「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

感情が無くなればいいのにとたまに思います。

感情が常に抑えられて平坦であれば、人の言動で心が波立たないし、疲れることもない。

感情的になって周りから足元すくわれることもないと思います。

どうしても怒りが爆発しそうになったときなど、皆さんどうやって抑えてますか?

私は自分が思ってもないことを言ったり、表情を愛想よくするのが苦手です。

心は人に見せないように建前だけでいいでしょうか?

A 回答 (6件)

感情が平坦ということは、美しいものに感動もしないし、人が苦しんでいるのを見ても何も感じない、ということです。



感受性は必要です。

感情がないということは石ころと同じで、ただ「そこに在る」というだけです。

と、前置きはここまでとして、そのように過剰な表現になってますが、要は感情的すぎる自分がイヤになった、ということですよね。

直情的なのかな??

それはコントロールする訓練をするしかないですよ。

日々、「いや、ちょっと待て」と何かと振り返って、自分の感覚が正しいかどうか深呼吸して一旦振り返るようにいつも心がけるのです。

毎朝、鏡を見ながら「一旦考える」「一旦考える」と念仏のように、自分で決意するんです。

そうすると、相手に何か突発的に言われたことも、「ん?待てよ。そもそもなぜ、こういう事を言ったのかな?こういうことかな?ああいうことかな?」と考えて、わからなかったら、本人に直接聞いたっていいのです。
「こう受け取ったんだけど、こういうことであってる?」と。

怒りにまかせて荒れたことを冷静に描いてそんな自分をどう思うか、自分と同じような人が目の前にいたらどう思うか、冷静に傍から覗いてるようにイメージするのです。
「あー、こりゃ恥ずかしいな」と思ったら怒りが爆発しそうになったときに、深呼吸、これよく言いますけどホントによく効きます。
スゥーーーッと、息をまず長く吸い、少しためて、それからゆぅ〜っくり出すのです。

思ってることを言わない、ということではなく、表情をうそついて愛想よくする、ということでもなく、
正直に相手を不快にしないように伝える言葉を探すことです。
嘘はほころびます。
    • good
    • 1

自分の好きなように生きれば?


周りからクールだか、冷たいだとか言われてもいいなら、感情を閉ざしても良いんじゃない?
それか、ひきこもるか
    • good
    • 0

感情をコントロールするには


・予測し対応すること
・環境を変えること
対人関係は相手を知り予測することで対応できます。
相手の言動を予測し嫌なことを言う前にそらすこと。相手の嫌がることは言わないこと。
自分の楽な環境にすること。会話の友を選ぶより、一緒にいるだけで落ち着く友を選ぶこと。
自分のペースに巻き込むこと。
心を隠しても相手には悟られます。顔の表情や言動に出ますから。
隠すより隠さなくて良いような生活をすること。
究極は代償を求めない親切で優しい心を持つこと。
    • good
    • 1

感情が常に抑えられて平坦であれば、人の言動で心が波立たないし、


疲れることもない。
感情的になって周りから足元すくわれることもないと思います。
  ↑
その代わり、喜びもなくなりますよ。
快楽もありません。
喜怒哀楽一切無し。




どうしても怒りが爆発しそうになったときなど、
皆さんどうやって抑えてますか?
  ↑
そうならないよう、普段から訓練しておきます。

●「マシュマロをすぐ1個もらう? それともがまんして、あとで2個もらう?」
これは、行動科学で最も有名なテストのひとつ、マシュマロ・テストです。

このテストの考案者であるウォルター・ミシェルは、
マシュマロを食べるのをがまんできた子・できなかった子
のその後を半世紀にわたって追跡調査し、
自制心と「成功」との関連を調べました。

その結果、我慢出来た子は成功し、出来なかった子は
成功しない、ということが明らかになりました。
この成功てのは、成績がよい、ちゃんとした仕事に就いている
生活保護を受けていない、犯罪者になっていない、というような意味です。




私は自分が思ってもないことを言ったり、表情を愛想よくするのが苦手です。
心は人に見せないように建前だけでいいでしょうか?
  ↑
勿論です。
本音を吐いてもよい人、タイミングなどは
限定されます。
他人と接するときは、ほとんど仮面をつけて
います。
皆、そうだと思いますよ。
    • good
    • 0

>感情が無くなればいいのにとたまに思います。


>感情が常に抑えられて平坦であれば、人の言動で心が波立たないし、疲れることもない。

私は疲れてしまうので、
以前はそう思ったことが何度もあります。
感じてしまう人は感性や感情が稼働してしまうから
疲れるだろうねと、先生に言われていました。
自分では当たり前なので、妙に納得できました。

怒りという感情は他の感情とは
違い、出してしまうと、
人や自分自身を傷つけてしまったり、
後悔することが多く、後で取り消すことも
認めることも、難しくやっかいだなと思います。

でも、怒りはやはり自分らしい感情だと思います。
怒れない人はそれはそれで辛いようです。
温厚で好かれ羨ましいと思いますが、
弱さと思い悩んでいたり、優しい分、
いじめられやすかったり、いじられたり
するみたいです。


公的な場でのメンタルヘルスは、
怒っているときは、とにかく、一旦間をおく。
これに尽きます。

怒りにまかせることだけは避ける。

その場と人は避けたほうが良いです。
時間を置けば、とりあえず思考ができますので

一旦、考え直して、
いや、ちゃんと怒ろうと
することだってできるんです。

>心は人に見せないように建前だけでいいでしょうか?

こころを見せる、見せないと考えるよりは、
こころを開くという考え方のほうが
何かと自然体に近づくのではないでしょうか。

>私は自分が思ってもないことを言ったり、表情を愛想よくするのが苦手です。

それ、やらないほうが良いですよ。


平坦であれば楽であろうというのは想像ですよね。
私はとても疲れますが、それでも、やはり喜怒哀楽を
感じやすい人生の方が好きですね。


建前でやっていたり
怒りを嫌らっているうちは気づきませんが
ものすごく自分という者がわかりやすいのが
怒りの感情だと思います。
何に対して怒るかは、毎回違うようでも
根本的なものと繋がっていますよ。

抑えると怒りやすくなるのです。
    • good
    • 1

[感情が無くなればいいのにとたまに思います。

感情が常に抑えられて平坦であれば、人の言動で心が波立たないし、疲れることもない。感情的になって周りから足元すくわれることもないと思います]
⇒感情はあったほうがいいと思います。
感情がなければ、とても寂しいですよ。

「常に抑えられて平坦であれば、人の言動で心が波立たないし、疲れることもない。感情的になって周りから足元すくわれることもないと思います」
⇒そんなに気にする必要はないと思いますね。

何故ならば、感情は人によって様々です。
ということは、感情は個性なのです。

個性、魅力的ですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング