忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

以前、一度読んだきりで記憶が曖昧なのですが、結末にちょっとわからないことがありました。

元俳優の探偵(名前忘れました)の自宅を訪れた刑事が、「なぜ犯人は、大勢の前で自ら毒を飲んだのか」というような質問をしますが、探偵は答えず、もう一人の刑事が、同僚を促して探偵宅を去る。というシーンです。
1.刑事の疑問そのままなのですが、なぜ犯人は、毒を飲んだのでしょう?
2.なぜ探偵は、この質問に答えなかったのでしょう?
喉に小骨が刺さったような心境でおります。
詳しい方、解説をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

10年くらい前に読んだきりですが、



推理から結論は出ているものの、あんな子供が「悪意」の塊のような事件を起こすとはレーンにも信じ難いことでした。しかし、それまでの一連の殺人はいわゆるシナリオに沿って実行されていたのに対して、シナリオには無い毒殺がこれから犯人の明確な意思をもって実行されようとしていました。

ここでレーンは最後の「良心」に賭けたかったのだと思います。毒を飲んだはずのターゲットが死なない時点で、もしも犯人が大人であれば、自分が飲む分に毒が入っていると考えますが、犯人は気づかず飲みました。本当に気づいていなかったとすれば、やはり無邪気な子供だったと考えられますが、それでは凶悪な殺人を起こした「悪意」は子供の中にも存在していた証拠になります。
では、気づいていながら飲んだとすればどうでしょう?それならばさらに恐ろしいことになります。覚悟の服毒自殺になってしまいますから。

その意味では、1の質問の答えは「何故か分からない」です。
2は、犯人を死なせることになった呵責というよりも、理解を超えた「悪意」の存在に驚き、無力感を味わったのではないでしょうか?凶悪な犯罪者に対して同情する気持ちは無かったでしょうから「虚しい」と感じていたのでは?
犯罪を終結させる事、その後の家族の事を考えれば、結果的に「死」をもって償わせることが唯一の解決法だったでしょう。だからレーンは犯人が毒を飲むことをとめなかったのだと思います。ということで、何も答えたくなかった。

記憶に自信がないのでストーリーを間違えていたらごめんなさい。

この回答への補足

この場をお借りして、お二方にお礼を申し上げます。
いただいた回答を踏まえて再読したくなりました。
ありがとうございました。

補足日時:2004/09/30 18:12
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どちらにしても、やりきれない結末ですね。
レーンさんは、こうなる可能性があると知っていて、何も言わずに捜査をおりたのでしょうか。
奥が深いストーリーだと思いました。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/29 21:39

探偵の名前は「ドルリーレーン」です



1犯人が毒を入れて別の人間をまた殺そうとしたのですが、そのことに気づいたドルリーレーンがコップを入れ替え、犯人はそれに気づかないで毒入りの飲み物を飲み、死んだ

2自分が殺したから。犯人が少年でしたし、このままほうっておいても犯人は悪事を続けるし、しかし自分は少年を殺してしまった。それにあんな子供が犯罪を犯したことのショックもあるでしょうね

かなり昔に読んだので間違っていたらごめんなさい
    • good
    • 9
この回答へのお礼

結局、そのドルリーレーンさんが毒を入れ替えたことが、間接的に、犯人が死ぬ引き金となったのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/29 21:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qノベルズとは?文庫とは?

こんばんは。
あまりに初歩的な質問なのですが、「ノベルズ」ってどういうものの事を言うのでしょうか?
人から聞いた話だと文章が1ページ2段になっているものの事?とか聞いたのですが・・・
というか、どういったものが「文庫」でどういったものが「ノベルズ」かという事などがわかりません。
この2つに限らず、本の基本的な分類を教えて頂きたいです。

それから「ノベルズ」はどこにアクセントをおけばいいのでしょう。
「ノ」ですか?それとも「べ」なのでしょうか?
例えば「○○社ノベルズ」と言う場合アクセントはノですよね?
くだらない質問で申し訳ありませんが、わかる方教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

出版社関係ではないので、正確なところは分かりませんが、経験値でお答え致します。

ノベルズと名前が付いている物は推理小説(西村京太郎氏や内田康夫氏 他にもたくさんいらっしゃいますが、私はこのお二人の著書をよく読んでいるので)を扱っている本の一種で、大きさが新書版(縦17cm×横10cm程度)である物を指しているようです。
光文社(カッパ・ノベルズ・ここが一番最初に「ノベルズ」と銘打って出版したと思う)、角川書店(カドカワノベルズ)、徳間書店(TOKUMA NOVELS)、詳伝社(ノン・ノベル)、講談社(講談社ノベルズ)などがあります。もちろん他の出版社でも出しています。
光文社では、小説以外でもこの大きさで出版していますが、「カッパ・ブックス」としていたと思います。

確かに私の蔵書(というほどたいした物ではありませんが)をちょっと見てみましたが、確かに文章が2段組みになってますね。他の新書版(ノベルズではない物)を見たのですが、一段組みでした。
段組については気にしていませんでした。

アクセントですが、私は「ノ」にアクセントを付けています。元になっている英語の「novel」の発音に準じています。

文庫というのは、いわゆる文庫版(横10cm×縦15cm)サイズの本で、岩波書店が最初に発行しました(記憶では)。名著が安く手軽に読めることがコンセプトだったはずです。
四六判や菊判(いわゆるハードカバーの単行本)で出版した原稿を二次使用することによって、コストを下げていました。当然著作者には印税を払いますが(著作権が切れていない場合)、単行本よりは安いでしょう(著作者側は、安くても労力をかけずに印税が入ってくるので、おいしいと思います)。
作りも簡素で、今のような紙のカバーは付いておらず、ハトロン紙のカバーを付ける事によって、表紙に印刷してある書名が透けて見える物でした。(古書店に行けば現物があると思います)
製本時にも、紙の裁断を減らして横と下の2方(普通は上下横の3方)にしています。ですから本のページの上部がでこぼこしていました。
今も岩波文庫や、新潮文庫は上がでこぼこしています。

その後、多くの出版社がこの分野にも参入しました。
現在では、最初から文庫本で出版される物(文庫新刊の帯に、文庫オリジナルと書いてある)もあります。

推理小説の場合、単行本→(1~2年後)→ノベルズ→(1~2年後)→文庫の順で出版されるようです。もちろん雑誌等の連載が先頭に来る場合もありますし(単行本化される時とされない時あり)、ノベルズオリジナルや文庫オリジナルの場合もあります。また逆の過程をたどる場合もあります。

推理小説以外では、単行本→(1~2年後)→文庫本というパターンが多いのではないかと思います。

ご参考までに。

出版社関係ではないので、正確なところは分かりませんが、経験値でお答え致します。

ノベルズと名前が付いている物は推理小説(西村京太郎氏や内田康夫氏 他にもたくさんいらっしゃいますが、私はこのお二人の著書をよく読んでいるので)を扱っている本の一種で、大きさが新書版(縦17cm×横10cm程度)である物を指しているようです。
光文社(カッパ・ノベルズ・ここが一番最初に「ノベルズ」と銘打って出版したと思う)、角川書店(カドカワノベルズ)、徳間書店(TOKUMA NOVELS)、詳...続きを読む

Q荻原浩さんの『噂』の被害者について(ネタバレあり!!)

こんにちは。
ご回答よろしくお願いします。
(ネタバレになってしまうと思いますので、未読の方、ご注意ください!)

昨日、荻原浩さんの『噂』を読み終わりました。
最後の一行に衝撃!
しかし、どうもモヤモヤしています。
というのも、犯行の順番がわからないのです。
レインマン(男のほう)の被害者は3名ですか?
私の認識では
一番目に康代(サキ)さん
二番目が美幸さん
三番目が久美さん
だと思っているのですが
はて…美幸さんのニュースをサキと一緒に見てましたよね?
サキと康代さんは別人ですか?
一番最初に殺されたのは誰?
サキのせいで犯行に及んだのでは?
と、ぐちゃぐちゃに混乱してしまいました。
何度読み返しても、どうも整理がつきません。
ですので、被害者の順番をどなたか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

被害者の順番はそれで正しいと思います。

レインマン(男の方)は精神的におかしくなっているのか、
いるはずのない人間の声が聞こえます。
後の方で他の被害者の足と「会話」している場面がありますね。

そしてサキと一緒に美幸さんのニュースを見ている所ですが、
この時点でサキは足しかありません。

サキとの会話→先ほど書いた通り精神がおかしいから。
食べ物→サキが食べているとは書いていない。
サキへのメール→サキの携帯をレインマンが持っている。

また、食堂での回想でもサキが登場しますが、
中のものを腐らせてしまった→足が腐っている。
謎が多すぎる→何も調べずに足以外の部分を捨ててしまった。

さらにレインマンの会社に小暮と名島が事情聴取に来る場面ですが、
部屋から消えた→足を捨てた。

結構前に読んだので自信はありませんが…こういう意味だと思います。

Q東野圭吾「ゲームの名は誘拐」の結末を解説してください

最後の

「樹理と名乗っていた頃の千春が、おれのために作った料理を、トレイに載せて運んでいた。」

の部分が何が言いたいのか分かりません。教えてください。

Aベストアンサー

主人公は、いざというときのための保険として写真を残しておきました。作中では結構前に撮影していましたから、読者としては「あの写真か!」と思う場面ですね。なぜ写真を撮っておいたのかは、撮ったときはたんに一夜を共にした女性だから…というだけでなく、共犯者がいた証を残したかったのでしょうね。わざわざカードを抜き取り、上着ポケットに入れていましたし。つまり千春には見つかりたくなかったシロモノです。

写真の内容は、「親密な関係にある」と見た人に思わせるものです。女性が男性の部屋に上がり、料理を作っているのですから。

千春の妹樹理を殺した犯人に主人公をでっち上げるために、色々採取してましたし、車の傷のことからも、主人公に娘を殺された不幸な一家、の図式を世間に知らしめたかったのでしょう。

けれど写真は、(データなので撮った日にちと時間も分かる)、殺された樹理の妹である千春と、偽殺人犯の主人公の仲よさそうな関係が伺えるものです。怨恨がらみで樹理が殺されたなら、殺した子の妹と何気ない日々を送っていることにもなりますし、なによりあの写真が出回れば、「どういう関係か!?」とマスコミは騒ぎ立て、いずれ一家の真実にも気づく可能性があります。写真があることで、主人公は自分の身を守ったのです。データの複製があるかも、と思えば手を出せないのでは?(殺人犯の家を突き止め突入したところ、自殺しているのが発見された…なんてやりかねない親子ですし)

葛城父は、睡眠薬を飲ませ、死の恐怖を主人公に味合わせることで彼が何か隠し持っていないか知りたかった。主人公の才能、頭の良さに感心していましたから、何かあるだろうと確信していたのでしょうね。それが写真とは思わなかったようですが。


主人公はざっとおおまかに三つのゲームに参加させられました。誘拐ゲーム(いかに誘拐とみせかけるか)、身代金ゲーム(いかにして大金を無事手に入れるか)、殺人犯ゲーム(いかにして殺人犯を仕立て上げられるか)。仕組んだのは葛城、プレイヤーは主人公。
あの一文のメッセージは、『葛城親子にまんまと騙されゲームをさせられ、見事クリア(身代金ゲット)をし、しかも殺人犯に仕立て上げられようとされる主人公が、これまで通りの機転のよさを発揮して自分の身を守った』という解釈でいいのではないかなと思います。主人公は、ゲームを全てクリアしたわけですし。

私の解釈は以上です。他の方はどうおっしゃるのか、私も楽しみです

主人公は、いざというときのための保険として写真を残しておきました。作中では結構前に撮影していましたから、読者としては「あの写真か!」と思う場面ですね。なぜ写真を撮っておいたのかは、撮ったときはたんに一夜を共にした女性だから…というだけでなく、共犯者がいた証を残したかったのでしょうね。わざわざカードを抜き取り、上着ポケットに入れていましたし。つまり千春には見つかりたくなかったシロモノです。

写真の内容は、「親密な関係にある」と見た人に思わせるものです。女性が男性の部屋に上が...続きを読む

Q【ネタばれ注意】「Yの悲劇」の結末

ルイーザ・キャンピオンに飲ませるはずだった毒入りミルクを、犯人が自分で飲んで死んでしまったの
は、ドルリー・レーンがそのように仕向けたからですか。「生きる資格のない」「社会の脅威」をレーンが取り除いたのでしょうか。

Aベストアンサー

作者は、事実はそうであったことを作中で強く示唆していると思います。

Q【ネタバレ注意】ABC殺人事件についての疑問点

【ネタバレ注意】ABC殺人事件についての疑問点

1、わざわざAとBを殺す必要がどこにあるのか?(AB殺害で捕まったら、最大目的のC殺害が不可能になるのに)
2、兄のカーマイケル・クラークはもうすぐ60歳だったのに、弟のフランクリン・クラーク(年齢不詳)が、風采のよい青年好きのベティ・バーナードをナンパできるのか?

この2点ですが、他にも
「犯行日時を○日まで指定する必要があるのか?」
「カストへの洗脳・暗示は可能か?」
「映画館で眠る人がいるのか、尚且つその人に声を出させないよう殺害できるのか?」
「映画館で殺害された人の隣に座っていたDのダウンズ氏は危険なのになぜ外出したのか?」
「カストにぶつかってナイフをポケットにバレずに入れることは可能か?」
「クラークがポアロの謎解きをあっさり認めるのは不自然ではないか?」
「クラークは拳銃をポケットに入れておいて、知らない人(ポアロが雇ったこそドロ)が近づいてきたとき注意をしなかったのか?」

小説なので細かく追及すべきではありませんが、特に上記2点は小説だとしても合点がいかないので、どなたかお答えくださればと思います。

【ネタバレ注意】ABC殺人事件についての疑問点

1、わざわざAとBを殺す必要がどこにあるのか?(AB殺害で捕まったら、最大目的のC殺害が不可能になるのに)
2、兄のカーマイケル・クラークはもうすぐ60歳だったのに、弟のフランクリン・クラーク(年齢不詳)が、風采のよい青年好きのベティ・バーナードをナンパできるのか?

この2点ですが、他にも
「犯行日時を○日まで指定する必要があるのか?」
「カストへの洗脳・暗示は可能か?」
「映画館で眠る人がいるのか、尚且つその人に声を出させないよう殺害でき...続きを読む

Aベストアンサー

>1、わざわざAとBを殺す必要がどこにあるのか?(AB殺害で捕まったら、最大目的のC殺害が不可能になるのに)
 →私はアイデア小説と割りきって読んだので気にはならなかったですが、おっしゃる通り、この点は昔から批判されている所です。近年では有栖川有栖氏が、火村助教授の口を借りて以下のようなことを述べています。

「ABC殺人と言う狂気に見せかけた正気の殺人だとしたら、もっとうまい筋書きがあるんじゃないのか。・・(中略)・・仮に真のターゲットがBだったとしよう。犯人は現時点ですでに目的を達成しているわけだ。それでも狂気のABC殺人を装ったからにはもうしばらく犯行を続けないことには格好がつかないよな。せめてCは殺さなくっちゃ。Dあたりも必要だろう。・・(中略)・・ええい、ここが正念場だ、とばかりにFも始末したとしても先は果てしなく遠い。まだ真のターゲットを殺害していないとしても、事情は大して変わらない。本当の殺意の矛先が向いているのがDあたりだとしよう。だとすると、それまでにABCと三人の無関係な人間を殺さなくてはならない。キツすぎる。・・(中略)・・合理的な判断ができるのなら、警察に尻尾を摑まれるリスクが過大であることがわかりそうなもんだ。」
(有栖川有栖 「ABCキラー」 短編集「モロッコ水晶の謎」より)

ところで、この火村助教授が活躍する「ABCキラー」は、ABC殺人事件をなぞりながらも、当然ながら上記の弱点を補強した内容になっています。オリジナルと読み比べてみるのも一興です。

>1、わざわざAとBを殺す必要がどこにあるのか?(AB殺害で捕まったら、最大目的のC殺害が不可能になるのに)
 →私はアイデア小説と割りきって読んだので気にはならなかったですが、おっしゃる通り、この点は昔から批判されている所です。近年では有栖川有栖氏が、火村助教授の口を借りて以下のようなことを述べています。

「ABC殺人と言う狂気に見せかけた正気の殺人だとしたら、もっとうまい筋書きがあるんじゃないのか。・・(中略)・・仮に真のターゲットがBだったとしよう。犯人は現時点ですでに目的...続きを読む

Q昭和天皇て本当に1月7日に崩御?

昭和天皇は昭和64年1月7日に崩御しましたが
実際には63年の12月末に亡くなって居たという話もあります
そうだった場合 新元号の元年が数日しか無い事、年の瀬で忙しい中、国民に負担を掛けられない事 などの理由で あえて三が日明けの1月7日に崩御という事にしたのでは?
という話なのですが実際はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

そのウワサ、聞いたことがあります。

もっともな事だと思います。

私も、そう信じています。

もしかしたら、人工的に年明けまで、生かされていたのかもしれません。

1/7も株価に最も影響の無い、土曜だったか日曜だったかじゃありませんでしたっけ?!

私は、大手飲食店チェーンに、その頃勤めていましたが、
12月の上旬には、各店に喪章が配布され、亡くなった日には、
直ぐに喪章をつける
看板類は消灯する
BGMは流さない
年賀状の番号利用の販売促進活動はしない
等々の通達が早々に出されていました。

財界には、知らされていて、国益を重視した対策の末の1/7だと思っています。

いかがでしょうか?!


人気Q&Aランキング