最近地球環境問題に関することがあまり耳にしなってきて気がしますが、私は最近になって少しずつ環境のことに興味を持つようになってきました。
しかし、エネルギー消費と地球環境問題の関わり具体的な例をまだ見つかりません。もしこのようなHPのことを知っているなら教えてください。
 
 (欲しいなのは実際の例、具体的な表示またはグラフなど)

  よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

環境省の環境白書のバックナンバー全文がWeb上で読めます。


もちろん、図やグラフもすべて収載されています。
http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/index.html

また、資源エネルギー庁のサイトにもいくつか有用なリソースがあります。
こっちは環境省ほどまとまったデータにはなってないようですけど。
http://www.enecho.meti.go.jp/

参考URL:http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/index.html , http://www.enecho.meti.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

両者ともすごくわかりやすくてとても良いWebSiteでした。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/10 12:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球環境の過去、未来

学校の宿題で「地球環境の過去、未来」を調べることになりましたが、どのようなサイトを調べればよいかわかりません。参考になるようなサイトがあれば是非教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。
色々なサイトがありますが、最も客観性があるのは環境省の環境白書です。
その他にも、各自治体で環境白書がまとめられていますので参考にして下さい。
その他に環境省のURLは色々参考になる情報があります。
URLは以下の通りです。
http://www.env.go.jp/
環境白書は図書館に置いてありますので利用して下さい。
概要については添付のURLを見て下さい。
宿題頑張って下さい。

参考URL:http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/honbun.php3?kid=204&serial=8262

Q環境科学と地球科学の違い

環境科学と地球科学って、何が違うのでしょうか?
何がというのは、
実際に勉強する内容などです。
実は今アメリカの2年制大学へ留学していて、近々4年制大学に編入する予定なのですが、
「Earth Science」と「Environmental science」
で、ものすごく迷っています。

「この二つって結構やること似てるんじゃ?」と感じていて、
実際にどちらをとっていいのかわかりません(><)

・具体的に何が違うのでしょうか?
・就職先の違いはありますか?
・どちらが大変でしょうか?あえて大変な方をとる気でもいます。
・個人的にどちらがおすすめですか?

など、わかることがあればなんでもいいので教えていただけると助かります(^^)

Aベストアンサー

環境の方は門外漢ですので比較考量はできませんが(中西準子程度しか知らない)、少なくとも私の知る地球科学というのは「地球をネタにした雑多な学問に適当な名前を付けて分類したもの」という印象があります。
たとえば鉱物学というのは鉱物という物質そのものの性質を調べるという主旨で物性実験(X線回折や分光学)をやるのがメインの仕事に見えるし、他のも超高圧岩石の物性を調べるとか、マグマの物理と化学、地理学(気候・人文・地形の研究)、地層をネタにして古生物・生物進化・地殻をやるetc.で、まるで整理されてない雑貨屋(それも中古品の)のような感じ。
さらに大学によっては「地球物理学」にまで軒を貸しているケースもあるので、こうなると「いったい何屋なんだ?」と思ってしまいます。
※地球物理というのは、惑星としての地球を物理的に解明するもので、たとえば地震や火山(プレートテクトニクス)、気象や海洋物理、オーロラや超高層大気の研究などが分野としてあげられます。(本当はオーロラ研究の延長で木星電波の研究をやってたりもするので「惑星物理」と呼ぶのが正しいのだろうが、伝統的に「地物」と呼び慣わすことが多い)

ということで、ひとことで地球科学といっても決して体系づけられた学問分野ではありませんので、まずは各大学のスタッフに直接話を聞いて確かめるのが大事かと存じます。(成り行き次第で専攻を決めるのも一つの方法ですが、あまりに雑多なことをやっているとかえってつぶしが利かなくなるおそれもあるので)

環境の方は門外漢ですので比較考量はできませんが(中西準子程度しか知らない)、少なくとも私の知る地球科学というのは「地球をネタにした雑多な学問に適当な名前を付けて分類したもの」という印象があります。
たとえば鉱物学というのは鉱物という物質そのものの性質を調べるという主旨で物性実験(X線回折や分光学)をやるのがメインの仕事に見えるし、他のも超高圧岩石の物性を調べるとか、マグマの物理と化学、地理学(気候・人文・地形の研究)、地層をネタにして古生物・生物進化・地殻をやるetc.で、まる...続きを読む

Q地球環境を考えたい

電気のことはあまり知りませんが、
発電で余った電力を繰り越すことは可能ですか??
もし、それができれば、余分なエネルギーを造らずに済むのではないかと思うんですが、現実はどうなのかを知りたいです。

Aベストアンサー

時間毎の電力需要量は参考URLを参照ください。
発電で余った電力は、無いですね。発生した電力は全て何らかの形で消費しないことには安定した電気(周波数、電圧)が供給できなくなります。このため、常に需要量と発電量が一致するように各発電所の負荷が調整されています。
揚水発電所は、夜間の「余った電力」を利用して下の水を上に持ち上げ、昼間に汲み上げた水で発電するとの説明がされているので、誤解されたのかも知れません。この「余った電力」の使い方は不味いですが、一般の方に理解していただくために使われているのでしょう。実際は、燃料費が安く、負荷の調整に時間のかかる原子力発電所を常に同じ負荷で運転するため、その発生した電力で水を汲み上げ、電力の代わりに水力エネルギーとして貯蔵することを目的に揚水発電所はあります。様々な電池が開発されていますが、電力を供給する目的において、その貯蔵量、貯蔵効率(揚水発電所なら水を汲み上げ、その水で発電した場合の効率)、価格とも揚水発電所を越えるものは存在していません。
参考のURLのホームページに電力のことが沢山載っていますので、参考にしてください。

参考URL:http://www.fepc.or.jp/thumbnail/infobase/c-04.html

時間毎の電力需要量は参考URLを参照ください。
発電で余った電力は、無いですね。発生した電力は全て何らかの形で消費しないことには安定した電気(周波数、電圧)が供給できなくなります。このため、常に需要量と発電量が一致するように各発電所の負荷が調整されています。
揚水発電所は、夜間の「余った電力」を利用して下の水を上に持ち上げ、昼間に汲み上げた水で発電するとの説明がされているので、誤解されたのかも知れません。この「余った電力」の使い方は不味いですが、一般の方に理解していただくため...続きを読む

Q深海の塩、水と地球環境

 10年ちょっとになりますか、母の従兄弟の娘という遠い血のものからの話でした。

 深海の水や塩を今は採取して真水にしたり、塩を取り出したりすることができて、その水も塩も格段の美味であり、健康にもいい。
 それは非常にいい利用ができる、云々。ということです。
 そしてまた最近、別のところからそんな話を聞きました。

 自然の循環を区切ってしまうことには私達は、限度を持つべきだと思い、その話にとても不快を覚えました。

 それは岩塩だって、地下水たる泉の水だって、同じかもしれないが、何千年、何万年とかけて、自然全体、地球全体が創成、造成してきたものを、科学技術でそうやって、その流れを横取りしたり、中断させることは人間の傲慢さだと存じたのです。

 傲慢かどうかは別にしても、深海の水や塩をそうやって採取していくことを組織的、企業的に行い続けることは、環境を破壊していくことに繋がらないでしょうか?
 何か取り返しがつかないことにならないでしょうか?
 どうかお教えを賜りたく存じます。
 ご意見でも、情報でも結構です。お願い申し上げます。

 10年ちょっとになりますか、母の従兄弟の娘という遠い血のものからの話でした。

 深海の水や塩を今は採取して真水にしたり、塩を取り出したりすることができて、その水も塩も格段の美味であり、健康にもいい。
 それは非常にいい利用ができる、云々。ということです。
 そしてまた最近、別のところからそんな話を聞きました。

 自然の循環を区切ってしまうことには私達は、限度を持つべきだと思い、その話にとても不快を覚えました。

 それは岩塩だって、地下水たる泉の水だって、同じかもしれ...続きを読む

Aベストアンサー

基本、あなたの仰る通りですね。
もう少し我々は「自制」「自省」を考えなければいけない。

身体に良いとか、効き目があるとか、そんな事ばかり言ってるようでは、昔の貴族達が行っていた愚挙を笑うことは出来ません。
日本人の頭の中には、まだまだ「バブル」が残っているようです。

一方で我々人類は未だに「地球から離れられない乳飲み子」と同様です。
石油や天然ガス、おまけに最近は「メタンハイドレード」(詳しくは検索してみてね)の採取に踏み込もうとしている。
科学文明だの、なんだのと言う一方で、既存のDNAのコピーをしたり、偶然見つかった発見を「技術」と言い張って、安全性もわからぬままに使ってみたり、高レベル放射能を放出する廃棄物を、何万年かかるかわからないのにドラム缶に入れて、地中に埋葬しようなどと言い出したり…人間なんて不完全の塊だし、何よりも「自分達で何かしようと考えないままに」地球の資源を貪り食っているのは、本当に「乳飲み子」の域を脱していないなぁ、と思うわけです。

地球にとっての人類は「ビッグ・ベイビー」なのですよね。
もう少し我々は、母親に負担をかけないように生きないとなぁ、と、そう言った問題が出るたびに思いますね。

基本、あなたの仰る通りですね。
もう少し我々は「自制」「自省」を考えなければいけない。

身体に良いとか、効き目があるとか、そんな事ばかり言ってるようでは、昔の貴族達が行っていた愚挙を笑うことは出来ません。
日本人の頭の中には、まだまだ「バブル」が残っているようです。

一方で我々人類は未だに「地球から離れられない乳飲み子」と同様です。
石油や天然ガス、おまけに最近は「メタンハイドレード」(詳しくは検索してみてね)の採取に踏み込もうとしている。
科学文明だの、なんだのと言...続きを読む

Q小学校低学年向けの地球環境関連サイト

先日、夕食のときに、ドラえもんから22世紀の話になり
「実際は22世紀なんて来ないかもしれないね」と私が言うと
子どもたちはどうして?と興味を持って聞いてきました。
地球温暖化のこと、環境汚染のことを私の知っている範囲で話し
「地球は今、病気になってしまって壊れかかってる。
だから22世紀はドラえもんの世界じゃなくて、
もう壊れてしまって人間は住めなくなっているかも?」と
少し大げさに話したところ、温暖化などに関心を持ったようです。

せっかくのチャンスなので、もっときちんと教えたいと思います。
小学校低学年向けで、言葉が平易で挿絵なども適度にある
地球温暖化や環境汚染などに関するサイトがありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

キッズgooで検索し、振り仮名表示をすると良いと思います。

http://kids.goo.ne.jp/cgi-bin/kgframe.php?BL=0&SY=2&MD=0&FM=0&TP=http://www.env.go.jp/kids/

これが環境省のこどもページのふりがなつきにできるものです。

経済産業省のページ、漢字はむずかしいものを使っていますが、言葉は難しいかもしれませんが、分かりやすい解説です。
http://www.meti.go.jp/intro/kids/kankyo/earth_index.html

あとは、
http://kids.goo.ne.jp/sirabemono/note048.html
地球温暖化のリンク集です。子供向けみたいです。

地球温暖化を学びたい、興味をもつおこさんがいることは素晴らしいと思います。
今日において、地球温暖化は国際協力を通じて解決しなければならない問題であるからです。
次世代を担う子供に現代の問題を知ってもらうことは大切だと思います。

chihaさんのお子さんのような方が増えると良いですね^w^

キッズgooで検索し、振り仮名表示をすると良いと思います。

http://kids.goo.ne.jp/cgi-bin/kgframe.php?BL=0&SY=2&MD=0&FM=0&TP=http://www.env.go.jp/kids/

これが環境省のこどもページのふりがなつきにできるものです。

経済産業省のページ、漢字はむずかしいものを使っていますが、言葉は難しいかもしれませんが、分かりやすい解説です。
http://www.meti.go.jp/intro/kids/kankyo/earth_index.html

あとは、
http://kids.goo.ne.jp/sirabemono/note048.html
地球温暖化のリンク集です。子供向...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報