アメリカ大統領は引退後にどんな生活をしているのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

3日ぐらい前、テニスの中継にクリントンが出てました。


クリントンは各地を公演してるってテレビで言ってたような気がします。
講演料が一回百万単位らしいです。

昔の電波少年で、前大統領に会いに行くって企画でまっちゃんが
ブッシュかレーガンに会いに行ってました。その時前大統領は
ランニングをしてたみたいでした。おそらく老後を楽しんでいたのではないかと
思われる。

ちょっと質問に対する答えと違っていますかな?
    • good
    • 0

一番多いのは、「アメリカ各地を講演して回る」。


その収入で生活しているそうです。
もちろん、後々の大統領からいろんな大使として各国へ派遣されることもあるでしょう(クリントン大統領時、カーター元大統領が北朝鮮へとか)。

また、引退後は特例により、「郵便料金がただになる」そうです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ大統領引退のその後

今日のニュースでクリントン元米大統領が訪朝したニュースが流れましたが、

ブッシュ前大統領でもそうですが、大統領を辞めたら本当にただの人に

なってしまうのでしょうか?

何か特別の場合に特使という形で活動するよう気がしますが、

そしたらオバマ現米大統領はまだ若いから大統領を続けられなくなったら、食べていけませんね。

もう政治家として上がりですね。

家も買わなきゃいけないし、・・・・

日本みたいに国会議員に戻れないのでそこの事情に詳しい人

教えてください。

Aベストアンサー

 アメリカ大統領の引退後は明るいです。

 ビル・クリントン氏は大統領引退後でも講演活動で励んでいました。
彼の大学での講演会のギャランティは90分程度の講演で1万ドル以上です。
 ブッシュ大統領親子も同じように大学での講演依頼があれば、金額によっては出てくれると思います。

 ちなみに、冷戦終結のけん引役だったゴルバチョフ氏の講演料はアメリカ大統領よりも低いですから気の毒です。(ノーベル平和賞なのにw)

 アメリカ大統領になるとネームバリューだけでも大きな効果がありますので、特別顧問・親善大使などの肩書でお金を得ることは可能です。
 おまけに国法で大統領の老後は国家補償の対象になっていますから、葬儀まで安心で、国が面倒をみてくれますw

 ちなみに、大統領図書館の公文書に関する責任者も兼任することになりますので、無職にはなりません。(肩書きはたくさん残るのです)

 引退した大統領の移動経費は無料になったり結構、便利のようです

Qもうすぐトランプ氏がアメリカ大統領に就任しますけど アメリカはトランプ大統領になったら、アメリカ国民

もうすぐトランプ氏がアメリカ大統領に就任しますけど

アメリカはトランプ大統領になったら、アメリカ国民は明るい未来が待ってると思いますか?

Aベストアンサー

う~ん。
トランプさんはアメリカの現状把握ができていないので厳しいかもしれませんね。

「アメリカに夢をとりもどす。」って、現在、貧富の差が大きくて、
大金持ちになれる夢はアメリカには転がっているのに
どんだけアメリカンドリームだらけにするんだって感じ。

あんたが目指すのは「アメリカ国民総中流」でしょうが、

「アメリカは勝ったが、国民は勝っていなかった」んだったら、政治家や一部の金持ちから
再分配して、経済的プラナリゼーションを起こして、アメリカンドリームの規模を小さくする
しかないのでは。

なのに、言ってることと目標が違うので、アメリカ国民はこのままでは騙されるので
全体的には明るくないのではないでしょうか。
一部の金持ちだけ勝ちますね。

Qアメリカの大統領が日本に及ぼす影響はどんなものなのか教えてください!

アメリカの大統領が日本に及ぼす影響はどんなものなのか教えてください!

Aベストアンサー

次期大統領と今までの大統領の最も違う点は、戦後体制と言われる日本の安全保障の考えが大きく違います。

今までの大統領は、日本を押さえつけるという意味での「日本を守る」でした。
次期大統領は、「自分の国は自分で守れ。援護はする。」という意味の「日本を守る」です。


これは、一部の日本の保守勢力が目指したいわゆる、戦後レジームの脱却なのですが、アメリカ次期大統領から戦後レジームの終了のお知らせが来ました。

ただ、アメリカの大統領は、拒否権があるだけで、実はあまり大統領の思い通りにはなりません。アメリカの共和党・民主党の圧倒的多数は、日本の戦後レジーム維持勢力です。

そのため、どんなにトランプ氏が変えようとしても、現実はあまり変わらないかもしれません。


とはいっても、影響は大きいのは確かですし、日本人が直視しなければいけない点は、今のアメリカは世界の警察をするほど体力がないという点です。トランプ氏は、日本にだけでなく、NATO諸国や韓国、サウジアラビアなどの同盟国や協商国に「アメリカはもう体力がないから、皆さん自分の国は自分で守れるようにしてください」と言い続けました。


これは、トランプ氏が正直だからです。本当に今のアメリカは世界の警察をやるだけの力はないのです。その問題を日本人は、直視すべきです。

次期大統領と今までの大統領の最も違う点は、戦後体制と言われる日本の安全保障の考えが大きく違います。

今までの大統領は、日本を押さえつけるという意味での「日本を守る」でした。
次期大統領は、「自分の国は自分で守れ。援護はする。」という意味の「日本を守る」です。


これは、一部の日本の保守勢力が目指したいわゆる、戦後レジームの脱却なのですが、アメリカ次期大統領から戦後レジームの終了のお知らせが来ました。

ただ、アメリカの大統領は、拒否権があるだけで、実はあまり大統領の思い通りに...続きを読む

Qアメリカ副大統領大統領の指名に関して(ルール)

共和党のリンカーンが暗殺されて民主党のアンドリュー・ジョンソンが大統領に就任しました。その他の暗殺ないし逝去した大統領は大統領と同じ党の副大統領が就任します。

大統領と副大統領は同じ党から就任するというのはいつから始まったのですか?大統領と副大統領がおなじ党から、という規則は憲法修正に明記してあるのでしょうか?

それともバイパーティザンシップを重視する大統領がいたとして、副大統領を他党の者に指名することは可能ですか?

それと、副大統領は上院の議長を兼ねると聞きましたが、それならリンカーンの大統領時代には上院がライバル政党の長が牛耳っていることになりませんか?

Aベストアンサー

こんばんは、『歴代アメリカ大統領総覧』(高崎通浩 中公新書 2002)から、参考になると思われる点をあげます。

>リンカーンの大統領時代には上院がライバル政党の長が牛耳っていることになりませんか?

確かにリンカーン=共和党、ジョンソン=民主党ですから、疑問がわきますね。
しかし、リンカーンがジョンソンを副大統領に指名したのは、ジョンソンが南北戦争中にテネシー州軍政知事(任命はリンカーン)として、テネシー州の連邦からの離脱に、南部出身上院議員として最後まで反対したからです。連邦主義者のリンカーンからすれば、敵陣(南部民主党)の強力な味方であったわけです。(南部の分離主義者からすれば大いなる裏切り者として、暗殺の対象となります。)

アメリカは多様な人種・民族・宗教・社会階層などからなる複雑な国家です。したがって大統領選挙に際しては、より広範な支持を得るために副大統領には、異なる地域・政治的立場を代弁する人物を指名するのが一般的です。(古くはA・ジャクソンとM・ヴァン=ビューレン、現代では北部のケネディ、南部のL.ジョンソンのように)
リンカーンの場合は、戦時大統領として連邦制支持を掲げるA・ジョンソンは「統一」のシンボルとして好都合だったことにつきます。

>副大統領を他党の者に指名することは可能ですか?
もしもの場合の政策の継続性という点からすれば、正副大統領が同じ党から就任するのが当然でしょう。A.ジョンソンの場合は、内戦という特殊事情によるものです。不可能ではないにしても、特別な背景・事情がある場合に限られると思います。(憲法規定についてはわかりませんが)
実際、リンカーンの死後、ジョンソンと議会共和党は激しく対立し大統領弾劾(下院=可決、上院=1票差で否決)と混乱し、ジョンソンの政治生命は絶たれます。

>大統領と副大統領は同じ党から就任するというのはいつから始まったのですか?
これについてはわかりません。ただ、第七代大統領、A・ジャクソンのいわゆる「ジャクソンデモクラシー」の時代に、有権者数の増加・政治参加への機会均等にもとづき、各政党の党大会における正副大統領候補の指名が一般的になります。それまでは、連邦議会の各政党の議員総会で指名されていました。

こんばんは、『歴代アメリカ大統領総覧』(高崎通浩 中公新書 2002)から、参考になると思われる点をあげます。

>リンカーンの大統領時代には上院がライバル政党の長が牛耳っていることになりませんか?

確かにリンカーン=共和党、ジョンソン=民主党ですから、疑問がわきますね。
しかし、リンカーンがジョンソンを副大統領に指名したのは、ジョンソンが南北戦争中にテネシー州軍政知事(任命はリンカーン)として、テネシー州の連邦からの離脱に、南部出身上院議員として最後まで反対したからです。連...続きを読む

Q歴代アメリカ大統領の中で、名演説家と言われる大統領は誰でしょうか?

英語スピーチの練習を始めようと思います。それで、アメリカ大統領の中から名演説家と呼ばれた人の原稿を音声とともに学習するつもりです。
それで、お聞きしたいのですが、歴代アメリカ大統領の中で名演説家と言われる大統領は誰でしょうか?何人かいるとは思いますが、推薦とその理由をお聞かせ願えれば、大変に嬉しく存じます。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

他を詳しくは知らぬので 私の「好み」といふことにもなりますが

何と言つても 共和黨の元大統領 ロナルド・レーガン 氏のスピーチを 御薦めします.the great communicator と呼ばれた大統領であり そのスピーチの妙は 身方陣營のみならず 對立する人人の心をも引附け 或る時は聽く者を感動に涙させたかと思へば 時に繰出す joke に爆笑までさせるといふ まさに「才能」の持主でありました.

時代は既に いはゆる「冷戰」の末期ではありましたが レーガン氏の「才能」無くしては ロシアのソヴィエト政權を 「無事」に解體へと向はせる事が出來たか否か.何しろ ソヴィエトの非効率をからかつた joke をゴルバチョフに披露して 爆笑させたといふエピソードもある程ですから.

さて 今も數多くの レーガン氏を偲び その名に因んだ財團や記念館などのサイトもありますので スピーチ原稿や録音も手に入れ易いと言つてよいでせう.それはもう 中にはファン・クラブ其のものの雰圍氣を持つ HP もあり 如何に慕はれた大統領であつたかが うかがへます.

アメリカの内政面でも 民主黨のF. ルーズベルト政權以來の「社會主義的」な傾向を斷乎として排し 政府の權限を大幅に縮小し 規制の撤廢を行ひ まさに「自由主義」を復活させた功績は 絶大です.御蔭で さうした政策が効を奏し始めた頃 大統領に選ばれて仕舞つた「能無し」の民主黨 クリントンの政權も 共和黨のレーガン氏および其の後繼のブッシュ(父)氏の政策を踏襲せざるを得ず アメリカ經濟の「復活」を愉しんだ事は クリントンが二期も大統領に選ばれた「不始末」を見ても 明らかでせう.

ところで 現職の共和黨大統領 J.W.ブッシュ氏のスピーチも 私は御薦め致します.こちらは多くは映像附きでありますし 現實に進行中の出來事が話題ですので さうした面でも 興味は盡きますまい.ブッシュ氏批判の有象無象の情報は 世に腐るほどありますので 是非「本物」に自身で觸れて見られる事が肝要でせう.

ついでながらですが 近頃日本でも飜譯出版された アン・コールターの「リベラルたちの背信」(原題 Treason ) などを併せ讀まれると 一層 アメリカの大統領といふものへの理解に役立つのでは無いかと存じます.

まあ ともかくも マス・メディアの「評判」などに惑はされる事無く 勉強される「大統領」を 選ばれる事を.

なほ 下記は White House のHP です.間違へて「 .com 」とすると とんでも無い處[ところ]へ出ますので 御氣を附けあれ.健闘を 祈ります.

参考URL:http://www.whitehouse.gov/

他を詳しくは知らぬので 私の「好み」といふことにもなりますが

何と言つても 共和黨の元大統領 ロナルド・レーガン 氏のスピーチを 御薦めします.the great communicator と呼ばれた大統領であり そのスピーチの妙は 身方陣營のみならず 對立する人人の心をも引附け 或る時は聽く者を感動に涙させたかと思へば 時に繰出す joke に爆笑までさせるといふ まさに「才能」の持主でありました.

時代は既に いはゆる「冷戰」の末期ではありましたが レーガン氏の「才能」無くしては ロシアのソヴィ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報