ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

2月13日以来の円高の原因はなんですか?

A 回答 (2件)

今の状況は米国の雇用統計による、


利上げの憶測に端を発した
ドル高円高、
ドル買い円買い
に、右往左往している状況です。
じゃあどこが売られているか?というと、
★ユーロやその他先進国通貨です。

昨年末から一方的に買われてきた
ユーロがいっきに売られ、ドル買い
のトレンドに反転している状況です。
円はドルになびいているために、
ユーロ円は、ここ1週間ほどで
4円ほど下落しています。
(ドル円以上の円高傾向)

リスクオフのドル高、円高と
いった感じです。
ユーロの利上げの兆しはすっかり
なりを潜め、円以上のマイナス
金利傾向は維持したままなのです。

そこへきて、昨日はユーロの下げ止まり
(というか反発)で、ユーロドル買いが
入ったため、ドル安を招き、ドル円が
下げたのです。

時期的に見ても、ポジション調整や
利食いの動きが重なる時期ですから、
ここは押し目とみています。

私見ですが、いかがでしょう?
    • good
    • 0

外国の投機家達が、円を買いまくっているから。


為替の投機ですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報