ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

正しいのはどちらですか?両方正しいとしたら、違いは何でしょうか?
1. それが人気の秘密です。
2. それが人気の秘訣です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

正しいかどうかはわかりませんが,よく聞くのは2番.


秘訣:効果のある特別な方法

秘密は「公開せず隠すこと」なので,この場合,どうでしょう?
うまく説明できません.
    • good
    • 1

ケースバイケースで両方とも使えます。


この場合の「秘密」と「秘訣」の違いを簡単に説明すると、

秘密:他人に知られていない理由(この場合、人気の理由)

秘訣:他人に知られていない方法(この場合、人気を得る方法)

です。
    • good
    • 3

両方とも間違っていないですが、物などを指す場合は「人気の秘密」の方が適当と思います。



「秘訣」は、ある事を行うのに最もよい方法とかコツといった意味なので、「私の人気の秘訣」と言う場合、その人が人気を得るための行っている具体的な何かという意味になります。

逆に、物に対して「秘訣」という表現を使うと、その物自身が何か秘訣を行っているわけではないので、意味がおかしくなってしまいます。 たとえば「iPodの人気の秘訣」という表現はどこかおかしいですよね?

ちなみに"人気の○○"に限れば、Googleで検索した場合
「秘訣」は約7,700件しかヒットしませんが、「秘密」は約79,900件ヒットします。
    • good
    • 2

どちらも使いますよ。

例をあげてみましょう。

1.かつてヒトラーが率いるナチス党(国家社会主義ドイツ労働者党)は、大衆の支持を得るため、ユダヤ人への敵愾心を煽るような情報操作を継続して執拗に行ない、それに対抗できるのはナチスだけだと訴えました。それがナチス党人気の秘密です。

2.Aさんは、いつも笑顔をたやさず、そしてまわりのみんなに対する気配りを忘れません。それがAさんの人気の秘訣です。

要は、No2さんのおっしゃるように、「秘密」は「隠されている事柄」で、「秘訣」は「効果のある方法」ということになりますね。
    • good
    • 1

1は多分まちがい。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q支持が「厚い」or「強い」?

文章を書いていて、タイトルどおりの問題に出会いました。ネットで検索したら、どちらも使われているみたいですが、どちらが正式な使い方なのでしょうか?それともどちらも正しいのでしょうか?どなかたご教示ください。

Aベストアンサー

面白い質問ですね
私の勝手な判断では

「支持が厚い」
『小泉さんの支持「層」が厚い』といわれるように、量的・人数的に多い場合に使うと思います

「支持が強い」
『わたしは小泉さんを強く支持する』など、たとえ一人であっても強烈に支持する場合に使うのだと思います。

Q「まずはじめに」は誤った使い方ですか?

「まずはじめに」は誤った使い方ですか?

これを使用した際に
「まず」も「はじめに」も同じなのでどっちか1つで良いと
訂正されました。

ですが、周囲の人、テレビ、本、ネット、
どこを見ても「まずはじめに」だらけ。

日本語として正しいのかどうか教えていただけませんか?
正しい場合、他に似た使い方をする言葉があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

まずは意味として
1さきに 第一に 2なにはともあれ ともかく 3およそ 多分
と多様な使われ方をします。
まずを強調して意味をはっきりさせるために、
まず「はじめに」とかまず「一番に」、のいい方が慣用表現になったのではないでしょう。
誰も違和感がなければ定着しているとおもいます。
まずと聞いて先ずと言う漢字を思い出す人はほとんどいないと思います。

増し加わる、嘆き悲しむ、

Q「合わせ持つ」と「併せ持つ」の違い、使い分け

タイトルの二つの漢字には何か使い分けがありますか?

具体的には
「Aという能力とBという能力を"アワセモツ"」という文章なのですが、この場合は、どちらが良いのでしょうか??

Aベストアンサー

誤解を招くような回答がついているので再度回答します。
漢字の意味と用字用語は分けて考える必要があります。
国語辞典における意味を調べることで、その文字を使用することが間違いであるのかないのかはわかりますが、どちらの文字を使用するのがより適切であるのかを調べるためには用字用語辞典を使用しなければなりません。
私が使っているのは講談社校閲局から出ている「日本語の正しい表記と用語の辞典」ですが、私が#1で回答しているのとほぼ同じ解説がされています。
新聞などでの基準は「記者ハンドブック」を調べることでわかりますが、ここにもほぼ同じ解説があると思います。
官公庁での基準は文部省用字用語例を見ればわかりますが、ここでも同じように処理されています。
つまり出版、報道、官庁においては、合わせると併せるは厳然と区別されて用いられているわけで、この基準に従うべきです。
googleで検索してみても、「併せ持つ」と「合わせ持つ」では前者の圧倒的に多く、後者は間違いとまでは言いませんが、不適切な用字であることがご理解いただけると思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Bookend-Kenji/7118/

誤解を招くような回答がついているので再度回答します。
漢字の意味と用字用語は分けて考える必要があります。
国語辞典における意味を調べることで、その文字を使用することが間違いであるのかないのかはわかりますが、どちらの文字を使用するのがより適切であるのかを調べるためには用字用語辞典を使用しなければなりません。
私が使っているのは講談社校閲局から出ている「日本語の正しい表記と用語の辞典」ですが、私が#1で回答しているのとほぼ同じ解説がされています。
新聞などでの基準は「記者ハンド...続きを読む

Q可能性は「高い」?「大きい」?

以前から疑問に感じていたことです。
テレビを見ていて、アナウンサーや司会者が
「~の可能性が大きい」
とか
「~の確率は小さい」
というのを耳にするたびに
「可能性は『高い』、確率は『低い』でしょ!そんなことも知らんの?」
と、心の中で叫んでいました(笑)。
番組終了後に、先輩アナウンサーから注意されるんだろうなー、と思っていました。
ところがそのような使い方をしている場面を見聞きする機会は最近になっても減っていないような気がします。
ひょっとしたら私が間違ってたの?

この辺の使い方は何が正しいのでしょうか。
また正しい使い方は何で調べればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

●一般の使用状況からいって、どちらでも良いかと思います。
・「可能性」も「確率」も特に意味を区別する必要はないと思います。
・一般に、「率」は「高低」が使えるので、「高低」は使えるでしょう。
・しかし、「量」としても把握できるので「大小」を使う<余地>はあります。

●絶対的な基準はないように思います。
・「包容力」は数値化できませんが「大きい」のような気がします。
・「温度」は数値で表せますが「高低」しか使わないような気がします。
・「不満」は上下左右に広がるようですが「高まる」のような気がします。
・しかし「不満が大きい」であり、また「大満足」のような気がします。

●使用方法の参考までに。
・数学・統計学では、「確率」は「大小」とも「高低」とも言います。
・中国語でも「可能性」は「高」とも「大」とも言っているような気がします。
・英語でも"possibility"は"high"とも"small"とも使うような気がします。

●国語の語彙の正確な違いを研究している文献はあります(題名は失念)。
・しかし結局は用例から帰納するしかないので、その結論から「この使用法は間違っている」と演繹するのは難しいように思えます。
・特に、「確率」も「可能性」も最近の訳語だと思われるので、数学・統計学の慣用に従うのが穏当なのでしょうか。

●一般の使用状況からいって、どちらでも良いかと思います。
・「可能性」も「確率」も特に意味を区別する必要はないと思います。
・一般に、「率」は「高低」が使えるので、「高低」は使えるでしょう。
・しかし、「量」としても把握できるので「大小」を使う<余地>はあります。

●絶対的な基準はないように思います。
・「包容力」は数値化できませんが「大きい」のような気がします。
・「温度」は数値で表せますが「高低」しか使わないような気がします。
・「不満」は上下左右に広がるようですが「...続きを読む

Q「一つひとつ」とどうして前は漢字で書くのか?

よく文章を読んでいると、「一つひとつ」という表現のように、前の方は漢字、後の方はひらがなで書いてあるのを目にします。これはどうしてなのか、知っている方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

良く似た言葉で、「ひにち」を「日にち」と書くというのがありますね。

とある国語学者のサイトに、以下のような記述がありました。

(引用開始)
現代の日本語の表記は、概念や内容を表す部分(=活用語の語幹・自立語)を漢字で書き、文の中での働きを表す部分(=助詞・助動詞など。接続詞も?)を平仮名書きするのが大体の傾向である。だから、書かれた文は「漢字ではじまり、平仮名で終わる」という目印を手掛かりに、より小さい単位に分けて認識されることになる。私たちは、その単位を(半ば以上、無意識のうちに)認識しながら読み進めている。
(引用終了)

漢字ではじまり平仮名で終わる表記が、日本語として読みやすいということのようです。

http://www.gifu-u.ac.jp/~satopy/kini060.htm#4

Q「初め」か「始め」どちら?

「社長さまをはじめとする職員の皆様には・・・」

この文章のなかの「はじめ」を漢字にすると
「初め」でしょうか?「始め」でしょうか?

Aベストアンサー

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。また、先に立つもの。「校長を―、教師全員」「米を―として食品の多くが」」
  …
「◆ふつう345は「初め」と書くとあります。つまり、5の文例は「初め」を慣用とするとしているようです。

岩波国語辞典では、
「はじめ【始め・初め】」としているだけで、特にどちらを(が)用いる・用いられるかは明確にしていません。ただし、副詞に限っては「初め」としています。

新明解国語辞典
「はじめ【初め】」として、末尾に「「始め」とも書く」としています。

Windows付属のIMEでは、
始め: [一般的][物事に関して][動詞的]
初め: [時間に関して][副詞的]
としています。

IMEだけは、はっきりと「校長を始めとして」と用例をあげています。しかし根拠は ? です。

漢字の由来としては、
「始」は「終わり」に対する「始め」の意味だけです。
[始皇帝、終始、始終、始末、始めは処女のごとく後には脱兎のごとく]
ま、大辞林のとおりですね。

IME他、時間的な始まりと物事の始まり、という分け方をしているものを時々みかけますが、どうでしょうか。
「並んでいる一番目」「第一の」というようにとらえれば「初め」になるようです。初恋、初陣、初夜などは時間とばかりはいえないでしょう。

少なくとも、「社長をはじめ、職員の…」であれば「はじめ」は動詞・連用形と考えられるので「始め」になります。
しかし、「社長をはじめとする職員の…」となると「ははじめ」は名詞ですから、やはり ? です。

歯切れのいい回答にならず申しわけありません。

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多く...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Qエリザベスアーデンの化粧品は日本のデパートで買えない?

以前、エリザベスアーデンは、たいていのデパートに入っていたとおもいますが、ある日、手紙がきて、私が買っていたデパートからは撤退します。日本での取り扱いは、たしか、九州のどこかのデパートで買えるようなことが書いてあったと思います。
それからは、海外にいく友達に頼んで買ってきてもらったりしているのですが、もう、日本では、買えないのでしょうか?
個人輸入はなんとなく怖いイメージがあるし、新製品とかも試供したいので、できれば対面販売で買いたいです。
もし、日本から撤退したのであれば、理由もしりたいです。
どなたか御存知でしたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本橋三越にはあったような記憶が…と思い、
ネット検索してみましたら、ある様です。
(参考URL参照)
あくまでサイト上での情報ですので、
詳しいことは、店舗に問い合わせて
確認をされることをお勧めします。

なお撤退の理由等は分かりません。
些細な情報ですが、お役に立てたら幸いです。

参考URL:http://www.mitsukoshi.co.jp/

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Qラインナップとラインアップはどちらが正しい?

以前から疑問に思っていたのですが、もともとは英語だけれどもカタカナ表記で日本語の語彙として使う言葉ってありますよね。
たとえば、「たくさんの◯◯をラインナップしており~」とかいう場合、
「ラインナップ」と「ラインアップ」ではどちらが正しいのでしょうか?
元来、ラインナップ~が一般的だったような気がするのですが
最近ラインアップ表記をよく見かけるようになって混乱しています。
line-up=ラインアップのほうがより英語の発音に近いのかな~?という気もするのですが、、
このテの言葉として、feature「~をフィーチャーした特集」などという感じで使う「フィーチャー」ですが、昔は「フューチャー」とかいってた気がするのですが、これはやっぱり「フィーチャー」のほうが正しいんでしょうか?
言語に詳しい方、教えてください!!お願いします。

Aベストアンサー

外国語の発音をどう日本語に置き換えるか、ということなので、日常的にはどっちを使ってもいいと思います。
が、一応、共同通信社の記者ハンドブック8版によれば、「ラインアップ」と「フィーチャー」を使うというのが報道機関の標準ですね。


人気Q&Aランキング