湯葉の作成法を研究したのですが、界面変性をうまく説明することが出来ません。
教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

課題研究」に関するQ&A: 課題研究について

A 回答 (1件)

牛乳の場合は、ミルクカゼインにより膜が出来ますよね。


豆乳の場合は、大豆カゼインにより膜が出来ます。
カゼインは蛋白ですから、動物性・植物性に関わらず似たような反応を
空気に触れる部分(界面)で、水分間の蒸発に伴う濃縮され凝固を起こすわけですね。
これをラムスデン現象というらしいのですが、湯葉の場合も同様のことが言えるようです。

参考までに、ミルクの膜について
http://homepage2.nifty.com/osiete/s565.htm

界面変性
http://food.food.kyoto-u.ac.jp/bunya23/MATSUMUR/ …

参考URL:http://www.asm.ne.jp/~milk/qa/07.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q界面活性剤と汚れの関係について教えてください。

界面活性剤と汚れの関係について教えてください。

界面活性剤には、陰イオン系、陽イオン系があり、
洗剤は陰イオン系、消毒剤は陽イオン系と聞きました。

このメカニズムがどうしてもわかりません。

例えば、いわゆる汚れを水で洗浄すると、プラスイオンになるため、
逆のマイナス(陰)イオン系の界面活性剤を使うことで、界面活性剤のマイナスが
汚れのプラスをひきつけることで、汚れを落としやすくするという意味ですか?

もし、そうだとすると、陽イオン系界面活性剤は、プラス同士で反発しあうことになると思うのですが、
反発することがなぜ消毒効果をもたらすのですか?

さらに、汚れがプラスイオンになるのはなぜですか?

Aベストアンサー

No.2です。

> 陰イオン系と比較した場合、どのような違いがあるのですか?

こちらのサイトが参考になるかと思います:
http://sentaku-shiminuki.com/senzai/kiso-kaimen-3.html
(ページ最下方の「【ノニオン界面活性剤の特徴】」の辺り)
※「ノニオン=非イオン性」。

簡単に(?)まとめると、イオン性ではないため、他のイオンの影響を
受けにくく(上記サイトの1~2:硬水はカルシウムやマグネシウムの
イオンが多い水)、他のイオンへの影響も及ぼしにくい(同4:酵素も
分子内に電離した部分を持つ)、ということです。


> なぜ二種類を配合しているのですか?

上記の通り、ノニオン系はどのような条件下でも比較的高い洗浄
能力を発揮しますが、恐らく、条件が最適だった場合はアニオン系
界面活性剤の方が洗浄能力が高い、ということが、併用の一因かと
思います。
(カチオン系の場合は、「洗浄+殺菌」の意味合いもあるかと・・・)

また、アニオン系の界面活性剤は、電離しているために、界面での
配向性が高い(=水面に存在したときに、親水基は水中に、疎水基は
空気中に、という並びが徹底する)ため、一般的に泡の安定性が
高くなります。
(水面全体を、びっしりと界面活性剤が覆う感じ:充分に界面活性剤が
 あれば)

そのため、「洗浄時の泡立ち」が大きくなりますので、「洗えている
感じ」を出すため、というのもあるものと思います。

No.2です。

> 陰イオン系と比較した場合、どのような違いがあるのですか?

こちらのサイトが参考になるかと思います:
http://sentaku-shiminuki.com/senzai/kiso-kaimen-3.html
(ページ最下方の「【ノニオン界面活性剤の特徴】」の辺り)
※「ノニオン=非イオン性」。

簡単に(?)まとめると、イオン性ではないため、他のイオンの影響を
受けにくく(上記サイトの1~2:硬水はカルシウムやマグネシウムの
イオンが多い水)、他のイオンへの影響も及ぼしにくい(同4:酵素も
分子内に電離した部分を持つ)、ということ...続きを読む

Q湯葉って種類があるのですか??

生湯葉・たぐり湯葉・くみ湯葉 これらの違いってなんですか?

Aベストアンサー

食し方ですね
生湯葉:主に生湯葉の完成品(持ち帰りOK状態)
たぐり湯葉:豆乳を煮ながら お箸でたぐりながら食す湯葉
くみ湯葉;網おたまや、レンゲ等で掬いながら食す湯葉
ですね 
豆腐の様に 奴ッ子に湯豆腐 汲み豆腐の様に 同じ素材でも
味は様々変化する所が楽しいですよ

Q化粧品の成分(界面活性剤)

遅れていますが…最近、化粧品などに含まれる、界面活性剤やパラペンなどの物品が肌に良くないと知りました。石鹸などに含まれることが多く、きれいに石鹸成分を洗いながしたら大丈夫だとも聞きましたが、でわ化粧水、乳液、ファンデーションに含まれていると洗い流がさないので悪いのではないか?と疑問に思い、自分が持っている化粧品、石鹸、化粧水、乳液、化粧下地、リキッドファンデーション、アイクリーム、美容液あらゆる物を調べました。化粧品ブランド名は、まちまちで、いろんなメーカーですが界面活性剤やパラペンは、どの化粧品にも成分に記載してないです。他にグリセリンやミリスチなどカタカナで40種類ほど成分が書いてはありますが…?最近は、案外どれにも入ってない物なのでしょうか?以外に入っていないので驚きましたが、それとも界面活性剤は、成分名を記載の時はカタカナで他の呼び名、別名があるのでしょうか?一品だけ界面活性剤フリーと記載してある洗顔フォームがありました。フリーと言うのは入っていないとの意味でしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

成分名が書いてあるので、その成分名が、界面活性剤かどうかがわからないとためです。

フリーとは、入っていない、使用していないという意味です。

Q豆乳から湯葉・豆腐の作り方

湯葉・豆腐の作り方を教えて下さい。
他にもできるものありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

成分無調整の豆乳であればどちらも簡単に出来ます。

湯葉は湯煎で豆乳を温め表面に膜が張ってきたらお箸などでそっと引き上げます。
直火でも出来ますが、火力が強いと豆乳が焦げるので弱火でしてください。

もし湯葉を土鍋などですれば…引き上げ湯葉を楽しんだ後、残った豆乳に野菜などを入れて「豆乳鍋」にするのもいいし、ニガリを入れて豆腐を作っても…。

豆乳を使った料理…ですが、牛乳の植物性バージョンと思えば、牛乳を使ったレシピを代用していろんなもの作れます。
豆乳プリン、シチュー、グラタンいろいろ作ってみてください。

Q無添加の石けんシャンプーを使っているのに、界面活性剤などが入っている育

無添加の石けんシャンプーを使っているのに、界面活性剤などが入っている育毛剤を使ったら意味が無いですか??使わないよりはいいですよね?

Aベストアンサー

再びNo.1です。
そもそもの質問にお答えするとすれば、界面活性剤などが入っている育毛剤を使ってもおそらく意味がないということはない、ということになると思います。

何が気がかりかというと、せっかく「天然の」シャンプーを使っているのに、さらに「合成の」界面活性剤を使ったりすると、シャンプーの「天然の」メリットが失われるのではないかということだと推察しました。

実は、私は「天然」か「合成」か、というカテゴリで分類するという考え方そのものが無意味だと思ってます。
世の中にあるほとんどすべてのものが元をただせば天然に産出するものに由来しているからです。
例えば、プラスチックは大抵は地中から掘り起こした動植物由来の原料がもとになっています。

界面活性剤という言葉に得体の知れないものを感じて何か心配になってしまう人は多いようですが、所詮は石鹸みたいなものです。
また、「天然」を称する石鹸をもてはやす風潮もありますが、いうなれば石鹸も脂肪酸と苛性アルカリを反応させて合成する化合物なので、ことさら天然を強調するのも不自然な気がします。「合成の」界面活性剤と比べてどういう利点があるのか正直いって疑問に思います。

育毛剤に関しては、育毛剤として売り出されているからには使ってみればそれなりに意味はあるものだとは思いますが、育毛剤の機能としてはむしろ界面活性剤以外の成分にあると思います。
いずれにせよ、界面活性剤についてはあまり細かく気にしすぎると却って髪に良くないのではないでしょうか。

再びNo.1です。
そもそもの質問にお答えするとすれば、界面活性剤などが入っている育毛剤を使ってもおそらく意味がないということはない、ということになると思います。

何が気がかりかというと、せっかく「天然の」シャンプーを使っているのに、さらに「合成の」界面活性剤を使ったりすると、シャンプーの「天然の」メリットが失われるのではないかということだと推察しました。

実は、私は「天然」か「合成」か、というカテゴリで分類するという考え方そのものが無意味だと思ってます。
世の中にあるほとんど...続きを読む

Q絶品の湯葉と豆腐

が取り寄せできる お店を知っていたら教えて下さい

Aベストアンサー

私も通販というのは信じられなかったのですが、これほどあるなら野次馬根性を出して一度試してみる気になりました。
  http://www.saitamaya.net/hanbai.htm
  http://www.kamuro.com/tofu_index.htm

極めつけはこんなところでしょうか?
  http://ha2.seikyou.ne.jp/home/m-ku/hpmise1.htm

参考URL:http://ha2.seikyou.ne.jp/home/m-ku/hpmise1.htm

Q合成界面活性剤を使っていない某化粧品メーカー

こんにちは。最近、界面活性剤?とか合成界面活性剤?とかよく聞き、自分が使っている化粧品も考え直そうと思うようになりました。
先日、アザレ化粧品に行って体験したり、話を聞いたり、色んなところのサンプルをもらったり、成分を確かめたりしています。
アユーラとかも合成界面活性剤を使用していない商品もあるようですが、使用しているのもあったりと、すべて不使用でなければ、意味が無いとアザレでは言っていました。
でもだんだん、何がいいものなのかわからなくなってしまい、果たして、合成界面活性剤が本当に肌に影響を与えているのか疑問を持つようになりました。
アザレでは、とても恐ろしい話をきいて、化粧品選びにとても悩んでいます。
もし、合成界面活性剤を使わない方がよいのであれば、どの化粧品を使えばいいのでしょう?アザレはちょっと高くて…。ちなみに肌はノーマルですが、大人のニキビがあごに少しあります。
どうなんでしょう・・・?毎日、悩んでいます。

Aベストアンサー

合成界面活性剤は、破壊力が強い上に肌への浸透力が強く、細胞を破壊しながら皮下組織まで進入します。皮下組織には血管があるので体中に回り、最終的に肝臓に蓄積されます。肝臓にとってはたまったものではないですね。それから、合成界面活性剤は太陽の光にあたると、化学変化を起こしてダイオキシンになってしまうという話も聞きました。いくらきれいに洗い落としてるつもりでも合成界面活性剤などの化学物質は肌に残りやすいようです。もちろん活性酸素も発生させますので、長期間の使用は肌トラブルの原因になります。

それから石鹸ですが、実は石鹸も肌には良くないんです。石鹸はおもに、固形のナトリウム石鹸と液体のカリ石鹸があります。洗浄力の強いのが、ナトリウム石鹸。アルカリ性が強くて、タンパク質である角質層を溶解しお肌を傷めてしまいます。これが荒れ肌の原因になります。また石鹸素地に含まれるカルボン酸がエステル化という現象(疎水性と加水分解)を引き起こします。疎水性とは、水を弾く性質のことで、お肌が突っ張って乾燥するのはそれが原因で、乾燥肌を誘発させます。加水分解は、水と反応して美容の大敵・活性酸素を発生させることです。活性酸素は老化を促進させ、荒れ肌になってしまいます。また、石鹸の粒子は肌に付着しやすく、それが肌表面で腐敗し雑菌の繁殖の温床となり肌を痛めてしまいます。
 カリ石鹸は洗浄力が弱いので、肌に対するダメージも小さいものになります。老廃物(汗)の洗浄には効果的で、それ以外の汚れには適していませんが、他の洗浄成分と合わせることで、効果的な洗浄ができます。

 石鹸の製法は今と昔とでは違っていて、昔の石鹸では添加物を使わず牛脂と苛性ソーダだけで作っていました。今の石鹸は石油から製造された合成界面活性剤を原料に作られているものが殆どです。昔のものは石鹸カスが肌荒れや乾燥肌の原因に、今のものは抗炎症剤(消炎剤・殺菌剤)や泡立て剤のエデト酸塩が肌トラブルの大きな原因になっています。化学物質過敏症やアトピー性皮膚炎、化粧かぶれやアレルギーなどは、こういった抗炎症剤や泡立て剤の乱用が原因の1つとなっています。

何を使えばいいかですが・・・
洗浄料はヤシ油などの天然物から採った界面活性剤を使ったものがいいと思います。でも化粧品会社によっては、天然ものと合成ものを足しておいて、「天然由来」とか「天然成分」と言っているところが多いので気をつけてください。

ニキビのケアとして(1)肌を清潔に保つ、(2)肌を活性化する、(3)肌を保護することをきちんとすれば、お肌の自然治癒力が強化され、自然と治ります。化学物質は当然避けて、腐敗しない天然系化粧品を使いましょう(防腐剤は避けるとトラブルになります)。ファンデーションは酸化クロムなど刺激性のある化学物質だらけですのでニキビには厳禁です。

(1)肌を清潔に保つには、汗・脂汚れ・古い角質をしっかり落とせるもので洗顔しましょう。天然界面活性剤・カリ石鹸・酵素が入ってるものがベストです。
(2)肌を活性化するには、プラセンター・ヒアルロン酸・コラーゲン(膠原繊維のコラーゲンではなく、基質[ムコ多糖類]のコラーゲンでなければ効果はありません)が主成分で入っている美容液がベストです。
(3)肌を保護するには、スクワランやヒアルロン酸で保湿すると同時に、肌の保護膜である皮脂膜を形成する成分(レシチンなど)が入っているクリームを使いましょう。皮脂膜をきちんと形成しないと保湿もムダになります。

合成界面活性剤は、破壊力が強い上に肌への浸透力が強く、細胞を破壊しながら皮下組織まで進入します。皮下組織には血管があるので体中に回り、最終的に肝臓に蓄積されます。肝臓にとってはたまったものではないですね。それから、合成界面活性剤は太陽の光にあたると、化学変化を起こしてダイオキシンになってしまうという話も聞きました。いくらきれいに洗い落としてるつもりでも合成界面活性剤などの化学物質は肌に残りやすいようです。もちろん活性酸素も発生させますので、長期間の使用は肌トラブルの原因に...続きを読む

Q京都:細かく切った湯葉とじゃこと山椒が入った半生のふりかけのようなもの

数年前に京都からお取り寄せしたと友人からいただきました。
あまりに美味しかったのでぜひまた食べたいのですが、商品名もお店の名前も忘れてしまいました。

細かく切った湯葉とじゃこと山椒が入った、半生のふりかけのようなものです。
(もしかしたらじゃこは入っていなかったかも!?)
B6~A5版くらいのシンプルな箱に入っていました。
その時にインターネットで調べたところ1箱3000円前後ではなかったかと思います。
結構量が入っていたのですが、1週間くらいしか日持ちがしなかったので贅沢にごはんにのせて食べた記憶があります。

不確かな記憶で申し訳ございませんが、思い当たる方、ぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

同じ物かどうかはわかりませんが・・・
http://www.oishikoji.com/shop/gds.php?shopid=010

湯葉は入ってませんが・・お薦めは葉桜さんのものですね
http://www.eonet.ne.jp/~kyoto-hazakura/

Q界面活性剤について

詳しい方教えてください
洗剤には界面活性剤が入っていると聞きました。
ある実験をしてますが泡立ちが邪魔になるのですが
界面活性剤のみを使用しても泡立ちますか?
そもそも界面活性剤のみが入手できるかもわからないですが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

界面活性剤が泡の原因ですよ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%8C%E9%9D%A2%E6%B4%BB%E6%80%A7%E5%89%A4

Q学校である研究をすることになりました。 僕は食べ物の保存について、燻製、天日干し、漬物について実験を

学校である研究をすることになりました。
僕は食べ物の保存について、燻製、天日干し、漬物について実験をしたいのですが、何か疑問になっていることに簡単な実験で調べることはありませんでしょうか?

Aベストアンサー

天日干しについて

魚とかが一般的だけど

野菜とかいろんな食べ物で試してみて

なんの天日干しが美味しかったか

珍しい天日干しを探してみる


人気Q&Aランキング

おすすめ情報