L-Selectideについてなんでもよいので教えてください。
参考文献などがあればお願いします。

A 回答 (3件)

L-SelectrideとはAldrichの商品名です。


一般に,LiAlH4やNaBH4に比べかなり嵩高いため,選択的還元を行うための試薬として使われます。
この試薬は開封して一ヶ月たつと失活してしまうので保存は利きません。
ちなみに,リチウムがカリウムに置き換わったものはK-Selectrideと呼ばれ,これもAldrichの商品です。
    • good
    • 0

Li[(s-Bu)3BH]です。



反応例については丸善の実験化学講座第4版の還元の巻(不斉合成や糖類など
と一緒の巻です)に載っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/11 11:10

 


お近くの先輩なり指導教官なりにお尋ねになるのが1番だと思いますが,簡単なアドバイスだけしておきます。

試薬の事を調べるには,まづ試薬のカタログです。L-selectride はアルドリッチで売っていますので,アルドリッチのカタログに簡単な記述があると思います。下にシグマ・アルドリッチ・ジャパンのペ-ジをあげておきますので,ここの「化合物・MSDS検索」で「L-selectride」で検索して下さい。

また,当然の事ですが,「Chemical Abstract」を検索すれば,オリジナル文献も出てくるはずです。上記の検索で正式名称や CAS No. も判りますので,検索して下さい。

さらに,合成試薬をまとめた成書も様々出版されています。その中で代表的なものは,「Reagents」(John Wiley & Sons)だと思います。上記の検索結果中に「Fieser Index:」と書かれてあるのは,この成書の巻数とペ-ジ数です。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/11 11:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文献の参考文献に掲載できるネット情報について

文献に載せる参考文献で、本の名前や掲載ページの情報のところに、特許やネット上のPDFファイルのアドレスなどを含めてもいいのでしょうか?

ある教授が参考文献にはネット上での情報は一般的には
掲載しないと言いました。

研究テーマに関しては工学的な面から、本に掲載されていない情報をしいれるためにネット情報も活用しなくてはいけないと思います。

みなさんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

私が修士論文を書いた時は、URL掲載しましたよ。
学術論文は引用を明確にしなければいけないからです。

個人のHPは根拠に乏しいため、参考になりませんが、
公式なHPのものは、有効な情報だと思います。
ちなみに私の専攻は国際関係論でしたので、
国連HPに掲載されている国連憲章や、UNDPのHPからHDIの数字はどは、ネットから最新情報を収集していました。

指導教官に指示を仰ぐのが一番だと思います。

QL-アスコルビン酸ナトリウムとL-アスコルビン酸

L-アスコルビン酸ナトリウム中のLーアスコルビン酸が占める割合を計算したいのですが、
化学がからっきしなのでご質問させていただきました。お恥ずかしい限りです。
調べたところ

L-アスコルビン酸ナトリウム:C6H7NaO6、分子量198.11
L-アスコルビン酸:C6H8O6、分子量176,13

だったので、単純にL-アスコルビン酸÷L-アスコルビン酸ナトリウム×100で割合を出そうと思ったのですが、
L-アスコルビン酸ナトリウムがL-アスコルビン酸よりも水素がひとつ少ないのが気になっています。
水素は分子量1なので単純に割ってもいいのかなと思ったのですが、できれば正確に計算したいです。
(そもそも水素が一つ少ない時点でビタミンCと同じようにまとめてもよいのかもわかりません)
どのように計算したらよいのでしょうか。

単純に割ること自体間違っているのかもしれないのですが…
お分かりの片、お力を貸していただけませんでしょうか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

計算方法はお考えの通りです。実に数学的素養がある方だと思います。

アスコルビン酸から水素が退いたものと、のけないでおいたもの、両方を計算してみては?分母が198ですから1%もちがいませんよね。この差が気になるのでしたら、水素をのけてやった方がよいでしょう。

なお、分子量を有効5桁で計算する必要はないと思います。何のための計算かにもよりますが、せいぜい3桁で十分なのでは?

Q電離定数2.0×10^-5 mol/Lの酸HAの0.10mol/Lの水

電離定数2.0×10^-5 mol/Lの酸HAの0.10mol/Lの水溶液とそのナトリウム塩NaAの0.10mol/L水溶液とを体積比x:yで混合してpH5.0の緩衝液を精製した。xとyを最も簡単な整数比で答えなさい。

という問題です。問題の答えや解き方など基本的な部分からお願いします。

Aベストアンサー

混合直後の濃度は、

[HA]=0.10・x/(x+y)
[A^-]=0.10・y/(x+y)


HA ⇔ H^+ + A^- の平衡状態に於いて、

pH=5 では「HA」の解離により [H^+]=10^(-5) になるから、


[H^+][A^-]/[HA]=10^(-5)・{0.10・y/(x+y)+10^(-5)}/{0.10・x/(x+y)‐10^(-5)}=Ka

が成り立ちます。


ここで 0.10・x/(x+y), 0.10・y/(x+y)>>10^(-5) と仮定して次のように近似すると、


≒10^(-5)・{0.10・y/(x+y)}/{0.10・x/(x+y)}
=10^(-5)・(y/x)=Ka=2・10^(-5)

∴ y/x≒2


結果から、

0.10・x/(x+y)=1/30
0.10・y/(x+y)=2/30


近似は妥当と思います。

QL-アスコルビン酸Naと酢酸Naを添加した水溶液の溶解度・緩衝作用など

L-アスコルビン酸Naと酢酸Naを添加した水溶液の溶解度・緩衝作用などについて
化学系詳しくないので教えてください。

水1lにL-アスコルビン酸Na120gと酢酸Na(無水)160gを加え、80℃位まで加熱したとき、
温かい状態では完全溶解しているのですが、4℃程度に冷却・保管して2~3日すると成分が析出してしまいます。
どうして冷却後数日してから析出してしまうのでしょうか? また、pHもアルカリ性にならず、6.5~7.0の中性になってしまいます。
アスコルビン酸Naと酢酸Naが水溶液中にて緩衝作用を起こしているがだと思いますが、詳しくないので良くわかりません。
どちらかの添加量を減らさなければ駄目な場合、どちらの成分をどの位減らせば析出はなくなりますか?

また、L-アスコルビン酸Naの量はそのままで、酢酸Naだけクエン酸Na(クエン酸三Na)に同量で置き換えたら
成分の析出はなくなるのでしょうか? また、pHはアルカリ側になるのでしょうか?

酢酸Naの塩基解離定数pKb=9.25 分子量: 82.04 水への溶解度:76%
L-アスコルビン酸ナトリウムの分子量:198.11 水への溶解度:38%
(解離定数わかりません。酸解離定数 pKa 4.17(1段階)11.6(2段階)です)
クエン酸Na(クエン酸三Na)の分子量:294.1 水への溶解度:42%
(解離定数わかりません。ちなみにクエン酸のpKa=3.13、4.76、6.40です)

化学系詳しい方、何卒教えてください。 宜しくお願い致します。

L-アスコルビン酸Naと酢酸Naを添加した水溶液の溶解度・緩衝作用などについて
化学系詳しくないので教えてください。

水1lにL-アスコルビン酸Na120gと酢酸Na(無水)160gを加え、80℃位まで加熱したとき、
温かい状態では完全溶解しているのですが、4℃程度に冷却・保管して2~3日すると成分が析出してしまいます。
どうして冷却後数日してから析出してしまうのでしょうか? また、pHもアルカリ性にならず、6.5~7.0の中性になってしまいます。
アスコルビン酸Naと酢酸Naが水溶液中にて緩衝作用を起こしてい...続きを読む

Aベストアンサー

アスコルビン酸Naと酢酸Naが溶けているなら、アルカリ性になるはずです。
アスコルビン酸や酢酸が混在していませんか?

時間が経ってから結晶が析出する現象についてですが、過飽和が関与している可能性が有ります。
ものを扱ったことが無いので、はっきりとしたことは言えませんが。
析出する結晶が気になるなら、ろ過するなどで回避はできませんか?

Q参考文献

実験のレポートでなかなかいい参考文献が見つかりません。ほぼ、教科書をよんで何とか書いていますが

有機、分析、物理、生物の実験であったら便利な参考文献を教えてください。特に、有機と物理が知りたいです。

Aベストアンサー

大学生ならそれぞれ「演習」と題する厚い「副教科書」がありますから、必ず読んで下さい。
我々が学生だったときは裳華房様が良い本を沢山出しておいででした、今でも多分あるはず。
あった、↓懐かしい本もあるなー、良い本は半世紀近く経っても使われるんだなー。
http://www.shokabo.co.jp/textbook/chem.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報