これからの季節に親子でハイキング! >>

扇状地の出来方を簡単に説明するとしたら、どう説明すればいいでしょうか?

A 回答 (4件)

大きな山が噴火して、山肌を削りながら土石流がおこり、村なども流されたのです。

とても、大きな規模の噴火のあとが扇状地となりました。ブラタモリでやってました。
    • good
    • 1

川の水によって押し流されてきた土砂によって作られた扇状の土地。


「三角州」「デルタ」ともいうが。
噴火によってできることもあるが、通常は川のよって作られます。
    • good
    • 0

上流で侵食された岩などが緩やかな下流に削られながら運ばれた

    • good
    • 1

山に降った雨が沸きだして、沢となり川となり、土砂も運ぶので、それらが長年に渡って堆積していった

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q助動詞と助詞の違いを簡単に教えていただけますでしょうか?

助動詞と助詞の違いを簡単に教えていただけますでしょうか?

高等学校で古文の授業をやっていると、
どうしても助動詞がポイントとなります。
理系なのでよく分からないので、
簡単に違い(特に用法)を教えていただけませんでしょうか?

古文を読むのはわくわくして嫌いではないので、
これを契機に克服したく。

Aベストアンサー

 助動詞。
「~しなければならない」
「~できる」
「~してもよい」
「~すべきである」
「~したい」
「~だろう」
という意味があります。

「食べる」という動詞と組み合わせて、「食べねばならない」、「食べることができる」、「食べてもよい」、「食べるべきである」、「食べたい」、「食べるだろう」という意味を作ることできますよね?

「食べる」という「(動詞の)意味を拡張できるものを助動詞」。

助詞。
「が」
「の」
「に」
「を」
「へ」
「ぞ」
「ばかり」
「だけ」
「など」
「くらい」
「ほど」
「やら」
「なり」
「こそ」
「しか」
「でも」
「さえ」
と、「単語と単語の間をつなぎ、それ(助詞)自体は意味を持たない語」のこと。


人気Q&Aランキング