[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

先日、父85歳で亡くなり、高齢者で二人暮らしでした。
父は2ヵ月で厚生年金約6万円、国民年金約12万円。
母は国民年金約12万円支給されていました。
遺族年金の手続きをしましが、母には、厚生年金の遺族年金で、2ヵ月で約1万円プラスになっただけでした。
なかなか仕組みが難しく、それしか支給されないのでしょか。
国民年金だけですと生活が厳しいです。

質問者からの補足コメント

  • 厚生年金の遺族年金が2ヶ月で1万が予想より少なく、厚生年金の部分の4分の3が遺族年金で支給されるのかと思っておりした。(2ヵ月で9万円)
    貯金で何とか生活するしか有りませんね。

      補足日時:2018/02/22 21:26
  • 訂正(2ヶ月で45000円)

      補足日時:2018/02/22 21:30

A 回答 (4件)

あなたの考え方で合ってます。


4分の3で間違いありませんよ。

間違っている、誤解されている
と思われる点は、
年金の内容、内訳か、
支給のされ方(開始タイミング)
じゃないかと思われます。

お父さんの6万円の老齢厚生年金
の内訳、
または遺族厚生年金支給タイミング
あたりが、ひっかかります。

内訳は年金通知書が毎年来ていたと
思われるので、よくご確認下さい。

国民年金の12万、年間72万は
まあ、そのぐらいあって、
おかしくはないです。

厚生年金の6万、年間36万は
とても中途半端で少ないです。
また、支給開始のタイミングも
気になるところです。

年金相談センターや年金事務所で
そのあたりの資料をもって、よく
訊いた方がよいと思います。

あなたの言っていることは正しい
ので、よく念を押した方がよいです。

間違いが見つかることもままある
ことですし、特にいつからの分が
いつのタイミングで支給開始となった
とか、最初の所なので特別なんだとか
納得のいく説明をしてもらった方が
よいです。

いかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

金額どうであれ聞いてみることにします。

お礼日時:2018/02/26 07:41

ひとつ補足します。



お母さんは厚生年金を一部受給している
ということはないですか?

その場合、遺族厚生年金からその分が
引かれることになります。

お父さんの老齢厚生年金の3/4の受給額を
お母さんの老齢厚生年金と遺族厚生年金で
受給できることになっているのです。
    • good
    • 0

父とか母とかの記載がありますから、あなたは子になるのでしょうね。


厚生年金からの受給額が少ないことから、厚生年金の加入期間が短かったのだと思います。

遺族厚生年金については、以下の年金機構のサイトを見られてください。

http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenki …


また、老いた親は子が扶養する事と成っています。⇒民法第7章(第877条~第881条)が扶養に関する規定です
民法第877条が扶養義務者に関する記載です。
同878条~第881条もお読みください。

http://www.houko.com/00/01/M31/009.HTM#s4.7
    • good
    • 0

お父さまは厚生年金と国民年金合わせて月9万支給されていて、お母様が6万ですか…。


それなら月9万に遺族年金が加算されますね。
たしかに年金だけだと厳しいですが、生命保険などには入られていたり預貯金などはないのですか?
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q85歳 貰っている年金額は?

母が幾ら年金を貰っているか書かなければならない書類があるのですが、本人は認知症で聞きようがありません。お知らせが来ていた記憶はありますが、中身は見たことがありません&それが何処にあるかは不明です。

85歳です。若いときバツイチになって、以来独身です。
幾ら貰っているかわからないでしょうか?
あるいは判るサイトがありませんか?

Aベストアンサー

http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/nenkin/nenkin_kaiteigaku/H17_4_nenkin_kaiteigaku_1.html

URLを参考までに。

その中の国民年金の一覧表の基礎年金の額の、老齢基礎年金の額が該当するのではと思われます。

参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/nenkin/nenkin_kaiteigaku/H17_4_nenkin_kaiteigaku_1.html

Q現在の高齢者がもらう年金額について

現在年金暮らしをしている高齢者はだいたい月に平均でどのくらい年金をもらっているものなのでしょうか?(月額以外に何かもらうこともあるものなのでしょうか?)

また、これは10年後くらいだとどのくらいになりそうなものなのでしょうか?

どちらか一方でもわかる方いましたら回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

○自営の仕事をズ-と40年間くらいされてきて全期間国民年金を
 納めた人は約7万円/月奥さんも受給者ならばプラス約7万円/月、
 で夫婦合わせて14万円内外、
 これに任意の国民年金基金とかありますが、掛けていればプラスアルフアに
 なるわけですが、何れにせよ40年間掛けて上記金額で、これだけでは
 生活できないわけで民間の個人年金などを掛けて不足分をフオロ-しているのでしょう。

○一方、サラリ-マンで40年間くらい厚生年金をかけ、一般的な給料であった人の
 モデル年金受給額が厚生省発表で数年前新聞に出ていました。
 其れによると約17万円/月ということで奥さんも受給者であれば7万円、計約24万円
 実際的に修正され20万円から22万円位がモデル(平均的な受給額)ということでした。
 厚生年金だけで貰っている人は(厚生+国民)よりも色々なプラスアルフア-があります。
 一過性で40万円内外/年、それ以後減りますが10数万円/年のプラスがあります。
 それとあるていどの規模の会社に勤務していた場合年金基金があり別途に貰っています。
 何れにせよ夫婦あわせ20万円強、(20万円~25万円)くらいの受給者が平均的だと思われます。

○10年後
 15%程度減るのでしょうか?(最大)厚生年金についてですが、、、
 基礎部分の国民年金は減らないと思います。(?)

以上、大雑把な回答ですが大きな間違いは無いと思います。(10年後予想は除く)

○自営の仕事をズ-と40年間くらいされてきて全期間国民年金を
 納めた人は約7万円/月奥さんも受給者ならばプラス約7万円/月、
 で夫婦合わせて14万円内外、
 これに任意の国民年金基金とかありますが、掛けていればプラスアルフアに
 なるわけですが、何れにせよ40年間掛けて上記金額で、これだけでは
 生活できないわけで民間の個人年金などを掛けて不足分をフオロ-しているのでしょう。

○一方、サラリ-マンで40年間くらい厚生年金をかけ、一般的な給料であった人の
 モデル年金受給額が厚生省...続きを読む

Q老齢年金 夫死亡後、妻はいくら遺族年金をもらえる

いろいろとネットを見ていたのですが、頭がついていかず、質問させていただきます。

状況
(1)父 77歳 老齢年金を受給中
        基礎年金: 780,000円/年
        厚生年金保険: 1260,000円/年

(2)母 75歳 老齢年金受給中
         年額 40万円ほど(詳細は今わかりません)

母が、父が他界した際に、いくら、遺族年金をもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

下記の条件を仮定してお母様の遺族年金額を試算してみます。

・お父様の厚生年金被保険者期間が20年以上
 (長期要件に該当)
・お母様の生年月日:昭和11年4月2日~昭和12年4月1日

受給可能な遺族年金=遺族厚生年金+経過的寡婦加算

遺族厚生年金額=126万円×75%=945、000円
経過的寡婦加算=368、000円

受給可能な遺族年金=1、313、000円

http://www.office-onoduka.com/nenkinblog/2007/06/post_71.html

なお、お母様受給中の老齢年金が全額老齢基礎年金の場合は、遺族年金受給後も40万円をもらえますが、老齢厚生年金を一部含んでいる場合は、その分が40万円から減額となります。
(遺族厚生年金とお母様の老齢厚生年金の併給不可のため)

Q厚生年金、受給開始で最初の受取は誕生日の何日後?

厚生年金の報酬比例部分は段階的に65歳支給になる事が決まってます。

所でこの年金ですが仮に満61歳から貰える人が、61歳の誕生日が過ぎて、
1回目の年金が口座に振り込まれるのは、最短で誕生日の何日後でしょうか?

勿論、其れまでに必要な手続きを全て遅滞なく行ったとして・・・

直近の支給日(隔月の支給の様ですが)に間に合いますか?

年金にお詳しい社労士の方とかに解説頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

No4です。

>受給権?は誕生月の翌月からだそうですね。
正確には受給権が得られるのは受給年齢に達する誕生日の前日です。法では誕生日の前日に年齢が増えるので、本当は誕生日というより年齢が達した日が正確です。
そして年金は受給権を得た月の翌月分から支給になるのです。例外的に誕生日が1日ですとその前月の末日に受給権が得られますから、誕生日のある月の分から支給になるという場合もあります。
それが、処理などの遅れで実際に手に入れることができるのは3か月くらい後になるのです。

「飛ばされる」というのはまずないと思いますが、現実にそういうことがあるかどうかは知りません。

Q90歳前の両親が年金をそれぞれ貰ってます。 父親は月に20万円位、母親は10万円位貰ってます 縁起で

90歳前の両親が年金をそれぞれ貰ってます。
父親は月に20万円位、母親は10万円位貰ってます
縁起でも無いですが、1人になった時に母親が1人になった時、父親が1人になった時、どうなるのでしょうか?
何となく聞いた情報は「多い方が残るんだよ」みたいな事を聞いたのですが詳しい方が在らしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

>多い方が残るんだよ
概ねそのとおりです。

年金の金額等から想定して、
こんな感じになるでしょう。
以下敬称略

①ご夫婦の年金の現状
 内訳の想定(あくまで想定です)
 以下の例示のために想定金額を
 載せておきます。
父 老齢基礎年金  70万
  老齢厚生年金  170万
母 老齢基礎年金  60万
  老齢厚生年金  60万

②父が亡くなった時
母 老齢基礎年金  60万
  遺族厚生年金 約127万
 ※父の厚生年金の3/4となります。
●合計187万 月約15.6万

③母が亡くなった時
父 老齢基礎年金 70万
  老齢厚生年金 170万
●そのまま。

遺族厚生年金の選択もできますが、
④母が亡くなった時
父 老齢基礎年金  70万
  遺族厚生年金 約45万
 ※母の厚生年金の3/4 60万×3/4
 という選択はしないでしょう。

いかがでしょうか?

参考
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/20150401-02.html


人気Q&Aランキング