ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

副業としてチャットレディを始めました。
確定申告のことについてお聞きしたいです。

本業は源泉徴収をいただいたので確定申告済みでしょうか?
何もわからず申し訳ありません。

チャットレディでは
1月から始めて、約6万稼ぎました。
銀行に3万振込換金、まだ換金していない報酬が35000円ほどあります。

税務署に電話したら「その申告はいらないから住民税の方を払ってね。」と言われました。

住民税の方には10%ぐらい払ってねと言われましたが、ここの質問を見ていたら

20万以下なら税金も住民税も払わなくていいという答えもありました。

どなたか詳しく教えていただけませんか?

A 回答 (5件)

>本業は源泉徴収をいただいたので確定申告済みでしょうか?



毎年の1月1日から12月31日までの、収入に対して控除などの計算をして、一般的には12月(早い会社では11月からの場合もある)に年末調整をします。(給与所得者で無い人は、この期間の収集や支出により年明けに確定申告をします)
年末調整をした結果が、昨年の場合は「平成29年分給与所得者の源泉徴収票」が、各人に渡されます。
この、年末調整もある種の簡易な確定申告といえます。
年末調整で、申告や控除が行えないものは、年が明けてからの確定申告で、全ての清算をします。
年末調整を行った後、何も申告する理由(申告漏れや控除漏れ等)が無ければ、何もする必要はありません(簡易な確定申告をしたと考えてください)

本業は給与所得と仮定して、今月からはじめた副業は、給与収入(給与所得)にはなりませんから(委託とか請負になると思われますから、事業収入になると考えられます)、収収入や必要とした経費は、きちんと管理をして下さい(領収書も保存ですね)。

そして、来年の確定申告で本業から貰ったであろう「平成30年分給与所得者の源泉徴収票」と一緒にして、来年の確定申告であなたの今年一年分の、所得の確定(税金の確定)をして、過不足分について「還付」か「追納」を行います。

5月を過ぎれば、税務署も一段落していますから、詳しく聞くことが出来ますね。
どこの、誰を名乗る必要はありませんから、どういう収入があって、確定申告ではどの様な手続きが必要か、聞かれてもいいと思いますよ。

確定申告をした場合は、住民税は国税での処理が終了したら、自治体へ情報が通知されますから、住民税の申告は不要です。
    • good
    • 0

あ~大事な答えの所で間違いました。


・・・・
はい。そうです。
×再来年の確定申告、
○来年の確定申告、あるいは住民税の申告
です。

来年、お会いしましょう。A^^;)

でした。すみません。m(_ _)m
    • good
    • 1

>働き始めは今年の1月の話になります。

つまり今月です。
>今年の分は来年支払うことになるのでしょうか?
はい。そうです。再来年の確定申告、
あるいは住民税の申告で、またお会いしましょう。A^^;)

所得税、住民税は、1~12月の年区切りの
所得に対して、年末で締めて納税します。

給料から引かれる所得税は前払いで、
年末に調整されますが、自営業等で報酬だけで
生業を立てている人は、昨年12月末までの所得を、
今年2~3月に確定申告をして、一括で納税するのです。

ということで、来年申告です。しっかり経費を
記録して、領収書を保管しておいてください。
    • good
    • 0

>税務署に電話したら「その申告はいらないから住民税の方を払ってね。


これが最も正しい答えです。

>20万以下なら税金も住民税も払わなくていい
デマです。ウソです。

税務署で言われた通り、住民税の申告をして下さい。
お住まいの役所にそろそろ申告書が用意されます。
源泉徴収票とチャットレディの報酬の情報を
もって申告しに行って下さい。

チャットレディの報酬に対して、
経費はどれだけかかったのですか?
通いだったら、交通費。
自宅だったら、通信費。
他にそれ用に揃えた衣装代。
そういったものを差し引くことは
できますよ。
そのあたりはしっかり整理して
領収書や記録などもしっかり
持って行って下さい。

ところで、昨年1月からの話し
ってことでいいんですよね?

いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

働き始めは今年の1月の話になります。つまり今月です。

今年の分は来年支払うことになるのでしょうか?

教えていただけると幸いです。

お礼日時:2018/01/19 19:29

>本業は源泉徴収をいただいたので確定申告済みでしょうか…



もらっているのは源泉徴収でなく「源泉徴収票」ね。
しかも、確定申告ではなく、年末調整が終わっているだけです。

>税務署に電話したら「その申告はいらないから住民税の…

・本業で年末調整を受けた
・給与総額が 2千万以下
・医療費控除その他特段の事由による確定申告の必要性も一切ない

の三つすべてを満たすなら、20万以下またの所得は確定申告をしなくて合法なのです。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

ただ、この 20万以下申告無用の特例は国税 (所得税) のみの話で、住民税 (市県民税) にこの特例はありません。
よって、要件に合って確定申告をしない場合は、別途、「市県民税の申告」の必要性が浮上してきます。

従って、市区役所で「市県民税の申告」だけしてください。

>ここの質問を見ていたら20万以下なら税金も住民税も払わなくていいという…

それは間違っています。
住民税は必要です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お答えありがとうございます!

では住民税のみ支払いしに行けば大丈夫ということでしょうか?

チャットレディはもうやめようと思っているので、これ以上、チャットレディとしての大きな収入はないと思われます。

お礼日時:2018/01/19 13:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチャットレディ住民税申告

いつもお世話になっております。

就学援助制度を受けたく、確定申告が必要となりました。

チャットレディのみでの収入が30万円です。

住民税の申告をするさいに、源泉徴収はないので、通帳のコピーを提出と言われました。

質問は以下です。

1、住民税の申告をして課税になりますか?

2、通帳のコピーは、確定申告に必要な部分のみか、全体ですか?

3、就学援助制度を利用しないのであれば住民税を申告する必要はないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>確定申告が必要となりました…
>住民税の申告をするさいに…

確定申告と住民税の申告とは別物です。
確定申告をすれば住民税の申告は必用ありません。

>源泉徴収はないので、通帳のコピーを提出と言われました…

それは誰に言われたのですか。
税務署、それとも市役所?

税務署であれば、通帳など見せろと言われることはあっても提出させることまではないはずです。

>1、住民税の申告をして課税になりますか…

どんな納税者にも「基礎控除」というものがあり、その額は所得税で 38万、住民税で 33万ですので、30万ではどちらも課税されません。

>2、通帳のコピーは、確定申告に必要な部分のみか、全体ですか…

コピーなどせずに、昨年 1/1~12/31 の分を持って行って見せるだけで良いです。

>3、就学援助制度を利用しないのであれば住民税を申告する必要は…

最初から最後まで、確定申告と住民税の申告とが混在していますが、就学援助制度うんぬんは関係なく、
・確定申告・・・納税も還付もなければ必要なし
・住民税の申告・・・確定申告をしない場合は、無職無収入でも必用
が原則です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>確定申告が必要となりました…
>住民税の申告をするさいに…

確定申告と住民税の申告とは別物です。
確定申告をすれば住民税の申告は必用ありません。

>源泉徴収はないので、通帳のコピーを提出と言われました…

それは誰に言われたのですか。
税務署、それとも市役所?

税務署であれば、通帳など見せろと言われることはあっても提出させることまではないはずです。

>1、住民税の申告をして課税になりますか…

どんな納税者にも「基礎控除」というものがあり、その額は所得税で 38万、住民税で 33万ですの...続きを読む

Q20万以下での住民税申告

お世話になっております。今まで、まったく無知だった、税金関係に目覚めまして
最近ここで質問させて頂いております。

本題ですが、20万円以下の副業の場合、年末調整したサラリーマは確定申告不要だが
別途、「住民税申告」が必要であり、勿論、その分の住民税が値上がりしてくると思います。

ただ、実際、住民税申告しなかった場合、どこからかバレてしまうものなのでしょうか?
(勿論、副収入20万以下から天引きされている所得税の確定申告はしない前提での話)
そもそも、この20万以下でも住民税申告を要する事実自体、あまり知られていませんよね?
(私も最近ネット経由で知った事実です。)
一般的認知では副業20万以下の場合、役所での手続きは全て不要って認識かと思います。(?)
実際、私は数年前の副収入(20万以下)では、確定申告も住民税申告もしませんでした。
(と言うか本当に、そんな事自体、考えも、知りもしませんでした・・)

又、今後、マイナンバ-導入に伴い、副収入20万以下でも天引きされた所得税は、
こちらで確定申告しなくても、自動で還付され、且つ、自動で住民税申告され住民税が
増えてくるとうい認識で良いのでしょうか?

お世話になっております。今まで、まったく無知だった、税金関係に目覚めまして
最近ここで質問させて頂いております。

本題ですが、20万円以下の副業の場合、年末調整したサラリーマは確定申告不要だが
別途、「住民税申告」が必要であり、勿論、その分の住民税が値上がりしてくると思います。

ただ、実際、住民税申告しなかった場合、どこからかバレてしまうものなのでしょうか?
(勿論、副収入20万以下から天引きされている所得税の確定申告はしない前提での話)
そもそも、この20万以下でも住民税...続きを読む

Aベストアンサー

「住民税申告しなかった場合、どこからかバレてしまうものなのでしょうか?」
給与支払報告書が住所地の役所に提出されていれば、本業給与と副業給与を合算して住民税課税がされます。
住民税の通知を見れば「あらら、知ってたのね」というわけです。

「そもそも、この20万以下でも住民税申告を要する事実自体、あまり知られていませんよね?」
知らない人の方が多いでしょう。
税理士、市役所住民税課の職員、税理士事務所の職員などで詳しく勉強されてる人など、一部の人が知ってることです。

「マイナンバ-導入に伴い、副収入20万以下でも天引きされた所得税は、こちらで確定申告しなくても、自動で還付され」
これはありません。
還付金などいらないから確定申告書の提出はしない方が実際にいます。
配当所得があって確定申告をすると還付金が発生するが、所得金額が38万円超えになるので控除対象配偶者になれなくなるという奥様などです。
申告書すれば還付金が受けられるのに申告しないという方って以外と多いのです。
ホステス報酬をもらってる方もそうです。
国税当局は還付申告については本人が提出しない限り自動的に還付金を発生させることはしません。

「且つ、自動で住民税申告され住民税が増えてくる?」
これは有り得る話です。

「住民税申告しなかった場合、どこからかバレてしまうものなのでしょうか?」
給与支払報告書が住所地の役所に提出されていれば、本業給与と副業給与を合算して住民税課税がされます。
住民税の通知を見れば「あらら、知ってたのね」というわけです。

「そもそも、この20万以下でも住民税申告を要する事実自体、あまり知られていませんよね?」
知らない人の方が多いでしょう。
税理士、市役所住民税課の職員、税理士事務所の職員などで詳しく勉強されてる人など、一部の人が知ってることです。

「マイナンバ...続きを読む

QFXで1万円の利益がでても住民税の申告は必要ですか

FX(外国為替証拠金取引)をはじめました。

20万までの利益なら、確定申告不要ですが、住民税の申告が必要ということと理解しています。

ささやかですが、現在1万円くらい含み益がでています。利益を確定してしまおうかとも思うのですが、1万円の利益のために住民税の申告というのも面倒なのでどうしようかと思っています。
現実に1万円の利益が出て、住民税の申告にいかないとどんな不利益があるのでしょうか?普通のサラリーマンで普通程度と思ってください。

また、現実的に1万円儲かって申告する人がどれだけいるのかという気がします。極端なことをいえば、1円の利益でも申告すべきなのでしょうか(1万円と1円では随分違いますが)。
建前論と現実論の両方のお答えいただくと助かるのですが。。。

Aベストアンサー

建前論は、もちろん申告必要です。

FXは申告漏れが以前は多かったようです。
これを防止するため下記サイトによると、今は業者から「支払調書」の税務署への提出義務が課せられていると思われます。
ということは、給与は「給与支払報告書(源泉徴収票と内容は同じ)」が役所に提出されますし、役所へも「支払調書」が提出されると思われます。

http://www.all-senmonka.jp/zeikin/shotokuzei/post_93.html

役所はこれにより、仮に貴方が住民税の申告しなくても、給与とFXの所得を合算し住民税の課税をするでしょうね。
そう考えると、申告しなくてもいい、ということになってしまいますが、通常FXは経費を引けますが、この場合役所は「経費の申告」がないのですから経費を引かず調書の額をそのまま課税、ということになることも考えられます。
なので申告したほうがいいでしょう。

参考
http://tax.mo-ney.net/guide/expenses.html

>1円の利益でも申告すべきなのでしょうか
原則1円でも利益(所得)は所得です。
でも所得が100円以下なら合算されても、税額には影響でない場合がほとんどでしょうね。

建前論は、もちろん申告必要です。

FXは申告漏れが以前は多かったようです。
これを防止するため下記サイトによると、今は業者から「支払調書」の税務署への提出義務が課せられていると思われます。
ということは、給与は「給与支払報告書(源泉徴収票と内容は同じ)」が役所に提出されますし、役所へも「支払調書」が提出されると思われます。

http://www.all-senmonka.jp/zeikin/shotokuzei/post_93.html

役所はこれにより、仮に貴方が住民税の申告しなくても、給与とFXの所得を合算し住民税の課税を...続きを読む

Qチャットレディ 青色申告経験者の方に質問です

チャットレディを本業として5月から仕事を始めた者です。


青色申告承認申請しようと思っていますが、その前に不明点があったので経験者の方に「実際の所」をお聞きしたく、質問させて頂きます。
※的確な回答が知りたいので、「チャットレディで青色申告した方」の回答をお待ちしております。



< 疑問点 >

・承認申請書の職業は何と記載されていますか?
・お仕事で使用する衣装、メイク用品、その他美を保つために購入した品も経費にしていますか?
・またそれらは実際経費として認められていますか?
・自宅でお仕事の場合、電気代、通信費、家賃(或いは固定資産税)などは按分で経費として認められると思いますが、どのように按分していますか?
(時間による按分か面積による按分か)
・開業届は出していますか?


< 私の場合 >

※私は知人バレ防止のため、普段自分が着ない服を仕事用に購入しています。
※普段ほぼ外出しなくてメイク道具も足りなかったので、お仕事用に購入しました。
※本業なので待機を含め1日8~9時間程度はログインしています。
※自宅の1室を事務所にしています。
※家族の扶養には入っていません。


私が一番気になるのは申請書の職業欄を何と記載するかです。
内容的にチャットレディはサービス業(インターネット関連)だと思います。
衣装・メイク品等の経費も認められて、且つチャットレディと書かなくていい無難な職業ってなんでしょうか。


そこを悩んでいるのでまだ申請書が出せないでいます。
税務署に質問するにも仕事内容がハッキリ言えないので、その前に経験者の方に教えて頂きたいと思います。
それを踏まえたうえで後日税務署に問合わせしたいと思います。
宜しくお願い致します。

チャットレディを本業として5月から仕事を始めた者です。


青色申告承認申請しようと思っていますが、その前に不明点があったので経験者の方に「実際の所」をお聞きしたく、質問させて頂きます。
※的確な回答が知りたいので、「チャットレディで青色申告した方」の回答をお待ちしております。



< 疑問点 >

・承認申請書の職業は何と記載されていますか?
・お仕事で使用する衣装、メイク用品、その他美を保つために購入した品も経費にしていますか?
・またそれらは実際経費として認められていますか?
...続きを読む

Aベストアンサー

接客業で良いでしょう。
化粧品代も衣料費も経費になって不自然ではありません。
美容院費用も経費です。
リアルに対面しないだけで、お客様の相手をしてることに違いはありません。

開業届けと青色申告承認申請書を郵送で送ればよいです。
・「仕事で使用する衣装、メイク用品、その他美を保つために購入した品」経費になります。
・「自宅で電気代、通信費、家賃(或いは固定資産税)などは按分で経費として認められます。」
 家全体の広さと、使用してる部屋の広さの割合で按分率を出すなど。
 家全体の支出を経費にしてなければ、事業と私的費用との区分ができてるとして、うだうだ言われることはありません。
「時間による按分か面積による按分か」電気代は時間による按分が良いと思います。
「私は知人バレ防止のため、普段自分が着ない服を仕事用に購入しています。」
事業用の購入ですから経費です。
「普段ほぼ外出しなくてメイク道具も足りなかったので、お仕事用に購入しました。」
事業用の購入ですから経費です。
「本業なので待機を含め1日8~9時間程度はログインしています。」
主たる業務といえますね。
「自宅の1室を事務所にしています。」
面積で各種支払いを按分しましょう。
「家族の扶養には入っていません。」
事業所得の計算と経費の計算には、無関係なことです。
年間いくら以上稼ぐと控除対象扶養親族になるとか、ならないとかの制限がないのですから、思いっきり稼ぎましょう。

頑張ってください。

接客業で良いでしょう。
化粧品代も衣料費も経費になって不自然ではありません。
美容院費用も経費です。
リアルに対面しないだけで、お客様の相手をしてることに違いはありません。

開業届けと青色申告承認申請書を郵送で送ればよいです。
・「仕事で使用する衣装、メイク用品、その他美を保つために購入した品」経費になります。
・「自宅で電気代、通信費、家賃(或いは固定資産税)などは按分で経費として認められます。」
 家全体の広さと、使用してる部屋の広さの割合で按分率を出すなど。
 家全体の支...続きを読む

Qチャットレディの確定申告について教えてください。

副業でチャットレディをしています。確定申告の仕方が全くわかりません(*_*)
ちなみに2つのサイトでやっていて収入は月に3万程度です。またチャットレディにも副業をしています。そちらは税金を事業所で引いてくれているので問題ないと思います。こちらの収入は月1万程度です。
チャットレディの場合必要経費として洋服などをあげられるとのことで、レシートなどとっておけば場合によっては確定申告しなくてもいいんでしょうか?

確定申告する場合税務署までいかなければいけないのでしょうか?最近引っ越したのでチャットレディサイトに登録した住所とは違う住所に住んでいます。今自分が住んでいる市の税務署でいいんでしょうか?
また本業で働いている会社にバレないためにはどうしたらいいでしょうか?

本当になにもわからないので詳しい方よろしくお願いいたします。下手な説明で申し訳ありません。

Aベストアンサー

No.2です。

>本業は給与です。年収250万です

そうすると、チャットレディの収入に対する必要経費として「家内労働者等の必要経費の特例」を適用できないので、「実費」が必要経費になります。

質問者の場合、チャットレディの収入に対する「実費」とは、
・借家の場合は家賃と礼金・更新料の償却費
・持ち家の場合は減価償却費、固定資産税
・パソコン、切手代、ボールペン、請求書用紙、郵便封筒などの事務用品費
・電気代、ガス代、水道代など水道光熱費
・固定電話代、携帯電話代、プロバイダー料金など通信費
・はだかで仕事するわけにはいかないので、部屋着などの洋服代(←豪華な洋服はだめです)
などです。一年間の必要経費の明細をノートなどに記録しておいて下さい。またレシートなども保管しておいて下さい(5年間)。もし税務調査があるときに役立ちますので。


さて質問者は、
・給与収入 250万円
・チャットレディ収入 48万円
くらいですね。

チャットレディ収入48万円-チャットレディ必要経費実費??円=雑所得
となります。

〔a〕この雑所得が20万円以下であれば、質問者には「確定申告」をする法的義務はありません。ですから放っておいて構いません。
【根拠法令等】所得税法第百二十一条第一項第一号

〔b〕この雑所得が20万円を超えると、質問者には「確定申告」をする法的義務が生じます。

確定申告する方法:
1.税務署へ行って指導を受けながら確定申告書を作成する。

2.自宅で確定申告書を作成して税務署へ郵送する。
・税務署へ電話すれば、申告書の用紙を自宅へ郵送してくれるはず。
・申告書の用紙は国税庁のサイトからパソコンで印刷することもできます。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2010/index.htm

3.自宅のパソコンでe-Taxで申告する。
・e-Taxの準備に手間がかかります。いったん準備すれば、今後、何年も、自宅で申告することができ、楽ですが。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/iikoto.htm


>最近引っ越したのでチャットレディサイトに登録した住所とは違う住所に住んでいます。今自分が住んでいる市の税務署でいいんでしょうか?

はい。いま質問者が住んでいる所の税務署へ確定申告します。住民登録には関係ありません。

>また本業で働いている会社にバレないためにはどうしたらいいでしょうか?

確定申告書の第二表で、「自分で納付(普通徴収)」を選択して下さい。そうすれば市役所から自宅へチャットレディの住民税の納付書が送られてきます。会社にバレるようなことはありませんよ。

No.2です。

>本業は給与です。年収250万です

そうすると、チャットレディの収入に対する必要経費として「家内労働者等の必要経費の特例」を適用できないので、「実費」が必要経費になります。

質問者の場合、チャットレディの収入に対する「実費」とは、
・借家の場合は家賃と礼金・更新料の償却費
・持ち家の場合は減価償却費、固定資産税
・パソコン、切手代、ボールペン、請求書用紙、郵便封筒などの事務用品費
・電気代、ガス代、水道代など水道光熱費
・固定電話代、携帯電話代、プロバイダー料金など通...続きを読む


人気Q&Aランキング