このような両生類はいますか、教えてください

汽水、もしくは海で生活している

手足がいるかやウミガメのようなひれ状になっている。

過去、現代を通してこのような両生類がいましたでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。



確か進化の過程で、海にいた魚類が川に行ったときに発達した3つの器官があります。腎臓と骨と皮?です。淡水ではカルシウムが少ないのでカルシウムを体外に排出しないように腎臓が、また足りなくならないように蓄える為に骨が、そして真水は海水よりも浸透圧が低いのでそれに耐えられるように表面の構造が変化しました。それから陸に上がろうとしたのが両生類、そしては虫類ですから、海からいきなり陸に上がろうとした種がいるかどうかということになりますね。

これは私の知る限りないのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです。私も浸透圧の事で海棲両生類はいないのではないかと考えてました。
と、なればやはりいなかったと考えるのが良いようですね。ありがとうございました

お礼日時:2001/07/11 19:07

1812さんの質問すべてを満足する答えではありません。

でも、
私の知る限り、現在でも、例外的に汽水または海水に生活する
両生類はいます。

参考ページにのせたのは、東南アジアのマングローブの林にすむ、
「カニクイガエル」(Crab-eating frog)です。
学名が、Rana cancrivora(ラナ カンクリボラ)といって、
Rana属(トノサマガエル、ウシガエルなどの仲間)です。
勿論、今までの回答の方が触れられているように、もともと淡水で
生活するのが両生類の基本ですが、この種類は数少ない例外です。
この種類は、オタマジャクシも親ガエルも汽水で生活しているようで、
その浸透圧調節がどうなっているのかは、現地の研究者のみならず
いろいろな国の研究者によって調べられています。ではでは。

参考URL:http://mangrove.nus.edu.sg/guidebooks/text/2111. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

驚きました。何事にも例外がある物ですね。
このあたりから、次の新しい生物が生まれていくのかも知れませんね。
貴重な情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/12 23:39

再々度neuroです。



>トレマトサウルス
の想像図みることはできませんでしょうか。

ちょっとネット上では見つからないようですね。脊椎動物の進化の成書か古生物学の書物をあたってみるとよいかもしれません。結構発展した種のようですから、きちんとした本でしたら載っていると思いますが。

 但し、トレマトサウルス類の一部のものが海生に戻ったということらしいので、私が確認したトレマトサウルス類のプラギオサウルスが海生であったかどうかは不明です(淡水が有力)。足の水かきはカエルやサンショウウオのものと似ているようですが(所詮想像図ですから信憑性もその程度だと思います)、この辺の生物は椎骨と頭蓋骨で分類されているようなので、水かきの有無はあまり問題にされていないようです。

>また、エンボロメリという生物は、このカテゴリーにはいる物でしょうか。

 迷歯亜綱ということでは同じカテゴリーのようですが、ほぼ同時期に現れたイクチオステガ類の進化系統であるトレマトサウルス類(分椎目)とエンボロメリ亜目(アントラコサウルス目)は別の進化系統を辿ったようです。

 系統樹をみるとどうやら三畳紀初期にはアントラコサウルス目は絶滅したようですね。海生であったかどうかはちょっとわかりませんが、形態的に陸生爬虫類的特徴をもっており、トレマトサウルス類よりも陸生の可能性は強いですね。未だに爬虫類だったのか両生類だったのかもはっきりしていないようです(卵を陸に産むか水中に産むかが明らかになっていない)。

 素人が調べられるのはこんなところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

neuro様
ありがとうございます。
なるほど初期両生類は詳しい事がまだまだわからないわけですね。

お礼日時:2001/07/11 18:49

 ごめんなさい!先ほど回答したneuroです。



 誤報を流してしまいました。先ほどの回答は訂正いたします。

 いました、いました。三畳紀の分椎類であるトレマトサウルス類です。地球上でかなり繁栄したらしく、その中には、海生は虫類の進化系統をもったのではないかといわれる種もあったようです。ただ、これらも一度陸生を経験してから海に戻って行った系統と考えられているようです。

 ただ、海に戻っていったトレマトサウルス類の種は三畳紀初期に絶滅したとされています。

 手足はどうもひれ状ではないようですが、指の間の水かきは想像図ではあるようです。

参考図書
Edwin H. Colbert & Michael Morales
" Evolution of the Vertebrates"

この回答への補足

neuroさま
トレマトサウルス
の想像図みることはできませんでしょうか。

また、エンボロメリという生物は、このカテゴリーにはいる物でしょうか。

補足日時:2001/07/11 00:56
    • good
    • 0

 結論から言うと、いない(見つかっていない)でしょう。



 魚類から両生類に至る中間形は、肺魚目と総鰭(そうき)目で、これは今のところ両生類に至る進化系統と考えられています。どちらも主要な種は淡水です。肺魚などは水が干上がっても生き残ることのできた魚類です(海は干上がりません)。もうひとつの総鰭目には淡水のユーステノプテロン(Eusthenopteron)おり、こちらが原始両生類のイクチオステガと系統的つながっているようです(骨の形がそっくりです)。

 ただ、例外として総鰭目にはシーラカンスという20世紀の大発見があります。可能性としては、シーラカンス系統の進化が1812さんの探している両生類に進化したかもという淡い希望がありますが・・・。でもデボン紀から白亜紀、そして現代までほとんど形を変えた形跡がないところをみると、ちょっと難しいでしょうね。

 最近は化石でもずいぶんと驚くべき発見が相次いでいますので、今の常識が覆される可能性も十分ありますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは、少し説明が足りなかったかも知れません。
陸に上がった両生類が再び、水棲に戻ることを考えておりました。

お礼日時:2001/07/11 19:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間は両生類(両生動物)であるという言葉を聞いたことがあります。

人間は両生類(両生動物)であるという言葉を聞いたことがあります。
両生類と聞いて想像すると、魚、カエルなどの生物ですが、人は両生類にはいりますか?
それとも人が胎児の時のみ両生類?ということなのでしょうか

お願いします

Aベストアンサー

人は哺乳類です。両生類ではありません。

ついでに言うと魚は両生類ではありません。魚類です。

両生類とは、幼体はエラ呼吸で水中生活をし、成体になると肺呼吸に変り陸上生物になる種のことです。
厳密に言うと、脊索動物門脊椎動物亜門両生綱に分類される生き物で、カエルやイモリなどがそれに当たります。

そして人間は哺乳類ですので両生類には分類されません。
胎児期に魚類や両生類の特徴を一時的に示しますが、それは哺乳類ではみな起きます。
イコール人間が両生類と分類されるわけではありません。


それを言った方は何かの例えのつもりで言ったのではないでしょうか?
どういう意味合いで言ったかは分かりかねますが。
少なくともきちんとした生物学の定義では人間は両生類ではありません。

何かご不明な点があれば補足でお願いします。

Q霊長類を研究することによって、現代の人間について理解がふかまるが、具体

霊長類を研究することによって、現代の人間について理解がふかまるが、具体的にどういうことか?という質問がわかりません;; おねがいします。

Aベストアンサー

チンパンジーやゴリラなどの霊長類が持っている特徴は、人類の祖先も持っている特徴だと考えることができます。
たとえば社会性とか、親指が他の指と相対していて、ものをつかめるとか。
人間だけを研究していても、その特徴が近年になって身に付いたものなのか、祖先からずーーーと持っていたのものなのかはわかりませんね。

Qこのような両生類はいますか

このような両生類はいますか、教えてください

汽水、もしくは海で生活している

手足がいるかやウミガメのようなひれ状になっている。

過去、現代を通してこのような両生類がいましたでしょうか

Aベストアンサー

こんにちは。

確か進化の過程で、海にいた魚類が川に行ったときに発達した3つの器官があります。腎臓と骨と皮?です。淡水ではカルシウムが少ないのでカルシウムを体外に排出しないように腎臓が、また足りなくならないように蓄える為に骨が、そして真水は海水よりも浸透圧が低いのでそれに耐えられるように表面の構造が変化しました。それから陸に上がろうとしたのが両生類、そしては虫類ですから、海からいきなり陸に上がろうとした種がいるかどうかということになりますね。

これは私の知る限りないのではないでしょうか?

Qウミガメの産卵ビデオ

授業でウミガメの産卵しているVTRを使用したいと考えています。学校の方にこの教材がないため、現在探しています。インターネット上で動画を見られたり、レンタルビデオ店などでウミガメの産卵のビデオやDVDがあったら教えてください。

Aベストアンサー

日本ウミガメ協議会に聞いてみればいかがでしょう?

参考URL:http://www4.osk.3web.ne.jp/~umigame/J/JTop.htm

Q両生類は何故大きくなれないのか。

日本産のオオサンショウウオが世界最大の両生類だそうです。両性類は魚類と爬虫類の橋渡しとなった種だと理解しています。魚類にも爬虫類にも大きな種が存在するのに両生類は小さすぎると思います。現生種ばかりではなく絶滅種を含めても両生類は一般に小さいのですか。
だとするとその理由は何でしょう。肺の構造などに必然の理由があるのでしょうか。それとも、過去には大きな種も存在したのでしょうか。
よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

現時点で、化石を含め発見されている最大の両生類は、ペルム紀後期に生息していたプリオノスクスだと思います。まだ完全骨格は見つかっておらず、断片的な化石からの推測ですが、9m近い体長にまで成長したと考えられています。

両生類に大型の種が少ないのは、呼吸器系と骨格系の両方に原因があると思われます。

両生類の肺は、爬虫類や哺乳類の肺のように細かく分葉しておらず、単純な袋状です。したがって大きさの割に表面積が小さく、ガス交換を効率的に行えません。したがって必然的に、必要な酸素のかなりに部分を皮膚呼吸によって補っています。体が大型化すると、体積に対する表面積の割合は減少しますから、十分な酸素を取り込むことが難しくなります。

また、両生類は爬虫類のような発達した肋骨を持ちません。カエルのように高い運動能力を持つ両生類でも、肋骨からわずかに串状の骨が伸びているだけです。そのため大型化すると、陸上では内臓にかかる重力を腹腔が支えられなくなってしまうのです。

先述したプリオノスクスも外鰓を持ち、殆んどの時間を水中で過ごしたものと思われます。

Qウミガメの放流について

テレビのニュースでウミガメの子を海に放す映像が流れていましたが、
少し離れた海岸から放して海まで歩かせていました。
どうせなら直接海に入れてあげた方が親切だと思うのですが、なんでそうしないのでしょうか?
ああいう映像がほしいという理由なんでしょうか?

Aベストアンサー

TV局側の映像的な要求もあると同時に、保護活動の一環として、一般の方の関心を
喚起するためというのもあると思います。
(頑張っている姿を見られる時間が(ある程度)長くなれば、それだけ感情移入もする、と)

・・・もっとも、これも「映像的な要求」であることには違いありませんが。


また、ウミガメの雌は自分が生まれた海岸に帰って産卵すると言われていますが、
その帰巣能力が何によっているかは、地磁気が有力視されているものの、
まだ研究途中だそうです;
http://www.inageya.co.jp/html/site/idea/backup/bknb24/html/pet0715_1.html
http://swdcwww.kugi.kyoto-u.ac.jp/wdc/news/0209.html

なので、これでもし「実は生まれた海岸の水の匂いも同時に記憶」していて、
しかもそれを憶えるきっかけとして「陸を走る」という行為が必要だったという
ことが後の研究で明らかになった場合、「直接海へ」の放流をしてしまっては
戻るのに支障が出る可能性もあります(→注;全くの憶測です)。
・・・ということで、いわば「保険的」に海岸から放流している、ということもある
かもしれません。

TV局側の映像的な要求もあると同時に、保護活動の一環として、一般の方の関心を
喚起するためというのもあると思います。
(頑張っている姿を見られる時間が(ある程度)長くなれば、それだけ感情移入もする、と)

・・・もっとも、これも「映像的な要求」であることには違いありませんが。


また、ウミガメの雌は自分が生まれた海岸に帰って産卵すると言われていますが、
その帰巣能力が何によっているかは、地磁気が有力視されているものの、
まだ研究途中だそうです;
http://www.inageya.co.jp/html/s...続きを読む

Q爬虫類・両生類の里親制度のある組織

関東地方には「おさかなポスト」という場所があり、飼い切れない熱帯魚を放す場所がありますが、これの、つまり「おさかなポスト」の「爬虫類・両生類版」の場所はないのでしょうか。私は現在爬虫類・両生類で飼育したい種類が何種類か存在し、ペットショップで買うよりも、誰かがいらなくなって手放した個体でも良いと考えています。つまり、誰かが手放した爬虫類・両生類を、新たな飼育者(里親)へ託す制度のある場所・連絡先を教えてください。ホームページがあれば併せて教えてください。できれば公共性の高いNPOやNGO、独立行政法人、自治体等が管理・運営・許可している組織を希望します。もちろん爬虫類・両生類の引き受け時に、私の身分証明書等の提出や動物愛護法を始め各種の法的手続きをすることも全然かまいません。爬虫類・両生類の里親制度のある組織を教えてください。日本全国規模で探しています(関東圏とか関西圏のみとか、地域限定で探していません)。複数存在すればできるだけ沢山教えてください。

*参考までに、下記が「おさかなポスト」です。
http://homepage2.nifty.com/gasagasaaqua/post.html

関東地方には「おさかなポスト」という場所があり、飼い切れない熱帯魚を放す場所がありますが、これの、つまり「おさかなポスト」の「爬虫類・両生類版」の場所はないのでしょうか。私は現在爬虫類・両生類で飼育したい種類が何種類か存在し、ペットショップで買うよりも、誰かがいらなくなって手放した個体でも良いと考えています。つまり、誰かが手放した爬虫類・両生類を、新たな飼育者(里親)へ託す制度のある場所・連絡先を教えてください。ホームページがあれば併せて教えてください。できれば公共性の高いN...続きを読む

Aベストアンサー

おばさんです。

爬虫類・両生類が里親募集するケースは多くはないため、一般的な里親募集に組み組まれていると思いますが、多くはないだけに競争率(?)は高めです。
希望する子の募集が出ても、手渡し希望が多く、住まいが遠い場合には無理ですよね。
また、多くの人の目に留まるため申し込みも多く、すぐに里親が決まってしまうこともあります。

(1)ペットの里親募集情報
犬、猫、小動物、さかな、とり、爬虫類・他に別れていて、のぞきやすいです。
今まで里親さんが決定した子も載っていますので、すごく励み(?)になりますよ。
ヒョウモントカゲモドキやアオシタ、フトアゴヒゲトカゲ、リクガメ、ウーパールーパー、イグアナ・・・数も多く、1番のおすすめサイトです。
https://www.pet-home.jp/

(2)里親募集WhiteCat
犬、猫、ハムスター、鳥、うさぎ、フェレット、その他に別れていて、爬虫類・両生類はその他の窓から入ります。
ここは里親さんが決まった子の掲載は削除されていきますので、競争率の高い爬虫類は現在はいないと思いますが、多くの方が利用されるサイトです。
http://www.whitecat.jp/animal/14352.html

(3)里親募集掲示板
特に種類別には別れてはいませんが、常に新しい募集がされているので覗かれる価値はあると思います。
http://www.number7.jp/bbs/satooya/

今まで、(1)でハリネズミをいただきました。
フトアゴヒゲトカゲを希望した時には、1回は里親にもれ、後の数回は応募者多数ですぐに一時停止となり、応募が間に合わず、未だに縁がない状態です。
(2)では、モモンガベビーをいただく一歩手前まで話が進んだのですが、私の健康上の理由から辞退した経緯があります。

どのサイトでも個人なら原則無料受け渡しで、ボランティア団体の場合には譲渡費用の請求が認められています。
募集される方も<命>を託すわけですから、責任をもって応募されてくださいね。

良いご縁がありますように!

おばさんです。

爬虫類・両生類が里親募集するケースは多くはないため、一般的な里親募集に組み組まれていると思いますが、多くはないだけに競争率(?)は高めです。
希望する子の募集が出ても、手渡し希望が多く、住まいが遠い場合には無理ですよね。
また、多くの人の目に留まるため申し込みも多く、すぐに里親が決まってしまうこともあります。

(1)ペットの里親募集情報
犬、猫、小動物、さかな、とり、爬虫類・他に別れていて、のぞきやすいです。
今まで里親さんが決定した子も載っていますので、すごく励...続きを読む

Qウミガメは満潮時に卵を産む?

ウミガメについて疑問があります。

(1)なぜ満潮時に卵を産むのでしょうか?
(2)なぜ満潮が分かるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

満潮時であるメリットとして、その後、波がそれよりも陸地側に来ない事が上げられると思います。そのため、産んだ卵が波に流されてしまう危険性はほとんど無くなります。
満潮がわかる理由としては、まだわかって無い部分が多いのですが、月の引力を知覚しているという説もあります。

Q海に棲む両生類はいるのですか。

海に棲む両生類はいるのですか。

質問1  海に棲む両生類はいるのですか。いたら名前を教えてください。

いるのなら、この質問は終わりです。もしいないのなら続きの質問があります。

質問2  なぜいないのですか。

質問3  かつて長い進化の歴史で、いたのでしょうか。

Aベストアンサー

カニクイガエルなんてやつが汽水域で生息しますし、過去にも汽水域の両生類は存在しますよ。
今でもあるのかわかりませんが、特徴的なので研究動物とされました。

完全な海棲となると、両生類の特徴の肺呼吸・皮膚呼吸と矛盾しちゃうんで、存在しなくても納得といえば納得なんですが。

一般的には両生類は皮膚呼吸に頼る分皮膚が弱いので、浸透圧に耐えられないと考えがちですね。
ただウナギやハモなど皮膚呼吸のくせに海で暮らす魚類もいるので、それもちょっと弱いような気がします。
単に汽水域や海棲の爬虫類(ワニ)に負けて、汽水域や海にはほとんど進出できなかっただけのようにも思えますが。
たいした理由ではなくただ生存競争に負けたから、でいいような気がしますよ。

Qウミガメの卵がやわらかいのはなぜ

ウミガメの卵がやわらかいのは、機能的にはどういう理由があるのでしょうか?例えば、トカゲなどの卵はアルブミン層がないため外部から水分を吸収し卵が膨張する必要があってやわらかいのですが。

Aベストアンサー

 一度にたくさん産卵するのが理由でしょう。

鳥類は一日に一個位なので、殻で保護しても良いのかな。
殻がなければ、昆虫(ハエの蛆なども)などに食べられてしまいます。
たくさんお腹に入っていたら母体が飛べませんね。、母体が危険にさらされますね。

ウミガメなどは、一度に生む必要があるから、殻なしの方が連続して生むのに都合がよいのです。
毎晩一個ずつ上陸して、穴を掘って生んでいたら、母体が危険にさらされますね。

あれやこれやで、結局子亀の一番育つ確率の高い、現在の強い膜状の殻の子亀の子孫が
 生き残っているのでしょう。

 と 思います。 m(_ _)m
  


人気Q&Aランキング

おすすめ情報