人気雑誌が読み放題♪

(1)主人公が、苦労人、または陰のある人物、または犯罪人、など。
(2)読み出したらとまらない。
(3)長編

変な条件ですが、よろしくお願いいたします。
別に推理小説に限りませんので、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中1~10件)

奥田英朗「邪魔」「最悪」



馳星周「生誕祭」「ダーク・ムーン」他全ての長篇

高村薫「マークスの山」「照柿」等

重松清「疾走」

ほとんど上下巻とか二段組とかで長いです。読み出したら止まらないです。
    • good
    • 0

私はファンタジー好きなので、読む小説の主人公は全員苦労しています。

お嫌いでなければ、ファンタジー系長編をご紹介します。栗本薫先生のグインサーガ(100巻以上になるみたいです…)。ロバート・ジョーダン先生斉藤伯好さん訳の<時の車輪>シリーズ(現在50巻以上出ています)。長すぎる!!っていうのであれば、須賀しのぶ先生の作品類もなかなかいいですヨ。かなり強い女達が主人公で苦労しています。
    • good
    • 0

A#13さんのエルロイご紹介に賛成一票です。



 このエルロイ「ホワイト・ジャズ」の極北の文体にインスパイアされて、ついに自身が作家となってしまったという、馳星周の新宿三部作(「不夜城」「鎮魂歌」、3作目は未刊)もかなり衝撃的でした。
 これはA#4さんのご紹介の中に含まれています。

 主人公が記憶喪失で、しかも過去の自分はどうやら…という、まさに「1)主人公が、苦労人、または陰のある人物、または犯罪人」全てに該当しそうな選定で、「(2)読み出したらとまらない。(3)長編」という条件にぴったりなのがロバート・ラドラムの「暗殺者」(新潮文庫)ではないでしょうか。ちょうど映画化されてタイムリーですし。

 もちろんルシアン・ネイハムの大ヒット作「シャドー81」もこの条件にぴったりで、大いに愉しんでもらえると思います。

 このような条件において私個人が偏愛する何よりの作品といったら、幕末の日本人を描いた中里介山「大菩薩峠」や、スタンダール「罪と罰」、ハーマン・メルヴィル「白鯨」などでしょうか。
   
    • good
    • 0

他の方の紹介作品とはちょっと違うので迷いましたが...



竹本健治「パーミリオン(1/1000000)のネコ」シリーズ
1巻「殺戮のための超・絶・技・巧」
2巻「タンブーラの人形つかい」
3巻「兇殺のミッシング・リンク」
4巻「魔の四面体(テトラヘドロン)」の悪霊」
1巻と2巻がお薦め、4巻は短編集です。

谷甲州「ヴァレリア・ファイル」(上下巻)

小野不由美「十二国記」
http://www.12kokuki.com/
    • good
    • 0

天童荒太の「家族狩り5部作」はどうでしょう?


「家族狩り」という1冊の本もあるのですが、
5部作のほうがより深く書き込んであると思います。
とりあえず、下手な素人書評はさておいて
条件はあってるし、お勧めです。

ちなみに
「幻世の祈り」「遭難者の夢」「贈られた手」
「巡礼者たち」「まだ遠い光」で5部。

後はピーター・ストラウブの「ミステリー」?
山本一力の「あかね空」の主人公は苦労人ですね。
主人公に苛々しながら、結局読みきってしまい
しかもちょっと感動しちゃったりします。

お試しあれ。
    • good
    • 0

  「女資産家」「女相続人」 B・T・ブラッドフォード


 労働者階級出身の女性エマが、世界有数の大富豪になるまでを描いている「女資産家」、エマから孫娘ポーラへの相続するまでを描いているのが「女相続人」になります。お金がある故に、その財産をねらって、エマの子供達や孫達の裏切りが生じ、そのことに対しての苦悩が書かれています。ちなみに、孫娘ポーラが主人公の「ポーラの愛と野望」という作品もあります。

  「相続人ローラ」 ジュディス・マイケル
 ホテル王のメイドとして雇われた少女が主人公です。結構、いろいろと苦労しているので、条件に合致していると思います。

  「屋根裏部屋の花たち」 V・C・アンドリュース
 結構ショッキングなスタートです。読んでいくうちに、続きが気になると思います。シリーズですので、結構長いです。

 いろいろと書き出しましたが、お気に入りの作品が見つかれば、嬉しいです。これで失礼します。
    • good
    • 0

ちょっと数が多いですが、以下の作品群が該当すると思います。



以下、作者全てジェイムズ・エルロイで文春文庫より発刊

<暗黒のLA4部作>:50年代の腐敗したロス市警を題材にした4部作。

ブラック・ダリア/ザ・ビッグノーウェア/LAコンフィデンシャル/ホワイト・ジャズ

<アンダーワールドUSA3部作>全4部作の間接的な続編にあたる作品で、ケネディ暗殺など歴史上の事件を題材にアメリカの暗黒面を描く3部作。

アメリカン・タブロイド/コールド・シックス・サウザンド(現在ハードカヴァーのみ)/(第三部は未完)

(1):主人公というか、登場人物全て悪人or極悪人しかでてきません
(2)大変長いです。
(3)独特の文体が非常に読みにくいですが、慣れると極限まで切り詰めた散文のような文章にモッテかれます。

 LAコンフィデンシャルが映画化されているので、ご存知かもしれませんが、大変お勧めです。ひたすら救いの無い内容&読みにくいので好き嫌いが分かれるかもしれませんが、是非目を通してみてください。

長文にて失礼します。
    • good
    • 0

「13階段」がいいと思います。

前科ありのもと犯罪者と死刑執行をした事がある人の二人が死刑囚の冤罪を証明するって言う話です。読み出したら止まらないってのは、絶対当てはまると思います。
    • good
    • 0

#2、『飢餓海峡』です。

下のURLがご参考になるかも。

参考URL:http://www.bekkoame.ne.jp/~agatha/Jkigakai.html
    • good
    • 0

藤原伊織で「テロリストのパラソル」講談社文庫


が個人的に一番のオススメかと!!
第41回の江戸川乱歩賞と、第114回の直木賞のW受賞をされた1冊です!!
あらすじは・・・自分では説明しづらいです(笑)
でも3つの条件にぴったりだと思います!!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング