剣道は原則として素足ですね。
その理由と、
一応認められている剣道足袋に衝撃吸収剤のソールが入っている物はありますか。無ければ入れてもかまいませんか。
踏み込みのつど、大きな衝撃を膝やかかとに受けるのを考慮した上でスポーツ医学の視点から素足というのはどうなのでしょう。
 師範に言わせれば、「正しい動作をすれば、障害は起きない」とのことですが、「正しい動作を習得する以前」はどうなのでしょう
できる予防処置をとっておくべきだ、と思うのですがいかがでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。

また来ちゃいました。m(__)m

>フェンシングではソールを~
そうなんですか?知りませんでした。大変合理的ですね。
大体において、日本のスポーツは経験主義というのか、理論は結構おろそかで、指導者の力量によるところが大です。その点、欧米のスポーツは、理論を確立しているので、指導者が多少非力でも(指導者の皆様失礼m(__)m)理論に基づいて練習ができますね。

日本では入門する前に師を選ぶ・・・という段階でしょうか。

しかし剣道も世界に広まっており、現状のままでは絶対に立ち行かなくなるでしょう。ですからもっと理論も取り入れてやがては「師を選ぶ」なんて時代は「昔は・・・」なんて語られるようになると思います。

ちなみに私が考えてるソールは有害とは、

1.それを入れて練習すると、足が楽だから、本来の形から外れててもできちゃうんです。その悪い形が癖になると、ソールがないと怪我しちゃいますよね。だから早く強制するためには少々痛くても素足で。

2.剣道では足の裏?が結構大事な働きをします。道場だけでやる分には関係ないんですが、剣道がいわゆるスポーツとちょっと違う点は、剣道で鍛えてえた物を生活にいかす事だと思います。道場を出たら剣道は終わりじゃなくて、気配りや目付、礼儀作法、所作など、常に生活の中に持っていなければいけないと私の先生もおっしゃってましたが、屋外では足元が安全な板張りなんてところはないですよね。そこでも剣道はできなくてはいけない。つまり足の下がどんなところなのか歩いてるだけで判り、自然にそういう場所用の足さばきができないといけないので、足の裏の感覚は非常に重要だ・・・とまあ、現代のスポーツとしての剣道では、もうシーラカンス状態かも知れないけど、そういう部分もまだ残っています。

というわけで、これらの妨げになるものはない方がいいという考えですが、こういう考えの指導者はまだまだ多い事だと思います。

ただ道場の環境が環境ですし、ちゃんとした板張りの方がはるかに少ない現状ですから、スポーツとしての剣道を確立しようと思えば安全に配慮するそういう方法は当然検討されるべきでしょう。

また特に他のスポーツを長くやられていた方では、剣道の足さばきなどを覚えるのに、他の種目の動きの応用でやる人がかなり多く、時間がかかる傾向があります。いわゆる癖が抜けないというやつですね。
そういう場合はやっぱり怪我防止が最優先ですから、その為にそういう工夫をするのは大事だと思います。

ちなみに、竹刀だって、昔は木刀で稽古してたのが、けが人を減らす為に、新陰流で工夫されたものですし、防具だって怪我しないように工夫され、小野派一刀流の鬼小手をはじめ各種あり、現在の物に至ってます。
近い将来、剣道の道具の一つにソールも入るかも・・・(^^ゞ?

何よりも怪我のないように稽古に励まれますよう。

#ちなみに、踏み込みは踵を床に打ちつけるのではなく、足の平?全体が同時に着地する事で全体重を支えて力を出すと同時に次の動作のバネを作るものです。外から見ると足の平?の指の付け根あたりが先に着地するように見えます。同じ痛いのでも、踵が痛い→×、足の平全体がひっぱたいたような痛さ→◎だと思います。また膝の角度が非常に重要で、浅すぎず深すぎず(ひざ頭がつま先よりちょっと前に出る位)でないと膝を痛めます・・・以上、体験雑談。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れました。申し訳ありません。どうしても日本の武道というと型や精神性を重視し「なぜ」という質問に見ちんと答えられる指導者が少ないような気がします。myeyesnonlyさんの有害説は現状の剣道においてはそうなのでしょうね。
カーボン竹刀がよいかどうか解りませんが、どんどんそのような新しい取り組みをして欲しいです。

お礼日時:2001/08/08 20:34

ありますよ。

私も中学、高校と剣道をしていましたが、踏み込みが悪くかかとを痛

めてしまい「かかとサポーター」いうものを使っていました。つま先のない靴下の

ようにすっぽりとはくタイプや、マジックテープでとめるものなど数種類あるとお

もいます。

私は県大会にも使いましたが大丈夫でしたよ。でもやはりここぞという試合では素

足でした。

素足の理由は、それが剣道のルールだからではないでしょうか。でも練習や試合で

それを使っても何らかまわないと思いますよ。痛いことまでして、あの剣先がふれ

あう緊張感を感じられない方がよっぽどつまらんことだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ルールが素足なのはよいとして、なぜそうなのかが解らないのです。実際に協会の報に問い合わせても説明が無く「そのような決まり」という解答でした。私は外国人ではありませんが、外国人であれば納得がいかないでしょう。実際に私も、nakasi19さんも同じトラブルを抱えていたわけですから。
このあたりがどうしても指導者層に不審を抱くところなのです。

お礼日時:2001/08/08 20:42

練習する際であれば、剣道用の踵サポーターを履くことをお勧めします。


つま先のない靴下のような形状で、踵部分に約1センチ位の厚さがある衝撃吸収剤が入った物が市販されています。
専門の武防具店等へ行けばあると思います。

公式試合などで使用できるかどうかは解りませんが、何か履いていると足裁きの妨げになるので、試合では履かない方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそく探してみます。

お礼日時:2001/08/08 20:36

・剣道は素足でやりますがその理由ははっきり言ってあまり考えたことはありません。

小学校3年からずっとやってきてそれが普通のことだと思っていました。自分が思うには、素足の方が足さばきがやりやすいし打ちやすいと思います(答えになっていませんが)。
・自分も高校の時、練習でかかとを痛めた記憶があります。病院に行っても骨に異常がなくて湿布しかもらえませんでした。ですからバレーで使うひざ当てをかかとにつけて練習をやっていました。これが割と衝撃を吸収してくれて役に立ちましたが試合では使えません。武道具店においてある試合対応の足袋なら片足のみ試合でつけることができます。
・あと体育館に問題があると思います。体育館と剣道場では板の種類が全く異なります。体育館の板はかなり堅い素材を使っています。剣道場の板は、衝撃を吸収しやすい柔らかい板を使います。板の素材で衝撃の度合いが全く違います。
・以上自分が思っていることを書きました。けがをしないように自分で気をつけることしかないと思います。参考になったでしょうか? 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は長年フェンシングをしていて、最近剣道を経験し始めたのですが、足の運びが両者ではかなり異なるのです。フェンシングの時はソールに吸収剤を入れていたのですが、剣道ではそれができず、つらいのです。もう少しスポーツ障害のことを考えてほしいと思うのですが、まだそこまでは行かないのでしょうね。

お礼日時:2001/07/11 18:56

こんにちは。

ちょっと留意する点が二つほどあると思います。

今と昔では稽古する環境がまるで違います。
昔は道場は板張りでした。(床が木でできてるという意味ではない)
今はコンクリの上に薄くゴムを塗った床やPタイルの床、あるいはコンクリの上に木を敷き詰めた床などばっかりです。
板張りは踏み込んだときに床材がたわむので衝撃を相当吸収してくれますが、下がコンクリだとたわみませんから、衝撃はモロに踵、膝に来ます。

次に、踏み込むのは、床をけっ飛ばしてるわけじゃないので、踵を打ちつける踏み込みは間違えです。よくそういうの見るけど、あれじゃ怪我します。特に今のコンクリ床では最悪、かかとにひびが入ることがあります。

以上より、現在の環境では板張りの道場で稽古できる人はよほど環境に恵まれた人と思いますので、学校の体育館などを間借りしてやってる稽古では、それなりの工夫や、技術が必要になるだろうと思います。

さて、>正しい動作~ですが、修得するまでの間、痛い目を経験して覚えて行くのが稽古だと思いますが、そこは師範の指導力の問題かと思います。
間違った動作をしている弟子を正しい形にどう導いて、怪我をさせずに経験を積ませるか・・・でしょうね。私はそういう指導にはソールなど必要ない、というより逆効果だと思います。

#一応剣道初段ですがよく先生の代りに子どもたちの指導をやらされました。(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

体育館で間借りのクラブは多いと思います。ですからmyeyesonlyさんの言われるように、工夫をしようと思っていたわけですが、道具に頼るなということになりますでしょうね。

お礼日時:2001/07/11 19:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q足のかかとのがさがさについて。

男性です。冬?になるとかかとが、ガサガサになります。尿素いりのクリーム、軽石でこすったりしますが
時間もなく大変です。そこで簡単で効果のあるものがあれば、教えてほしいのですが。ほって置くとひび割れてきますので、早く対処をしておかないと。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木酢液を勧めたmikonekoです

テスト的に
http://www.kenko.com/product/item/itm_7751073072.html
どうですか
薬局に置いてるところもあります
最初これを使ってましたが
ボトルで買うようになりました

参考URL:http://www.kenko.com/product/item/itm_7751073072.html

Q中年伝統空手家です!踏み込みについて

以前、あいての突きや蹴りが見えにくい、と質問し練習方法の回答をいただいて、わりと早い段階から効果が出てまいりました。
今回もよろしくお願いします。
組み手や突きの練習のときに、がんばって前に踏み込でいるつもりなのですが、自分が納得のできるようなものではありません、上に力が逃げないように意識して、力まずゆったりかまえて腰から前に出るよう意識して練習しているのですが・・・ベテラン空手家の突きを見ていると自分の突きがスローモーションのように思えてきます。何かよい練習方法や意識することなど教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

組み手の時を中心に答えさせてもらいます。


「踏み込む」という言葉を意識し過ぎないほうがいいと思います。質問者さん自身も言っていますが、大事なのは「腰の切れ」です。

組み手の強い人の突きを見ると床が「バーン」と鳴っていて、それが強い突きを生むと思っていたときがありました。でも音が出るのは結果です。勢い良く突きを出すのには、前に足から踏み出すのではなく、腰から前に出ること、さらに言うと腰を鋭く切ることです。


練習の中での「腰の切れ」の意識ですが、移動しながら腰を切るのは最初難しいので、構えた状態で移動せず、その場で「腰の切れ」で突く練習をまずしてみるといいと思います。次に「移動」ではなく「今より前を速く突く」ことを意識してください。ただ速く突くだけだと、こじんまりしてしまうので、より「ダイナミック」に。すると腰の動きにに後ろ足が突いて来て、「思わず足がずれる」感覚がつかめてきます。そうなったら、「その場で突く」という意識を取っ払ってください。「腰の切れで前を突いたら後ろ足がついて来た」その結果「前に移動」して「勢い良く前に出たので強く踏み込めた」となるはずです。組み手の試合で、踏み込みより突きのほうが先に出てるのは、このためです。

ただ逆に、「足から行かない」ことを意識してしまうと、体が泳いで手だけで突いてしまうので、やはり意識すべきは「腰の切れ」です。


「腰の切れ」なんです。


もっといい練習方法が紹介できれば良かったんですが、漠然と「意識」と言う言葉で済ましてしまってすいません。でも、実はどんな基本動作の練習でも「腰の切れ」を意識できますので、良かったら試してみてください。

組み手の時を中心に答えさせてもらいます。


「踏み込む」という言葉を意識し過ぎないほうがいいと思います。質問者さん自身も言っていますが、大事なのは「腰の切れ」です。

組み手の強い人の突きを見ると床が「バーン」と鳴っていて、それが強い突きを生むと思っていたときがありました。でも音が出るのは結果です。勢い良く突きを出すのには、前に足から踏み出すのではなく、腰から前に出ること、さらに言うと腰を鋭く切ることです。


練習の中での「腰の切れ」の意識ですが、移動しながら腰を切る...続きを読む

Q朝、起きると踵(かかと)が痛い・・・

朝、起きると踵(かかと)が痛い・・・

毎日って言っていいんですけど、朝起きると踵(かかと)が痛いんですけどコレって痛風の症状の一つでしょうか?

昼間は動いている(仕事)せいか痛みはないのですが、心配しています。病院も何科に行っていいのかわからなくて・・・。

同じ症状になった方、痛風の経験のある方、わかるかたいらしたら教えてください。

42歳、男性です。

Aベストアンサー

採血による通風の検査はしたのですか?
その結果を見て通風ではないと言われたのでしたら通風ではないと言うことになるんですけど…

尿酸値が一番効いてくると思います
中性脂肪などの値も注意するらしいのですが、自分は素人ですので詳しくは分かりません
担当の医師に相談されることをお勧めします

Q空手の師範

空手の師範、最高師範、主席師範とかいろいろありますが、どの師範が一番上なのですか?
他にも館長代行とか指導員とかありますが、色々な会派、流派がありいちがいには言えないと思いますが 他にどんな位があるのか沢山知ってみえる方教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

流派によりマチマチだと思います。師範免状を授与された人が師範ですね。
主に町道場などで館長と呼ばれている方がそうです。

会社に例えると宗家:社長、師範クラス:支店長・・・
流派により宗家がいなければ、主席師範が社長であったりします。
宗家が社長(二代目)で先代に仕えていた人を最高師範に持ってくるケースもありますね。会社で言えば相談役ですか・・・

流派で色々ですね^^;


館長代行・・・これも難しい・・・
役から言えば(大雑把ですよ~)

宗家→最高師範→師範→師範代→指導員→準指導員
若しくは宗家制度がない場合は
主席師範(最高師範)→師範→師範代→指導員→準指導員

館長は「道場の責任者」で宗家が館長と呼ばれている場合もあります。道場で二番目に偉い人が館長代行でしょうね。流派での順位ではありません。

説明が下手ですみませんm(__)m

Qかかと(踵)部分が無い靴

正面から見たら普通の靴なのにかかと(踵)部分が無いサンダル(?)みたいな靴は何て言う名称でしょうか?
※インターネットとか検索に引っ掛かる様な…

Aベストアンサー

サボ

ですね。

Qレスリングの両足タックル。タックルの踏み込みの時膝をつくやり方と膝をつ

レスリングの両足タックル。タックルの踏み込みの時膝をつくやり方と膝をつかないやり方がありますけどあれは人の好みなんですか?膝をついている人のほうが多い気がします。膝をつかない人は重量級の人が多い気がします。つく場合とつかない場合のそれぞれのメリット、デメリットを教えてください。

Aベストアンサー

膝をつかないやり方 
メリット→ 相手の片足がはずれてもこちらもまだ足が動くのでバックにまわったり、もう一度相手の足を取りにゆく、などの連続技がつかえる。また大きくタックルを決めることができればそのまま相手を抱え上げる大技からフォールに一気にもってゆくことができる。
デメリット→ たわら返しなどの返し技をくらう可能性があるデメリット→ 相手につぶされたり、たわら返しなどの返し技をくらう可能性がある

膝をつくやり方 
メリット→ つかないやり方の逆。重心が低いので簡単につぶし技や俵返し系の返し技がかからない
デメリット→ これも逆。技の効果が薄い場合、連続技が使いづらいので相手に相手につぶされたり、バックをとられる可能性が高い

重量級は少々腰高でも大きく抱え上げることが少ないので膝をつかないやり方を好む人が多いんではないでしょうか。私は中量級でしたがあまり腕力がなかったので片足タックルでもいったんつかまえると相手の足を自分の胸とマットではさむくらい低い姿勢になり、相手に尻もちをつかせてから寝技に持ち込んでいました。

Q踵のひび割れ?かかとの痛み

今日の夜中に踵の部分が結構痛くて目が覚めました
10~20秒くらいで治まったのですが原因がよくわからず困惑しています。
その後はあるいても特に痛みは感じたりしていません。
踵がひび割れしているようにもみえます。
ひび割れで痛みが発生した場合は一度のみでなくひび割れの痛みはずっと続くものなのでしょうか?
一回痛くなったあとは特に痛くないなんてことあるのでしょうか?
ひび割れを意識した事がないのでご存じの方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

表皮のひび割れで,目が覚めるほどの痛みだとすると
ひび割れ部分に、着衣の糸が絡んだとも思われます。
が、ひび割れしているようにも見える。という事であれば,表皮に糸が絡んだとは考えにくいですね。
まだ、一回だけなので、ひび割れとの関連は想定できません。
急に運動をしたり,かかとに衝撃を受けた。なども考えられるので、しばらくは様子を見るしか無いと思います。

Q多汗症と素足の武道。

タイトルの通り、自分は結構重めの多汗症で、そして大学で少林寺拳法を4月から始めました。
練習の時、地面はツルツルした板の間なのですが、足(の裏)に多量の汗をかくせいで・・・

とにかく滑る!

正直本当に困っています。足は完全に足を温水にぬらした後のような感じになります。
下半身が滑って踏ん張れないと蹴りも突きも受けすらも思い切って出来ません。
他にも多汗症の武道家の方いらっしゃいましたら何かよい解決案はご存じないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。
それか、足を覆うほどの足用サポーターなどを使用するとか。

下記アドレスのサイトでは剣道用ですが、滑りにくいぐらい覆ってくれそうなサポーターがあります。

試合によっては使用できないこともあるみたいですが、これなら見ている人も不自然さは無いと思います。

もしかしたら、手の汗も困っているのでは…。
多汗症で色々なことをあきらめることが多い中(エレキギターもあきらめました…)頑張っている人を知るのは嬉しいです。
応援しています、頑張ってください。

参考URL:http://www.budogu.jp/goods/supporter-goods.html

Q踵(かかと)の骨はどれ位の強さで骨折するのでしょうか?自分の意思で骨折出来るものでしょうか?

こんばんは。ちょっと困っております。宜しくお願い致します。

踵の骨の骨折(医学的用語ではヒビも骨折と言われたのでこのように書きます)について質問です。
ある事が原因で踵の骨を骨折(滑らかに繋がっているように写るのが骨折をしていない普通の状態なのだそうですが、横からだと剥離したようにレントゲンに写る、ヒビが入った状態です。)しました。勿論、自分の意思ではありません。
事情があり、自分の意思で骨折したのではない、という事を証明したいと思っています。

40代前半で、子供は生んだ事がなく、カルシュームは普通に食事の中で摂っているだけですが、骨はかなり強い方だと思います。以前一度肋骨を折った時は、見ていた人が私が乗っていた車を見てもう死んでいる、と思った程の事故で1本折っただけでした。女性としては骨太の方だとも思います。

逆に言うなら、自分の意思で踵の骨折を出来るものでしょうか?(どこかから飛び降りる?そうだとするとどれ位の高さから?(BMI値で21なので普通体型です))また、一般的にどれ位の力がかかると骨折するものでしょうか?

変な質問ですみません・・・。でも、本当に困っております。
お判りになる方、教えて戴ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

こんばんは。ちょっと困っております。宜しくお願い致します。

踵の骨の骨折(医学的用語ではヒビも骨折と言われたのでこのように書きます)について質問です。
ある事が原因で踵の骨を骨折(滑らかに繋がっているように写るのが骨折をしていない普通の状態なのだそうですが、横からだと剥離したようにレントゲンに写る、ヒビが入った状態です。)しました。勿論、自分の意思ではありません。
事情があり、自分の意思で骨折したのではない、という事を証明したいと思っています。

40代前半で、子供は生んだ事...続きを読む

Aベストアンサー

簡単で申し訳ないですが・・家の主人の場合6メートル屋根上で仕事で作業していたところ屋根がすっぽり濡れてしまい立ったままの状態で落ちました。その時にかかと、足首粉砕骨折です。

Q少林寺拳法の師範とは?

少林寺拳法の詳しい段階の説明を頂きたいのですが…師範といわれるクラスには、大体どれくらいの年月で到達できるものなのでしょうか?女性でもそのような方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

一般的に、道院(道場)をもてるのは、4段以上だったと思います。
毎日練習をしている道院に通うのか、それとも週に何回かの道院に通うのか、そこの道院長の考え方や、その人の頑張り、技の進み具合によって変わってくると思います。
見習い~三級~二級~一級となっていくわけですが、見習いで練習を始めて何ヶ月か(確か二、三ヶ月だったと思います)で昇級試験を受ける資格が・・、3級になって、二ヶ月か三ヶ月で次の昇級試験を受けるる資格・。で、また2級になって数ヶ月で次の昇級試験を受ける資格・・。という形になっています。
有段者になり、段が上がるにつれて、昇段試験を受ける資格を得るだけでも、数年かかったりするようになるので、かなり長い道のりになると思います。
(あたし自身が少林寺にかかわっていた時期が少し前のため、システムが変わっていたら申し訳ありません)

他の武道もそうだとは思いますが、少林寺拳法は技の種類がとても多く
、覚えるだけでも大変な上、その技術を自分のものにしようと思うと、かなりの歳月を必要とするように思います。
それを人に指導するわけですから、道のりは大変だと思います。

あたし自身も女です・・。
今は、少林寺拳法から離れていますが、いま、自分の進んでいる道(激しい格闘技のため、体力的にも現役でいられる年齢が限られているため・・)を引退したら、もう一度一から少林寺拳法と向き合い、人に指導できるようになれればと思っています・・
自分の後輩たちも、真剣に少林寺拳法と向き合い、指導に当たっている子達も多くいます・・。

指導者に男も女も関係ないと思います。
思いがあれば、誰にでもなれるものだと思います。
大切なのは気持ちだと思います。

一般的に、道院(道場)をもてるのは、4段以上だったと思います。
毎日練習をしている道院に通うのか、それとも週に何回かの道院に通うのか、そこの道院長の考え方や、その人の頑張り、技の進み具合によって変わってくると思います。
見習い~三級~二級~一級となっていくわけですが、見習いで練習を始めて何ヶ月か(確か二、三ヶ月だったと思います)で昇級試験を受ける資格が・・、3級になって、二ヶ月か三ヶ月で次の昇級試験を受けるる資格・。で、また2級になって数ヶ月で次の昇級試験を受ける資格・・...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報