CAT端末の購入方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

求められている背景が判らないので、一般的な例と言う事が前提です。


通常は、お店など開業準備に併せて、電話・FAX・インターネット・什器備品などを計画準備します。
それと同時にカード決済可能にする為にクレジット会社或いは、信販系などの加盟店登録をすると同時にCAT端末設置申込を行います。
その際に、現在では、携帯電話などでの決済も可能とか、交通系カード決済が必要とかと、当たり前になりつつ有ると思われがちです。
しかし、機能重視な場合は、事前調査を良くしないと後悔する結果となります。
 カード会社は、あくまで自社カード決済による売上増を目的にCAT端末設置をする訳なので、わざわざ多機能で高価な端末を配置するまでの利害関係が無ければ、配置する事を行いません。
私の経験からですと地域の信販会社へ申込すると無償で設置して頂ける事が可能で、初期コストが掛からない事が魅力で、良く紹介しています。
 更に大事な事ととして、CAT端末を接続する通信手段を決めておく事が重要です。
回線種類としては、アナログ回線用,ISDN回線用,インターネット回線用の3種類が有ります。
最新のインターネット回線用は、定額ブロードバンド回線契約ですと決済の度に通信費がかさむ事が無く、通信速度が速い分、決済完了まで短時間処理で済みお薦めです。でずが、残念な事に提供する会社が全て可能とは限りません。
 次に高速処理なのは、ISDN回線用ですが、ISDN回線基本料金+NTT-comパケット通信料金が毎月基本料として掛かり、更に決済の度にバケット通信費が発生します。
 アナログ回線用は、低速通信で決済処理が済むまで数十秒掛かりますが、アナログ回線用とは言っても、IP電話回線での使用に耐えられ、ビジネスホン等へ収容接続しても可能など使い勝手が柔軟なのがありがたいです。
 最後に注意事項としまして、一旦加盟店登録をして、CAT端末を設置しますと後から機種を変えてくれと携帯電話を取り替える様なお願いしても当然有償ですし、場合よっては、なかなか応じて頂けない場合が多いです。
以上の点をふまえて、充分な情報収集と判断が求められます。
 捕捉として、中古CAT端末などを手に入れられたとして、ご自身で設置設定する事は、出来ない事と思って下さい。
各端末に固有IDが当然設定されていますが、設定は、端末サポート会社が実施する内容で門外不出です。
ID変更出来なければ、決済した金額だけ、前端末加盟店へ入金されるだけ(かも?)です。
以上、お役に立てれば、幸いです。
    • good
    • 0

一連のカード偽造事件に対して業界全体が神経質になって


いる事もあり、一般レベルでの購入は少なくとも堂々とは
無理、と思った方がいいでしょう。

もしどうしても、という場合はあなた自身がどこかのカー
ド会社の加盟店になるのが一番でしょうね。
もっとも、この場合「実店舗」が必要だったはずですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q別のパソコンを介してのインターネット接続は可能か?

現在 ネット接続されているマシン(XPPro パソコン1)に
もう1台マシン(XP home パソコン2)を接続して
パソコン2からパソコン1を経由してネットに接続することは可能でしょうか?

・・どうしてもそれしか方法がないので
どうかお知恵をお貸しください

Aベストアンサー

私も同じように考えて色々やりました。この質問とは回答が違うかと思いましたが、参考までに私のやった方法を言いたいと思います。
その方法ですが、たまたま2台のパソコンにIEEE1394接続が出来る状態でしたので、パソコン1とパソコン2をつなげて、両方で同時にネットが使えるようにしました。
ただ、2年程前に設定してそれから何もいじってないのであまり詳しく覚えてないのですが・・・。
確か、ネットワークセットアップウィザードか新しい接続ウィザードを行って(両方のパソコンでやります。)それから、パソコン2の方の1394接続のアイコンを右クリックして、ブリッジ接続をすれば出来たように思いますが、ただ1394接続がなければこの意見は意味がないですね。

QCAT端末の変更について

先日、誤ってお店でCAT端末を壊してしまいました。
保守期間中の為、交換をお願いする予定ですが、交換した場合は端末番号が変更になりますか?
また、端末番号が変更になった場合は、他にどんな手続きをする必要がありますか?
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

CATのサポートデスクに聞けば全部教えてくれますよ。

Q至急!!!!!!パソコンの接続

至急です!!!!パソコンの接続

パソコンの接続はヤフーモデム(ヤフーBB)から接続してありますが 実家に帰るので
そのパソコンを持って行きますが接続ができるかどうか不安です。ちなみに
ヤフーのモデムではありません。 micro?というモデムです。。
そのままつなぐだけで接続できますか?
教えてください。

Aベストアンサー

質問からするに、実家での契約はあるようですが、接続できるかどうかはわかりません。
固定IP契約をしていて、macアドレスがパソコンのものを使われてると、あなたのパソコンとつなぎ変えても接続できません。
固定IPではないか、ルータのmacアドレスで登録してれば、接続することは可能です。
ただしパソコンの設定は変更する必要があるかもしれません。

QCAT端末の中古品はどこで買えますか?

クレジットの端末のCATを欲しいのですが安くで手の入る方法を知りたいです。それと中古って使えるのですか?クレジットは取り扱ったことがないので、宜しく御願いします

Aベストアンサー

見たこと無いですね。
CATは端末に情報の登録が必要なので、中古品に登録してくれるカード会社があれば出来るでしょうが・・
私の聞いた限りでは無かったですよ。

Qノートパソコンがインターネットに接続できない。

ご質問します。仕事の事務所で使用しているノートパソコンですが、事務所ではインターネットに接続できますが、家のルーターに接続してインターネットを使用するとこの様なエラーメッセージが出て接続できません。「接続状態:限定または接続なし」と表示されてインターネットに接続できません。家で使用しているディスクトップパソコンとノートパソコンはインターネットに接続できます。仕事で使用しているノートパソコンを家でネットワークに接続する方法はありませんか。ご回答をお願い致します。

Aベストアンサー

>仕事で使用しているノートパソコンを家でネットワークに接続する方法はありませんか。
こんな事やっていいのでしょうか?

基本的にはネットワークの設定が違うと思われます
会社ではサーバーを介していると思われます
ツール → インターネットオプション → 接続 → LANの設定
これの内容が自宅と違うはずです
従ってこれを自宅と同じにすれば良いですが・・・・
先頭の疑問へ戻ってしまいます

Q日本円を海外に送金する一番いい方法、又はcitibankをうまく使う方法を教えて下さい。(現在海外に住んでいます)

教えて下さい。今、台湾に住んでいます。円高になるのを待って、3週間ほど前に日本から持っていった日本円をすべて両替してしまいました。まさか今、こんなにさらに円高になるとは思ってもいませんでした。シティバンクのe-savingにお金を預金してあるのですが、前に一度台湾のATM(シティバンクの支店の)でお金をおろしてみたところ、すごく手数料を取られて、たしか@3.4円ちょっとのレートだったのに、@3.55円で換算されてしまいました。どうやったら、あまり手数料を取られずに、自分の預金の日本円を手にして、沙汰にうまく両替できるでしょうか、さらに宜しければ、台北はどこの銀行の換金が最もよいでしょうか?どうぞ教えて下さい。
台湾には現在郵便局の口座しか持っておりません。 シティバンクの他にも日本の銀行口座を持っています。まだしばらく台湾に居るつもりなので、100万円くらい換金したいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 台湾在住経験はないのですが過去に十回と少し台湾に旅行に行っており、両替についても興味を持ちいろいろと調べました。旅行ですので送金は利用していませんが、それも含めて検討いたします。

 送金や両替の有利不利を考える上では為替用語を抜きに論じられないので、まずその説明におつき合い下さい。
・銀行間レート 外国為替市場において文字通り金融機関間の取引に使われるレートで、新聞やテレビが「今日の東京外国為替市場、終値は1ドル=97円40銭でした」と報じているレートは断りのない限りこの「銀行間レート」です。一般の顧客はこのレートでの取引きはできず、必ずいくらかの手数料を上乗せして支払います。
・公示仲値 銀行間レートは常に変動しているため、両替や送金の基準レートとして使うと処理が煩雑になります。そこで各金融機関は銀行間レートを参照しながら「公示仲値」というレートを定め、その日の取引の基準レートとして用います。
 公示仲値と銀行間レートは厳密には一致しませんが、為替取引の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。また公示仲値は各金融機関が独立に定めるため金融機関間で若干ばらつきがありますが、その差は0.1%か大きくても0.2%以内です。
・対顧客電信売レート(TTS) 外貨現金のやり取りを伴わずに外貨を買う取引きで適用されるレートです。具体的には外貨建てトラベラーズチェックの購入、外貨預金、外貨建て国際送金などが該当します。TTSは決まった幅の手数料(為替手数料)を公示仲値に上乗せすることで機械的に計算されます。TTSと反対に顧客が外貨を売る=銀行が買う取引きで適用されるレートがTTBです。
・外貨現金売りレート 外貨現金の取扱いでは発行国からの輸送コスト、運用に回せないことによる死蔵コスト、為替変動によるリスクが必然的に発生します。そこで外貨現金のやり取りを伴う取引きには「外貨現金取扱手数料」を課すことでコスト/リスク対策をしています。実際の両替ではTTSに外貨現金取扱手数料を加算したレートが「現金売りレート」として発表されます。繰り返しになりますが送金(数字上での取引き)と外貨両替(現金のやり取りを伴う取引き)ではレートが異なるということです。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も海外での利用分を決済する関係で通貨間の換算レートを毎日設定します。これも前出の公示仲値と同様に銀行間レートを参照して決定されます。このレートのことを本回答では「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」と呼ぶことにします。
 銀行間レート、公示仲値、クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三者は厳密には一致しませんが、両替の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。私の過去のデータでは、クレジットカード会社が定める通貨間換算レートと銀行間レートの乖離は通常時で±0.4%以内、為替市場が大きく動いている局面で±1.0%以内です。
 長くなりましたが要約すると(1)各金融機関、クレジットカード会社には基準レートが存在する (2)基準レートは各金融機関および各クレジットカード会社間で横並び (3)基準レートからの上乗せ分の違いが最終的な両替/送金レートの違いとして反映される ということです。

1. 為替レート表の読み取り方
 台湾のいくつかの銀行はインターネット上で為替レートを公開しています。私が今までに見つけられているのは台湾銀行[1]、上海商業儲蓄銀行[2]、兆豐國際商業銀行[3]などです。台湾銀行の10月31日のレートを解読してみます。
日本円Cash: Buying 0.3294, Selling 0.3425
日本円Spot: Buying 0.3376, Selling 0.3416
(いずれも日本円1円あたりの台湾元の額)
 SpotというのはCashの対義語でないので紛らわしいのですが(Spotの対義語はForward, *1)、送金で適用されるレートとお考えください。冒頭の為替用語の説明のTTS/TTBに当たります。Cashは文字通り店頭に現金を持ち込んで両替する場合のレートです。なおBuyingとSellingの主語は常に銀行側です。
 SpotレートのBuyingとSellingを足して2で割ると0.3396で、これが公示仲値であると見当をつけられます。つまり1万円をSpotレートで換算した場合、10,000×(0.3396-0.3376)=20元分が手数料(為替手数料)として銀行に差し引かれると分かります。参考までに日本円現金1万円の両替ならば10,000×(0.3396-0.3294)=102元で約3.0%が差し引き分ということです。
 上海商業儲蓄銀行についても同様に計算できます。日幣現金とあるのが文字通り現金両替レート、日圓とあるのがTTS/TTBに当たります。日圓の売りと買いの平均は0.3387で、売りはそこから0.0020上乗せ、買いは0.0020差し引きと分かります。差し引きと上乗せの幅は台湾銀行と同じです。公示仲値は台湾銀行より0.0009だけ不利ですが、これはこの日の設定がたまたまそちらに振れたというだけで、常に円安に設定しているわけではありません(*2)。

2. 日本から海外送金
 日本の銀行から海外に送金する場合、送金の手数料は1回4,000円が標準的な設定です。送金は円建て、米ドル建てなどが選べますが、円建てを選択した場合は「リフティングチャージ」(*3)という特有の手数料がかかります。リフティングチャージは送金額の0.05%ですが最低額の設定があり、送金額が少なくても2,500円徴収されるのが日本の銀行の一般的な設定です。台湾の銀行に着金した後は1.で述べたTTBレートで台湾元に換算されます。また海外送金では中継銀行や受取銀行が手数料を差し引くことがあります。中継銀行/受取銀行の手数料がかかるのか、かかる場合その金額がいくらなのかは送金してみないと分からないことが大半ですが、かかる場合の典型的な金額は千円~5千円程度です。これらの手数料は「コルレスチャージ」「仲介手数料」「口座登記料」などと呼ばれることもあります。
 100万円を日本の銀行から円建てで送金した場合で考えてみます。送金手数料が4,000円、リフティングチャージが2,500円かかります。台湾の銀行では上述のように1万円あたり20元の為替手数料が差し引かれたレートで台湾元に交換されます。公示仲値が1台湾元=0.34円とするなら目減りの合計は4,000+2,500+0.34×20×100=7,180円程度と見積もられます。割合にすれば0.72%なので悪くない話です。中継銀行や受取銀行の手数料がかかったとしても目減りは1.5%程度までで収まるでしょう。問題は現地での銀行口座の開設が必要なことです。台湾の郵便局の口座で外貨送金を受け取れるかは未確認で、恐縮ながらご自身で問合せ頂ければと思います。
 日本の郵便局から「住所あて送金」を利用することもできます[4]。これなら口座開設は不要で送金手数料も2,500円と安上がりです。ただし円建て送金はできず米ドル建てでの送金になります(*4)。同じく100万円を送金したとして手数料を見積もると送金手数料が2,500円、円→米ドルの交換の際の為替手数料が約1万円(1米ドルあたり1円)、リフティングチャージ不要、米ドル→台湾元交換の際の目減りが1ドルあたり0.05元で合計約1万4千円です。中継銀行/受取銀行手数料がかかると目減りはもう少し大きくなります。また当然ながら質問者さん自身では手続きができないので、日本にいるどなたかにお願いして送金してもらうことになります。為替証書が送られてくるのでこれを適宜の金融機関で換金します。
 シティバンク銀行は個人の送金ならリフティングチャージ不要で、送金手数料も月間平均取引残高に応じ割引きがありますが、円建て送金はシティバンクの海外支店の口座宛てでないとできません。米ドル建てで送金した場合の目減りの計算は郵便局の場合とほぼ同じですが、送金手数料が郵便局の2,500円に対しシティバンク銀行は4,000円(シティバンク オンライン利用なら3,500円)なので少し高くなります。

3. 現地の現金自動預払機での引き出し
 現金自動預払機(ATM)で台湾元を引き出すのも有利な方法の一つです。ただしシティバンク銀行の国際キャッシュカード(同行での呼称は「バンキングカード」)は明らかに不利です。実は私も、台湾に旅行するようになった初めの頃はシティバンク銀行のバンキングカードで引き出していましたが、その後この方法が不利であると気付きやめました。
 シティバンク銀行のバンキングカードを使いATMで台湾元を引き出した場合、引き出した台湾元の額を銀行間レートに準じたレートで米ドルに換算、手数料3%を加算した上で米ドルのTTSで日本円に再度換算した額が引き落とされます。日本円-米ドルのレート変動に多少影響されますが、だいたい公示仲値に4%が上乗せされた額が引き落とされる計算になります。銀行間レートが1元=3.40円ですと4%上乗せしたレートは1元→3.54円ですので、計算自体は合っています。新生銀行も同様の国際キャッシュカードを出していますが、クレジットカード会社(VISA)が定める通貨間換算レートに4%加算なのでやはり不利です。

 これより有利なレートでATMを利用する方法としては、クレジットカードでのキャッシングと、デビットカードの2つの方法を挙げておきます。
 クレジットカードでキャッシングした場合、適用されるレートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」で、これに利用日から口座引落し日までの利息が加算されます。クレジットカード会社が定める通貨間換算レートが公示仲値や銀行間レートと同一視できることは冒頭の用語説明で述べました。利息ですが、利率が年利で15~20%、利用日から口座引落し日までは25~55日くらいですから、利用額の1.0~3.0%程度を上乗せして支払うことになります。口座引落し日までの日数にもよりますがシティバンク銀行のバンキングカードよりは有利です。
 キャッシングは繰り上げ返済すればその分利息が少なくて済み有利です。私は専らセゾンカードを用い、セゾンのATM(手数料不要)で帰国後すぐに繰り上げ返済しています。ただ長期滞在となるとこの方法は使えませんので、繰り上げ返済するならインターネットバンキングを使い指定口座に振り込むことになるでしょう。利用金額が1万円程度までなら振込手数料を払って無理に繰り上げ返済するより、通常の引落し日にそのまま引き落としてもらった方が有利です。
 デビットカードは国際キャッシュカードとほぼ同様の機能を持っています。海外のATMから現地通貨を引き出すことができ、引き出した額は銀行口座から即時に引き落とされます(残高不足の場合は当然引き出せません)。
 現時点で手数料が最も安いのはイーバンク銀行の「イーバンクマネーカード」[5]でしょう。引落し額は、クレジットカード会社(VISA)が定める通貨間換算レートで日本円に換算した額に手数料1.63%を加算した額です[6]。国際キャッシュカードと同じ使い方ができ、手数料は安いので今はこちらがお勧めです。ただし台湾在住となると今からイーバンク銀行の口座を作るのは難しそうです。一時帰国の機会がある、身内の誰かが代わって手続きしてくれるなどの手があればご検討ください。デビットカードは他にスルガ銀行も出しています[7]。利用額の1.63%の手数料がかかるのは同じですが、このほかに利用の都度の手数料210円がかかるのでイーバンク銀行より少し不利です。

【まとめ】
(1)両替や送金の有利不利は、基準となるレート(公示仲値)からの上乗せの大小で比較できます。目減りの大小とも言い換えられます。
(2)海外送金は手数料が数千円以上になるので小額の場合は不利ですが、100万円を一度に送金するなら悪くありません。目減りの目安は0.7~1.5%です。現地の銀行口座を開設できないなら、日本の郵便局の「住所あて送金」を利用する方法もあります。
(3)現金自動預払機を利用するなら、クレジットカード(キャッシング)やデビットカードが有利です。上乗せ分は前者が1.0~3.0%、後者が1.63%です。シティバンク銀行や新生銀行の国際キャッシュカードは上乗せ分が約4.0%と大きいので勧めません。

参考ページ
[1] http://rate.bot.com.tw/Pages/Static/UIP003.en-US.htm
[2] https://ibank.scsb.com.tw/netbank.portal?_nfpb=true&_pageLabel=page_other12&_nfls=false
[3] http://www.megabank.com.tw/bulletin02_02.asp
[4] http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/kaigai/sokin/kj_tk_kg_sk_taiwan.html
[5] http://www.ebank.co.jp/kojin/debit/index.html
[6] http://www.ebank.co.jp/kojin/debit/what.html#cc
[7] http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/service/benri/visa_debit/

*1 取引から2営業日以内に決済する(代金を支払う)方式をSpot取引、2営業日を超えて決済する方式をForward取引と言います。Forwardでのレートは交換した2つの通貨の金利差分を織り込んだ数字になります。
*2 もし常に他行より円安側の設定にしている銀行があったとします。すると台湾元を日本円に両替しようとする人は皆その銀行を利用します。その結果台湾元の残高がどんどん増える一方、日本円の在庫はなくなります。こうなると他の銀行から逆ザヤ承知で日本円を調達するか、自分の銀行のレートを円高側に設定して保有外貨の持ち分を調整するかしかありません。特定の一日で見れば平均より円高側だったり円安側だったりしますが、常に円高側/円安側の銀行というのはあり得ません。
*3 通貨間の交換を伴わない為替取引に対し課される手数料です。例えば「日本円で資金を持ち込んで円建てで送金」「米ドル外貨預金口座の資金を米ドル建てトラベラーズチェックで払い出し」などが該当します。「日本円で資金を持ち込んでユーロ建てで送金」といった場合にはかかりません。
*4 「いったん米ドルに変換したら今の円高台湾元安を活かせないのではないか」というご心配もあるかと思いますがその心配は無用です。公示仲値で日本円がA米ドル、1米ドルがB台湾ドルに当たるなら、日本円→台湾元と直接交換する際の公示仲値は自動的にA×Bだからです。

 台湾在住経験はないのですが過去に十回と少し台湾に旅行に行っており、両替についても興味を持ちいろいろと調べました。旅行ですので送金は利用していませんが、それも含めて検討いたします。

 送金や両替の有利不利を考える上では為替用語を抜きに論じられないので、まずその説明におつき合い下さい。
・銀行間レート 外国為替市場において文字通り金融機関間の取引に使われるレートで、新聞やテレビが「今日の東京外国為替市場、終値は1ドル=97円40銭でした」と報じているレートは断りのない限りこの「...続きを読む

Qファイルと設定の転送ウィザードをクロスLANケーブルで繋げて転送を試みているのですが、お互いのパソコンの接続が出来ません

ファイルと設定の転送ウィザードをクロスLANケーブルで繋げて転送を試みているのですが、お互いのパソコンの接続が出来ません。
古い方には1394接続とローカルエリア接続と2つの接続が出てきているのですが、新しい方のパソコンには1394接続しか出てきません。
古い方のパソコンのローカルエリア接続のインターネットプロトコルのアドレスを自動的に取得するのチェックを外し、IPアドレスとサブネットマスクに詳細に載っている数字を入れると!マークは消えて接続状態のようになりましたが、転送ウィザードで接続先が無いとコメントが出ます。
2台のパソコンの接続設定のやり方を教えていただけないでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1のかたのおっしゃるとおりですが、いくつか原因が考えられます。

・LANが無効になっている(Windowsレベルで、BIOSレベルで)
・LANのデバイスドライバがインストールされていない
 自作PCなどではありがちです。別途マザーボードについてくるドライバCDからインストールしないといけません。
・LAN制御ユティリティがLANを管理している
 一部のLANを管理するユティリティは、「ネットワーク接続」からLANを隠してしまうことがあります。この場合は、そのユティリティからLANの設定をすればいいのですが。

Qお金が貯まる方法を教えてください! どうしても支出が多くなってます! 工夫や知恵を教えてください!!

お金が貯まる方法を教えてください!
どうしても支出が多くなってます!
工夫や知恵を教えてください!!

Aベストアンサー

1,心構え
・欲しいモノの90%は必要のないものである。
 必要なモノだけを買う。
・10万円のモノを買うなら、100万円、貯まって
 から買う。

2,具体策
・給料から無条件に5万なり10万なりを
 天引きして貯金してしまう。
・モノを買わないで、株を買う。
 株はお勧めです。
 博打とことなり、しっかりと勉強し、方法さえ
 間違えなければ儲かります。
 政治、経済にも敏感になり社会勉強になります。

Qノートパソコンを据え置き型パソコンにUSB接続してインターネット

 既にインターネット接続している据え置き型パソコンに、ノートパソコンをUSBケーブルでつないで、安価な設備投資でインターネット接続する方法を教えてください。

 PCカードを準備してLAN接続すれば、既にインターネット接続している据え置き型パソコンを通してインターネットができることは確認しています。
 
 インターネット接続している据え置き型パソコンとノートを、USBリンクケーブルでつなげば、可能なんだと思いますが、定価で7~8,000円。もっと安いUSB接続で、インターネットを実現できませんか。USB延長ケーブルでは無理なのですか。USB延長ケーブルで可能な場合、何か必要なソフトがありますか。
 

Aベストアンサー

まだ、締め切っていなかったので・・・
>切らずに、延長USBケーブルをそのままパソコン同士でつないで、
これが、できないのです(形が違って挿せない)

電源は、マザーボードから、接続されているので、ソフト的には切れない用になっていると思います。

そういうことを、解決するようにした物が、USBリンクケーブルなのですよ!

また、#3で書いた3のLANは
全て新規に購入したとしても、5~6千円で出来ますよ。
デスクトップ用カード 約2,000円
ノート用カード    約3,000円
クロスケーブル    約1,000円
です。

Q大量に購入できる安い外貨を教えてください。

知り合いのプレゼントにお金をと考えているのですが、
そのまま日本円を現金で渡すのもちょっとどうかと思い、
景気よく、一万円以下で何千万分買うことのできるような
安いお金を探しています。
できることならば手に入りやすいものがいいのですが、
どなたかご存知の方、よろしくご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

duke togoさんこんにちは。

今ひとつ意味がわからないのですが。相手は日本人で1万円くらいを外貨と両替し、その外貨の札の金額が多ければ良い。相手を驚かしたいと理解しますね。

それでしたら韓国のウオンですね。1000000ぐらいになると思います。

但し日本の銀行では両替できませんので、お近くの韓国系の銀行に行けば両替してくれるかもしれません。ちなみに1万円で桁が1千万近くなるような紙幣はあることにはありますが日本では両替無理かと思います。

ALOHA HUI HOU ! byクアアイナ♪

参考URL:http://jp.moneycentral.msn.com/investor/market/rates.asp


人気Q&Aランキング

おすすめ情報