12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

ヘッドホンやイヤホンにはLとRの印が記してありますが、どっちでもいい様な気もしますが…
イヤホンは耳に逆だと耳に装着しづらいことがあるという理解出来ても、ヘッドホンは理解出来ません!
なるほどといった理由があるのでしたら教えてくださいませ!

A 回答 (4件)

音楽を「ただの記録データ」としてしか認識していないならば


LとRを違えて装着して聴取しても「気にならない」でしょう。

ですが「ステレオフォニック」の原理原則に従ってステレオ音場を感じたいならば
Rは右に、Lは左に装着して聞いた方が正しい使い方といえます。

とはいえ最近の音楽はステレオ音場などお構いなしで「造られています」。
またリスナー側も手のひらサイズの再生機にイヤホンで満足しているのが現実です。
これからしても「ただのデータ」でしか無く誰がどのように聴取しようとも構うことはないのでは?と思います。

「ステレオフォニック」に関しては他の方の回答を参照してください。
気になるなら検索して調べてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解決しました

ステレオフォニックスという言葉は初耳です!
使っている音響機器が全くこだわりの無いレベルの物なので、鈍感な私には無関係な話という結論が出ました。

お礼日時:2018/01/14 11:53

耳は、前方の音を拾いやすく、後方の音を拾いにくいですよね?



それに合わせて、ヘッドホンも前方から音が出るような構造になっていますので、逆に着けつると、音が聞こえにくくなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はあ〜知りませんでした。

お礼日時:2018/01/14 11:48

コンポなどのステレオは必ずLとRが有ってそういうふうに設置します。

何故か?
右と左から出る音が違うからです。例えばオーケストラの演奏等楽器が沢山使われ
ている場合、右と左では楽器が違うので音像(音を聴いて場面が浮かぶ)の定位が
変わってしまうのです。だからヘッドフォンも同じようにL/Rが有ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ラジオで音楽を聴いている時など、そこまでこだわるという感覚は湧きませんし、純粋に流れてる音楽が心地よかったり、騒騒しい音楽だなあぐらいの感覚しかありません!

お礼日時:2018/01/14 11:47

ステレオフォニックの仕組みとして、左右の音響差で脳が臨場感を感じる仕組みなので、


左右30度の前方にスピーカーが配置されている正三角形のバランスで音響差を作っているので、
厳密なステレオフォニック録音の音源で左右反対にヘッドフォンをすると音は背後から聞こえるように感じます。

ポップ音楽だとチャンネルミックスの疑似ステレオ録音なので感じませんが、映画のDVDなんかだとドルビーサラウンドからの変換なのでわかると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう

なんか私が思ってた様に単純じゃないんですね!
計算されてLとRが分かれてるんですね。

お礼日時:2018/01/14 11:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報