「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

確定申告について。

今年初めて確定申告申請書の書類が届きました。
初めてでよくわからず、また調べても難しくあまり理解できないので教えて頂きたいです。
29年の1月~3月までA社で働いていました。給料は月によって変動しますがだいたい1月10万ほどです。3月でA社は退職しました。
そして29年4月から現在30年2月までB社で働いています。給料1月だいたい多く見積って7万ほどです。
B社では源泉徴収もらえており、支払い金額は40万ほどとなっていました。

調べると103万以下は確定申告いらないみたいなことが書いてあったのですが、私の場合は必要ないのでしょうか?
書類が届いたということは必要だから届いたのでしょうか?
必要ない人にも届きますか?
また、確定申告しなければいけないならばA社に問い合せて源泉徴収票を送っていただかないといけないのでしょうか?

よろしくお願いします

A 回答 (2件)

①一カ所に勤務した給与所得者の場合、年収が2000万円以下ならば、確定申告する義務はありません。


【根拠法令等】所得税法第百二十一条第一項第一号

②二カ所に勤務した給与所得者であっても、二カ所の勤務期間が重なり合わないならば、合計の年収が2000万円以下ならば、やはり確定申告する義務はありません。
【根拠法令等】所得税基本通達121-4

質問者の場合も、29年の1月~3月までA社に勤務、4月から12月までB社に勤務ですから両社の勤務期間が重なり合わないし、合計の年収が2000万円以下ですから②のケースに該当します。従って、質問者には確定申告する義務はないので、税務署から確定申告書が送られてきても、放っておけばいいです。
    • good
    • 0

>B社では源泉徴収もらえており…



もらったのは「源泉徴収」でなく「源泉徴収票」ですね。

それで、A社分も一緒にして年末調整をしてもらいましたか。
してあるのなら確定申告は必要ありません。

2社分まとめての年末調整などしていないのなら、確定申告をすれば取らぬ狸の皮算用で前払いさせられた源泉徴収税額が全額返ってきます。

>調べると103万以下は確定申告いらないみたいなことが…

権利であって義務ではありません。
権利は行使しない自由もあるので、そんなはした金などお国にくれてやるわ、と太っ腹なのならわざわざ確定申告などしなくてかまいません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

>A社に問い合せて源泉徴収票を送っていただかないと…

はい。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング