対称年齢が小5から中学生で、3冊か4冊のシリーズもので、シリーズの名前が「光と闇の戦い」だったと思います。欧米の作家さんで、舞台はイギリスです。
主人公はウィルという少年で、魔法や剣の要素が若干入ったファンタジーものです。
内容は、1巻が、主人公が力に目覚め、石、水、火などの種類の十字架(?)を集めて、敵を倒します。2巻以降は、聖杯やアーサー王伝説が絡んできたりします。
要領を得ませんが、何かご存じの方がいらっしゃれば情報よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

割と有名な児童文学ですね。


シリーズ名は「闇の戦い」。スーザン・クーパー著。評論社の児童図書館・文学の館で出ています。
「光の六つのしるし」「みどりの妖婆」「灰色の王」「樹上の銀」の4巻です。
図書館にあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結構有名なものだったんですね。ありがとうございました。中学以来、久しぶりに読み返してみようと思ってます。

お礼日時:2001/07/10 12:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小説「マークスの山」 一冊の単行本にするか、改正版の上下巻の文庫版にするか?

初めて読もうと思うのですが(VHSを10年前くらいに見た)、どちらがいいですか?
文庫は長いな~と思うのですがマークスの心理描写がやわらかく描かれて人間味が出ているとamazonレビューで見ました。
でも単行本の方が殺人鬼らしくてすっきりしていて読みやすいとありました・・・
両方読めばいいんですけど、そこまでの心の余裕がありません・・・
まあ持ち歩くには文庫がいいですが。

やや神経が細い性格でちょっとメンへラーですが、それだったらどっちが感動しますか?
「カッコーの巣の上で」とか「めぐりあう時間たち」「海の上のピアニスト」などの暗い繊細な映画が好きなタイプの29歳男です。

Aベストアンサー

私は断然単行本派です。
文庫本ではマークスの病状が重く描かれており
とある登場人物との心の交流が本当にあったのか
その人を大事に思っていたのかがかなり微妙で
単に精神病の重い人の犯行?という印象になってしまいました。
感動という面では単行本だと思うんですけど・・・・。
私は、文庫より単行本の方が、マークスの人間味を感じましたよ。

他、名台詞?が文庫版ではなくなってたりしてます。
やっぱり単行本の方が臨場感があっておすすめです。
(持ち歩くなら文庫ですけど)

Qスカイクロラシリーズの主人公「僕」とは誰のことでしょう?

スカイクロラのシリーズを全巻読みました。特に関係ないですが、読んだ順番は発行順です。
フラッタ・リンツ・ライフまでは何の違和感もなく、主人公が明確に分かっていたつもりで読んでいました。ところがクレィドゥ・ザ・スカイで出てきた主人公が誰なのかここに来て初めて疑問に思いました。
具体的な疑問点としてはクサナギスイトと呼ばれる人間が二人いること、もしくわそれらしく書かれている所です。
クレィドゥ~最終章のスカイクロラに続くとカンナミユーヒチに成ったクサナギスイトがまた上官のクサナギスイトに会うことになる? ということになりつまりクサナギスイトが二人いることになるのでしょうか? あとクリタジンロウの存在も謎。
カンナミユーヒチ、クサナギスイト、クリタジンロウの関係が知りたいです。誰かお教え願えないでしょうか?

Aベストアンサー

 思いっきりネタばれです。


 質問者さんが疑問に感じられた点がまさにこのシリーズの肝なんです。同じ名前の主要登場人物は同一人物です。が、彼らはそれぞれ繰り返し繰り返し再生されて終わりなき戦争ごっこ(企業化された見世物ですからそういってもいいでしょう)のコマとして使い回されている訳です。そんな訳で、登場人物たちの記憶が奇妙に交錯していたりする訳です。
 そして、誰もが本物でありながら誰もが偽者でしかないのにその生は不幸なことに本物で一度きりのものでしかない、というところが押井監督のツボだったんでしょうね。
 ううむ、野暮なことをしちゃったような…。

Q何巻も続くシリーズ小説を教えて下さい。

ジャンルは何でも大丈夫です。

Aベストアンサー

赤川次郎さんの「杉原爽香シリーズ」
1年に1冊のペースで出版されている推理小説で、毎年登場人物も年を重ねていきます。主人公が15歳の時から始まり、今現在は35歳まで出版されています。

Q富士見二丁目交響楽団シリーズについて&なぜシリーズ小説の挿絵が途中で変わるのか?

だいぶ前に買った小説です。
著者秋月こお、ルビー文庫、富士見二丁目交響楽団シリーズなのですが、第4部から挿絵が変わってますよね?私は第1部しか持ってないのでわからないのですが、なぜイラストレーターをかえたのでしょうか?このイラストレーターの大ファンなのでがっかりです。

この小説にかぎらず、シリーズもので途中で絵が変わってしまうものってありますよね。ああいうのは何ででしょう?読者としてはイメージが崩されとてもいやなのですが・・・。私の場合、絵を書いてる人のファンでその人のものはつい買ってしまって、小説にもはまるってことがあるのでショック倍増です。
理由ご存知の方、同じように不満を持っている方ご意見ください!
ちなみに絵が変わってがっかりって小説自体も良かったら教えてください。
ちなみに私は「富士見シリーズ」と、「炎のミラージュ?シリーズ(もうなれましたが、最初は嫌でした)」
でした。両方ともだいぶ前に挫折しましたが・・・(絵のせいもあるけど、長すぎて・・)。

Aベストアンサー

 変わる場合について、作者の方のあとがきなどによると・・・・

 1,留学その他で、仕事を引き受けられない事情がある場合
 2,イラストレーターが挿し絵を引き受けたがらなくなる
 3,出版社やレーベルの変更に伴って交代する
 4,特別事情説明なしで不意に変わる

 が、思い当たります。

 1の場合は、引き受けられるようになると、また引き受けられることがあります。(再び、書かれることはごくまれですが・・)藤本ひとみさんの「花織」シリーズが、これに当たります。もっとも、藤本さんも思い入れがあったらしく新作は出ず、「新花織」として、舞台以外を一新して再開されました。

 2の場合で、有名なのは天野喜孝さんでしょうか?アメリカ移住後は、挿し絵や表紙はほとんどされていません。以前からのシリーズもよほど懇意な作家でない限り、新しい方になっています。
 「グイン・サーガ」シリーズは、最初の方が亡くなり(違ったかな?)、2番目の天野さんから現在は3人目か4人目の方が書かれています。(少なくとも二回代わっています。)

 3の場合、田中芳樹さんの「アルスラーン戦記」が、挙げられると思います。以前は角川書店から天野さんのイラストで出ていましたが、今は新しい出版社とイラストレーターで出版されています。

 4は、今月新作がでた、風見潤さんの「幽霊事件」シリーズですね。全く説明がないのでびっくりしました。
 藤本桂介さんの「宇宙皇子」も最初は全ていのまたむつみさんのイラストでしたが、いつの間にか表紙だけになり、最終的には表紙も違う人になっていました。

 例外として、菊池秀行さんの「魔界都市・新宿」を舞台にした小説があります。舞台や登場人物は基本的に大きく変わらないのですが、シリーズがいくつかあり、また同じシリーズでも出版社が違ったりするため、イラストレーターが複数になります。一番有名な登場人物の一人、「メフィスト」を、5人か6人ぐらいの方がイラストとしてかかれています。ですが、似た雰囲気の方で、なおかつそれぞれに個性的なイラストを描かれているので、どれを読んでも違和感を感じることはありません。

 以上、取り急ぎ知っている理由について書き込みました。参考にしてくださいね、これで失礼します。

 変わる場合について、作者の方のあとがきなどによると・・・・

 1,留学その他で、仕事を引き受けられない事情がある場合
 2,イラストレーターが挿し絵を引き受けたがらなくなる
 3,出版社やレーベルの変更に伴って交代する
 4,特別事情説明なしで不意に変わる

 が、思い当たります。

 1の場合は、引き受けられるようになると、また引き受けられることがあります。(再び、書かれることはごくまれですが・・)藤本ひとみさんの「花織」シリーズが、これに当たります。もっとも、藤本...続きを読む

Qアイザックアシモフか、アーサーCクラークの短編小説のタイトル

むかし、作者がアイザックアシモフか、アーサーCクラークのどっちかの短編小説で
どうしても探せないのがあるのですが、判れば教えて下さい。
ストーリーは、大体ですが、
基地かどこかで爆発の危機に見舞われて、あと何秒というぎりぎりで脱出!
というハラハラドキドキっていう感じの短編小説です。
これだけじゃ、わかんないかも。

なかなか、サイトでも両氏の全部の短編集に簡単な解説を載せてるのがなくって。
とりあえず暇なとき、解説のサイトを見つけては、解説読んでるところですが、今のところまだ当たってません。
短編集の簡単な解説を載せてるURLでもあれば教えて下さい。
自力で探します。

Aベストアンサー

アシモフもクラークも翻訳されているものはほとんど読んでいますが、ご質問の様な短編は思い当たりません。もう少し、詳しい事を思い出せませんか?

あえて言えば、クラーークの長編で「渇きの海」というものがありますが・・
この話は、観光地として脚光を浴びる21世紀(今世紀だ!)の月世界で、砂上遊航船のセレーネ号が遭難するという話です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報