Hans: Ich verstehe nicht so viel von Filmen, aber welche Filme findest du denn gut? Also mir gefallen Bruce-lee- und Jackie-Chan-Filme sehr gut. Ich mache namlich Karate.

Grete: Na ja, also Hongkong-Filme finde ich nicht so interessant.

Hans と Grete が会話をしています。Hans と Grete がそれぞれ違う意味でalso を使っているような気がします。使い方はあっていますか?どんな意味がそれぞれにありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

alsoはこんな場合に使うことが多いと思います。



1)話しの切り出しや終わりに使う
 (ところで~、さて~、では~)
2)前の内容に続く話しをする
 (・・・だから~、・・・なので~)
3)1つの言葉を別の言葉で言い換えるために使う
 (das heisst~と同じ)

例文のHansが使っているalsoは
映画が好きという前提で、自分の好きなものを挙げて
相手にもどういうものが好きか尋ねているので
2)の使い方じゃないかなと思います。

これに対してGreteのalsoは
映画は好きなんだけどHansと同じようには思ってないので
「でも」のような意味で使っています。
ただし・・・・
このGreteの返事についてですが、
ここでalsoを使うことが正しいのかどうかということを
ご質問されているのでしたら、
残念ながら私にはお答えすることができません。
前の話しの内容を肯定する場合はalsoですが、
否定する場合はaberのような気がするのです。
でも私は決してドイツ語の達人ではありませんので
単に私が知らないだけという可能性も高いです。
なのでこれについては、分かる方の回答を待ちましょう。
(お役に立たなくてすみません)
    • good
    • 0

#1です。



ドイツ人に確認しました。
どちらのalsoも使い方は合っているそうです。
両方とも「えっと・・・」
というような感じで使われているので
言葉事体に特に意味はないとのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばらしい丁寧な回答、しかもネイティブに確認までしてくださり、ありがとうございます!
本当にありがとう!

お礼日時:2004/10/04 14:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどなたかドイツ語に訳せる方お願いします

今度、ドイツからのお客様を迎えて夕食会をするのですが、その際にドイツ語であいさつをしようと思っていますが、書店などで探しても、なかなか見つからないので、こちらで質問させていただきます。
内容は、「ようこそ、いらっしゃいました。今夜はどうぞ楽しんでください。」といった感じです。
ドイツ語の発音などがわからないので、片仮名で書いていただければ助かります。

Aベストアンサー

直訳ですが
Herzlich Willkommen!「ようこそいらっしゃいました」
Bitte vergnuegen Sie sich heute abend!「今晩はどうぞ楽しんでください」

「[ヘ]ルツリッヒ・ヴィル[コ]ンメン」
「[ビ]ッテ・フェアグ[ニュー]ゲン・ズィー・ズィッヒ・[ホイ]テ・[アー]ベント」

読みはカタカナではとても表せるものではありませんので大体のものです。
[ ]の付いたところを強く、子音で終わるところは母音をつけないように、Rはのどひこを震わせるか巻き舌で。

QEs geht mir gut. とMir geht es gut. について

ドイツ語でWie geht es Ihnen? と聞かれたら、Es geht mir gut. と答えるのが普通ですが、Mir geht es gut. と答えてもよいと教わりました。この場合、mirは3格なのに主語になっています。文法的にはこの文はどのように説明されるのでしょうか?

自分でも色々と調べてみたものの、ドイツ語の初心者なのでよくわかりませんでした。

ドイツ語に詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて頂きたいと存じます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

文法的には「3格目的語が語頭に来たことによる es geht の倒置」と説明されます。「定形二位の原則」と言い、主語以外の要素が文頭に置かれたとき SV が倒置し ○VS となり動詞が2番目の位置に来るようにします。

es を主語、3格や4格の人を目的語とする「非人称動詞」では人を文頭に立てた表現もよく行われます。

es friert mich「私は寒い」
es schwindelt mir「私はめまいがする」
= Mich friert (es)
= Mir schwindelt (es)

感情・感覚に関する動詞の場合 es が文頭にこないときは省略されることがあります。さらに発展して普通の動詞(人称動詞)のようになるものもあります。

ich schwindle
(これはすべてそうなるわけではないので注意してください。再帰動詞になるものや es を主語にする以外はできないものもありますので辞書で確かめてください)

Qドイツ語学習者の方教えてください

ドイツ語学習者の方教えてください
最近ドイツ語を習得したいと思うようになりましたが
仕事では一切利用チャンスなし、他言語が出来るわけでもなし、ドイツは1-2年に一度行ければいい方、
おそらく一生涯を日本で終えるであろう私はドイツ語を習得しても全くメリットは無いとは自覚してます。
(だけど何故か惹かれるんです・・・)
ドイツ語を学習している方は
・なぜドイツ語を習得したのか
・ドイツ語習得のメリット
を教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

ドイツという国に行き来することが無くてもドイツ語を学習している人は多いですよ。
ドイツ語学習者には、韓国語学習などと比べると実用上(旅行の便利)の目的がある人が少なくて、ドイツの文化に惚れてしまった人が多いのでないかと思います。

私の場合は、少年のころに聞いていた音楽、好きだった音楽が、多くドイツ語を話す人々によって発展してきたことを後に知り、ドイツ語というのは音楽と連結していました。
シューベルトの歌など、美しい旋律に合わせて歌われる歌詞がドイツ語であったため、ドイツ語を理解したいと思いました。

もうひとつの動機はポルシェのカタログです。
日本の自動車文明発展期に育った私は、今は化石のようになってしまった”自動車少年”でした。
少年なりに色々な自動車を研究し、結論として選んだ世界一の自動車がドイツのポルシェという自動車でした。
当時は東京で開催されていた東京モーターショー(いまは千葉県で開催されます)で、偶然手に入れたポルシェの豪華カタログがドイツ語だった。これがドイツ語を読みたい理由になった。読めないドイツ語のカタログを何度も”読んで”理解できる数字とか記号などから文章を想像したものです。暗号解読ですね。

三つ目は、大学でのドイツ語です。
機械工学を専攻しましたが、当時、三省堂のコンサイス独和辞典を編纂した倉石五郎先生という方がいました。その先生は私と同じ機械工学を専攻し、その後にゲルマニストに転向し、辞書編纂までやってしまった稀有な人でした。機械工学という固いロジカルな性質とドイツ語という言葉になぜか共通のものを感じてしまうのは私だけでなは無いようです。
その後、ジェット戦闘機を作っているフランスの会社のエンジニアと三次元CADの仕事をする機会があり、フランス語/フランス人も案外メカニカルだなあと認識を改めた経験がありますけど。

大学では、ドイツ語を第一外国語にして、英語とフランス語を第二外国語に選びましたが、第二外国語は身に着かないもので、卒業時点では私の外国語=ドイツ語でした。
しかし、卒業後にドイツ語を使用する機会が無く、第二外国語の英語ばかりで、苦労しました。
ところが、人生って面白いもので40歳になったころドイツの会社に転職することになりました。
言語能力で転職したわけではなく、実際、社内言語は英語でしたが、若い時にドイツ語に没頭した時期があったから、”神様が引き寄せた”と思っています。

ポーランド人、チェコ人などもドイツの支配下、あるいは影響下にあって、ドイツに留学したりドイツの先生についてドイツ語で生活していた人も多かったようです。
いまはロシアになっているカリーニングラートも、昔はケーニヒスベルク(K?nigsberg)というドイツ語の街でしたし、いまはフランスになっているストラスブールがドイツのシュトラースブルク(Stra?burg)だったことも有名ですね。この街の人々はフランス語と同時に自分たちのアルゼシッシュという言葉を常用しますが、ドイツ語の方言です。

さて、ドイツ語習得のメリットですが、二つあります。
1.ドイツ語自体が持つ言語の精緻さ、美しさを楽しむ。音楽を楽しむのと同じような自己目的的楽しみでしょうか。
2.ドイツ人、ドイツ語人たちの文化・文明を理解し、楽しむための補助手段といてドイツ語が役に立つことです。
7~8年まえだったでしょうか、フォルクスワーゲンというドイツの自動車メーカーのホームページを見ていてい、彼らがガソリン直噴技術と過給技術を組み合わせ、小排気量で大排気量と同等の最大トルクを出しながら省エネルギーに貢献しようとしていることを知りました。
日本でこの小排気量車が発売されるよりも3年ぐらい先行して情報を得ていたことになります。
この例の様に、質問者さんが好きな分野、興味のある分野での先端的情報を取るためにドイツ語が役立つこともあります。
私場合、ニーチェという哲学者の書いた本をドイツ語で読むつもりですし、可能であればカントールという数学者の書いた無限に関する本もドイツ語で読んでみたいです。

最後にドイツ語習得のメリットなのかどうか分かりませんが、ドイツ語を集中的に学習した経験があったため、その後、社会に出て、第二外国語の英語を使わなければならない環境になったときに、英語の上達が他人よりも早かったような気がします。つまり、英語だけでなく、ドイツ語も理解することによって、不定関係代名詞だとか、仮定法だとか、目的語の格だとか、日本人が分かりにくい部分を良く理解でき、英語が簡単に思えたってことでしょうかね。

長くなってしまいましたが、ドイツ語学習のメリットなどにだわることなく、simi-chanがドイツ語に惚れこんでしまう様に祈っていますよ。

ドイツという国に行き来することが無くてもドイツ語を学習している人は多いですよ。
ドイツ語学習者には、韓国語学習などと比べると実用上(旅行の便利)の目的がある人が少なくて、ドイツの文化に惚れてしまった人が多いのでないかと思います。

私の場合は、少年のころに聞いていた音楽、好きだった音楽が、多くドイツ語を話す人々によって発展してきたことを後に知り、ドイツ語というのは音楽と連結していました。
シューベルトの歌など、美しい旋律に合わせて歌われる歌詞がドイツ語であったため、ドイツ語を...続きを読む

QIch meine gehoert zu haben, dass・・・

Ich meine gehoert zu haben, dass du Saecke mit Kaffeebohnen, die dieTuerken am Ende der Schlacht in ihren Zelten hinterlassen hatten, als Belohnung fuer diese gefaehrliche Mission bekommen hast.

この文でmeine gehoehrt zu haben, dass・・・は「~のことを耳にした気がする」ということですが、この構文は辞書でも発見できませんでした。

どのような構文なのかを説明していただけませんでしょうか。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

これは、特に構文という形としてあるのではなく、zu不定詞句と結びついて特別な意味の熟語を成す動詞がいくつかあるだけなので、熟語として個々に覚えていく以外にないものです。文法書に出ている例は、下のような動詞を使った熟語表現です。

Er pflegt morgens früh aufzustehen.
pflegen zu ~ 習慣である

Sie brauchen sich nicht zu schämen.
否定詞(nicht、keinなど)+brauchen zu ~ 必要はない

Sie brauchen nur unsere Produkte zu kaufen.
brauchen nur zu~ しさえすればよい

Sie weiß mit Kindern umzugehen.
wissen zu~ 心得ている、できる

Ich habe einen Brief zu schreiben.
haben zu~ しなければならない

ただし、上の熟語は辞書に出ていますが、meinen zu~を熟語として挙げている辞書が見当たりません。ドイツのDudenの辞書にも収録されていませんでした。ネットで調べた限り、ごく一般的に使われているようですし、19世紀初頭の書物にも使われているので、新しい口語というわけでもないようです。なぜ載っていないのかわかりません。私自身も今まで読んだり聞いたりする機会がなかった表現なのですが、それも単なる偶然のようです。

これは、特に構文という形としてあるのではなく、zu不定詞句と結びついて特別な意味の熟語を成す動詞がいくつかあるだけなので、熟語として個々に覚えていく以外にないものです。文法書に出ている例は、下のような動詞を使った熟語表現です。

Er pflegt morgens früh aufzustehen.
pflegen zu ~ 習慣である

Sie brauchen sich nicht zu schämen.
否定詞(nicht、keinなど)+brauchen zu ~ 必要はない

Sie brauchen nur unsere Produkte zu kaufen.
brauchen nur zu~ しさえすればよい

Sie weiß mit Kin...続きを読む

Qドイツ語教えてください。

ドイツ語で次の文はどのようになるのでしょうか。
1 私は調書を作り,裁判の証明書を発行します。
2 私の趣味は,ドイツ語を学ぶことです。
3 ドイツ語を学ぶことはとても楽しいです。
4 毎週土曜日にドイツ語教室に通っています。
5 そのドイツ語教室では,ほかの生徒とドイツ語で会話をします。
6 3年前からドイツ語を学んでいます。
7 平日は30分くらい,休日は1時間くらいドイツ語を学びます。
8 最近はドイツ語を学ぶ時間があまりありません。
9 息子がまだ小さいので,子どもの面倒を見ないといけないからです。
10 息子は5か月です。
11 最近,離乳食を食べるようになりました。

Aベストアンサー

ANo.1です。

>1. 私は調書を作り、裁判の証明書を発行します。
について、

ドイツの裁判は日本やUSAとは違って、日本の裁判のように裁判長の前や脇に書記は居ません。だから、直訳は役立たないし、よく説明しないと、全く意味が通じません。

ドイツ人の法律を勉強している人に日本の裁判所の絵を描いて説明したところ、日本の書記のようなことをしている人はGerichtsschreiber(法廷書記)または、Gerichtsstenograf(法廷速記者)と言うそうです。
そして、どのようにドイツ語で説明したら通じるかきいたところ、
"Ich bin ein Gerichtsschreiber.
Meine Arbeit besteht darin, ein Protokoll zu erstellen und die Anklageschrift fuer den Prozess zuzustellen."と言うと、裁判の法廷で書記をしている事が分かるそうです。

zu veroeffentlichenとすると、(メディア等外部に発行するような意味)
gerichtliche Scheine zu machen (こういう言葉は無いそうです。)
protokollieren (一般でもよく使われる言葉です。)

また、些細な訂正ですが、1.以外は文の中に ","がいりません。
(8は私がつけたものですが...。)

>8.
wenige Zeit→ weniger Zeitです。

子育ても、ドイツ語もがんばってください。

ANo.1です。

>1. 私は調書を作り、裁判の証明書を発行します。
について、

ドイツの裁判は日本やUSAとは違って、日本の裁判のように裁判長の前や脇に書記は居ません。だから、直訳は役立たないし、よく説明しないと、全く意味が通じません。

ドイツ人の法律を勉強している人に日本の裁判所の絵を描いて説明したところ、日本の書記のようなことをしている人はGerichtsschreiber(法廷書記)または、Gerichtsstenograf(法廷速記者)と言うそうです。
そして、どのようにドイツ語で説明したら通じる...続きを読む

Qドイツ語 fast zu gut の意味

ドイツ語「fast zu gut」の日本語訳を教えてください。
『Fast zu gutes Beispiel!』という文章を前にして、
悩んでいます。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

zu gutes Beispiel でも「よすぎる例(あるいは模範?)」ということで、ちょっと冗談めかした言い方でしょうが、fast が付くとそれをもう一ひねりして、「よすぎる例と言ってもいいくらい」ということになるでしょうか。
 前後の文脈も教えていただければ、もう少しなにかいえるかもしれません。

Qドイツ語でウェブサイト制作

ドイツ語でウェブサイトを日本国内で制作する予定です、エディターでドイツ語を扱えるモノがすくなく困ってました。

実際にドイツのサイトにアクセスすると、ドイツ語特有の文字を特殊記号として扱っているサイトを見かけました。ドイツ語圏以外からのアクセスでも対応でき便利ですよね。

この方法でコーディングしても、ドイツ語圏からのユーザに何かしらの問題は発生しないのでしょうか?

ドイツ語のフォント対応エディターで制作するのと、英語で特殊記号を活用してドイツ語版制作するのでは、どちらがよいでしょうか?(iso-8859-1)

アドバイス宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 まず,「エディタでドイツ語を扱う」ことに関して問題なのは,「ウムラウトとエスツェット」ではないでしょうか。これは,ä,ß などで出力できます。これは,日本語エディタでも OK です。
 多くの欧文フォントは,ISO 10646(Unicode)の Latin-1 Supplement(フランス語,ドイツ語の文字などの部分)を持っていますから,無難な線としては,さしあたり面倒でもこの方法が確実ではないかと思います。

Qドイツ語 undかoderか?

日本語の助詞の「や」は ドイツ語の undとoderの中間のようなニュアンスがありますが、
「ロンドンや東京のような大都会」は ドイツ語で何と言うでしょうか?

Großstädte wie London ( ) Tokio

この場合、括弧には undとoderの どちらが適切ですか?

Aベストアンサー

oderの基本的な意味は”いずれか一つ”、”あるいは”だと思います。例文の場合、”Londonと東京ような大都市”
の意味だと思います。しかも”Großstädte”と複数です。したがって、私は”und"だと思いますが。

私が持っている独独辞典では:drueckt aus, dass von zwei oder von mehreren Moeklichkeiten nur eine
in Frage kommt/:er liest ein BUch oder er schreibt. という例が挙げられています。

一度ドイツ文法書で確認されることをお勧め致します。

Qドイツ語の辞書と文法書

ドイツ語の辞書と文法のテキスト本の購入を考えています。夫婦でドイツ語を独学しようと思っていますがお薦めの 

(1)日独辞書

(2)英独辞書 

(3)英語とドイツ語対訳の文法テキスト


を教えてください。

妻はアメリカ人なので英語とドイツ語の対訳の辞書・文法書が必要で、私は日本語とドイツ語です。

ドイツ語を勉強している方、していた方、堪能な方、アドバイスお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたもある程度は英語を話せると思いますので、ご夫妻でMichel ThomasのCD(独英)を聴いてみると良いと思います。アマゾンで買うと安いです。これだけでドイツ語が話せるわけにはなりませんが、ドイツ語のしくみがかなり解ります。あとはお互いに合った独和ないし独英辞書を買うことでしょう。日本人にとっては独和は基礎的なものがよいです。大学の第二外国語でドイツ語をとる日本人は少なくありませんので、まともなもな学習辞書がいろいろあります。アメリカ人にとっては、ペーパーバックの英独-独英辞書でも間に合うのかもしれません。

Qドイツ語でのnichtの位置

nichtの位置について質問があります。
nichtは完全否定するときに一番最後に来て、部分否定するときは最後から二番目に来る、んですよね? でもその完全否定と部分否定の違いが分かりません。

部分否定: Claudia kommt nicht heute Abend, sondern morgen Abend.

完全否定 :Claudia kommt heute Abend nicht.

この完全否定の文は納得いきません。たとえ、Claudiaが明日、明後日に来なくてももしかしたら来月来るかもしれないし、Claudiaの長い一生を考えれば後一回くらい来る可能性は十分あるでしょう(^_^;)? そうしたらこの完全否定の文を言うことは誰にも出来ないような気がするんです。

直接ドイツ人の友達に聞いても分からないので、質問しています。どなたか、もっと分かりやすい例文を使って分かりやすく説明して下さい。今回、かなり混乱していますので、分かるまで何度も質問するつもりです。では、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昨日、おとといとここをのぞかなかったため、返事が遅くなってごめんなさい。
さて、本題です。

>部分否定されるのは目的語だけなのでしょうか?

動詞を否定するのは、全文否定になりますね。
主語を否定することは可能です。
その場合は、前回も書いたとおり、否定したい語句「主語」の前にnichtを置きます。

部分否定は、後にsondernが続いたり、文脈(や、その時のシチュエーション)によって部分否定であると判断されます。

「weder ~ noch ~」を例として出されていますが、sondernが続いていても、部分否定とは意味が違います。
wederは部分否定ではなく接続詞で、「weder ~ noch ~」というように使うことにより、一つの「主語+動詞」に対して複数の否定要素がある場合に用いるものです。

>この場合、「必ず」後に何か続くと考えてもいいのですか?

必ずというわけではありませんね。
続けなくても構いません。何を飲もうかなーと考えることも可能ですし。

sondernと続かない場合は、含みを持たせた否定ともいえます。
前回例にあげた文章では含みを持たせる意味があるかどうか疑問ですが、恋愛だと分かりやすいでしょうか。
好きな人(彼でもいいです)がClaudiaを好きらしいという噂を聞いて、彼にクラウディアを好きなのか聞きます。
そこで帰ってきた答えが

Ich liebe Claudia nicht.
Ich liebe nicht Claudia.

のどちらかだとします。
前者の全文否定だと、「僕はクラウディアのことを好きじゃないよ」とただ単に質問内容を否定しているだけです。
後者の部分否定の場合は「僕が好きなのはクラウディアではないよ」となり、他に好きな人がいるということを暗示している答えになります。
その後に誰が好きなのかを言う可能性をひめています。

>またはこの母親は「じゃ、なに飲むの(Sondern?)」と「必ず」聞きますか?

必ず聞くかどうかはその母親次第でしょう。
娘が自分から何を飲みたいか言うのを待つかもしれませんし、「じゃあ、何飲むの?」と聞くかもしれません。
ですから、必ず聞くというわけではありませんが、聞くことは自然な流れともいえます。


>もし他の飲み物を飲むのであれば、「Ich trinke nicht Kaffee, sondern ...」と言うべきですし、

言うべきとは限りませんよ。
「コーヒー? コーヒーは飲みたくないけど何か飲みたいなー。何を飲もうかなー。」という場合もありますよね。
「コーヒー? 私はコーヒーを飲まないよ」という場合もあるでしょう。
そんなときの、聞かれた直後にとりあえず「(カフェに入ることはOKで、でも)コーヒーは飲まないよ」と言うこともああるでしょう。

>もし他の飲み物も飲まないのであれば、「Ich trinke nichts.」と言うべきです。
>「Ich trinke Kaffee nicht.」の出る幕はありません。

何も飲む気がなければ「Ich trinke nichts.」ですね。
けれど、「Trinkst du Kaffee?」の質問の答えとして、ただ単に「コーヒーを飲む」ことを否定する答えをする時に「Ich trinke Kaffee nicht.」も使えるんですね。

余計に混乱させることになってしまって、例文とシチュエーションと説明が悪かったかなーと反省しています。

友達と食事しに行って、サービスでコーヒーを出されたとします。
でも、体調が悪く普段好きなコーヒーを飲むつもりがない・・・このことを友達に話します。
その場合は、それまでコーヒーの話題はなく、今目の前にあるコーヒーを前にして「Ich trinke Kaffee nicht.」と言います。
友達は、「なぜ?」とか「違うもの頼む?」とか聞くかもしれませんが、それは別にして、「『コーヒーを飲む』ことをしない」と全文否定を使えますね。

動詞を否定する場合は全文否定と考えてください。
ドイツ語の語順により動詞の前に置くのではなく最後に来ていますが、助動詞(koennen, haben等)を使う場合は、文末の本動詞の直前に置きます。
Ich habe Kaffee nicht getrunken.
こうすると分かりやすいかと思いますが、否定する動詞の直前にnichtが来ます。
動詞を否定するのは全文否定なのです。

ここまでの説明から、

>「Sie raucht nicht.」という完全否定の文は
>「She is not smoking.」と辞書に載っています
>(She doesn't smoke.とも解釈できますが)。
>彼女はたばこを吸っていない。
>でも、彼女は今何か食べているかもしれないですし、少なくとも息はしているでしょう。
>なぜ、部分否定にしないのでしょう?

この疑問は晴れたでしょうか。

これまでの説明の通り、動詞の否定は全文否定になり、この文章で部分否定をする場合だと主語を部分否定するくらいしかありません。
この文章だけが独立してある場合(前後の文がない、または関係ない文章の場合)は、全文否定でしか使えません。

また、お察しの通り、この文章は、現在の状態とは限りません。
「彼女はたばこを吸わない(喫煙者ではない)」という場合はこの文章を使いますね?
その場合も、やはり全文否定を使うのが通常です。

この文章に、場所などの副詞が入ったら、部分否定を使うことはできます。
が、例にあげた文では、部分否定を使うのは主語を否定するしかありません。


・・・こんな感じですが、今回はどうでしょうか?

昨日、おとといとここをのぞかなかったため、返事が遅くなってごめんなさい。
さて、本題です。

>部分否定されるのは目的語だけなのでしょうか?

動詞を否定するのは、全文否定になりますね。
主語を否定することは可能です。
その場合は、前回も書いたとおり、否定したい語句「主語」の前にnichtを置きます。

部分否定は、後にsondernが続いたり、文脈(や、その時のシチュエーション)によって部分否定であると判断されます。

「weder ~ noch ~」を例として出されていますが、sondernが続いて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報