プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

1月〜2月にかけて、南岸低気圧が通過すると、東京で雪になっても、大阪で雨になるのは、何が原因なんですか?

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

南岸低気圧は、台湾付近に発生する低気圧で、秋~冬~春の間に発生し、日本の南岸で急速に発達する為昔から台湾坊主と恐れられていました。

この南岸低気圧と東京が雪になる関係は、必ず雪と言う事では有りません。つまり寒気が南下して来た時に起きる降雪です。従って寒気次第では、関西でも降雪は有ります。

一般的に、低気圧の中心が八丈島を通過し、かつ寒気が南下している場合に、寒気の為雨が雪となります。低気圧の中心が北にそれれば、雨となり反対ならば雨か雪となりますが、積もってもすぐ解ける程度となります。お分かりの通り、大阪が雨となるのは、寒気の南下次第です。
    • good
    • 0

大坂付近を通る際、低気圧はまだ十分発達しておらず北から低気圧に向かって吹き込む寒気が弱い。


大阪付近では徳島、紀伊半島南部と大阪から離れた場所を通るため低気圧の直接の影響を受けにくい。
大阪付近では大阪より北を通るため大阪へは南から風が吹き込むため。

などなど。。。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング