質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

確率統計 問題について教えてください。
平均、分散、比率に関する推定と検定についてです。

分散、母平均、信頼度・信頼区間など全く分かりません。これについても教科書の最後の方にある分布表?ようなものを使うんだろうと思いますが、読み取り方が分かりません。

よろしくお願いします。

「確率統計 問題について教えてください。 」の質問画像

A 回答 (2件)

#1さん、すみません。



母分散既知ですから、t分布ではなく、u分布ですよ。

(平均の標準偏差)=σ/√n

これで求めます。これの±1.96倍が5cmになるよう解けばいいです。
    • good
    • 0

他の質問の回答に書きましたが、「分散、母平均、信頼度・信頼区間など全く分かりません」というレベルでは、説明のしようがありません。



テキストなり、他のサイトにあげた参考書なりを復習、勉強するのが先決です。「統計学」が「概念」をつかむのがやっかいですが、一度理解・納得すれば何とかなります。「枝葉」や「難しい各論」は置いておいて、基本をじっくりと復習してみてください。

基本は「正規分布」(ここに「平均」「分散」「標準偏差」の基本的な概念と、「確率分布」の考え方が含まれる)であり、下記の参考書はこの「正規分布」をしっかり理解するのに役に立ちます。
https://www.amazon.co.jp/%E5%AE%8C%E5%85%A8%E7%8 …

「急がば回れ」「学問に王道なし」ということで、質問で回答をもらって適当に済ませるのではなく、せっかくなので「一生モノ」の理解をしてください。

お示しの質問では「t分布」を使った「数少ないサンプルからの母集団の平均値(未知)の推定」です。
世論調査で有権者全体の政党支持率を調べる場合に、何人にアンケート調査すればある程度の精度で推定できるか、といったような問題です。「調査人数が多いほど精度がよさそう」ということは分かりますよね? その「精度」が「信頼区間」。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング