父の会社(有限)の借入金を父と母と叔父で連帯保証人しています。
この連帯保証人のうち父と叔父が去年、今年と相次いで亡くなりました。
今現在は母が会社の代表として継いでいますが今年の9月で精算登記するようです。
そのさい、会社の借金の支払いを連帯保証人がしなければならなくなるのですが
うちの母には支払能力がありません。
この場合は母は自己破産しなくてはならないのでしょうか?
また、自己破産した場合連帯保証人は二人(父と叔父の相続人)ということになるのでしょうか?
ちなみに母は、父の遺産を放棄しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

貴・補足を拝見しました。



#「借り入れを~~~控え」=金銭消費貸借契約書と思われます。
弁済要領等はこの契約書条項に詳述されているはずですが。。。 
念のために、連帯保証人が3名ですから、控えも3通=(父上・母上・叔父様)あるでしょうし、債務者(=有限会社=法人)の契約書本書(甲乙の乙かも)も社内金庫や銀行貸し金庫などに保管されているはずですね。

それらに、共通して「詳細は別紙」「詳細は約定書」「詳細は保証協会基本規定に基づく」などの表記が無く、かつ、契約書条項にそれなりの規定が記述されていたら、別建ての約定書等は存在しないかもしれません。
その場合は、条項取り決め内容にのみ従うことになります。記述の無い基本事項は、商法や民法が適用されます。差し支えなかったら、貸主である保証協会に問い合わせたら、すべてがわかるのは勿論ですが。

#「すべて保証協会~~そのうち2700万円は土地に抵当権」=抵当権設定ありですので(順位はともかく)、イザというときは、借入金返済に代替するものとして、当該土地は没収~債務完済・・・となるはずですが・・・。
2700万円以外すなわち抵当対象になっていない借入金があるのでしょうか?そうなると完済ならず・・・私の先の回答内容の方法論に準拠。。。

当事者でないのでさぞ大変でしょうが、母上と分担して計画的に進展させていかれますように。。。弁護士さん系へもアプローチを。。。良き結果を祈っています。ご健闘を!!  以上です。
    • good
    • 0

あと少しの細かい現況がわかりませんので、回答の筋道を立てるために、想定・前提条件を以下のようにしておきます。


借入先は民間銀行。本来の決裁期日はだいぶ先。有限会社はマアマアの業績を上げてきており、流動資産と固定資産の内実が普通以上で、実質上の債務超過にはなっていない。父上と叔父さまの死亡事実は借入先に通知済み。母上に現金的な支払能力(全額完済)は無いが、現預金・不動産が「多少は」有る。

ちなみに、ご存知の通り、連帯保証は何人で担当しようが、各人独立的に100%の債務が生じます。(単純保証は一口で言うとアタマ割=按分分の債務負担)。よって先のお二人死亡時も、追加代替の連帯保証人設定の要請が無かったものと思います。しかるに、本件では、(先のお二人が死亡)(勿論、その相続人は無関係扱いが普通にて)、母上おひとりが実質的単独での債務引受者となってしまいます。

さて、どうするか、ですね。

借り入れ時の条件で、会社清算等をした時点で、残金完済という約定なら、従わざるを得ません。
そのときは、まず、会社の流動資産と流動負債の決済と精算を実施し、実際的な現預金資産(プラスの残)をはじき出しましょう。
同様に、固定負債を返済する目的で、固定資産(売却)処分を考え試算します。
勿論、資本金等の自己資本もすべて計算の対象にします。
以上すべてを合算して、
幸運な場合は、借入金残金返済が可能となります。
不幸な場合(=逆ザヤもしくは大幅に足らない)は、お気の毒ですが、母上保有の不動産売却金および現預金総額を、原資にせざるを得ません。

(なお、借り入れ約定が、「会社清算時に完済」では無いときは、状況は前記より多少楽になりますが、ここでは割愛しておきます)。

それも無理なら、自己破産です。
前記の流れで、最終的に未決済債務が(大きく)残った場合は、自己破産申請は成り立つと思います。(母上がすべて吐き出しても大きな残債が残り、常識的な期間内での返済完済が不可能と判断されるとき)。

ちなみに、私の知人で、某会社の某役員(同族株式会社のオーナーの親族)は、会社倒産・連帯保証人の経緯で、自己破産されました。(申請はすぐ通りました)。なお、自己破産中、日常生活上の市民としての不都合は、皆無だったとのことです。(選挙権から何から何まで)。
この間、倒産会社の各種あとしまつを済まされ、自己破産後1ヵ年強で、「復権」(=自己破産を解かれる)されました。ただし、期間中に、当初の個人保有資産は、債務縮小のために、全額「費消」されての結果です。(決して丸ハダカにはなりません。ご本人と直系扶養家族の生活必需物は残ります。すなわち、健康で文化的な水準は保証されます)。

9月まであと少し。早急に、弁護士さん(相談30分あたり5,000円)(各地の弁護士会のホームページに相談要領あり)に相談され、実際の実施すべき事項の指導と指示を受けましょう。
その上で、税理士さんにやってもらったらよいことは税理士さんに、そして自力作業も・・・。

少し大変ですが、作業が進んでいくと、達成感や安堵感が出ます。母上にも、優しく説明してあげてください。がんばってくださいね!  以上です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
借り入れをしたときの連帯保証の印鑑を押した控えなどはあるのですが、
約定などの書類が見つからないので条件等がさっぱりわかりません。
銀行に行けば教えてもらえるのでしょうか?
借入先のすべてが保証協会からのものです。そのうち2,700万円に相当するものが
父の所有していた土地に抵当権がついています。

あと、会社を清算するにあたってこの借金以外の負債ははなんとかなるか、もしくは
ちょっと足らないかという微妙なところです。母には預貯金、固定資産はほとんどありません。

補足日時:2001/07/13 09:59
    • good
    • 1

自己破産するかしないかは現時点では判断しかねると思います。



ご質問の内容でいくらの借入金があり、収入がいくらであるか等
詳しい情報や借入先の督促の仕方によっても判断が異なると思います。
自己破産の手続きをすることと自己破産を認めてもらうことは異なりますし、
自己破産したくても出来ないこともあります。

連帯保証人は本人(故人)になりますから、
相続人には及ばないでしょう。
ただし、保証人が死亡した場合等は借入先に連絡する義務があると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伯父が父に連帯保証人になってほしいと

伯父は酒屋を経営しています。
ある新興宗教団体に盲信してしまい、今や経営がピンチの状態です。

そんな伯父から父に電話がかかってきました。
「最高300万円までだから、連帯保証人になってくれないか。
これは商売の仕入れのための金だから、あくまでも最高限度額だ」
伯父は母の兄で、父は母のためだし、あくまでも300万円は
限度額だからと承諾してしまいました。
明日、書類を持ってきます。
しかし伯父には娘ふたりがいますが、すでに嫁入りしましたが、
どちらも裕福な家に嫁いでます。

普通なら、この娘に頼むはずなのに、
「娘達は旅行中で連絡がとれない」という伯父の返事。

私はこの娘達に連帯保証人になってもらうのが普通じゃないかと言ったら
「えらそうに言うな!」と父親に怒鳴られました。

父親は誰の連帯保証人になった経験も、また連帯保証人で苦労した知人も
皆無です。

私は絶対、連帯保証人になるべきではないと思うのです!
母親も同じです。
どうしたらこの父親を説得できるでしょうか。

Aベストアンサー

問題は、どこから借り入れるのか? という点があります。銀行や信用金庫というような一般の金融機関ならいいのですが、金融業者なら、絶対に止めるべきだと思います。銀行などでしたら、まず担保の設定をしているはずですから、その程度の借り入れなら、最悪、担保処分(おそらくは店舗)ということになり、実際にあなたのお父様に保証を迫ることは少ないと思います。
しかし金融業者の場合、担保を取らない場合がありますので、注意が必要です。
また、「最高300万円」という意味がわかりません。昨今問題になっている「根保証」ということではないでしょうか? 実際にいくら必要で、その金額を保証するというのはわかりますが、不要な分まで枠を設定する方法は避けたほうがいいでしょう。
なお、保証人を兄弟に依頼するのは一般的だと思います。

Q“踏み倒し”の場合の「連帯保証人」と「信用保証協会」

知人の創業に際し、その事業資金(公的制度融資)の連帯保証人として名前を貸しました。ところが、そのビジネスがあまり芳しくなく、返済不可能の状態に陥ってしまいました。

知人は「無い袖は振れないのだから踏み倒す。信用保証協会の保証を付けているから、キミには迷惑を掛けない。」と言っていますが、そうなのでしょうか。
私が思うに、信用保証協会というのは契約上は「保証人」であって、「債務者」と同等の「連帯保証人」が返済できない場合に初めて、代理で返済する機関ではないのでしょうか。

金額的には私が返済できない金額ではないのですが、自宅マンション以外のほとんど全財産を処分することになってしまいます。もちろん連帯保証人を承諾した時点でこのような事態は想定していましたし、古くからつきあいのある友人なので肩代わりすることも構わないのですが、「信用保証協会を上手に使えるなら」と思い、ここに質問させていただきました。
良いお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

>信用保証協会というのは契約上は「保証人」であって、「債務者」と同等の「連帯保証人」が返済できない場合に初めて、代理で返済する機関ではないのでしょうか。

その通りですね。
そして、貴殿はたぶん銀行の保証人欄と、保証協会との保証契約書の保証人欄と両方に署名捺印されていると思います。
始めは銀行から返済の督促が来てどうしても返さなければ、保証協会が代位弁済して保証協会から返済の督促が来るようになるでしょう。
そうなると、その遅れた分だけ延滞利息が付きますから、銀行と上手に話し合って必ず返済するからと、利息の軽減や分割返済を交渉した方が良いかと思います。

Q連帯保証人の保証の範囲

こんにちは。

現在、恋人が親族の借金の連帯保証人になっています。
恋人が連帯保証人になっているのはその借金の中のほんの一部で、恋人が保証人になっているのではないですが、その親族さんにはそうとうの借金があるそうです。
ここで気になるところなのですが、もしその親族が亡くなったり、破産したりした場合(たぶん生きてる間に返済しきれる額ではないと思うのですが)、恋人が保証人になっていない借金の分は、親族の子供に請求がいくんですよね?(遺産相続をした場合)
私の恋人は、連帯保証人になっている分しか返済しないでいいのですよね?

親族の子供は親の借金を知らないようなのですが、私の恋人が面倒をみる必要、一切ないですよね?

ご存知の方、よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

>私の恋人は、連帯保証人になっている分しか返済しないでいいのですよね?

もちろんそうです。
ただしその連帯保証が、包括連帯保証(根保証)であれば、保証時点の借金以上の
連帯保証債務が生じる可能性があります。
fanmail89さんの恋人(Aさん)が、親族(Bさん)がC銀行から100万円を借り入れるに際して、
包括で連帯保証したとします。その後、BさんがさらにC銀行から100万円借りたら、
Aさんの連帯保証債務は200万円になるわけです。(極度額の上限があります。)
このケースでは、包括で連帯保証した可能性はまずないと思われますが、悪質な商工ローンなどは、
包括の意味を知らない人に、こういう契約を結ばせるようですから、ご心配なら契約書を
確認なさってください。


>恋人が保証人になっていない借金の分は、親族の子供に請求がいくんですよね?(遺産相続をした場合)
その通りです。ただし借金のほうが多ければ、相続放棄ができます。
例えばBさんが亡くなり、Bさんの配偶者と子供たち全員が相続放棄した場合、それより相続順位が
低い親族(親、いなければ兄弟、いなければ甥姪)が繰り上がりで相続人になります。
もし恋人が繰り上がりで相続権を得たら、家裁に相続放棄の申し立てをしてください。
でないと借金を受け継いでしまいます。(司法書士が書類を作ってくれます。)


>親族の子供は親の借金を知らないようなのですが、私の恋人が面倒をみる必要、一切ないですよね?
扶養の義務があるのは、親子などの直系親族と兄弟までです。それ以上遠ければ法的義務は
ありません。

>私の恋人は、連帯保証人になっている分しか返済しないでいいのですよね?

もちろんそうです。
ただしその連帯保証が、包括連帯保証(根保証)であれば、保証時点の借金以上の
連帯保証債務が生じる可能性があります。
fanmail89さんの恋人(Aさん)が、親族(Bさん)がC銀行から100万円を借り入れるに際して、
包括で連帯保証したとします。その後、BさんがさらにC銀行から100万円借りたら、
Aさんの連帯保証債務は200万円になるわけです。(極度額の上限があります。)
このケースでは、包括で...続きを読む

Q共有名義マンションの自己破産時の保証人について…

自営業ですが、妻が6分の1私が6/5の共有名義のマンションがあります。借入れは国金と保証協会と私のクレジットカード等で約1200万円程有ります、自己破産して住宅ローン(残額900万円)が支払えなくなった場合、妻は全く保証人になっていませんが、二人同時に自己破産しないといけないのでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

奥様があなたの債務(借入金)について、(連帯)保証人になっていなければ、2人同時に自己破産する必要はありません。(保証人でもなければまったくの別人(身内ではありますが法的に別人)である奥様にあなたの債務を支払わなければならない根拠がありません)

ただ、自営業ということですから住宅ローン以外で、借り入れがありその(連帯)保証人や連帯債務者として奥様がなっていた場合には、2人同時に自己破産しないと奥様にすべての請求がいってしまいます。

ここからは、すでにご存知だとは思うのですが補足で書いておきます。
あなたが自己破産したときには、あなたの所有する財産を処分しなければいけませんので、マンションも処分の対象となってしまうと思います。
住宅ローンを組んだ金融機関等の抵当権により奥様の分も担保として入っているかもしれないので、奥様の持分までなくなる場合もあります。

このあたりになると詳細がわからないので詳しくは弁護士、司法書士などの法律専門家に詳細を説明して相談した方がいいかと思います。

Q信用保証協会の連帯保証解除はできませんか

解任された(役員に再任されなかった)会社の、信用保証協会融資の連帯保証人になっております。
権限が無いのに保証責任だけはあります。
借入額は運転資金5000万円で現在残債が2400万円です。
連帯保証人は借入時は3人で私と当時の社長と専務です。
現在役員で残っているのは当時専務で現在、代表取締役のI氏です。

Aベストアンサー

問題点は2つ有ります。
1.社内で、連帯保証人の変更の決議をする。
2.信用保証協会に連絡して、連帯保証人変更の了解を得る。
これは、代わりの連帯保証人を立てれば問題ないでしょう。

この手順で解除が出来ますが、社内で決議されなければ難しいと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報