今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

倉庫内に、単管パイプ(φ48.6)で幅:3.6m 高さ:2.5m 奥行:2.5mの棚を作ろうと思っています。
縦柱に2.5m×6本、横に3.6m×2本、縦に2.5m×5本、四隅に1m×8本で筋交いにして、縦の5本に垂木クランプを付けて、根太、コンパネを貼る予定です。

用途としては、倉庫が狭くなってきたので、棚の下で作業しつつ、棚の上は物置にしようと思っています。置く重さに関しては、人間2人が上がれて置くものを考えるとmax300キロぐらいだと考えています。

素人の私が考えた単管パイプの構造は、写真の様な構造ですが強度などに問題ありますでしょうか?アドバイス頂けると助かります。

「倉庫内に、単管パイプ(φ48.6)で幅:」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • この様にしようと思います。

    「倉庫内に、単管パイプ(φ48.6)で幅:」の補足画像1
      補足日時:2018/01/20 00:23

A 回答 (4件)

いかにも柱脚が弱そうなので、人の出入りのない所に、床から10センチ程度の高さに根がらみを入れ、同じく人の出入りがない開口部は、方杖にしないで筋交いにすれば強くなります。

「倉庫内に、単管パイプ(φ48.6)で幅:」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
方杖より筋交いをの方が強くなるとの事ですが、人の出入りの関係上、片側を方杖にして、片側を筋交いにするというのでも良いでしょうか?
両側をバラバラにするより、同じにしておいた方が良いでしょうか?

お礼日時:2018/01/19 15:11

私なら、こんな感じですかね?


幅は3.6mにすると他に木材などを足そうと思っても微妙に寸足らずになるので、3.5mとかが良さそうです。
直交クランプってのを使うと、組み立てが楽です。
先の回答にもあるように90cmピッチは、広いかな? 45cmぐらいにしたいですね。

>労働安全上「手すり」
規定では、高さ80cm以上の手すりとなってますが、落ちれば高さが不足と指導されます。
「倉庫内に、単管パイプ(φ48.6)で幅:」の回答画像4
    • good
    • 0
この回答へのお礼

図まで描いて頂きありがとうございます。
筋交いの長さ等、参考にさせていただきます。

お礼日時:2018/01/21 22:02

単管の骨については、ほぼ問題ないでしょう。


しかし、根太のサイズや使う本数にもよりますが、90cmピッチでは少し心もとないです。=撓んだり、積載物の集中荷重に弱い。

それから、昇降設備が不可欠。=階段など。
高さ2.5Mという事は「高所作業の適用になります」

個人的なものでなければ、労働安全上「手すり」や「床上での転落防止柵・荷物の落下防止の措置を講じなければなりません。」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
根太のピッチは、45cmにしようと思います。

お礼日時:2018/01/21 22:01

片側方杖、片側筋交いでも構いません。


出入りするのに筋交いだとあまりにも不便ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2018/01/20 00:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパイプ組立で筋交いが無くてもしっかりしている?

今日単管パイプの組み立ての参考のためにホームセンターにいってきました。

色々資材を置いてある場所に単管で組み立てて資材を置いてあるので参考にしにいきました。

それで不思議に思ったのが、筋交いがないのに以外とガッシリしていました。

正面から見ると鳥居のように下側には横棒がなく、筋交いがないのです。真裏側も同じでした。
また、左右も筋交いがありませんでした。
ただ、屋根にあたる部分が、二重構造(屋根が2段作られていました。
また、屋根の中央に1本棒が通っていました。(2段とも)
それから縦棒と屋根に斜めに1mの棒が通っていました。
それ以外特に特徴は有りませんでした。

2m×2m×高さ2mの小さなものだったのですが・・・・

筋交いがないのに、なぜガッシリしているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

3角をつくれば、結合点は、角度を維持できるようきっちり固定しなくても、3辺が決まると角度がきまりますので、結合と素材がしっかりしていれば、強度がでます。

4角で支えようとすると、その結合点の角度をしっかり維持しないとつぶれます(ひし形、平行四辺形になります)。3角をつくればしっかりしますので、筋交いのように長くなくても、頬杖でも充分効果があります。屋根も筋交いを入れて長方形を保てれば、柱の垂直が保ちやすくなります。

屋根が2段になっているのは、4角の場合はつぶれやすいけれど、てこのと同じで距離くすればある程度丈夫になるので、狭い4角形を、丈夫を2段にしてるのはよくあります。さらに2段の部分に3角を作るように補強したものもあります(特に木造)。

拙宅の自転車置場は木造の自作ですが、梁と火打ち(梁に入れる斜めの補強)で、筋交い無しでしっかりしています。

Q単管パイプ 防錆

単管パイプで柵を作ろうと購入したのですが、パイプとクランプに
どのように防錆施工を施せばよいのか教えてください。

ウチにある何十年も前に購入したと思われる単管パイプおよびクランプは赤錆がものすごいです。

亜鉛メッキが施されているということですが、いつかは錆びてしまうのでしょうか。
ホームセンターには紫外線や雨、錆から守るカラー塗装が売られていましたがこういうものを使えばいいのでしょうか。
10年以上持たせたいと思っています。

ちなみに単管パイプには以下の文字が印刷されています。
MARUICHI-T (JIS) QA0308013 STK500-E-G 48.6×2.4 '08 PZ

ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 単管パイプであっても、溶融亜鉛メッキが施されていれば、10年は持つはずです。
いくつかポイントがあります。
★クランプも同じ溶融亜鉛メッキがのぞましい。
 亜鉛は鉄よりもイオン化電位がひくい--高校で言うとイオン化傾向が大きい--ため、傷がついても、亜鉛と鉄との間の電位差のため亜鉛が溶けて鉄を錆びさせない・・亜鉛がある限り近傍の鉄は錆びません。溶融亜鉛メッキ--いわゆるどぶ付けは亜鉛の層が厚くて寿命が長い

 クランプは、普通は電解(クローム)メッキなので、上と逆です。イオン化電位の高いクロムで覆われているため、傷がつくと鉄が急速に腐蝕します。クロム自体は不働態皮膜(緻密な酸化皮膜)をつくり、丈夫なのですが、それは傷が一切ないときの話です。

 トタン(屋根やバケツ)は傷がついてもすぐには錆びませんが、ブリキ(缶詰)の内側は錫メッキなので傷をつけたらすぐ錆びるでしょ。

 いずれにしても、全体をローバル( http://www.roval.co.jp/ )などの常温亜鉛メッキ塗料を使用するのがよいでしょう。別名ジンクリッチ塗料とも言う。
★基本的に上塗りはしません。むき出しになってこそ効果がある塗料です。
★下塗り用の亜鉛末塗料(エポローバルなど)もあります。--エポキシ樹脂です--

 私が子供の頃(何十年も前)から、著名な船舶や電柱金物に使用されている塗料です。

 単管パイプであっても、溶融亜鉛メッキが施されていれば、10年は持つはずです。
いくつかポイントがあります。
★クランプも同じ溶融亜鉛メッキがのぞましい。
 亜鉛は鉄よりもイオン化電位がひくい--高校で言うとイオン化傾向が大きい--ため、傷がついても、亜鉛と鉄との間の電位差のため亜鉛が溶けて鉄を錆びさせない・・亜鉛がある限り近傍の鉄は錆びません。溶融亜鉛メッキ--いわゆるどぶ付けは亜鉛の層が厚くて寿命が長い

 クランプは、普通は電解(クローム)メッキなので、上と逆です。イオン化電...続きを読む

Q単管パイプと2×4材で悩む‥物置‥

2m四方程度の園芸品用の物置を作りたいと思っています(経験なし)
1.作業性 2.耐久性 3.経済性 4.美観を総合すると
単管or2*4どちらが良いでしょうか?
設置場所は土です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

壁と屋根は同程度の材料が必要なので、簡単に言えば柱を何にするかと言うことかな?
寸法をきちっと出しておけば2×4の方が作業性がよさそう。
耐久性は単管かな? 土台と防腐処理すれば2×4も同等と思う。
経済性は2×4かな? 柱自体は若干高いがネジや釘が安い。
美観は外壁や仕上げ材でどうとでもなるので同じ。

単管ですべての壁をポリで作ればかなり安いけど、作業性,美観でアウトかな?

Q単管パイプで作業用足場を作成。強度についてアドバイスお願い致します。

単管パイプとクランプを使用し、作業用足場を作成したいと考えております。

強度は約100kg程度欲しいです。(作業者+足場板=100kg未満の予定です。)

高さが1本のみ300センチになり、その他3本は50センチ程度となります。

図(1)や(2)、その他の部分に補強が必要となりますか?

また、他に良い方法があれば御教示よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

縦・横・高さ共に、約1.8m以内に支持がされている場合は、最大?400kgの対加重があると聞いた事あります。なので常時加重は200kgくらいかなぁって思います。ただし建設の仮設用の鋼管とクランプが使われている場合です。錆などで老朽化していない事も。

置いているだけ、躯体にしっかりと固定されていない場合は、耐加重といっても曖昧になるので、片加重などの状況しだいで、計算通りの強度が得られないケースも発生するのでご注意ください。

足場板とかパネルとか取り付けられていると風でも飛び易いし、揺れや振動も地震で倒れることもあります。サポートが必要です。

脚立や足場などを用いる高所の作業は、事故が起こった場合、労基法の適用を受けますので、ご注意ください。


人気Q&Aランキング