この頃思うんですが、宇宙は爆発が起きて出来たって
言うことなんですが、爆発がおきて宇宙が出来る前って
何だったんですか。
 宇宙がなっかたら惑星はなっかたんですよね?
宇宙という空間がよく解らないんですが、まだ膨張しつずけてる
ってどういうことなんですかね?
 本当に疑問です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

確かに、宇宙がビッグバンによって広がり始めるその以前って


何があったのか、とても興味の尽きない話題ですね。
私はそういう方面の者ではないので、詳しい事はここでは
言えません。もっと具体的に・・・というのでしたら、天文学の
コーナーってありましたよね。そちらに来られる方々なら
詳しく教えてくれるかも?

・・・で、私の知っている範囲でよろしければなんですけど。
つぃかにこの論議はまだ多くの謎が残されたテーマの様です。
(どこまで解明されているのかが、はっきりと分からないんですよ。)
ただ、ビックバン以前とそれ以降と、そこを境にしてある物が
散らばって宇宙になったことが分かっています。原子です。
ビックバンによって放出されたそ素粒子が、徐々に温度を下げていき、
配列を汲む様になり、陽子を構成していきました。
最初の水素がここで誕生したと考えられています。
原子はそれ以前には無かったんだと考えるんです。それがどう言う
事かと言いますと。今目の前にある物質も原子で構成されています。
それら原子はお互いに結び付きながら、物体を形成しています。
これの原子は結び付いているのであって、当然その間には空間(隙間)が
あります。ここがどれほど小さな隙間なのかは見当もつきませんが、
間違いなく言える事は、原子が存在しない空間である事は確かです。
つまりですね・・・。
ビックバン以前の宇宙からこれ以降原子がちりばめられた。ということは
それ以前の状態を探るヒントが、この原子が存在していない隙間にあるの
では? と考えるんです。この隙間に何があるのかを調べる事で、
この「原子が無い」とはどういう事なのかを想像することが出来るのでは?
それは、質問のビッグバン以前の宇宙であり、同時に宇宙の果てという
事でもあるのかもしれないんですね。こうやって、マクロを考察する時に、
ミクロに視点を向ける事が、大事になる事って多いんです。おもしろいでしょ。
    • good
    • 0

宗教的な話になりますが、


「輪廻転生」の考え方からすると、
「始まりも終わりもなく永遠に繰り返す」ということになります。
つまり、
宇宙は「膨張」「収縮」を永遠に繰り返しているというのです。
膨張しているのがいつか止まって収縮し始めて、
めいっぱい収縮したらまた爆発して膨張していく、これの繰り返しです。
ただし、
どこまでいったら収縮し始めるのか、また、爆発、膨張し始めるのか、
はっきりとしたものは何もないです。
ただ、「永遠」という考え方のほうが分かりやすかったりします。
「始まり」があるとすると、いつか「終わり」がくることになってしまいます。
そもそも、始まるきっかけが必要になります。

それがわからないから「永遠」といってごまかしている
とも取れなくもないですけどね。(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんどうも有り難うございました!!
宇宙のこと考えてるとちょっと怖い感じがします^_^;
ちょっと勉強でもしてみようかな…

お礼日時:2001/08/23 23:43

無から始まり、始まりは目にも見えたのかも分かってませんが、それが急激な膨張(インフレーション)して爆発(ビッグバン)そして、いまも成長しています。


この瞬間にもどこかで、宇宙が誕生していると言われます。じゃあ何もないはずなのにと思うかもしれませんが・・・たぶん解明は難しいでしょうね。(仮説はでるかもしれませんけど・・・私たちが生きている間に解明は無理じゃないかなもしかしたら永久に無理かも)
まあ、これについては、答えておられるかたがいますのでね・・・

膨張についてです。今の宇宙ですがビッグバンの時に発生した熱をいまだに持っています。(その温度は絶対温度で3k)ー270℃前後とされます。宇宙がふくらんでいるのは、何らかの物質(ダークマター、人にはいまだに見えない物質)が作用していると言われ、これは宇宙の誕生にも関わっているのではないかとも考えられています。
この物質の量で成長スピードやこれからの成長規模などが分かるとされます。それ以上は何とも分かりませんね。
ただ、時間は宇宙の成長とも関係があり、将来宇宙が消滅するときは時間も物質も全てが溶けるといわれています。

難しいですよ。
もしかしたらこの宇宙はどこかの実験室のフラスコの中か何かで私たちは誰かに研究の対象物として監視されていたりなんかして・・・じゃあその実験室はどうやってできたのか・・・ってなるとまた誰かが作ったのかな・・・この方が今はよっぽど分かり易く簡潔でまともな回答だったりして・・・ね。
    • good
    • 0

爆発の前は何もなかったと言われています。

何もないんです。物質も時間も空間も。何もないから考える必要がない。という哲学的な話になっています。
惑星は宇宙の一部ですので宇宙がなければ惑星もありませんよね。
現在の観測では、遠くの星ほど後退速度が速い。つまり星はお互いが離れていっていますので、星の周りの空間も広がっている。つまり膨張している。と言えます。
    • good
    • 0

「宇宙は最初、一つの点だった・・・」なんていわれてもじゃその前はなんだったんだ?となりますね。


でも、測定してみるとそうなってしまうようなのでそういうことのようです。
ここから先はまだ科学では解明されていない神の領域だと思います。
変な解答でスミマセン
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエヴァ シンジの楽しいこととは?

「楽しいこと見つけたんだ…、楽しいこと見つけて、そればっかりやってて、何が悪いんだよ !」

というセリフがアニメ版にありますが、
シンジ君にとっての楽しいことってなんですか?

エヴァに乗ることでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

親父に褒めてもらうこと、かな。

Q放射性廃棄物の処理方法=ロケットで宇宙空間へ?

放射性廃棄物の処理方法について話題ですが、ロケットで宇宙空間へ打ち出すことはできますか?
ロケット1台500億円、ガラス固化体1本500Kgと聞きました。
地球に置いておく設備費や手間と危険性を考慮すると宇宙空間へ放出したほうが良いと考えましたが・・・。
不可能な理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

実は、一昨日、知人を訪ねた際、その話が出ました。
知人、曰く。
「ロケットに積んで太陽に打ち込めば、完全燃焼して、消滅するよ」「それで、解決だ」
僕は、「なるほど・・・」「それは、考えたことなかったな・・・」と、一旦は賛意を示したのですが、直ぐに、「なぜ、やらないのだろう・・・」という疑問が湧いてきました。
で、浮かんだのが、「費用」のことでした。
ロケットを打ち上げるには、数十億円から数百億円もの費用がかかります。

で、結局、「問題は、費用だな・・・」ということになりましたが、実際は、コストパフォーマンス、どうなんでしょうね?

Qされて嬉しかったことが今までにありません。なので人にも優しくしようと思わないし、何を求めているのかわ

されて嬉しかったことが今までにありません。なので人にも優しくしようと思わないし、何を求めているのかわかろうともしません。このような人間は皆から嫌われますよね。私は何様だと思います。
最近は世間からも嫌われている気がします。出歩くこともできなさそうです。
生きる気力がわきません。

Aベストアンサー

逆です。
自分からの「人にも優しくしよう」が先です。
そして、これに対価を求めてもいけません。

Q宇宙空間に生身の人間が放り出されたら?

どこで質問すべきか悩んだのですが、
ここで質問してみます。

宇宙空間に生身の人間が放り出された場合、
体はどうなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

再登場。瞬時に体液沸騰は俗説でありましたか。
お恥ずかしい。

調べてみると、NASAのサイトに答えが載っていますね(参考URL)。

それによると、30秒程度では致命的な傷害は受けない
ようです。血液は沸騰せず、体も破裂しない。瞬時に
凍りつくこともない。

10秒位経過後に潜水病、皮膚のゆっくりした膨張が
起こり、酸欠で次第に意識を失う。その後体液が徐々に
蒸発し乾燥していく、とのこと。

ほとんど単なる酸欠死ということのようです。あまり劇的
ではなかったのですね。口の中の唾液は沸騰するそうです。

参考URL:http://imagine.gsfc.nasa.gov/docs/ask_astro/answers/970603.html

Q大学(院)生以外の「学生」も成績見られることはありますか?

学校に入っている学生が就職活動をするなら「成績証明書も持ってきてください」と言われることはありますか?あれは大学(院)だけであることですか?

Aベストアンサー

あります。
なぜならどんな学生か
真剣に探す会社なら
参考にできるからです。

もし成績が悪い場合は不利です。
でも成績だけがすべてではないということが
わかっている経営者もいます。
「学歴不問」
そういった会社がありますから。

Qガスタンクって絶対爆発しないんですか?

質問させていただきます。
丸~いでっかいガスタンクありますよね?(直径30メートルぐらい?)
あれって結構きわどい場所にあるんですが(街の中とか)爆発の可能性とかは、大丈夫なんでしょうか?
なんか地震とか来たらコローンって転がっていかないか心配です。
もし爆発したらどんな感じなんでしょうか?(50メートルぐらいは木造2階建ては全壊ぐらい?)
教えてください。

Aベストアンサー

絶対に爆発しない!っという訳ではありませんが・・・・・
ガスや石油類のタンクの場合、気温の変化などによって内部のベーパーの圧力が変わり、タンクが膨らもうとしたり凹もうとしたりします。
そういう場合は、呼吸弁(ブリザーバルブ)が作動して、内圧を逃がしたり大気を吸入したりして、タンク内圧を規定値内に収めるようにしています。
質問にある球形タンクの場合には、かなり高い圧力でガスを貯蔵しているので、大気温度の変化で内圧が大きく変化する事は少ないと思います。
しかしきちんと高圧用の圧力逃がし弁などが設置されていますので、内圧が規定値以上になる事はありません。
(タンクの上部を見ると、ダルマのような格好の装置が載っているのが見えるはずです)
しかし、落雷や静電気・漏電・作業ミスなど何らかの要因によって、タンク内に引火して爆発燃焼がおき、内圧が一気に高まりタンクの箱体が崩壊しそうな場合には、まずエマージェンシー用のマンホールカバーなどが先に吹き飛び、そこから大量に内圧を逃がして、タンクの崩壊を防ぎます。
さらにそれでも圧力を逃がしきれ無い場合などは、タンクそのものが崩壊します。
でもその場合でも、タンクの頭頂部が最初に吹き飛ぶように作られているので、全体が破裂して内容物が流出して辺りが火の海になる事が無いように考慮されています。
したがって、爆風などは上空に抜けるので、近隣の建築物の倒壊などはあまり起きないと思います(窓ガラスなどは割れるかも)。

>地震とか来たらコローンって転がって・・・・・
もちろんこれも、巨大地震を想定して設置されているので、まず心配は要らないでしょう。
想定以上の地震が来たらどうなるのか分かりませんが、その時は既に周りの建物も倒壊していると思います。
ただし、タンクが設置されてから長い年月が過ぎると、当然老朽化してきます。
きちんと点検して、不具合個所が見つかれば、直ぐに補修対応とうすればいいのですが、某発電所の様に20年以上もほったらかしていたりすると、何が起きるのか分かりません。

絶対に爆発しない!っという訳ではありませんが・・・・・
ガスや石油類のタンクの場合、気温の変化などによって内部のベーパーの圧力が変わり、タンクが膨らもうとしたり凹もうとしたりします。
そういう場合は、呼吸弁(ブリザーバルブ)が作動して、内圧を逃がしたり大気を吸入したりして、タンク内圧を規定値内に収めるようにしています。
質問にある球形タンクの場合には、かなり高い圧力でガスを貯蔵しているので、大気温度の変化で内圧が大きく変化する事は少ないと思います。
しかしきちんと高圧用の圧...続きを読む

Q2通りの指値を注文することは可能でしょうか??

こんばんは。
株素人です。教えてください。

株を売るときに、指値を”利食い用”と”ロスカット用”に指定しておいて、先に株価がその金額になった方に約定させ、もう一方は失効させることは可能でしょうか??
おかしいですか??(素人考えです。)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

証券会社によって違いますが、もちろんできます。

主に逆指値というシステムですが、カブコムやマネックス、楽天などで使用することができます。

Qナサアメリカ航空宇宙局宇宙太陽太陽光発電

友人に担がれたのかも知れませんが、恥ずかしながら気になるので教えても貰いたい事があります。

宇宙太陽光発電なるものが計画されているそうですが、いかがなものでしょうか・?友人は数年後実用段階にあると言っていましたが、私にはどう考えても22世紀のテクノロジーだと思います。

また、送電の方法になぞがあることを指摘したら、ナサの研究所と宇宙空間とは今現在でもケーブルでつながっており、技術的な面での解決はできていると主張します・。
私は担がれているのでしょうか?

もしそうでも、この技術について興味がありますので、ご存知の方はおしえてください。

Aベストアンサー

計画はありましたが、コストや技術面で具体化していません。
巨大な太陽電池を打ち上げて、そこからマイクロウェーブで送電しようという計画です。
マイクロウェーブ送電に関しては短距離での実験に成功はしていますが、
宇宙空間との間ともなると、まだです。

「ケーブルで結ぶ」というのは無理です。
宇宙空間と地上を繋げるためのケーブルの重さや、自転による張力に耐えられる材料はまだありません。
人工衛星から測定器をケーブルを繰り出して、低軌道観測をするというのはありましたが、
それと勘違いしてるのでは?

そんなの作るより、砂漠の一部に太陽電池敷き詰めればOKという試算もできています。
太陽電池による電力のコストはまだ高く、太陽電池衛星など作ってもペイしません。
建造に要するエネルギーを取り返すには、まだ効率も今一つです。

また、安く低コストなエネルギー源ができると困る人もたくさんいます。
そういうところが研究や実用化を妨害しているというのもありうる話です。

Q言っていることが逆の意味を指す四字熟語

さっき言っていたことと、今言ったことが逆。
ということを指す、四字熟語はありませんか?

お力添え、お願いいたします。

Aベストアンサー

朝令暮改(チョウレイボカイ)

朝出した命令を夕方にはもう改めるというように、法律や命令が頻繁に変えられて、一定しないこと。
かな?

Q放射性物質の地層処分って今のところの最良の方法なんですか?宇宙に打ち出

放射性物質の地層処分って今のところの最良の方法なんですか?宇宙に打ち出すより、安全で低コストなんですか?

いちお、numoのサイトは読みました。自分にはどうにも安全でない気がします。もちろん、地上で管理するより安全なことは分かりますが、いっそのこと宇宙に捨ててしまえば維持管理費がなくなるし断然安全な気がします。素人考えですが・・・。

日本もロケットの打ち上げにも成功しているので、放射性廃棄物を宇宙に打ち出すことくらい簡単なような気がしますが、やはり、打ち上げ失敗、空中爆発の危険性を危惧してのことなんでしょうか?

急激な活断層の変化、マグマの思いもよらない噴出、思いがけない水脈による侵食よりも、宇宙打ち出しの方がリスク高いんですかね?

コストも、打ち上げの方が高いんですかね?

http://www.numo.or.jp/

Aベストアンサー

地層処分の対象になるのは、主だって高レベル放射性廃棄物というものです。
高レベル放射性廃棄物はガラス固化体として処分されますが、一本0.5トンほどです。
現在の日本では、計画上、平成17年から平成26年の間にこれが毎年1000~1500本ほど出ると試算されています。
(http://www.rist.or.jp/atomica/dic/dic_detail.php?Dic_Key=2868)
かたや日本の新型ロケットH2Bのペイロード(宇宙に運べる量)は一回19トン程度(LEO軌道の値です。これが適切かは専門外なのでわかりませんが、最大なので選びました。)です。
毎年500トン出るであろうものを宇宙にH2Bで送るとなると、どんなに楽観しても月二回以上のペースで打ち上げる羽目になります。
このペースで、絶対に失敗しないことが果して可能でしょうか?という問題があります。

ロケットに頼る場合、どうしても失敗が付きまといます。
ですが、高レベル放射性廃棄物は万が一にも「失敗して爆発飛散してもいい」ような代物ではありません。
百年、千年、万年単位で隔離・管理しなければならにほどに危険なものです。
さらに言えば、「高レベル放射性廃棄物を積んだロケット」は核兵器レベルに危険なものと国際的にとられかねません。
これは、危険な放射能を意図的にばらまくような爆弾になってしまうということです。
(これは「汚い爆弾(詳しくはWikipedia参照)」とよばれています。)

以上のように、技術的な問題もさることながら、政治的な問題もはらんでいると推測いたします。


>>思いがけない水脈による侵食よりも、宇宙打ち出しの方がリスク高いんですかね?
水脈にさらされるというのは、地層処分の研究でも重要視されており、メインテーマの一つとして研究がつづけられています。
http://www.jaea.go.jp/04/tisou/toppage/top.html

以上、ご参考までにどうぞ。

地層処分の対象になるのは、主だって高レベル放射性廃棄物というものです。
高レベル放射性廃棄物はガラス固化体として処分されますが、一本0.5トンほどです。
現在の日本では、計画上、平成17年から平成26年の間にこれが毎年1000~1500本ほど出ると試算されています。
(http://www.rist.or.jp/atomica/dic/dic_detail.php?Dic_Key=2868)
かたや日本の新型ロケットH2Bのペイロード(宇宙に運べる量)は一回19トン程度(LEO軌道の値です。これが適切かは専門外なのでわかりませんが、最大なので選びました。)...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報