証券投資信託委託とは具体的にどのような業務を行うところですか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ひとことで言うならば、以下のようになります。



事業内容
投資信託の発行と運用、有価証券に関する投資顧問業及び投資一任契約に係る業務
職務内容
証券アナリスト、商品企画・開発、ファンドマネージャー、管理業務、マーケティング等

投資信託を企画し、設立し、運用し、運用管理をするところです。
顧客の金銭を管理するのは信託銀行の役目です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シンプルで適切な説明ありがとうございました。
よくわかりました。

お礼日時:2001/07/16 20:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセントレード証券は投資信託も行っているようですが、投資信託とは具体的にどのようなことでしょうか?

セントレード証券は投資信託も行っているようですが、投資信託とは具体的にどのようなことでしょうか?また、ファンドにも株式投資のようなリスクがあるのでしょうか?
基本的な内容を教えてください。
わかりやすく教えてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

投資信託にもリスクはあります。
セントレード証券では以下のように書いてありました。
当ファンドは、組入れた有価証券等の値動きにより、基準価額が大きく変動することがありますが、これらの運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。また、外貨建資産に投資した場合、為替変動リスクも加わります。したがって、ファンドにおける投資者の皆様の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。また、投資信託は預貯金とは異なります。

当ファンドの主なリスクは以下のとおりです。ファンドのリスクは下記に限定されるものではありません。

・価格変動リスク(株価変動リスク)
・金利変動リスク
・為替変動リスク
・流動性リスク
・カントリーリスク
・信用リスク

購入に際しては、交付目論見書の内容を十分にお読み下さい。

それぞれのリスクについては投資信託について説明しているサイトが詳しいのでそちらを参考にしてもらえればと思います。

Q投資信託における「委託会社」って具体的にどんな会社?

投資信託のしくみ(流れ)の中で
いわゆる実際の『運用』を行う「委託会社」とは
具体的にどういう会社がありますか?
有名な実会社名を挙げて教示いただければと思います。

また委託会社が運用指図し、『管理』を行う
「受託銀行」についても例を挙げていただくと
イメージしやすいかと。UFJ信託銀行とかですか?

▼参考(投資信託の仕組み)
http://www.tr.mufg.jp/tameru/about.html

Aベストアンサー

委託会社とは、投信の商品内容となる株式などを運用する会社を指します。国内で規模の大きいものとしては「野村アセット・マネジメント」などがよく知られています。

受託銀行とは、それの投資した株式を管理する銀行で変な話ですが、「信託銀行」のことを指します。「野村アセット・マネジメント」の受託銀行には「野村信託銀行」というものが存在します。

あなたが参照してくれた三菱UFJ信託銀行の場合、同グループの投資信託を買われた場合委託会社は「三菱UFJ投信」、受託銀行は「三菱UFJ信託銀行」、つまり次のような流れとなります。

[客]⇔[三菱UFJ信託銀行]⇔[三菱UFJ投信]⇔[三菱UFJ信託銀行]⇔[各市場]

Q投資信託の 事で お訪ねします 証券会社の 人の 勧めで 投資信託をしております  勿論 説明もキチ

投資信託の 事で お訪ねします
証券会社の 人の 勧めで 投資信託をしております 
勿論 説明もキチンと聞いてリスクの有ることも 納得しております 
毎月分配型の Jリート や US リート
日本株の もの 等々です
果たして 本当に ヘソクリを増やすのに 有効なのでしょか? 
毎月 分配は 有りますが 基準価格は 下がります
お勧めの 投資信託は どういったものが 良いでしょうか?
また 証券会社の 人が勧めてくる ファンドラップ と 言うものは どうで しょうか?
詳しい方 アドバイスをお願いいたします
証券会社の 人は お仕事だから 色々 電話で 案内して来られますが
何を信じていいのか 分からない位 色々 提案されます

投資信託とか ファンドラップ等に詳しい方 アドバイスをお願いいたします

Aベストアンサー

証券マンは何故に不動産の投資信託と日本株の投資信託を勧めたのでしょうか。あなたは本当に理解して購入したのですか。私にはそうとは思えませんね。リートに投資すると言っても、これはいわゆる株式投資の一種です。株に投資している以上、いままでに50%以上も下落することは決して珍しくありません。なのに何故に不動産関係の投資信託を勧めたのでしょうか。まだ他にも海外の債券(リスク小)に投資するもの、海外の株式(リスク大)に投資するもの、個人向け国債(リスク小)などいろいろあるのに、その中からリスクの高い商品を勧められ、どの程度理解しているのか分かりませんが結局のところ購入したわけですよね。ファンドラップという商品は、1000万円くらいのまとまった大金を一度に投資する商品です。一見まとまって投資するのだから、相当儲かるだろうと思われますが、もし50%も価格が下落したら質問者はどう思われますか。私の言いたいことは証券マンの勧められるように一度に大金をつぎ込み投資するのではなく、1万円からでもいいですから(1万円なら溝に捨てても構わないという気持ちでいられるなら)投資信託を購入して1年くらいで損益を確認するのです。その1年間であなたが投資というものは、どういうものなのか自分で理解し常に勉強することです。勉強もせずにリスク商品に手を出せば、いつしか儲かると思ったらそれは大きな間違いです。
あなたの文面で気になるところは「毎月分配は基準価格は下がります」とありますが、投資している以上下落することは珍しくありません。そして何故下落するのでしょう。それが理解出来たら、あなたは投資ツーになったときです。

証券マンは何故に不動産の投資信託と日本株の投資信託を勧めたのでしょうか。あなたは本当に理解して購入したのですか。私にはそうとは思えませんね。リートに投資すると言っても、これはいわゆる株式投資の一種です。株に投資している以上、いままでに50%以上も下落することは決して珍しくありません。なのに何故に不動産関係の投資信託を勧めたのでしょうか。まだ他にも海外の債券(リスク小)に投資するもの、海外の株式(リスク大)に投資するもの、個人向け国債(リスク小)などいろいろあるのに、その中...続きを読む

Q【証券会社が投資信託をやれば確実に儲けられるのでは?】 投資信託を買う個人はどの銘柄をどれだけ買っ

【証券会社が投資信託をやれば確実に儲けられるのでは?】

投資信託を買う個人はどの銘柄をどれだけ買って売買しているのか分かりませんよね?

例えば、証券会社が自前でA株とB株を買ったとします。

A株は半年後に130%になり30%の利益です。

一方のB株は-30%の70%の価値しか無くなりました。

で、証券会社は自社購入株をA株、投資信託をB株にして、自社の証券部門は黒字。

投資信託の黒字銘柄を自社証券部門のものにして、赤字銘柄を投資信託で顧客が損失を補填してくれるので自社証券部門は絶対に黒字になる。

さらに証券会社が親になって新規公開株の引受人になって引受けた株が下がれば下がった分だけ投資信託に受けさせる。

新規公開株が上がれば手数料+上がった分だけ取り分が増える。

赤字なら投資信託の人が新規公開株の損失分を払ってくれる。

投資信託って絶対に損をしないように運営元は自社購入分は黒字なら自社で、赤字になったら投資信託にパックにして消し去る。

ってことが出来るのでは?

損失分を投資信託の見えない銘柄として損失を投資信託の顧客に背負わせて、自分ところは損をしないようにしようと思ったら出来るのではと思ったのですが顧客は気付きますかね?

【証券会社が投資信託をやれば確実に儲けられるのでは?】

投資信託を買う個人はどの銘柄をどれだけ買って売買しているのか分かりませんよね?

例えば、証券会社が自前でA株とB株を買ったとします。

A株は半年後に130%になり30%の利益です。

一方のB株は-30%の70%の価値しか無くなりました。

で、証券会社は自社購入株をA株、投資信託をB株にして、自社の証券部門は黒字。

投資信託の黒字銘柄を自社証券部門のものにして、赤字銘柄を投資信託で顧客が損失を補填してくれるので自社証券部門は絶対に黒字にな...続きを読む

Aベストアンサー

そんな投資信託の商品とそんな実績しかもたないファンドなど
詐欺同然なので、すぐつぶれます。

現実に証券会社や銀行は投資信託の信託報酬を
実際に運用するファンドからコンスタントに
(分けて)もらえるので、ものすごくおいしいんです。
だって自分でそうした詐欺まがいのことや、
ファンドの失敗に責任を持たなくていいんですから。

現実に投資信託はうまく使われています。
銀行では、高金利定期預金の抱き合わせ商法。
ネット証券では、大量のポイントやキャッシュ
バックなどの特典があります。
それでも儲かっているわけです。

しかし、その見えない部分の信託報酬、
手数料にも差別化が進んでおり、
高いものは嫌われており、ファンドに
よっては値下げをしているものもあります。

投資する人はそうやって中身をちゃんと
見ているのです。
またそうあるべきです。

Q【投資信託から配当金が来た!!!】 投資信託って決算日って年に何回あるんですか? なんで投資信託で住

【投資信託から配当金が来た!!!】

投資信託って決算日って年に何回あるんですか?

なんで投資信託で住民税が引かれるの?

投資信託と住民税って関わりが一切ない話では?

国のぼったくり?

所得税は分かるけど住民税ってなんや!!!!

ブチ切れるで!!!!

Aベストアンサー

投資信託って決算日って年に何回あるんですか?
→投資信託の種類によります。12回とか2回とか1回とか

なんで投資信託で住民税が引かれるの?
投資信託と住民税って関わりが一切ない話では?
→儲かったから。普通預金にあずけていても、同率でひかれます。

国のぼったくり?
→県や市も

所得税は分かるけど住民税ってなんや!!!!

ブチ切れるで!!!!

→損しておれば払う必要はありません。
今年の前半は損したと思いますが、ここ数ヶ月で相当儲かったからだと思います。
来年はおそらく大丈夫です。損しますので、税金を払うことにはならないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報