質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

癌で言われる5年生存率とは治療を開始した日からなのですか?あるいは、寛解した日からなのでしょうか?他で問い合わせたのですが、回答が分かれてしまって困惑しています。

A 回答 (3件)

5年生存率とは癌と判明して治療をした日から計算して5年間死んでいなかった状態です、貴殿の寛解の意味が理解出来ているみたいですね、普通の病気は完治したと言いますが癌の場合は再発する可能性が有りますので完治とは言わず寛解といいます、因みに私も肺がん、と前立腺癌の患者です、5年生存して、普段の生活が出来ていたら寛解ですね、5年生存はしているが再発中で治療中の場合も死んではないのですから生存率の中に入りますが、寛解した方へは入りませんね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。お陰様で良く理解出来ました。お大事にして下さい。

お礼日時:2018/01/24 19:02

癌治療を始めた際の5年後の一般的な今までの患者の生存率の統計です。

    • good
    • 0

発見した日から、です。

それが治療の開始日になります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング