大学時代に哲学の先生が【健全な自己愛は必要だ】と言ってました。

いまだにこの言葉の意味がわかりません。

この言葉の意味を教えて下さい。

A 回答 (13件中1~10件)

【健全な自己愛は必要だ】


⇒それは、あまり強欲にならず、自分を大切にということです。
    • good
    • 0

私は心理学が専門ではないので、出典を示せませんが、普通に心理学などで、よく認められていることです。



・自己愛というと、ナルシシストなど、悪い意味で考える人がいる。
・しかし自分で自分を労わるようなものも、自己愛である。
・そう考えていくと、自己愛が全くない状態で生きている人などいないことに気がつく。

自分に厳しくしすぎず、甘くするべきところは甘くしないとならないよ、バランスが大切だよ、というお話です。
    • good
    • 0

人間の自由とは 無条件で無根拠のうえに成るまったく無制約


の〔自由度を持つ〕自由だということ。これを表わしています。

▲ 健全な
☆ という言葉を添えているのは この人間の完全な自由が
やりたい放題とは違うであろうと言おうとしています。

どう違うかは おのおのの自由度――それは 各自の主観真実
――によるというのが 真意でしょう。

それぢゃ 世の中は成り立って行かないよと茶々を入れるのは
政治家に成ったような哲学屋さんの仕事です。
    • good
    • 0

私の考えに過ぎないのですが。



貴方が観ている世界は、貴方の五感で感じている世界です。
同じ世界でも、貴方の喜怒哀楽によって、観ている世界が変わってしまいます。

例えば、
貴方が何かに挫折して打ちひしがれている時、傍らに喜んでいる人がいるとしたら、貴方は怒ります。
貴方が何か楽しいことがあって喜んでいる時、傍らに喜んでいる人がいるとしたら、貴方は喜びを分かち合います。

このように、人は自分の世界が他人と違うと、ふとした時に思います。
貴方が自己を愛する人であったとしたら、世界は表象によって、何時も輝いています。
マッチ売りの少女のように。
貴方が豊かであろうと、たとえ貧乏であろうと、貴方の世界は変わりません。

そして、他人を客観的に見つめることができるようになります。
貴方は、もう、他人と自分を比較することが無くなるのです。
物事を冷静に観るようになります。
私は、「ありのままの自分を愛する健全な自己愛」だと思います。
    • good
    • 0

大した意味はないでしょう。


大学に勤めてるのだから。

私の大学の哲学の教授は、「私は大学の奴隷だ」と言ってましたが、それ以外の発言は大して意味がありませんでした。
    • good
    • 0

自分のことを全く愛せない人間は


なかなか面倒ですよ

自分に価値があると考えることを
自尊感情といいますが
例えばDVの被害者は、これを奪われる
DV加害者は、相手の自尊感情を奪い、無気力にして自分の思い通りにすることが目的なんです
暴力そのものじゃないんですね

自尊感情を奪われると、正常な判断が出来なくなります
相手の言いなりになるのです

そういう意味じゃないのかなー

自己愛がないと
もっとがんばろうと向上する気持ちにもならないでしょうし
    • good
    • 1
この回答へのお礼

虐待とかされて育った子供は自分のことを全く愛せない人間になりやすそうですね。

お礼日時:2018/02/14 18:18

ぐちったあとに、いいねしてもらって


超気まずいです。
すみません。申し訳ないです。
    • good
    • 0

ルパンの声優のクリカンは


やまだやすおが死んでからなに考えていきてきたのでしょうね。
興味深いです。
次はディープラーニングが声優なのだろうか。
    • good
    • 0

大阪大学の人から煽られるのは菊池さんに続いて二人目ですね。

たぶん。
もはや理由がわからん。

でもディープラーニングの技術は凄いと思いました。

それからはじめちゃんはいつのまにか記者になったのでしょうか。
だから書くとはじめちゃんのマネキン、と。

ってなんだ

かなりバカみたいな発言なので、たぶん最終兵器のほうだと思ってたのですが、
はじめちゃんでしたか。

記者ははじめちゃんのぱくり。
朝日新聞は大変だな。
    • good
    • 0

質問者さんは、子供は居ませんかね?



自分の子供が、自己愛に比べ、圧倒的に奉仕精神や自己犠牲精神が旺盛だと想像してみてください。
たとえば、おやつを与えたら、自分は食べずに、誰かれ構わず友達や知り合いに分け与えたり。
野球でチームが10人だったら、迷わず自分から進んで補欠に回るとか。

この状況を、親として「何と優しい子だろう!」と、手放しに喜べるでしょうか?
恐らく、多くの親は、「もっと自分を大事にしなさい!」と、説教すると思います。

また、こんな子供の奉仕精神や自己犠牲精神は、果たして妥当でしょうか?
圧倒的に巨大な自己愛の前に、一切の奉仕や自己犠牲を排除するなどは論外ですが。
しかし、ある程度は「大切な自分」があるからこそ、その「自分を犠牲にしてでも!」と言う行為に、より大きな価値が生じるワケです。

言い換えれば、自己愛とは、重要な主観的基準なんですよ。
その基準が、余りに小さいと、自分の成長に悪影響を及ぼしたり、奉仕や自己犠牲も矮小な範囲にとどまります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング