相同染色体は2nですか?4nですか?
染色分体はどうですか?
染色体が縦裂して相同染色体になり、その1つを染色分体って言うのですか?それとも染色分体がDNA合成期に倍になって相同染色体ができるのですか?
基本的に分裂についてまったくわかっていません。間違って覚えていると思うので参考URLなどありましたらおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

2nってのは、父親由来のの染色体一そろい(n)と母親由来の染色体一そろい(n)があるってことです。


nってのは染色体の数で、ある生物がその生物であるために必要な遺伝子をもった染色体の1セットのことです。
仮に、父親由来の染色体がA,B,C(n=3)で母親由来の染色体がa,b,c(n=3)だとします。
Aa,Bb,Ccはそれぞれ同じ大きさ・形の染色体です(実は同じ形質についての遺伝子をもっています)。
細胞の中にはABCabc(2n=6)の染色体があります。
このときA(a)に対してa(A)のことを、またAaをあわせて相同染色体といいます。(BbもCcも同様です)

分裂の前に染色体が倍化します。(2A2a2B2b2C2c,4n=12)
この時倍になった染色体(例えば2A)のうちの片割れ(A)を染色分体といます(ですから染色分体とは、実は元の染色体と同じです)。
分裂時に各染色分体が分かれて娘細胞に入ります。(AaBbCcとAaBbCcにわかれます。2n=6と2n=6)

細かいところは大分はしょってますが、おおむねこんなものです。

しかし、自分では分っていても人に説明するのは結構難しいですね。
勉強になりました。
参考URLの2個目のほうは細胞分裂の実写アニメが見れていいですよ(重いけど・・・)

参考URL:http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/textbook/celldi …
    • good
    • 0

減数分裂の過程において、まず第一分裂が生じる。


・前期 (1)生殖母細胞の分裂が始まると、核内で糸状の
染色体が太く短くなって、一定数(2n)の相同染色体が
出現する。*相同染色体:大きさや形が同じ一対の染色体で母方由来1つと父方由来1つ。
2つあわせて2n。
(2)父方と母方とから由来した相同染色体が、それぞれ2本ず
つ平行に並び、やがて対合(接着)する。
こうして対合して
できた染色体を二価染色体という。
(3)対合した各々の相同染色体に縦の割れ目ができて、
各染色体は4本ずつくっついた四分染色体になる。
*二価染色体は4本の染色分体から成る。

分裂過程は途中だけど、ここまでで疑問は解けるんじゃないかな。
DNA合成期でDNAが倍になるから、二価染色体は4nかな?
染色分体はnかしらん。
    • good
    • 0

前の人の意見がメチャメチャ参考になるのですが、


「染色分体」についてもっと簡単に言うと、
細胞には核がありますよね。核の中身は「染色質」です。
これが細胞分裂する時、「染色質」→「染色糸」→「染色体」となります。(前期)
DNA合成期は「染色質」の時で、DNA量が2倍になります。(間期)
ここで「染色体」のそれぞれ「1本」には2倍量のDNAが含まれています。
この「染色体」は「X」←こういう形をしていて、縦裂している左右それぞれを「染色分体」といいます。
「染色分体」は縦裂で裂けて、それぞれ「1本」の「染色体」になります。(後期)
!この時の「染色体」に含まれるDNA量は?もちろん半減して元の量になっています。
なので、「染色分体」という用語は細胞分裂の(前期、中期)にしか使われません。
「相同染色体」とまぎらわしいけれど、(高校の時よく混乱しました・・・)
細胞分裂にとって重要なのは「相同染色体」の方なので、初めの方の回答は
とっても勉強になりますよ!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生物 染色分体 染色体 相同染色体 二価染色体 ?

生物の細胞分裂のところで分からなくなっていて悩んでいます。

  あるテキストで

  「体細胞では相同染色体が2本ずつ含まれていて この状態の細胞を 核相は複相(2n) 
   
   生殖細胞では相同染色体が1本しか含まれていない よって核相は単相(n)」
 
  と書いているのですが、 相同染色体が1本とはどういう状態ですか?
 
  (n)ということは相同染色体はないということではないのですか?

  1本=1セット??(;゜゜)

 
  では減数分裂のときに対合した相同染色体(=二価染色体)ができるのはなぜですか?


  減数分裂が起きるのは生殖細胞だけですよね?

  
?ばかりで申し訳ないですが 教えてもらえると助かります!

Aベストアンサー

そうです、1セットの意味です。

ニ価染色体はよくわかりませんが二価染色体にならければ正しく(機械的に)配分できないと思います(二等分二等分して最終的に過不足ない1セットにします。つまり第一減数分裂で間違いを起こさないためです)。

Q「2n=4の場合、右辺は染色体の数、nは相同染色体の組の数」と参考書に

「2n=4の場合、右辺は染色体の数、nは相同染色体の組の数」と参考書に書いてありましたが、
「nは相同染色体の組の数」というのがピンときません。また、nは単相、2nは複相という理解でいいのでしょうか。

Aベストアンサー

n=単相 2n=複相 でいいですよ。
通常の体細胞では、同じタイプの染色体が2本ずつあります。
ヒトの場合、体細胞の染色体は 2n=46(うち2本は性染色体XまたはY)
になっています。

生物が有性生殖するときは、単相の配偶子(精子・卵)を作ります。
これは親から半分の染色体をもらいます。
ヒトの精子・卵の染色体は n=23(うち1本は性染色体) です。
このとき、生殖細胞に入る染色体1本を見れば、親の持つ相同染色体
のどちらかが入るわけですから、人間の生殖細胞には2^23の
パターンがあるわけです。

Q二価染色体と相同染色体の違いって??

二価染色体と相同染色体の違いってなんですか?あと分裂中期で染色体が、対合したときに組み換えが起こる仕組みもわかりません。それらに関連するサイトもおしえていただけるとたすかります。

Aベストアンサー

相同染色体:
二倍体細胞で、両親から受け継いだ染色体のセットにおいてそれぞれ対応する染色体
二価染色体:
二本の染色分体からなる相同染色体同士が近接し、四本の染色分体からなる染色体
関連するサイト:
http://en.wikipedia.org/wiki/Meiosis

Q減数分裂第二分裂と染色体・DNA数

馬鹿丸出しの質問で申し訳ないです。
どうして減数分裂の第二分裂ではDNA数は半減するのに染色体数は変わらないのでしょうか?(2n→n→1/2nとならず2n→n→nとなるのはどうしてですか?)

Aベストアンサー

 一応半減してはいます。
 第一分裂が始まる前までに、DNAの複製が行われて、細胞核内のDNA数が2倍になります。
 そして、複製によって出来た、同じ塩基配列を持つDNAが2本1組となって、1本の染色体が形成されます。
 減数分裂の第一分裂では、1対(2本)の相同染色体が1組となって、二価染色体を形成します。
 二価染色体は2本の染色体が1つの束になったものであり、染色体は2本のDNAが束ねられたものなのですから、結局、二価染色体は4本のDNAが束になっている事になります。
 減数分裂の第一分裂では、二価染色体の中の2本の相同染色体が、2個の娘細胞中に各々1本ずつ分配されますから、2n→nとなります。
 次に、第二分裂においては、1本の染色体に含まれている2本のDNAが、2個の娘細胞中に各々1本ずつ分配されます。
 1本の染色体は、2本のDNAから成り立っているのですから、1本しかDNAを含んでいない染色体は、完全な染色体の半分だけと見做す事が出来ます。
 ですから、ある意味2n→n→1/2nとなっているとも言えなくもありません。
 この様な分裂の後半に現れる、DNAを1本だけ含んでいる染色体の事を、染色分体と言います。

 一応半減してはいます。
 第一分裂が始まる前までに、DNAの複製が行われて、細胞核内のDNA数が2倍になります。
 そして、複製によって出来た、同じ塩基配列を持つDNAが2本1組となって、1本の染色体が形成されます。
 減数分裂の第一分裂では、1対(2本)の相同染色体が1組となって、二価染色体を形成します。
 二価染色体は2本の染色体が1つの束になったものであり、染色体は2本のDNAが束ねられたものなのですから、結局、二価染色体は4本のDNAが束になっている事になります。
 減数分裂の第一分裂では、二...続きを読む

Q体細胞分裂 ~ 染色体の数・DNAの数

生物の体細胞分裂のところでわからないところがあります。

体細胞分裂って、間期でDNAが複製され、
最終的に2つに分裂したそれぞれの核の中に、もともとと同じ数だけ入るようになるんですよね?

私が持っている学校で配られた有名な問題集の、
ある問題で、DNA量の変化のグラフを書く問題があって、
模範解答では、
  間期で段々もとの2倍になり、
  間期終了時には完全に2倍、
  そして、その後の分裂期ではずっと2倍のまま、
  次の間期が始まる時にもとの1倍に戻る(2つに分かれた為)、
このような解答になっていました。

しかし、「センター試験生物1が面白いほどわかる本」では、
  染色体数は、間期でも分裂期でもずーっと変わらない、
  例えば4本ならずっと4本、
  核相も2n=4なら間期でも分裂期でもずーっと変わらない、
ほかに、この本で、体細胞分裂後期の図があって、この細胞の染色体数を答えろという問題で、
  この問題はふだんの染色体数を図から判断し答えろという問題で、
  見た目は8本でも4本と答えなくてはならない、
といった内容のことが書いてありました。

お互い矛盾してませんか…?
例えばはじめ染色体数が2本のものなら、
上の問題集によると、後期は2倍になっているはずだから4、
下の参考書によると、後期でも本来を答えなくてはならないから2、
ということになりませんか??

一体どこで理解を間違えているのでしょうか。
どうか教えてください…、
お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。

生物の体細胞分裂のところでわからないところがあります。

体細胞分裂って、間期でDNAが複製され、
最終的に2つに分裂したそれぞれの核の中に、もともとと同じ数だけ入るようになるんですよね?

私が持っている学校で配られた有名な問題集の、
ある問題で、DNA量の変化のグラフを書く問題があって、
模範解答では、
  間期で段々もとの2倍になり、
  間期終了時には完全に2倍、
  そして、その後の分裂期ではずっと2倍のまま、
  次の間期が始まる時にもとの1倍に戻る(2つに分かれた為)、
...続きを読む

Aベストアンサー

DNA量と染色体数では数え方が違います。

染色体数の場合、体細胞分裂では変化しない(娘細胞にコピーを分配)。
減数分裂では、第1分裂で半減する。第2分裂では変化しない(娘細胞にコピーを分配)。

DNA量の場合、間期のS期に複製が行われ倍加する。
体細胞分裂では分裂によって元と同じに戻る。
減数分裂では第1分裂で元と同じ量に戻り、第2分裂で半減。

もしもDNAの合成が行われたのち、細胞分裂が途中でストップして元の2倍のDNAを持った状態の細胞ができれば、染色体数が2倍になった新しい細胞の誕生と考えます。(コルヒチンで処理した場合です)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報