最新閲覧日:

今日、新聞を読んでいたら、参議院議員の改選議員数が126人(選挙区76人 比例区50人)となっていました。このとおりなら、参院選は、半数ずつの改選なので、参院議員の定員は252人ということになります。しかし、僕の手元にある法律関係の参考書には、参院議員の定員は246人と書いてあり、食い違っているのですが、どちらが正しいのでしょうか?いやまあ、普通に考えて新聞の方がが正しいのでしょうが・・・。ちなみに、僕が持っている本は、専門学校でつい最近支給されたものです。

それと、改選の対象となる半数の議員は、誰が、どういった基準で決めるのでしょうか?

ご存知の方おられましたら教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

去年の公職選挙法改正で、比例区の非拘束名簿式導入と同時に、定数10減が行われたのです(比例区で4減、岡山・熊本・鹿児島の各選挙区で各2減、計10減)。



改選数は126人、今回の選挙で選ばれる議員は121人ということになりますね。

改選の対象者は、95年の参院選で当選した人です。
最初にどうやって参議院議員が決められたかは、憲法の条文をみて下さい。

ここは公務員の一般常識で出る可能性が高いところです。押さえておいてくださいよ(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

公務員試験を目指して、
三週間ほど前から、勉強をしているのですが、
憶えなければいけないことが多く、
あと一年で、試験に合格する力をつけられるものか
不安な毎日です。

わからないことは、そのままにせず、
すぐに解決しておかないと、後々しんどくなると思い、
質問させていただきました。

回答、ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/11 21:15

平成12年の公職選挙法改正により、従来252人だった参議院議員の定数が242人とされました。


これは、平成13年(今年)の選挙と、平成16年の選挙でそれぞれ5人ずつ議員を減らすことにより実現されることになっているので、平成13年の選挙から平成16年の選挙までの間は参議院議員が247人いることになります。
今回の選挙に際して、参議院議員をやめる人数は126人ですが、新しく選ばれる人数は121人(新しい定数である242人の半分)というわけです。
新聞の「改選議員数」は「やめる人数」の方を指していたとすれば筋がとおりますが、参考書の方は「?」ですね。

改選の対象となる半数の議員は、6年前の選挙で選ばれた議員です。半数ずつ改選されているのですから、3年前に選ばれた議員と6年前に選ばれた議員が半分ずついることになりますよね。
(参議院議員の任期は6年で、選挙は3年ごと)
それでは、最初はどうしたか? 参考URLの「第1回選挙では3年任期の議員がいたというのは本当ですか」をご覧ください。

参考URL:http://www.sangiin.go.jp/japanese/frame/faq.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも、ありがとうございます。
参考書記載の人数は、公職選挙法改正後の
人数を記載してあったのですね。
参考書にでたらめが書いてあったのかと、
あせっていたところなので、
安心しました。

詳しい解説、どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/07/11 21:09

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ