はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

中二の息子の事で相談します。
小学6年から不登校です。
中学生になり1学期は他中学校の中にある適応指導教室に週に3日ほど送迎をして通学しましたが、1学期の終わりから行けなくなりました。
本人が行く気にならなければどうしょうもないと思い、今は学校の話しはしません。

中一の時塾にも行けましたが3ヶ月位でやめました。
不登校になってからは一日部屋でゲームをしたり音楽を聞いたりしているようです。
主人は何も言いません。
本人がやる気になる迄、このまま何も言わない方がいいのか悩んでいます。
このまま高校も行かず、ひきこもりになるのではと思うと不安です。

A 回答 (6件)

質問者様、お母さんはすごく息子さんの事を考え、どうするといいのか悩み解決の糸口を探そうと努力なさってる。

でも、ご主人であるお父さんは仕事を理由にあまり関わらない。。これは、お母様もさぞ大変だろうと思います。
我が家もそうでした。そして、今もそうです。我が家は幼稚園で先生が原因で不登園になり、その後下の子を連れて母子登園し、卒園しました。その後、小学生になり学校まで一緒に登校したり養護の先生と様子を見ながら何年か過ごしました。早退した日もありました。そして、高校生になりイジメがあり学校やめたいと言いだし、当時の学年主任や担任や校長、養護教諭などに現在の状況をぶつけ、そして何とか単位が取れるように授業を受け、無事大学合格しました。偉そうな事は言えませんが、やはり夫婦の協力は必要だと思います。お父さんが如何にお母さんと協力して子どもの問題点を解決しようと努力しているか?それを、子どもは見ていると思います。
私も色んな所、スクールカウンセラーなど相談しました。
対応の仕方も迷って当然だと思います。学校へ行かない理由は、意外と家の中にあるとも言われたりしました。やはり、子どもの問題は夫婦間がギクシャクしていると、長い年数かけて、後で出てくると感じています。子どもって敏感ですから。いくつになっても子どもの悩みは尽きません。お父さんがお母さんの悩みを聞くだけでも、お母さんは少しは気持ちが楽になり、また子どもの為に頑張れると思います。世間のお父さん全てがそうだとは思いませんが、お母さんに任せっきりで、何をどうすればいいか分からんから知らん顔してるようなお父さんが多いと感じるのは、私だけでしょうか?
子どもは二人の子どもです。
お父さんも協力することから、子どもさんが変わるんじゃないでしょうか?
将来、ずっと社会に出てやっていけるのか不安になって当然だし、ゲームばっかやっていていい訳ありません。
色んな専門家に相談して、具体的にお父さんとお母さんがどうすればいいのか考えて悩んで迷ってしている姿勢が、いずれ子どもさんの頑張る力になるんではないでしょうか。偉そうなこと言えませんが、私はそう思い肌で感じています。息子さんが、笑顔の日々が増え楽しく学校へ行ける日が来る事を願っています。
    • good
    • 1

相談機関とはつながっていますか? 息子も中1の時に不登校でしたし、無理に行かせようとすれば解決するものではありませんでしたが、私はがむしゃらにさまざまな相談機関に相談しました。

当初は関心のあった夫はそのうち冷めてしまいましたが、私は諦めずに相談を続けました。

在籍校の担任、スクールカウンセラー、教育委員会や民間のフリースクール付きの親の会、各種専門家などと繋がり、実際に「複数のところへ相談すべき」とも言われました。いろいろな意見がありますし、相性もありますからね。学校の先生だって万能ではないので、得手不得手をこちらで見極めながら、ここはあの先生、そこはこの先生と、頭を下げながらいろいろなことを頼みました。

相談の結果や、我が家の価値観や、私が日々見ている息子の様子などから判断しつつ、親の職場見学や家族旅行に行ったりしました。いろいろありましたが、1年後に学校復帰しましたよ。

強いてひとつ具体的なアドバイスをするとしたら、「どうしてもできないことはさせなくていいから、できることを共に考えて、させよう」です。
    • good
    • 1

小学校6年生から不登校になり中学生になっても不登校が続いた中学校三年間で不登校が続くと出席日数が少なくなり内申書に響いて高校入試は恐らく無理になりますアドバイスとしては学校や人間関係の話をしない事をお勧めします。

    • good
    • 1

>主人は何も言いません


「関心がない」「このままでも良い」と思っているのか。

まず、何とかしなければいけないのは「夫」です。
きちんと話し合って下さい。

世の中に「やる気があって学校に行っている人」は少数です。
大多数が「嫌々、行っている」のです。
    • good
    • 3

質問者様、大変悩まれていますね。



息子さんは何故、学校に行けなくなったのでしょうか?
学校には無理して行かせる必要も、行く必要もありません。
しかし、息子さんが行けなくなった理由は必ずあるはずです。
学校への不信感がある場合は質問者様と養護教諭(保健室の先生)、担任の先生などと話し合う必要があるかと思います。

厳しいですが、「不登校で一日部屋でゲームをしたり音楽を聴いている」ままでは何も改善しません。
少しでも外に出られればいいのですが…
フリースクールも検討してみてください。
あまり思い詰めないでくださいね。
息子さんが学校に行けるようになるといいですね。
    • good
    • 1

このままだと、間違いなく引きこもりになります。


学校に行かないことが問題ではありません。
学校に行かず、好きなことをして遊んでいるのが問題なのです。
まず、学校に行っているはずの時間にゲームや音楽を聴くことを禁止しましょう。
親が徹底的に管理するべきです。
朝も遅くまで眠ることは禁止です。
決まった時間に起きて、学校に合わせたリズムで生活させます。
休みは、学校に合わせて与え、放課後や休みの日の自由時間であれば、好きなことを解禁します。
これさえ徹底すれば、引きこもりにはなりませんし、家が退屈であれば自ら学校や塾に行くようになります。
中学までは義務教育ですので、親には学校に行かないのなら行かないなりの時間をこどもに与えなくてはなりません。
これを怠ると、30歳でも40歳でも自宅でゲームし続けるようになります。

少なくとも、大学を卒業して就職したら、一人暮らしをして自活させるということを、息子さんに話しておきましょう。
引きこもりにさせないためには、親が明確に自立する時期を決定し、こどもに伝えておくことです。
19歳になってから、自活して暮らせと行っても遅いのです。
引きこもり生活に慣れてしまったら、もう後戻りは出来なくなってしまいます。

よく「お子さんの気持ちが落ち着くまで、待ちましょう」という専門家もいますが、これは問題を先延ばしにしているに過ぎません。
気持ちは受け止めつつも、ダラける生活を容認してしまえば、後から厳しくされても「なんで今まで良かったのに、今更なんだよ」と反発するばかりで効き目はありませんし、心を余計に閉ざして閉じこもるばかりです。

学校に行かなくてもいいけれど、やるべきことはやる。
これだけは、親が徹底させておきましょう。
そのやり方が嫌なら、早く自立して自活しなさいと話せばいいのです。
まずは、心身に問題がないかを病院で受診して、もしも何か問題があれば投薬や受診を続けつつ、義務教育相当のもの自分で見つけさせて受けさせるか、自学させます。
自分で動かないのであれば、親が決めたところに毎日送り迎えします。

これは、学校の話ではなく、お子さんの将来の話です。
思春期のあり方は、未来を左右します。
お子さんが嫌がろうと、向き合って話をするべきです。
まずは、とことんお子さんの話を聴きましょう。
口を挟まず、すべて聴き終えてから共感し、こちらの意見を伝えます。
本人の感じている気持ちを受け止めることはとても大切ですが、遊びたいワガママは一貫して認めず、条件を提示して選ばせます。
ゲームや音楽は、学校にいる時間帯は鍵のついた金庫が引き出しにしまって、絶対に使えないようにします。
テレビもケイタイも、学校で禁止されているものは全てです。
休み時間や放課後に解禁します。

家庭教師をつけて、学校の時間帯に合わせて自学するか。
塾を見つけて、毎日通学するか。
学校に通うか。

本人が決めれば、それを尊重します。
そして、親がそれを守らせる。
この地道な作業や支えが、お子さんの自立にいま必要なことです。
いまこの時の親御さんの揺るがない心が、お子さんの未来を決めます。
揺るがず、お子さんの未来を見据えて、頑張ってくださいね。
親御さんの踏ん張りどころです。
    • good
    • 6

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング