ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

ユーロ円は元々合成通貨とされていましたが、今は直接取引されるようになり合成ではなくなったと聞きました。
この内容は事実でしょうか?
ネットで調べようと思っても、そういった内容の記事をみつけることが出来ません。よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

直接取引です。

豪ドル円、ポンド円、円人民元もドルを介さずに取引できます。日本政府は直接取引できるアジア通貨を増やそうとしています。

FXをしていればスプレッドが狭くなっているのがわかると思います。EURJPYのスプレッドは今では0.7です(EURUSDは0.6)。

3年ごとのBIS外国為替取引調査
https://www.bis.org/publ/rpfx16fx.pdf

日銀がBISに提出しているデータ
https://www.boj.or.jp/statistics/bis/deri/index. …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

解決しました

そうなんですね!
直接取引出来る通貨がほかにもこんなにあるとは知りませんでした。
どうもありがとうございました!!

お礼日時:2018/01/29 18:02

下記をどうみるかですね。


https://www.fx-foreign-exchange.com/feature/turn …

為替取引量の
約1/4がユーロドル
私も意外だったのは、
約1/6強がドル円

その他主要国との
対ドルの取引量が続き、

クロス円の筆頭は、
ユーロ円。取引量は落ち込んでいます。
1/50以下です。
でもあることはある。

この傾向からみると、
一昔前、基軸通貨の座がとって代わる
なんて言われていたユーロが、今でも
見る影もない。EU崩壊の危機で、
すっかり通貨の信頼は落ちてしまい、
直接取引できる状況ではないとみえます。

インターバンクでは
円⇔ドル⇔ユーロのルート
で、取引されるが普通といった状況
なんじゃないですかね?

このところ、EUの状況も少し盛り返して
きて、ユーロ高が続いています。
しかし、イギリスのEU離脱はまだ揺れて
いるし、EPAが妥結したとしても、
直接取引にメリットはあまりないのでは
ないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

おっしゃる通りですね。
メジャー通貨のペアといえど、ドルが大半でユーロ円の取引量は圧倒的に少ないんですね。
ただの噂に過ぎないのかもしれません。
ご丁寧にどうもありがとうございました。

お礼日時:2018/01/27 19:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報