親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

最近、スクエアテーパーBBとクランクに興味をもちまして、
お伺いしたいことがあるので、どうぞよろしくです。

●軸長について。使用するほど奥にはまる?
●調整式(カップアンドコーン)のBBでいろいろな軸長を試したい。
●おすすめのカートリッジ式BB

●軸長について。使用するほど奥にはまる?

以前はオクタリンクを使ってましたが、このオ
クタリンクは、クランクの着脱を繰り返しても、クランクが
奥(フレーム中心)へいかないので重宝していました。
しかし、BB軸長が109.5ミリだと短く、118.5ミリだと長く
、その中間域の軸長が欲しくなったので、スクエアテー
パーBBとクランクなら中間域の軸長があるのでは?
と興味を持ちました。

実際にクランクの着脱を繰り返した場合、新品の位置
よりだいたい何ミリくらい奥に行くものでしょうか?
(Qファクターが縮まるとも言います。)

例えば、オクタリンクの105以上のグレードのクランク
と、スクエアテーパーの同じく105以上のグレードのクラ
ンクで、両者とも軸長が109.5ミリの場合、Qファクターは
オクタリンクもスクエアテーパーもだいたい同じと考えて
よろしいでしょうか?
確かめた方いましたなら、ぜひとも教えて下さい。


●調整式(カップアンドコーン)のBBでいろいろな軸長を試したい。

カップアンドコーン式でタマ辺りが調整できるBBがあるみたい
ですが、これで軸だけを変え、いろいろな軸長を試すことは可能
ですか?
ハブも自分で調整しているので、BBも自分で調整したいと思って
ますが、カップアンドコーンで、しかもスクエアテーパーで新品な
んていうのは販売しているのでしょうか?
ネットでも見かけないですが、もしご存知でしたならぜひとも教
えてください。

●おすすめのカートリッジ式BB
カップアンドコーン式BBが見つからない場合、回転性能で評判が
いいカートリッジBBはどちらになりますか?
デュラエース、アルテグラ、105のダブルクランクのQファクターより
だいたい4~5ミリQファクターが広がればいいかなと一応は目論ん
でいますので、どうぞご回答よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

現物合わせするしかないのかな。



オクタリンクの考え方が違うような。
Qファクターを求めれるのかもしれませんが、軸長の長さは、トリプルクランクかダブルクランクで決まるのじゃなかったでしょうか。

シマノのBBをぼろくそに書いてる回答がありますが・・・。
それなりにサイズ揃ってるから、現物合わせがいいと思いますよ。
シマノでピッタリの軸長があっても、他のメーカーの同じ軸長を買ってもしっくりこないかもね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まー、現物合わせが一番でしょうなー
「軸長の長さは、トリプルクランクかダブルクランク
で決まるのじゃなかったでしょうか。」

仰るとおりですが、118.5だと今乗っている自転車のチェー
ンステイ幅にとっては広いわけなんですよ。
現物合わせですね!

お礼日時:2018/01/28 11:47

最初の質問は、クランク自体に個別のオフセットが有るので、違うクランクになるから、比較は無意味です。


二つ目は、カップアンドコーンのB B は、未だに安物のママチャリに採用されてるので、
今も新品が入手可能ですが、特定車種の補修部品と言う形での流通のみでしょう。カートリッジBBよりも低性能なものしか有りませんから、軸の交換はできるとしても無意味です。それに、おそらくは選択肢は有りません。現在では、安物クランクとのみ組み合わせて使用されるから。
スクエアテーパーは2種類あって、国際規格とJIS規格との間には互換性が有りません。
国際規格のクランクは、現在では高級品の一部だけで、コレに対応するBBも全て高級品ですが、カンパニョーロの製品とスギノの製品が有名です。私も使っているカンパニョーロの方が個人的に好きです。耐久性は底なしと言われています。
大多数のJIS 規格のBB のオススメは、スギノのアルミボディの製品ですね。私も使っていますが、カンパニョーロ程ではないけど、高性能です。が、値段はカンパニョーロと大差無い程、高額なので、比較的安いTANGE の製品をこまめに交換する方が良いかもしれません。
確実に言えるのは、現在のシマノのスクエアBB は、ママチャリ グレードの安物のオモチャみたいな粗悪品しかないので、絶対にダメです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「クランク自体に個別のオフセットが有るので、違うクランクになるから、
比較は無意味です。」

7410世代と7700世代ではスクエアテーパーとオクタリンク
の違いこそあれ、オフセットなど他の寸法もほぼ一緒と見
受けられたため、この両者クランクを比べたらわかりや
すいかと思いました。

本当にカップアンドコーンのBBは出回ってないですねー
カンパのBBをお持ちなら、それが究極でしょうね!
スギノで検討してみます。
よってシマノのスクエアBBは買わないことにしました。(笑)

お礼日時:2018/01/28 11:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホローテック2vsスクエアテーパー

いつもお世話になります。

くだらない質問ですが、ちょっと疑問に思ったのでよろしくお願い致します。

フルカーボンとクロモリのロードを所有していますが、ペダルレスの状態でスクエアテーパーのクランクを手で思い切り回転させるとホローテック2のクランクよりも明らかに回転が持続するのですがそのようなものなのでしょうか?
クロモリのクランクは重いとは思いますが、それにしてもよく回るのです。

それではご回答どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ホローテック2のBBの回転性能の悪さは
有名?でしょうね
構造的に、シールドが十分にしなければならない。
それでいて軸中心からの距離が大きいので
ぶれ幅も大きく成る
BB単体で回すと非常に周りが重いのは
これらの欠点をシマノなりに解決しようとして
ベアリング自体も当然ですが、
その樹脂シール類も回転性能を落としても
ベアリング保護できるようにしているためです。

セラミックに変えたら軽い!とか
他社製BBが軽いとかいうのは
ベアリング精度とかカップ耐久性とかそう言う事ではありません。
=このシールを軽微な物にしているだけです。

まともな?コンポーネントメーカーであるSRAM社では
これの「雨天走行後のすぐのOH」
「30時間OH」
「100時間交換」をマニュアルにこっそり書いています。

で、従前のカートリッジBBですが
軸中心からベアリング距離が短い
防水性能を得るためにカップ(カートリッジ)形状を
最適化している=樹脂シールが軽い
しかも経年劣化すると、
カートリッジBBは余計に軽くなる傾向があることが知られています。

その感じ方は正解。

ホローテック2などのアウターベアリングBBは
OH前提です。
シマノは認めていませんがね。
他社では、ベアリングシールキットやベアリング打ち替えキットを
自社正規のメンテナンスツールとして発売していますね?
SRAM・FSAの物が有名でしょう?


他社製BBに変えてしまうというのも
一つの手ですし、
BBをぱっと入れ替えることの出来るのも
利点。
安いのも利点。

カートリッジBBとはメンテナンスサイクルを
別の物と捉える=回転に違和感を感じたら交換する。
そういう考え方でつきあった方が良いと思います。

ホローテック2のBBの回転性能の悪さは
有名?でしょうね
構造的に、シールドが十分にしなければならない。
それでいて軸中心からの距離が大きいので
ぶれ幅も大きく成る
BB単体で回すと非常に周りが重いのは
これらの欠点をシマノなりに解決しようとして
ベアリング自体も当然ですが、
その樹脂シール類も回転性能を落としても
ベアリング保護できるようにしているためです。

セラミックに変えたら軽い!とか
他社製BBが軽いとかいうのは
ベアリング精度とかカップ耐久性とかそう言う事ではありません。
=この...続きを読む

QホローテックIIはチェーンラインを気にしなくてよい、というのはどういう

ホローテックIIはチェーンラインを気にしなくてよい、というのはどういう意味なんでしょう。某通販店の説明にあったのですが50mm47mmというラインはあるわけで気にしないで、という意味がどうも分からないのです。
現在、クロスバイクにFSA AL-8TTTが付いており実測47~48の様です。これをシマノホローテックII使用に変えると50mmになりますがリヤスプロケもHG30-8速からシマノで9速に交換しようと思っております。
その場合ラインもそろうのでしょうか。
シェル幅68mm リヤエンド130mm

Aベストアンサー

同様な質問がありますが、こちらが参考になりますか?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1846375.html

Qホローテック2のチェーンラインについて

http://www.cb-asahi.co.jp/html/size/chainline.htmlこちらのページに「インテグレーテッドBBのクランクではチェーンラインを気にしなくてもいいように設計されています。」と書いてあるのですが、これはどのような仕組みになっているのでしょうか?私のロードレーサーのBBは軸長115のものがついているのですが、ホローテック2のクランクを取り付けても問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にここ数年、ロード用、ダブルギヤのチェーンラインは変わっていません。43.5ミリです。

どこからどこまでかというと、BBシェルのセンターからチェーンホイールの歯と歯の中間点が43.5ミリだと言うことです。

正直、気にしなくても良いと書かれると、大概のメカニックは「お?」と思うはずです。昔ながら(カンパは今でも)のテーパー形式だとトルク管理が出来ていないとチェーンラインが2ミリや3ミリずれてしまったものでした。

シマノのオクタリンク最大の功績は何度外しても、トルク管理が多少いい加減でも、チェーンラインをほぼ固定化させることに成功した点です。要するに、切った手ある溝がクランクがそれ以上奥に入っていくのを防いでくれると言うことです。

それの大規模版がホローテック2です。BBシャフトをクランクに取り付けることにより、回転体としてのBBより、構造体としてのクランクセットとしての精度、剛性を重視したのです。BBとクランクの位置を出すのに工具がいらないほどに簡単になりました(もちろん最後には必要ですが)。BBのベアリング自体が、クランクが奥に入りすぎてしまうのを防いでくれるのです。

これはどういうことかというと、今まではチェーンラインを出すのにトルク管理(コツ)が必要でした。しかし、ホローテック2になることで、そのコツがいらなくなったのです(ごくたまに、右クランクを最後まで押し込まないで反対側のキャップが届かないだとか、左クランクをオーバートルクで締めすぎて、たぶん片方を最後まで締めて、もう裏側を締めるという形式を取るのだと思いますが、ねじ山を破損してしまう人もいますが)。

これにより変速機との位置がかなりメーカー推奨値に近くなり、よりスムーズな変速が出来るようになったというわけです。

では、メーカーの推奨値を守っていればすべて変速するのでしょうか? 私の答えは「否」です。

フレームの制度もあります、下準備もあります。しかし、ほとんどの人間にとってそうそうフレームを交換する、または交換を依頼するというわけにはいきません。そして、それがだめだからと言って諦めるには出費が大きすぎるはずです(クレームという手もありますが)。

じゃあ、そこでどうするかが大切なのです。私はチェーンラインは少しぐらいずれていても構わないと思います(あくまで基本値があっての話です)。それよりも、フロントディレーラーがちゃんと変速するか、リヤとの兼ね合いはどうかが問題だと思います。

話がそれてしまいました。結果的に言えばmoserさんのロードにホローテック2は取り付けられます。ちょっと気になるのはホローテック2はクランクだけだと思っていませんか? ホローテック2はBBとセットで意味を為すものです。しかし、クランクが柔らかくて仕方がない!! というものや、全部10Sにするんだ。ということがなければ、そこだけを交換する必要はないのではないかとおもいます。

基本的にここ数年、ロード用、ダブルギヤのチェーンラインは変わっていません。43.5ミリです。

どこからどこまでかというと、BBシェルのセンターからチェーンホイールの歯と歯の中間点が43.5ミリだと言うことです。

正直、気にしなくても良いと書かれると、大概のメカニックは「お?」と思うはずです。昔ながら(カンパは今でも)のテーパー形式だとトルク管理が出来ていないとチェーンラインが2ミリや3ミリずれてしまったものでした。

シマノのオクタリンク最大の功績は何度外しても、トルク管理が多少...続きを読む

QクロスバイクのBB ホローテックIIにできる?

不調により、ジャイアントのCross3(2010年版)のBB交換を考えています。
純正は「R XCT 122-68mm」となっていて、交換品は同じ四角軸の「BB-UN55」かなと考え中。
しかし安く譲って貰ったバイクだし、この際2万くらい出して良くなるならもう少し品質と耐久性の良い物にしてもバチは当たらないかなとも思い始めました。

で、ちょっと調べてみたところ、ちょっと良さげな最近の物は、BBの中心部が空洞になっていて、その穴にクランクと一体化した軸を通すタイプが多いような感じでした。
ホローテック2とかみたいですが、たとえば幅が同じ68mmの「SM-BB4600」とか「SM-BB51」とかはCross3に物理的に取り付け可能でしょうか?
エンド幅135mmのクロスバイクの改造を考えている友人がもう一人おり、純粋に着く着かないは二人して非常に興味を持っています。
はっきりすると嬉しいのは大体、以下の点です。

・「SM-BB4600」「SM-BB51」等のBBは普通に取り付け可能か
・着けれる場合、クランクはDeore M590みたいなので構わないか
・チェーンラインだとかCross3が7sであることに問題はでないか

別に7速で困ってないのでクランクセットの換装だけで安く済むならそれがベストですが、パーツ交換の兼ね合いで8s化以上が不可避なら、対応のホイールに関しては知人の中古パーツで都合つけて、コンポ周りは買い揃えても良いと考えています。
これだと海外通販とか使うと2万くらいで収まるので。

不調により、ジャイアントのCross3(2010年版)のBB交換を考えています。
純正は「R XCT 122-68mm」となっていて、交換品は同じ四角軸の「BB-UN55」かなと考え中。
しかし安く譲って貰ったバイクだし、この際2万くらい出して良くなるならもう少し品質と耐久性の良い物にしてもバチは当たらないかなとも思い始めました。

で、ちょっと調べてみたところ、ちょっと良さげな最近の物は、BBの中心部が空洞になっていて、その穴にクランクと一体化した軸を通すタイプが多いような感じでした。
ホローテック2とかみたい...続きを読む

Aベストアンサー

ホローテック2のMTB用クランクには、必ずBBがオマケに付いてきます。
なので、クランクを買うだけで大丈夫です。
もちろん、スクエアBBのシステムと完全に互換性がありますので、取り付け可能です。
チェーンラインは何も問題ありません。
7sのスプロケットと、ホローテック2のクランクの互換性は保証されてませんが、実際には一切の問題がありません。
が、7sのボスフリーのシステムは構造的に耐久性が乏しいので、せっかくクランクを交換して長く乗ろうと考えてるのなら、8sか9sのシステムに交換が望ましいです。

Q9速用チェーンで8速のスプロケ

タイトル通り9速用チェーン、8速用とスプロケとディレーラーという組み合わせでどのような問題が起きるか教えて戴けたらと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その組み合わせは結構やっているようなので普通に乗る分には問題は起きないのではないでしょうか。
最近では自転車屋さんでも9速用チェーンを8速に付けるという話を聞きます。
また8速の場合スプロケットにチェーンが擦れやすいのでわざと9速用チェーンに交換するという話も聞きます。

問題が起きるとすればチェーンの幅が狭くなるため変速性能が低下する可能性がある。しかし一般人にはわからないものと思われる。

もう一つは強度や耐久性の問題があります。よく聞く話では耐久性は10速 < 9速 < 8速で乗り方にも依りますがそれぞれ1000km~2000km の差があるようです。つまり8速と9速では2000km位の差が付くようです。

それとディレイラーの調整が若干シビアになるかもしれないです。

Qボトムブラケットの規格 測り方がわからない

BBを交換しようと思いますが、規格の一覧を見つけましたが、
どう測ったものかわかりません。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/bottom_bracket.html#BBshell
BB交換の際に見るのはBBシェルの規格と、テーパー規格だけでいいでしょうか?

BBシェルだから、BBの幅ではなく、フレーム側の幅を計ればいいんですよね?
はずしたほうが正確なのですが、面倒なので、つけたままBBとBBシェルの間を、
クランクが邪魔だなと思いつつノギスで測ったら、68.5mmでした。
これはISO,JIS規格だとおもっていいでしょうか?

Aベストアンサー

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。

・Peugot CADET (2003年春~夏ごろの購入だと思う)
BB shimano 「BB-LP28」 68 BC1.37x24
クランク shimano 「FC-MC20」
で、こちらは答える必要がないくらいシマノですね。
JISテーパー。
軸長は、実物を計って調べてください。
情報としては、126mmが適合するはずですが…
確実なのは現物の軸長です。

いずれも最近のBBですので
オフセットは普通です。

また、110.5と110とか111とかは、
神経質になる必要は在りません。
=近似値で調整可能と考えて良いです。
逆に言えば、110必要なんだけど、
すこしアウタートップを軽く使えるようにしたい…とかの場合
111でも113でも使用可能です
オフセットは左右均等なので、
1mmの長さの差=チェーンリングが0.5mmずれるだけ。

また。
四角テーパーの泣き所ですが、
そう言う使い込んだクランクの場合、
勘合部がどうしても減ってしまい、
前よりも深く刺さるようになってしまう場合が多くあります。
ですので、
110.5の軸長が標準であれば
111や113を選択すべきです。
間違っても109とかは選択すべきではありません。
=勘合が深くなっているのと合わせて3mm以上ギアが内側に入ると
アウタートップやミドルトップがかなり苦しくなります。
=チェーンがすこしごりごり言っているかもしれません。

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。
...続きを読む

Q手組み用?ハブはなぜ32Hが多いのでしょう?

当方、クロスバイクで32Hのもの(700x28c、クラシックリム)がついているのですが、
少しでも巡航性能を上げるためと、タイヤ幅を23cまで落としたいので
ロード用のエアロホイール購入を考えています。
(シマノのR500など低グレードのものであれば
 ハブ軸&スペーサ変更でエンド幅135mmにできそうですので、それを予定しています)
でも、手組みでいろいろ選ぶという選択肢も少し考えています。


ショップを見ると、ロード用に販売されているハブは、
かなり上級グレードにならない限り32Hが一般的のように思います。
(シマノの場合。 別のメーカーでは違うのかもしれませんが・・・)
リム単体も、32Hが多く販売されているように思います。

ところが、完組みは24H、20H、18Hなどが普通にありますよね。

スポークの空気抵抗だけを考えれば、本数はなるべく少ないほうがいいと思うのですが、
なぜ標準~低グレードのハブは32Hなのでしょう?

やはり手組みで20Hなどは技術的に熟練していないと難しいからなのでしょうか?
個人的に考えるに、
 ◎少スポークのメリット
  空気抵抗が小さく、重量が軽い
  横風の抵抗を受けにくい
  かっこいい(←個人的ですが)
 ◎32Hのメリット
  組みやすい(バランスが取りやすい)
  ショック吸収がいい
  強度がある
  バリエーションが多い(たくさん販売されている)
という感じなのですが、それ以外に32Hのメリットがあるのでしょうか?

自転車は空気抵抗との戦いですので、32Hだと少しもったいない気がします・・・
エアロスポークなら、そんなに気にならないものでしょうか?

当方、クロスバイクで32Hのもの(700x28c、クラシックリム)がついているのですが、
少しでも巡航性能を上げるためと、タイヤ幅を23cまで落としたいので
ロード用のエアロホイール購入を考えています。
(シマノのR500など低グレードのものであれば
 ハブ軸&スペーサ変更でエンド幅135mmにできそうですので、それを予定しています)
でも、手組みでいろいろ選ぶという選択肢も少し考えています。


ショップを見ると、ロード用に販売されているハブは、
かなり上級グレードにならない限り32Hが一般的の...続きを読む

Aベストアンサー

昔、ホイールのスポーク数について海外のサイトで教えて貰いました。
1960年代には、どの国でも前後とも36Hホイールが標準になったそうです。36Hホイールは重量と耐久性のバランスが非常に良いホイールで、円周360度の10度毎に穴が開くのでハブやリムを製造するのにも都合が良かったようです。
その頃、32Hホイールは既に存在していたものの、ロードレースなど耐久性より重量の軽減を目的とした特殊用途のみに使われていたようです。

1980年代初頭、とある業者が「32Hホイールを売り出すとレーシングイメージがあるので売れるのではないか?スポークも若干ケチれるし」ということで、アップグレードホイールと称して売り出したそうです。
これは36Hに比べ、明らかに耐久性や剛性が劣っていましたが、一般の人が使うには十分な強度で、商業的には成功したそうです。
その後、28H, 24H, 20H, 16Hとスポーク数の少ないホイールがアップグレードホイールとして発売されました。しかしこれらは当時のプロメカニック達に好意的に受け入れられなかったそうです。その理由は
1)スポーク数を少なくするとリムを丈夫にしなければなりません。これはリムの重量が増えることを意味します。リムの重量が増えると運動性が悪くなります。この現象は同じ重さのおもりを背中に背負った場合と足首や靴に付けた場合で、同じ距離を同じ時間で歩いてみればすぐに分かります。後者の方が疲れを感じるはずです。
2)スポーク数が少なくなるとスポーク1本にかかる荷重が増え、異常に高いテンションを必要とします。またスポークが1本でも折れれば即、走れなくなります。
3)ハブからリムにトルクを伝えるためにはスポークをクロス組みする必要があります。36Hの場合、8本取り(4クロス)、6本取り(3クロス)、4本取り(2クロス)の3種類の組み方ができますが、32H, 28Hの場合、6本取り、4本取りの2種類になります。さらにスポーク数が少なくなると4本取りか2本取りのどちらか一方しかできなくなります。クロス数が少なくなると、ホイールのねじれ剛性が著しく下がり、加速の悪いホイールとなります。

このような流れで、レースイメージを持つ32Hがスポーツ系自転車に生き残り、それ以下のものは自然淘汰されたようです。ちなみに競輪は36H, 8本取りが標準だそうで、瞬発力でホイールがねじれるのを防ぐために理にかなっています。

完組の場合はホイールを総合的に専用設計できますので、少スポークでも十分な性能のホイールを作ることができます。今や高価な完組の性能を越える手組みホイールを作るのは事実上不可能です。コストパフォーマンスや絶対性能を取るなら迷わず完組です。
しかし手組みには手組みの良さがありまして、性能はともかくユーザーの好みや用途に幅広く対応できます。また、スポークが切れても少しは走れる余裕がありますし、街の小さな自転車屋でも応急処置が可能です。さらに自分でホイールがいろいろ組めるようになると、先人達の工夫が理解できるようになり、少スポークが必ずしもメリットが多いとは思えなくなると思います。私は別にプロのメカニックではないですが、ホイール組は自転車弄り上級者への登竜門です。最初はプロの自転車屋さんの助けが有った方が良いとは思いますが、機会があったらホイール組にも挑戦してみてください。

タイヤ幅を細くするとパフォーマンスアップしたように感じるのは主にホイール外周の軽量化と転がり抵抗の低減だと思います。これを説明していると長くなりますので今回は止めておきます。

参考URL:http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/spoke.html

昔、ホイールのスポーク数について海外のサイトで教えて貰いました。
1960年代には、どの国でも前後とも36Hホイールが標準になったそうです。36Hホイールは重量と耐久性のバランスが非常に良いホイールで、円周360度の10度毎に穴が開くのでハブやリムを製造するのにも都合が良かったようです。
その頃、32Hホイールは既に存在していたものの、ロードレースなど耐久性より重量の軽減を目的とした特殊用途のみに使われていたようです。

1980年代初頭、とある業者が「32Hホイールを売り出すとレーシングイメージ...続きを読む

Qホイールの8・9・10速対応と10速専用の違い

WH6700の購入を考えていますが、現在はSORAの9速ですので、8/9/10速対応を買うことになると思います。
ただ、10速専用との違いは何でしょうか?
スペーサの有無でしたら、ない方がいいのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

10速専用のフリーボディの違いは、先の回答者のお話のとおりです。

この規格は最新のデュラエースでは採用されておらず、7800世代にのみ存在した規格です。
おそらく、安いアルミで軽量のフリーボディを作って、なおかつスプロケからの力に十分耐えられるようにするために勘合を深くしたのだと思います。その前の世代は軽量化と耐久性を確保するためにフリーボディをチタンで作っていましたからね。

これから購入するのでしたら10速専用は避けた方がよいと思います。

QBBシェル幅が70mmの自転車に68mmのBBを

BBシェル幅が70mmの自転車に68mmのBBを
とり付けた時、考えられる不具合って、どのようなものでしょう。
そもそも付かないものでしょうか。

Aベストアンサー

ロードですよね?

68mmはJISで片方が逆ねじになっています。
70mmはイタリアンで両方正ねじです。

取り付けは不可です。

Q四角軸BBのフィキシングボルト締め付けトルク

四角軸BBにクランクを取り付けるボルト(フィキシングボルト)がありますが、このボルトの締め付けトルクはいくらにすべきでしょうか。締めれば締める程、奥までクランクが刺さってしまいます。

 自転車の車種: クロモリロード
 BB: シマノBB-UN73(中古)
 クランク: TA社カルミナ(中古)

当方にはトルクレンチございます。回答は数値で頂けると有り難いのですが、「感覚的にこのくらい」という説明でも結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

UN73のテーパはJIS、TAはISOのはずで、基本的なところが間違っているのではないかと・・
TAのBBを買いなおすのがよろしいかと思いますが。

TAのほかのクランクでは35~40N・mが指定されているのでそのあたりだと思います。ちなみに、シマノの指定値は35~50N・mあたり、Campagnoloは32~38N・mあたり、弱めで締め付けるTopLineは17.5~20N・mが指定されてますね。


人気Q&Aランキング