親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

iDecoの加入可否について

システム会社に勤めています。会社がJJKという確定給付企業年金基金に加入しています。
この場合、私はiDecoに加入できないのでしょうか?

A 回答 (1件)

加入できます。


月1.2万までとなります。
下記で加入資格診断をやってみて下さい。
http://www.dcnenkin.jp/diagnosis/

JJKの確定給付企業年金であれば、
問題ありません。
厚生年金基金は代行返上され、
企業年金基金に移行されたため、
制約はなくなりました。

念のため、JJKにご確認下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全国情報サービス産業厚生年金基金(JJK)の脱退一時金

先日6年間勤めた会社を退社しました。。
その会社は全国情報サービス産業厚生年金基金(以後JJK)に加入していました。
退社手続きの際に、会社の総務から、
『JJKを脱退した場合は脱退一時金が支給される、支給額についてはJJKに問い合わせてみて下さい。』
との案内を受けました。

その後、JJKに”脱退した場合の一時金と、脱退しなかった場合の給付金について”問い合わせたところ、
後日、雑な文字で宛名が書かれた封筒で『年金額及び一時金見込み額計算書』なる紙切れ一枚が送付されて来ました。
(人様から大金を預かっておいて送ってくるのは計算書一枚のみ・・・ちょっとJJKにムカついてます。)

その紙切れには、なにやら人を煙に巻くような計算式が細かく書かれていたのですが、
要するに以下二つの選択枝があるのです。

(1)今、JJKを脱退して20万円弱を貰う。
(2)脱退しないで、65歳以降に加算分年金の2万円強を毎月貰う。
注1)金額は見込みなので法改正等により変わる場合がある。

個人的には老後の為に(2)を選ぼうと思っています。
でも、注1)が気になるし、年金ってしっかり申請しないと貰えないものなので、
65歳以降にホントに毎月2万円以上も貰えるのか?不安でもあります。

(1)を選ぶか?(2)を選ぶか?自分で判断すべきところでしょうが、
何かご意見、ご指導ございましたら書き込みお願い致します。
ちなみに私は30代前半です。

※どんなご意見でも歓迎致します。
出来れば、JJKの裏事情なんかも知りたいな^^;

先日6年間勤めた会社を退社しました。。
その会社は全国情報サービス産業厚生年金基金(以後JJK)に加入していました。
退社手続きの際に、会社の総務から、
『JJKを脱退した場合は脱退一時金が支給される、支給額についてはJJKに問い合わせてみて下さい。』
との案内を受けました。

その後、JJKに”脱退した場合の一時金と、脱退しなかった場合の給付金について”問い合わせたところ、
後日、雑な文字で宛名が書かれた封筒で『年金額及び一時金見込み額計算書』なる紙切れ一枚が送付されて来ました。
(人...続きを読む

Aベストアンサー

JJKとは企業や企業連合体が設立した機関で厚生年金を代行して運用することが出来るしっかりとした機関です。厚生年金基金連合会は各基金親元締めみたいなイメージになっています。

>「法律改正で額が変更される可能性がある。」
結論から言いますとあまり心配される必要はないかと思います。

現在、様々なアプローチで保険料の増加や給付減を図っている年金制度ですが、日本の社会保障の根幹には従前保障という言葉があります。
特老厚と物価スライドが良い例ですので簡単に説明します。
特老厚は60歳から貰える厚生年金を基礎年金同様65歳からに引き上げる政策を打ち出す際に付加した従前保障制度です。保証内容は”後数年で貰えるはずだった人は60歳から、後5年位したらもらえた人は64歳から・・・と40歳まで段階的に受給開始年齢を決めたものです。残念ながら制度発足当時40歳未満男性は保証対象外となっていますが・・・。

物価スライドは物価が上がれば年金額を+調整、下がれば-調整するものです。ところが過去に物価が5年連続下がった事があります。最初の3年は回復を待つという意味で-調整を見合わせ国は1.7%の物価スライドを負債として持っています。今後、物価が下がれば即時反映はやむなしですが、物価があがっても1.7%から相殺することになっています。(物価スライド特例)更にマクロ経済スライドというのも出てきており、当面年金額の増加は見込めません。

これら物価スライドは基金にも影響しています。

法律改正により年金が増減するという意味はこんなところにあります。要は年金制度が崩壊(=日本という国が崩壊)しない限り数パーセントの増減しかないと考えるのが一般的ではないかと思うわけです。

年金額の引き上げ・・・当面ありません
年金額の引き下げ・・・物価が下がったり、マクロ経済スライドが物価スライド枠を超えてマイナス方面に調整される様な法改が入ればやむなし・・・です。

JJKとは企業や企業連合体が設立した機関で厚生年金を代行して運用することが出来るしっかりとした機関です。厚生年金基金連合会は各基金親元締めみたいなイメージになっています。

>「法律改正で額が変更される可能性がある。」
結論から言いますとあまり心配される必要はないかと思います。

現在、様々なアプローチで保険料の増加や給付減を図っている年金制度ですが、日本の社会保障の根幹には従前保障という言葉があります。
特老厚と物価スライドが良い例ですので簡単に説明します。
特老厚は60歳...続きを読む


人気Q&Aランキング