『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

1990年代のドラマは、今より視聴率や知名度ありましたか?

A 回答 (6件)

はじめまして、テレビの視聴率自体が高かったですからね、下記のサイトによると1997年には主要テレビ局のゴールデンタイム視聴率合計は71.2%でした。

ところが2017年度上半期は59.9%と6割を切っています。

いまはテレビが斜陽の時代を迎えています。フジホールディングやTBSは今や不動産事業の方がメインになっています。

主要テレビ局の複数年に渡る視聴率推移をグラフ化してみる
http://www.garbagenews.net/archives/2020115.html

下記のWIKIの記事も参考になります。

テレビ離れ(WIKI)
https://ja.wikipedia.org/wiki/テレビ離れ
    • good
    • 0

ドラマの選択肢が限られていたのもありますが


オリジナルのドラマでも、原作があってもそれなりにいい脚本と
キャスティングでヒットしていました。
特にオリジナルは、ヒット作が多く、楽しめる作品が沢山ありました。

今は演出も今一で、一度放送されると
忘れ去られるものが多いですね。

http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/S …
    • good
    • 0

ありましたよ。


今はネット配信が中心になってきていますので、みんなで同じ時間に同じドラマを見るということが少なくなってきていると思います。

1979年にウォークマン登場で、音楽がパーソナルなものになり同じ音楽を聞くよりも自分が好きなものだけ自分一人で聞くという文化に変わりました。
昭和は、歌声喫茶(朝ドラの『ひよっこ』で出てきました)があり、みんなで喫茶店で同じ歌を大合唱していました。
そしてレンタルビデオ店でCDも借りる時代となりミリオンヒットが滅多に生まれなくなります。

映画も昭和の一大娯楽でしたが(寅さんシリーズや、お呼びでない?の植木等の映画や、おしゃれなアメリカ映画)、テレビの普及で衰退し、バブルの頃にトレンディドラマが大ブーム。
次にレンタルビデオショップが出来て、映画は家に持ち帰ってみるという形態に変化しました。
これもパーソナルな感じですが、それでも流行のものを借りて帰るので、友達と流行っている同じものを見るという文化が生きていました。
テレビドラマも当然、話題のドラマを見るわけです。録画機の普及で見る時間は別々になり、録画は視聴率に反映しないので視聴率は下降していきますがまだ、みんなで同じドラマを見ていた時代です。

映画はムービックスなど大きな劇場がショッピングセンターと併設され、また劇場でみるようなりますが、買い物ついでに気軽に入る場所と形を変えていき、よほどの大ヒット映画でなければみんなで同じものは見なくなっていきます。

そして現在はネット配信の時代です。
アプリを購入して自分の好きな時に好きなドラマや映画を見る時代に突入しました。
昔より手軽に好きなものを好きな時間に見られるように(聴くことが出来る)時代になりましたが、好みが細分化され、みんなで同じものを見たり聞いたりするということが減っていったのです。

みんなで同じドラマを見ていた90年代は、翌日はドラマの話でもちきりでしたよ。
テレビの時代からネットの時代に変わり、これから視聴率の調べ方も変わっていくと思います。
ダウンロード率○%みたいに。

またこれから変わるでようね。
『君の名は』が大ヒットしたようにネット口コミで大ヒット作品が生まれていくかも。
それぞれ違った場所にいて、違う時間に同じドラマを見て大ヒット作品が生まれる時代になっていくと思います。
    • good
    • 0

ドラマの全盛じだい。


平成に入り日本のドラマは駄目になりましたした、視聴率とるために歌手の人気の
ある人を起用するようになり、ドラマをみせるよりも顔見世で視聴率をとる。
と言う分けで日本のテレビ観なくなって25年、海外ドラマ観ています。
    • good
    • 0

今の方がその局でそのドラマの番宣をやたら流すから今の方が知名度あるのかな?


昔はどんなドラマをやっているか知らなかったけど、最近は見ないけど知っている。
視聴率は今の方が悪いでしょ。
    • good
    • 0

その当時、視聴率も知名度もありました。


と、いうより、今が悪すぎます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング