ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

北半球が冬真っ盛りの今、南は逆に夏ですが、
ふと疑問に思いましたが赤道地区の季節は?
地軸の傾きで寒い時期に入ったな。とか、
また暑くなるな。と微妙な寒暖を感じてるだけとかですか?
詳しい人願います。

A 回答 (5件)

赤道地方は、春分の日と秋分の日の2回、太陽が真上に来ます。

それで常に暑い熱帯となります。日本の場合で考えれば、6月の夏至から9月の秋分の日の季節が二回以上やって来ると言う事です。何故なら日本は、太陽が真上になることは無いので、更に日本以上に温められると言う事です。

アフリカと南米の大陸を除けば、赤道地方は海洋が多く、その為、海水の比熱のお陰で、日本の盛夏のような暑さが続くという訳でも有りません。そして自転軸の傾斜のお陰で、中緯度地方の気象変化に対応して、海洋からの猛烈な蒸発期と晴天期がやって来ます。これが雨季と乾季です。

雨季は、海水の蒸発が激しいため、スコールがしょっちゅうやって来ます。スコールの前は、蒸し暑いのが、通過後は涼しくなり、清々しい気温となります。乾季はからりと晴れあがり、一日中暑さにうだります。それでも日陰に入れば涼しく、それで暮らしやすくなるのです。

熱帯地方に1年でも暮らせば、暑さ寒さが分かるようになり、気温25℃以下になると、寒さに震えます。この為熱帯地方の方は、長袖シャツをも着用します。又亜熱帯地方の台湾や香港では、日本の冬場には、セーターや外套を着用します。日本人は半そでシャツで汗びっしょりです。
    • good
    • 0

ごめんなさい、北じゃ無く南でした。

    • good
    • 0

実際上ほとんど変わりません。

黄道が頭上で少し北側にあると思うだけ。
    • good
    • 0

赤道周辺って常に夏、つまり常夏ではないですか?


熱くて雨が多い熱帯雨林も赤道付近です。

「熱帯」と呼ばれる地域で、寒がりには憧れの地域です。
多少の季節の変わり目があるのかもしれませんが、日本の夏が「亜熱帯」ですから、本格的な熱帯には「寒い」と感じる時期はないと思います。

赤道から少し離れているタイですら、季節は「暑い、もっと暑い、ものすごく暑い」の3つしかないといいます。
赤道付近はせいぜい、雨季と乾季の違いくらいで、「もっと暑い」と「ものすごく暑い」だけではないでしょうか?
    • good
    • 0

赤道地区はずっと常夏。


雨季はあるでしょうが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q南半球の「夏」は寒い??

北半球と南半球で夏と冬が逆になるというのは一般的によく知られた事実です。
日本(北半球)が暑い夏の時期(7,8月)に南半球では寒いんだよ、というのはわかるのですが、言葉の定義としてどうなんでしょ?

つまり日本でいうところの夏(7,8月)を
オーストラリアの人たちは「冬(Winter)」と呼んでいるのでしょうか?
もし、そうではなくやはり「夏(Summer)」と呼んでいるのなら、

日本では「夏は暑い」   というのに対して

オーストラリアでは「夏は寒い」
 
と言うのが常識なんでしょうか?
いろいろ調べたのですが、一番知りたいところがなかなか見つかりません。どなたか教えてくださいな。

Aベストアンサー

南半球において、夏が寒いのではなく、夏は暑いです。

南半球の夏は、7月8月ではなく、1月頃です。
南半球の7月頃は、冬です。

言葉の定義として、そういうことです。


人気Q&Aランキング