私は鋳物メーカーに勤めています。弊社は、顧客に鋳物素材を納入していますが
先日、顧客が排出している工場廃液から、規定値以上のMnがでました。
顧客は、鋳物に原因があると考えています。なぜなら顧客は、鋳物を機械加工後
リン酸皮膜処理をしていますが、鋳物の粉、及びショットブラストの粉が
Mnを0.06%~0.85%含んでいます。リン酸皮膜液が、それらを溶かすことに
よって、Mnが液体化するのでしょうか?
どうぞ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

溶解度 測定」に関するQ&A: 溶解度の測定法

A 回答 (3件)

 リン酸皮膜処理についてはよく知らないのですが、化学大辞典(共立出版)の燐酸塩処理剤の項によれば、


「リン酸塩としておもに用いられるのはリン酸マンガンとリン酸亜鉛で、これに種々の促進剤が添加されることもある。」
とあり、別表の方法(商品)名パーカライジングの項には加工液組成としてリン酸マンガン-鉄系とあります。

 したがって、おそらく顧客の用いているリン酸塩処理剤のマンガンが原因であって、sotanpapaさんの会社の鋳物素材に問題があるわけではないようです。顧客に用いている処理剤の名称・成分を確認してみてはいかがでしょうか。

回答が遅くなりましたが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

取引先では、リン酸皮膜処理後の廃液処理はどのようにされているのでしょうかね?


排水中のマンガン濃度とともにリン酸濃度も問題でしょうから・・・?

費用はかかるでしょうが、御社で実験されては如何でしょうか?
リン酸皮膜処理と同じ条件(鋳物素材を用いて)で、溶出してくる「マンガン濃度」を分析会社に測定依頼されては如何でしょうか?

溶解度は調べてませんが、化学便覧によると
・リン酸マンガン(II)7水和物:難溶性
・リン酸マンガン(III)水和物:濃リン酸等に溶解
です。

補足お願いします。
    • good
    • 0

知識が無いので直接回答できませんが、OKwebと提携している物作り専門のQ&Aサイトがあります。



「NCネットワーク 技術の森」(参考URL)にて質問してみてはいかがでしょうか?

きっと詳しい方がおられると思うのですが。

参考URL:http://mori.nc-net.or.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリン酸塩を使った粉末の食器洗剤の環境への負荷は?

とある粉末状の食器用洗剤(製造元から直送してもらっています)を使っていますが、この洗剤は市販のコンパクト洗剤に比べて、環境への負荷はどのようなものでしょうか?この洗剤と併用して、よくあるヤシから作った自然派の液体洗剤(下記成分参照)も使っていますが、それとの比較も知りたいです。

粉末の食器用洗剤の液性:弱アルカリ性
粉末の食器用洗剤の成分:界面活性剤(オレイン酸メチルウレート7%)、リン酸塩(P2O5として17%)、炭酸塩、硫酸塩、ケイ酸塩、酵素配合

コンパクト洗剤の成分:?(手元にないのでよくわかりません)

ヤシから作った自然派液体洗剤の液性:中性
ヤシから作った自然派液体洗剤の成分:界面活性剤(16%、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、脂肪酸アルカノールアミド)

このリン酸塩を使った粉末の洗剤、あまりに良く落ちるので便利で使っているのですが、逆に環境に悪いのじゃないかという不安を持ってしまいました。ヤシから作った洗剤よりは環境に悪いでしょうが、市販のコンパクト洗剤よりも圧倒的に環境に悪いのなら考え直そうかと思っています。どうぞよろしくおねがいします。

とある粉末状の食器用洗剤(製造元から直送してもらっています)を使っていますが、この洗剤は市販のコンパクト洗剤に比べて、環境への負荷はどのようなものでしょうか?この洗剤と併用して、よくあるヤシから作った自然派の液体洗剤(下記成分参照)も使っていますが、それとの比較も知りたいです。

粉末の食器用洗剤の液性:弱アルカリ性
粉末の食器用洗剤の成分:界面活性剤(オレイン酸メチルウレート7%)、リン酸塩(P2O5として17%)、炭酸塩、硫酸塩、ケイ酸塩、酵素配合

コンパクト洗剤の成...続きを読む

Aベストアンサー

環境への負荷をどのような観点からかにもよるのですが、リンの富栄養化に対しての配慮であれば、リン酸塩の含まれていないものをご使用になればよいと思います。

それ以上にトータルで環境への負荷をお考えになるのでしたら、いわゆる合成洗剤より石鹸をご使用になることをお薦めいたします。

今回比較に出されている洗剤の成分である界面活性剤はすべていわゆる合成洗剤です。石鹸に比べてその毒性が問題視されています。私も石鹸から合成洗剤に代わる過程で、自然生態系への悪影響、自浄作用の低下があったのではないのかと関心をもっているところです。

粉末の洗剤のリン酸塩以下は、界面活性剤の働きを補助する成分です。これらがなければ、その界面活性剤の働きそのものが弱くなるということです。
コンパクト洗剤は各メーカでさまざまな合成界面活性剤を組み合わせていますので、一つ一つ検証しなくては比較のしようがないと思われます。合成界面活性剤は、新しいものが常に開発されていると思います。その安全性についての検証はどうしても後手になるのがこれまでも経緯だと認識しています。

最後に、「やしから作った自然派」とおっしゃっていますが、原料がやしからとった油脂であると言うだけです。自然のものを使っていると言うイメージだけです。工業生産に供給できるだけの量を天然やしだけでまかないきれると思われますか。やし畑を作るために多くの森林が切り開かれました。やし油が使われるまでは、食肉産業から出てきた動物性油脂が使われていました。すなわち、やしの実洗剤とは、森林を切り崩し、これまで資源として使われていた動物性油脂を産業廃棄物に変える役割を果たしているのです。

環境への負荷をどのような観点からかにもよるのですが、リンの富栄養化に対しての配慮であれば、リン酸塩の含まれていないものをご使用になればよいと思います。

それ以上にトータルで環境への負荷をお考えになるのでしたら、いわゆる合成洗剤より石鹸をご使用になることをお薦めいたします。

今回比較に出されている洗剤の成分である界面活性剤はすべていわゆる合成洗剤です。石鹸に比べてその毒性が問題視されています。私も石鹸から合成洗剤に代わる過程で、自然生態系への悪影響、自浄作用の低下があっ...続きを読む

QCOD(Mn)とBODの関係について

COD(Mn)とBODの関係について知りたいのですが、基本的にCODとBODの関係と同じだと思ってもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 CODMnは過マンガン酸に酸化されるもの、BODは生物に取り込まれて燃焼されるもの、の違いです。
 物質によって酸化される程度や生物の利用効率が大きく変わります。
 特に、過マンガン酸の酸化回収率はひどく悪いので、BODとの相関はグラフにするとかなり団子になります。
 CODCr(二クロム酸で酸化)は、物質による酸化率の差が少なく回収率も結構高いので、こちらとBODの相関の方がきれいになります。

QCrやMnを含む産廃処理

基本的にはゼロエミッションとしたく、CrやMnを含む廃棄物を処理できる産廃業者を探そうとしているのですが、どういうキーワードで検索したら良いのかわかる方お教えください。
特別管理廃棄物とかあるようですが、その中でも細分化されていて良くわかりません。
ゼロエミッションといっていてごみを外に出すのですから、少し矛盾していますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

クロムやマンガン類は一般的に特定有害産業廃棄物にあたると思われますが、それらを含む化合物や発生場所・濃度により扱いが異なるケースがあるようです。
県などが管轄する産廃処理業者の名簿一覧をネット上に掲載しているケースが多いので、そこから探されるのが一番早いと思われます。
参考URL先は、例として宮城県のそれです。

参考URL:http://www.pref.miyagi.jp/haitai/meibo/meibo.htm

Q河川における窒素リン濃度の規制

富栄養化の防止のために窒素リン濃度を規制する動きがありますが,
環境基準が定めるところでは,湖沼についてのみです。
河川浄化の課題に窒素リンの除去が挙げられるという文献も多いですが,
にも関わらず河川において,目標となる環境基準が定められていないのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

私もそれについて調べたことがありますが、有機物については河川はBOD、湖沼や海ではCODと、やはり違うものを使っています。河川水は滞留しないが湖沼や海では滞留するので、前者は分解しやすいもの、後者は分解しにくいものまで測る、というスタンスらしいです。で、窒素・リンも、滞留したところで植物プランクトンに利用されて初めて有機汚濁になるからだという考え方らしいです。しかし、長良川河口堰のように、川でも構造物ができるとアオコが発生して有機汚濁が生じますから、環境基準は本来は統合されてしかるべきだと思います。下記の環境省のHPに中央環境審議会水環境部会議事要旨・議事録がいろいろありますから、読んでると最近の議論が分かると思います。

参考URL:http://www.env.go.jp/council/09water/yoshi09.html#06

Q浮遊物質とリン

降雨の後、濁水が海域に流れ込み、
その影響で海域のSSとリンの濃度が上昇する、
という話を聞いたのですが、
なぜリンが上昇するのでしょう。
ご存知の方、教えてください。
あと、このことが詳しく書いている
本や文献をご存知でしたら、そちらも教えて頂ければ、
幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず富栄養化の機構などお調べになる事と、下水道(処理場)や、公害の歴史などが載っている本をお読みなるのはいかがでしょうか?
インターネットで調べる手もありますが、アナタハ、分析化学などもお詳しいようなので、きっとその道をお勉強されようとしている方かと拝察し、アドバイスさせていただきます。
やっぱり専門書をお読みになるのが良いでしょう。
東北大学の須藤隆一先生が書いておられる本など検索してみて下さい。(古い本の方が良いです・・・)
#1,2の方々の言うとおり、答えは一つではないのです。環境って十派一からげに言いますが、土地の形状、人間の生活、その時代の文化・産業など外的条件因子でいろいろ変わってきます。いろんな知識を得た上で、状況を客観的に判断する事が大事です。
がんばってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報