外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

最後のほうのシーン、教室で通知表を渡すあたりです。
ここでキョンが、

「しかしながら、選択権は未だ俺の手の中にある。
俺と長門と朝比奈さんが、もう一度過去へ行かないと世界は修正されない。
だが、いつ行くかは決めていない。
遅かれ早かれ、全ての後始末を付けねばならない時が来るだろうから」

と言っていますが、なぜもう一度過去に行く必要があるのでしょうか?
すでに、元の世界に戻っているので、もう一度行く必要はないように思うのですが…?

ちなみに、アニメと涼宮ハルヒの消失の映画しか観ていない情報量です。
宜しくお願いします。

A 回答 (4件)

キョンが朝倉に刺されて、倒れたときのシーンを思い出してください。


朝倉のナイフを長門が止めて、そこにいないはずの小さい朝比奈が現れ、大きい朝比奈は「私、知ってたのに」と言い、さらに自分とは違うキョンと思われる男が現れ「俺も痛かった」と言って、キョンは意識を失って、気付けば世界は元通りでした。
これから想像できるのは、この『消失』の後の未来のキョンが、長門と朝比奈と一緒に過去へ行き、朝倉を退治して、世界を元通りに戻したということです。
だからこそ、朝比奈が大小二人いて、大きい方は「知っていたのに」と言い、もう一人のキョンも「俺も痛かった」と言ったのです。
なので、キョンがもう一度過去へ行くことは、もはや未来の決定事項なわけです。
もし過去へ行かなければタイムパラドックスです。

※念のためにタイムパラドックスを説明します。知っていれば読まなくて良いです。
タイムパラドックスはSF用語で、時間移動の際に問題になる現象です。
これを説明するのに一番分かりやすいのが「親殺しのパラドックス」というものです。
例えば、Aさんが過去へ行って自分の両親を結婚前に殺したとします。
するとAさんが両親を殺したので、Aさんは産まれなくなります。
しかしAさんが産まれないと、Aさんは両親を殺せなくなり、両親は生きることになります。
しかし両親が生きているとAさんが産まれて、Aさんは両親を殺すことになります。
しかしAさんが両親を殺すと、Aさんは産まれなくなります。
しかしAさんが産まれないと、Aさんは両親を殺せなくなり、両親は生きることになります。
(以下無限ループ)
このように『しかし』が永遠と続く矛盾状態になります。
この状況をタイムパラドックスと言います。
こうなると、SF作品によっては世界が滅亡したりしますので、SF作品の主人公はどうにかこれを避けようとするのです。
キョンの場合はちょっと事情が複雑ですが、ともかく放置しておけば歴史に矛盾が生じてしまうので、過去へ行く必要があるのです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

有難うございます!
理解できました、前回は刺される立場のキョンだたのだから、次は最後の、刺されたキョンを助けるほうで行くということですね!
簡単なことなのに、混乱してはまるとわけがわからなくなりました。^^
流れを整理することができました、本当にありがとうございます!!mm

お礼日時:2018/01/24 14:38

キョンの本名が【さとうきょうすけ】だからです


次は妹を助けなければいけないからです
    • good
    • 1

楽しいがネバーランド(空想の世界と解釈)には済み続けられない。


本来の生活に戻る…。

ハルヒが干渉して少し変わった世界を生きてる…がベース。
John Smith。
    • good
    • 0

涼宮ハルヒが干渉(創造主)する世界から 涼宮ハルヒが普通の人間に再編


それが普通の世界と認識しているから。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

有難うございます!なるほど、少し深まりました。
キョンが戻った今の世界(ハルヒが干渉する世界)は、普通の世界ではないと指摘しているということですよね?

ただ、今の世界(ハルヒが干渉する世界)が良くてそこに戻したのに、なぜ、また別の世界に修正することを考えているのでしょうか?

お礼日時:2018/01/24 10:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【ネタバレあり】涼宮ハルヒの憂鬱 3年前の正体とは!?

いつもお世話になっています。

最近、『涼宮ハルヒの憂鬱』のシリーズにはまっていて、アニメから始まり、
小説やマンガ版に至るまで愛読しましたが、未だに分からない点があるので、
ネタバレOKで詳しく教えて下さい!

【質問】
「涼宮ハルヒ」は、自分の思うように世界を改変させる力を持っている。
しかし本人はその能力に気付いていないし、完全にコントロール出来ていない。
そのような不思議な力は、3年前に始まったとありますが、3年前に何が起こって
このような不思議な力が芽生えたのだと考えられるのでしょうか?

アニメで個々に、長門は「情報爆発」、古泉は「能力の目覚め」、みくるは「時空の断絶」が起こったと
それぞれ言ってますが、具体的な内容は明かされていません。

時間的にも、キョンが3年前の七夕にタイムスリップして、ハルヒの地上絵の手伝いをしている際に、
「宇宙人や未来人、超能力者はいると思う?」とキョンに問いかけをして
「いるんじゃないの」と答えた事で、もしかしたら存在するかもしれないという可能性が生まれて、
3年後に北高校へジョン・スミス(キョン)を求めて入学するわけですので、
この不思議な能力が芽生えたのは絵を手伝った中学校1年生の頃から高校1年生になるまでの間の
どこかで起こったという事で間違いないと思います。
さて何が起こって、このような能力が芽生えたのでしょう?
古泉の超能力も、3年前に突然授かって、困っていたところを「機関」に助けてもらったというエピソードもあるわけですが
こちらもいかがでしょうか。

これらは、もちろん原作でも未だに語られていない話題ですので、皆様の想像やご意見を聞かせて頂きたいと思います。
この物語の一番の重要なテーマでもありますが、なかなか明かされなくて、結構気になりますので、皆様の貴重な意見を
聞かせて頂けると幸いです。

どうぞ宜しくお願いします。
沢山の皆様からのご意見をお待ちしています(^^)

いつもお世話になっています。

最近、『涼宮ハルヒの憂鬱』のシリーズにはまっていて、アニメから始まり、
小説やマンガ版に至るまで愛読しましたが、未だに分からない点があるので、
ネタバレOKで詳しく教えて下さい!

【質問】
「涼宮ハルヒ」は、自分の思うように世界を改変させる力を持っている。
しかし本人はその能力に気付いていないし、完全にコントロール出来ていない。
そのような不思議な力は、3年前に始まったとありますが、3年前に何が起こって
このような不思議な力が芽生えたのだ...続きを読む

Aベストアンサー

一番簡単な疑問が答えなんだと思います。
一番簡単な疑問。
どうして普通の人間のキョンが一番ハルヒの側にいていろんな事件に巻き込まれているのか?
登場しているほとんどのキャラが言っているとおり、キョンは一番普通の人間です。なのに、ハルヒがらみで起こる全ての事件に巻き込まれているのは彼だけです。

それは何故でしょう?
物語中では、いたるところにハルヒがキョンのことを好きだから。
そのきっかけとなったのが三年前のハルヒとキョンの出会いで、キョンのことが気になったからキョンが事件に巻き込まれる。

となっていますが、私はここが逆なんだと思います。
むしろ、キョンの存在がハルヒに力を与えたのではないのでしょうか?
ハルヒの力が目覚めてからキョンと出会うまで、事件らしい事件が一度も起こっていません(神人は暴れていますが、それはほぼ日常のことでですし、ハルヒが事件を色々起しているそうですが、それはあくまでも常識(?)の範囲内でしょう)。
だが、キョンと会って、超能力者と未来人と宇宙人とでくわしてと色々と展開が変わりました。

私はキョンが全ての原因だと思います。
というのも、一巻のどこかで、
キョンはヒーローにあこがれているが、自分には力がなくて、そのため、近くにいる他の人に力があってキョンがその傍観者になりたい・・・・みたいなことがあったと思うんです。
そのキョンの願いがかなって、ハルヒがその相手なのではないでしょうか?

その理由の裏づけとして、ハルヒと同じ力を持っていたであろうといわれる女性が登場していますが、その女性がキョンの昔の友達(以上の関係?)です。
おそらく、彼女もまたハルヒと同じく、キョンにとって側にいる力のある人の候補だったのではないでしょうか?

涼宮ハルヒの憂鬱、涼宮ハルヒの消失において世界が急変したときも、キョン自信は変わらずにその世界にいました。
それは、作品中では、ハルヒがキョンのことを好き、長門がキョンのことを好き。そんな風に語られていますが、それだけでしょうか?
キョン自信に特別な力が眠っていて、キョンに世界改変の力が及ばなかったのかもしれません。

また、キョンの謎があり、作品中で、キョンの本名がいまだに語られていません。もしかしたら、キョンの名前もまた大きな謎の一部として関わっているのかもしれませんねぇ・・・

とまぁ、これまでが予想でした。

一番簡単な疑問が答えなんだと思います。
一番簡単な疑問。
どうして普通の人間のキョンが一番ハルヒの側にいていろんな事件に巻き込まれているのか?
登場しているほとんどのキャラが言っているとおり、キョンは一番普通の人間です。なのに、ハルヒがらみで起こる全ての事件に巻き込まれているのは彼だけです。

それは何故でしょう?
物語中では、いたるところにハルヒがキョンのことを好きだから。
そのきっかけとなったのが三年前のハルヒとキョンの出会いで、キョンのことが気になったからキョンが事...続きを読む

Q映画ハルヒの消失の朝倉涼子は初めから敵なんですか?

映画ハルヒの消失の朝倉涼子は初めから敵なんですか?
後半で、長門を助けるシーンがありますが、初めから護衛という意識は朝倉涼子にあったんでしょうか?
序盤では、朝倉も普通に会話もして仲も良さそうにしているので、どうなのかと思いました。


あと、EDテーマの優しい忘却の歌詞の意味もどうなのでしょうか?
記憶を無くす直前の歌で合っていますか?図書館も出てくるので。

Aベストアンサー

 あの朝倉は、世界を改変した長門の深層意識によって生み出されたものなので、「消失」世界そのものと「消失」世界の長門を守るために動いています。
 改変直後のキョンは世界の変化に戸惑ってはいても、「消失」世界を積極的に壊すような意思も手段も持ってはいませんでした。したがって、この時点では朝倉の敵とは認識されていません。敵と認識されるきっかけはやはり、改変前の長門が残したキーを発動させて、キョンが「消失」世界を終わらせる手段を手にしてからでしょう。


人気Q&Aランキング