とかでの一瞬の滑走性を得ることを前提にして記載しているので、一日ガッツリ滑り終日そこそこの滑走性を求めるフリーラン派の要求にマッチしたことが書いてあるわけじゃないです。これに加えて、彼らは商売でやっているので、高価なワックスを大量...続きを読む


人気Q&Aランキング