ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

この2問が全然分かりません(><)
教えてください!!

「この2問が全然分かりません(><) 教え」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 80をやってみたのですが、間違っているのは分かるのですがどこから違うのかわかりません、、( ; ; )

    「この2問が全然分かりません(><) 教え」の補足画像1
      補足日時:2018/02/14 21:54
  • 81もここまでいったのですが、これはPQの高さなのでルート3でいいのでしょうか、、?
    何度も申し訳ないです

    「この2問が全然分かりません(><) 教え」の補足画像2
      補足日時:2018/02/14 22:02

A 回答 (3件)

79-1 (1/2)・ a・b・sin45 79-2 ヘロンの式か


第二余弦定理から1つのcosθを出して、sinθに変えてから以下 79-1と同じ

80 貴方の計算は、第二余弦定理が間違っています!やり方は、No1の通り!

81 PQ=AQ・tan60°=√3・AQ ですから
また、QからABへの垂線との交点をRとすれば
第一余弦定理から
50=AQ・cos75°+BQ・cos45°
また
QR=BQ・cos45°=AQ・sin75°

からでも解けるでしょう!(75°は、加法定理から出てくる!)
    • good
    • 0

80


ACを求めます。余弦定理より
(AC)^2=49+18-2•7•3√2•(1/√2)より
AC=5となる。
(1/2)•7•3√2•sin45+(1/2)•6•5•sin30
より18になる。
81
三角形ABQについてです。AからBQに垂線を下ろし、1:1:√2の三角形と1:√3:2の三角形に分けます。するとAQが100/√6と出る。
三角形APQが1:√3:2の三角形であり、100/√6が1に当たるので、PQを求めるために√3倍して50√2になります。
    • good
    • 0

80 △ACDに余弦定理を用いACの長さを求める。

あとは二つの三角形の面積を出して足す。
81 PQの長さをxとおきます。△APQは1:2:√3の三角形のですので比を使ってAQの長さをxで表します。あとは△ABQで正弦定理を用いれば求めることができます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング